本編 1時間58分
デジタル
カラー
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 字幕
 mon inconnue
●監督:ユーゴ・ジェラン(『あしたは最高のはじまり』)●出演:フランソワ・シビル(『おかえり、ブルゴーニュへ』)/ジョセフィーヌ・ジャピ(『マンク -破戒僧-』)/バンジャマン・ラヴェルヌ(『不実な女と官能詩人』)●2019
年/フランス/ベルギー

“愛”を知ること。それは、“愛”すること。

運命の出会いから結婚して10年。もう一つの世界で、“恋”が“愛”に変わる――フランスで大ヒットを記録した『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督。『エール!』製作陣と再タッグを組んだ最新作。自分本位な夫が、最愛の人が自分を知らない、さらに立場が逆転した〈もう一つの世界〉に迷い込み、“愛の試練”に立ち向かう姿を描いたファンタジック・ラブストーリー。

■高校時代に一目惚れをして結婚した、ラファエルとオリヴィア。結婚10年目を迎え、小説家を目指していたラファエルは、いまや子どもたちに人気のベストセラーSF作家に。一方、小さなピアノ教室を開きながらピアニストの頂点を目指すオリヴィアは、仕事のことばかり考えているラファエルとのすれ違いの生活に孤独を感じていた。そんなある日、我慢の限界に達したオリヴィアがラファエルに想いをぶつけると大喧嘩に…。

翌日、人気作家の特別授業として中学校を訪れたラファエルは、出会う人々の様子がおかしいことに戸惑いを覚える。そこでの自分は卓球に熱を上げるしがない中学校の教師で、オリヴィアは人気ピアニストとして活躍する、立場が逆転した<もう一つの世界>だった。そして、その世界のオリヴィアはラファエルを知らなかった…。

自分にとってオリヴィアがすべてだと気付かされたラファエル。もう一度オリヴィアと愛し合うことで元の世界に戻れると信じ、あの手この手を使って接触を試みる。二人は少しずつ心を通わせ合うものの、オリヴィアは公私共に長年連れ添ったパートナーと婚約することに。そこでラファエルは、ある重大なことに気づき、人生最大の決断を下す。それは、“恋”しか知らなかったラファエルがオリヴィアの幸せを一番に願う“愛”の決断だった…。











































本編 2時間10分
デジタル
カラー
街の上で
 machi no ue de
●監督・脚本:今泉力哉(『アイネクライネナハトムジーク』)●出演:若葉竜也(『葛城事件』)/穂志もえか(『愛がなんだ』)/古川琴音(『チワワちゃん』)/萩原みのり(『えちてつ物語 -わたし、故郷に帰ってきました。-』)/中田青渚(『写真甲子園 0.5秒の夏』)●2019年/日本

誰もみることはないけど確かにここに存在してる

古着屋で働く荒川青は、恋人に浮気された上にフラれたが、いまだに彼女のことが忘れられない。そんな青のもとに、美大に通う女性監督から自主映画への出演依頼が舞い込む。行きつけの飲み屋では常連客から「それは”告白”だ!」とそそのかされるが――『愛がなんだ』若葉竜也×今泉力哉監督が、変容する”文化の街”下北沢を舞台に紡ぐ、古着屋と古本屋と自主映画と恋人と友達についての物語。

■下北沢の古着屋で働いている荒川青(あお)。青は基本的にひとりで行動している。たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり。口数が多くもなく、少なくもなく。ただ生活圏は異常に狭いし、行動範囲も下北沢を出ない。事足りてしまうから。そんな青の日常生活に、ふと訪れる「自主映画への出演依頼」という非日常、また、いざ出演することにするまでの流れと、出てみたものの、それで何か変わったのかわからない数日間、またその過程で青が出会う女性たちを描いた物語。











































本編 2時間26分
デジタル
カラー
無頼 
 burai
●監督:井筒和幸(『黄金を抱いて翔べ』)●出演:松本利夫(『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』)/柳ゆり菜(『純平、考え直せ』)/中村達也(『蘇りの血』)/清水伸(『スリーデイボーイズ』)/松角洋平(『関ヶ原』)●2020年/日本

正義を語るな、無頼を生きろ。

欲望の昭和、虚妄の平成を生きた、寄る辺なき者たちの群像劇――1975年のデビュー作の『ガキ帝国』以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒監督が、虚妄のノスタルジーに彩られた昭和回顧ブームを撃つ、本格ハードエンターテイメント。

■太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中にいた日本人は、焼け跡から立ち上がり(理想の時代)、高度経済成長の下で所得倍増を追い(夢の時代)、バブル崩壊まで欲望のままに生き(虚構の時代)、そして、昭和が去ると共に、その勢いを止めた。その片隅に、何にも頼ることなく、一人で飢えや汚辱と闘い、世間のまなざしに抗い続けた“無頼の徒”がいた。やがて男は一家を構え、はみだし者たちを束ねて、命懸けの裏社会を生き抜いていく…。











































本編 2時間01分
デジタル
カラー
ストレイ・ドッグ 字幕 
 destroyer
●監督:カリン・クサマ(『イーオン・フラックス』)●出演:ニコール・キッドマン(『スキャンダル』)/トビー・ケベル(『ワイルド・ストーム』)/タチアナ・マズラニー(『ボストン ストロング -ダメな僕だから英雄になれた-』)/セバスチャン・スタン(『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』)/スクート・マクネイリー(『モンスターズ/地球外生命体』)●2018年/アメリカ

あとひとつ、やり残したことがある…

ロサンゼルス市警の女刑事エリンの元に届いた一通の封筒。それは17年前、FBI捜査官クリスと共に犯罪組織への潜入捜査を行った際、ある過ちを犯し取り逃がしてしまった組織のボスからの挑戦状だった――復讐か、贖罪か。激情と哀切が女刑事の身も心も焼き尽くす、衝撃のネオ・ノワール。

■ロサンゼルス市警の女刑事エリン・ベル。17年前、FBI捜査官クリスと共に砂漠地帯に巣食う犯罪組織への潜入捜査を命じられた彼女は、そこで取り返しのつかない過ちを犯し、捜査は失敗。その罪悪感が今なおエリンの心を蝕み続けていた。今では酒に溺れ、同僚や別れた夫、16才の娘からも疎まれる孤独な毎日を送っている。

そんなある日、エリンの元に差出人不明の封筒が届く。その中身は紫色に染まった1枚のドル紙幣。それは行方をくらました17年前の事件の主犯からの挑戦状だった。エリンは過去に決着をつけるため、犯人を追う野良犬=ストレイ・ドッグと化し、灼熱の荒野へと車を走らせる――。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
アーニャは、きっと来る 字幕
 waiting for anya
●監督・脚本:ベン・クックソン●出演:ノア・シュナップ(『エイブのキッチンストーリー』)/トーマス・クレッチマン(『タクシー運転手 -約束は海を越えて-』)/フレデリック・シュミット(『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』)/トーマス・レマルキス(『タッチ・ミー・ノット -ローラと秘密のカウンセリング-』)/エルザ・ジルベルスタイン(『パリ、嘘つきな恋』)●2019年/イギリス/ベルギー

命がけで守ろうとした先に、少年が見たものは……

第二次世界大戦さなかのフランス。ピレネー山脈の麓に佇む小さな村に住む、13歳の少年・ジョーは、ある日、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ人・ベンジャミンと知り合い、ユダヤ人の子供たちを山の向こうのスペインに逃す救出作戦に協力することになる。そんなか、ついにのどかな村にもナチスがやって来た。村人たちを巻き込んだ救出作戦のゆくえは――羊飼いの少年が、ナチスの占領下に学んだ生きる喜びと希望を描いた異色のヒューマンドラマ。『戦火の馬』マイケル・モーパーゴ原作、後世に残したい感動作。

■1942年、ナチス占領下のフランス・ピレネー山脈の麓の小さな村に住む、13歳の少年・ジョーは、生活の大半を羊飼いとして過ごしていた。ある日ユダヤ人・ベンジャミンと出会う。彼は秘密裏にユダヤ人の子どもたちを安全なスペインへ逃がすという危険な計画を企てていた。ジョーはこの計画を手伝うことになる。

かたやジョーは個人的な悲しみの感情を共有することで、ドイツ軍の下士官と親しくなっていた。ドイツの労働収容所から帰国したジョーの父親は荒れていたが、ジョーのユダヤ人救出作戦への関与が明らかになると協力を約束する。村人たち一丸となって子どもたちを逃す日が迫ってくるが、ベンジャミンが待つ娘アーニャは来ない。救出作戦は成功するのか…アーニャは村に現れるのか――。











































本編 1時間28分
デジタル
カラー
この世界に残されて 字幕
 akik maradtak
●監督・脚本:バルナバーシュ・トート●出演:カーロイ・ハイデュク/アビゲール・セーケ/マリ・ナジ/カタリン・シムコー/バルナバーシュ・ホルカイ●2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリスト選出●2019年/ハンガリー

一緒にいたいと想うのは、いけないことですか。

第二次大戦後のハンガリー。ナチスによるホロコーストを生き延びた16歳のクララと42歳のアルド。家族を喪い傷ついた彼らは、寄り添うことで人生を取り戻していくが、ソ連の弾圧によって、再び二人の運命は時代に翻弄されてゆく――癒えることのない心の傷を抱えた者たちが年齢差を超え、痛みを分かち合いながら寄り添う。彼らが再び人生と向き合う姿を、節度をもって叙情的に描くヒューマン・ドラマ。

■第二次世界大戦終戦後の1948年、ハンガリー。 ホロコーストを生き延びたものの家族を喪った16歳の少女クララは、両親の代わりに保護者となった大叔母オルギと暮している。大叔母に心を開かず、同級生とも打ち解けず、孤独な日々をおくるクララ。そんなある日、クララは寡黙な医師アルドに出会う。42歳の彼は、勤務先の病院とユダヤ人会の孤児院、そして自宅を行き来するだけの毎日を過ごしていた。

言葉をかわすうちに、アルドの心に自分と同じ孤独を感じ取り、父を慕うようにアルドに懐くクララ。そんなクララを見て、大叔母オルギは「私は勉強をみてあげることもできないから」と、クララのもう一人の保護者になってほしいとアルドに懇願する。「明るい父親にはなれないが、いないよりはましかも」とアルドは快諾し、クララは週の半分をアルドの家で過ごすという不思議な同居生活が始まった。ゲームに興じたり映画を観に行ったり、殺伐としていた彼らの日々は徐々に輝きはじめる。

そんななか、ふとした会話をきっかけにアルドが動揺し、これまで明かさなかった秘密をクララに打ち明ける。彼もまた、ホロコーストによって大切な人たちを喪った犠牲者だったのだ。 共に心に傷を抱えながら、寄り添うことで徐々に人生を取り戻していくクララとアルド。 だが、スターリン率いるソ連がハンガリーで権力を掌握すると、再び世の中は不穏な空気に包まれ、党に目をつけられた者たちが次々と連行されるなど緊張が増していく。そんななかクララとアルドの関係は、スキャンダラスな誤解を招いてしまう――。











































本編 2時間10分
デジタル
カラー
ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画 字幕
 mission mangal
●監督・脚本:ジャガン・シャクティ●出演:アクシャイ・クマール(『パッドマン 5億人の女性を救った男』)/ヴィディヤ・バラン(『女神は二度微笑む』)/タープスィー・パンヌー/ソーナークシー・シンハー(『“ロミオ“・ラージクマール』)/クリティ・クルハーリー●2019年/インド

再起をかけた男と女性科学者たちのアイデアと努力が歴史を変えた――。

実現不可能と思われた火星探査プロジェクトに異動させられた女性が、家庭料理からアイデアを閃きプロジェクトを成功に導く――『パッドマン 5億人の女性を救った男』の主演と製作スタッフが再結集。アジア初の火星探査機打上げを成功させた奇跡の実話。

■2010年、インドの宇宙事業の命運をかけたロケットの打上げが失敗に終わり、プロジェクト責任者のタラとラケーシュは誰もが実現不可能と考える火星探査プロジェクトという「閑職」に異動させられる。主婦でもあるタラは家庭料理など家事から閃いたアイデアで、小さなロケットでも探査機を火星に送る方法を思いつき、低予算ながらプロジェクトが始動する。

しかし、花形の月探査プロジェクトに比べれば陰の存在であるプロジェクトにチームとして集められたスタッフは、トップクラスとは言えない、経験の浅い、いわば二軍の寄せ集め。はじめはバラバラのチームだったが、女性たちの節約アイデアで、わずかな予算でも火星打上げを成功に導くため、チームは結束し奮闘する。そして、2013年、彼らのアイデアと努力が詰まった火星探査機「マンガルヤーン」が火星へと打上げられた――。











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
詩人の恋 字幕 
 the poet and the boy
●監督・脚本:キム・ヤンヒ●出演:ヤン・イクチュン(『あゝ、荒野(前篇・後編)』)/チョン・ヘジン(『テロ,ライブ』)/チョン・ガラム(『感染家族』)/キム・ソンギュン(『風水師 王の運命を決めた男』)/パン・ウニ(『KUMIHO/千年愛』)●2017年/韓国

近くて遠い、君と僕

30代後半の売れない詩人。はじめての気持ちと忘れられない君。恋とは?夫婦の形とは?幸せとは何か?ソウルから遠く離れた済州島で、夢見がちな詩人が真実の愛に目覚める――韓国を代表する実力派俳優ヤン・イクチュンらが繊細に紡ぐ、切ない三角関係。男と女と男。恋愛映画のジャンルを超える、繊細で美しい物語。

■自然豊かな済州島で生まれ育った詩人のテッキは、ここ数年スランプだ。稼げない彼を支える妻ガンスンが妊活を始めたことから、テッキの人生に波が立ちはじめる。乏精子症と診断され、詩も浮かばず思い悩む彼を救ったのは、港に開店したドーナツ屋で働く美青年セユンだった。彼のつぶやきが詩の種となり、新しい詩の世界への扉を開いてくれたのだ。もっと彼を知りたい――。30代後半にして初めて芽生えた“守ってあげたい”という感情を隠しながら、テッキは孤独を抱えるセユンと心を通わせていく…。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
わたしは金正男[キム・ジョンナム]を殺してない 字幕
 assassins
●監督:ライアン・ホワイト(『おしえて!ドクター・ルース』)●2020年/アメリカ

殺されたのは、わたしの人生。

2017年、クアラルンプール空港で北朝鮮の最高指導者・金正恩の実兄・金正男が殺された。暗殺者として捕まったのは、二人の若い女性だった――SNSを通して暗殺者になるまでの60日間の真実。20代のふたりの女性はプロの暗殺者か、それとも悲劇の主人公か?今世紀最大の暗殺事件の謎に迫るドキュメンタリー。

■2017年2月13日、マレーシア。北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)が、大勢の利用者でごった返すクアラルンプール国際空港の出発ロビーで殺害された。マレーシアの警察に逮捕された容疑者は“暗殺者”のイメージからはあまりにもかけ離れた若きふたりの女性だった。インドネシア人のシティ・アイシャと、ベトナム人のドアン・ティ・フォン。現場のあちこちに設置された監視カメラには、搭乗手続きをしようとしていた金正男に彼女たちがじゃれつくように襲いかかる様子や、金正男が警官らに助けを求め、ふらつく足取りで空港内のクリニックに向かう姿が生々しく捉えられていた。そして金正男はまもなく死亡。猛毒の神経剤VXを顔に塗りたくられたことが原因だった…。

弁護団やジャーナリストへのインタビュー、空港の監視カメラなどの記録映像をふんだんに盛り込んだこのドキュメンタリーは、貧しい日常を抜け出そうとあえいでいたインドネシア人のシティ、希望していた職に就けずに女優を夢見ていたベトナム人のドアンの知られざる実像に迫っていく。ミスターYやジェームズなどと称し、素性を隠しSNSを通して彼女たちそれぞれに接触した北朝鮮の工作員たちは、日本のTV向けの“イタズラ動画”への出演話を持ちかけ、恐ろしいほど巧妙かつ入念な手口で、無邪気なふたりの女性を暗殺の実行犯へと仕立てていった――。











































本編 1時間59分
デジタル
カラー
佐々木、イン、マイマイン
 sasaki, in, mymind
●監督・脚本:内山拓也(『ヴァニタス』)●出演:藤原季節(『his』)/細川岳(『愛うつつ』)/萩原みのり(『転がるビー玉』)/遊屋慎太郎(『アレノ』)/森優作(『野火』)●2020年/日本

佐々木、青春に似た男

俳優を志して上京しながらも、鳴かず飛ばずの日々を送る三谷悠二はある日、高校の同級生と再会。これを機に当時、彼らの間で絶対的な存在だった佐々木の記憶が蘇る。誰にでもいる、かつてヒーローだった友人それが佐々木――デビュー作『ヴァニタス』が話題となり、KingGnuのMVなども手がける新鋭・内山拓也監督による青春映画。青春時代のヒーローだった友人の思い出を振り返りながら、仕事も私生活も行き詰っている青年が一歩を踏み出す姿を映し出す。

■俳優を志して上京した三谷悠二は、鳴かず飛ばずの日々を送り、既に27歳という年齢を迎えていた。別れた彼女のユキとの同棲生活は今もだらだらと続き、終わりを受け入れられないまま。そんなある日、高校の同級生・多田と再会。在学当時、彼らの中で絶対的な存在だった佐々木に話が及ぶと、悠二の中で、当時の記憶が蘇ってくる。やがて後輩に誘われ、ある舞台に出演する事に。稽古が進むにつれ、次第にその内容が過去と現在にリンクし始め、悠二の日常を急加速させていく。その矢先、数年ぶりに佐々木から電話の着信が入り、悠二の脳内で“佐々木コール”が鳴り響く――。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
ブレスレス 字幕
 koirat eivat kayta housuja
●監督・脚本:ユッカペッカ・ヴァルケアパー●出演:ペッカ・ストラング(『トム・オブ・フィンランド』)/クリスタ・コソネン/イロナ・フッタ/ヤニ・ヴォラネン/オーナ・アイロラ(『オリ・マキの人生で最も幸せな日』)●2019年/フィンランド

その瞬間だけ、生きられる。

妻を不慮の事故で失い、死んだように毎日を送っている外科医のユハ。救いを求めた先は、ふと迷い込んだSMクラブだった。喉元を締め付けられ、窒息寸前の生死をさまよう中でだけ、妻と再会できるのだ――フィンランドのアカデミー賞ユッシ賞で6部門を受賞。白夜の街ヘルシンキで生まれた、いちばん切ない純愛。妻との死別のショックから立ち直れない医師と、SMの女王様の危険で切ない異形のラブストーリー。

■外科医師のユハは夏の休日を、家族とともに湖畔の別荘で過ごしている。この日も、釣りを楽しみ、妻、娘と優雅でのどかな一日を過ごすはずだった…。うたた寝をしていたある日の午後、妻が湖の底に沈んでいた網に足をとられ、水死してしまう。不慮の事故により突然訪れた失意の日々。以来、ユハは、妻を救えなかったという自責の念から、毎日を無気力で死んだように過ごしていた。

そんな父を心配する娘のエリ。十数年後、エリがピアスの穴をあけるために訪れた店に同行したユハは、隣接するSMクラブに迷い込んでしまう。そこには、ボンデージ衣裳に身を包んだドミナトリクスのモナがいた。客と間違えられたユハは、そこで思いもかけない体験をする。首を締め付けられ、苦しい息遣いの中で、目の前に現れた映像は妻の死の直前の湖の中だった。この先に妻がいる。僅かながらも生きる糧を見つけたユハは、その日を境にモナの元に通いはじめる。

女王様からの屈辱と拘束、そして生死をさまよう窒息寸前のプレイの中で妻の面影を見る日々。その時間は、ユハにとってかけがえのない時間になっていく。一方で、快楽を求める抑えられない感情は、仕事や私生活へも少しずつ支障をきたしていく。やがて、二人のプレイはエスカレートし、さらに危険を増した行為へと発展。その行為の先に二人が見たものとは。そして、二人の運命を大きく変える出来事が待ち受けていた…。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
パリの調香師 しあわせの香りを探して 字幕
 les pafums
●監督・脚本:グレゴリー・マーニュ●出演:エマニュエル・ドゥヴォス(『ヴィオレット -ある作家の肖像-』)/グレゴリー・モンテル/セルジ・ロペス(『タンゴ・リブレ 君を想う』)/ギュスタヴ・ケルヴェン/ゼリー・リクソン(『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』)●2019年/フランス

人生を豊かにする調合は一つじゃない

嗅覚を失くしたわがまま天才調香師と、仕事も親権も取り上げられそうな崖っぷち運転手。間逆な組み合わせは奇跡を起こすのか?!――ディオール、エルメスの専属調香師、豪華協力によって映画化が実現。パリを舞台に、世界最高峰の香水業界で勝負する女性調香師の再起をかけた爽やかな感動ドラマ。

■アンヌは、かつてディオールの香水“ジャドール”をはじめ数々の名作を作った天才調香師。しかし4年前、仕事のプレッシャーと忙しさで、突如、嗅覚障害になり地位も名声も失ってしまった。嗅覚が戻った現在はエージェントから紹介される企業や役所の地味な仕事だけを受け、他人と関りを持たず、パリの高級アパルトマンでひっそりと暮らしていた。

そんな彼女に運転手として雇われたギヨーム。不器用だが人の良いギヨームは娘の共同親権を得るため、新しい住まいや仕事が欲しい。気難しいアンヌに戸惑いながらも、唯一率直にものを言うギヨームは気に入られ、少しずつアンヌの閉じていた心も開かれていく。ギヨームにも匂いを嗅ぎ分ける才能があることに気付き、ふたりは衝突しながらも協力して仕事をこなしていくように。やがてアンヌは再び香水を作りたいという思いを強くするが、突然また嗅覚を失ってしまう…。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
JUST ANOTHER
 just another
●監督:大石規湖(『MOTHER FUCKER』)●出演:the原爆オナニーズ/JOJO広重/DJ ISHIKAWA/森田裕/黒崎栄介●2020年/日本

なぜ、それでも彼らはやり続けるのか――。

結成38年、日本を代表するパンクバンド“the原爆オナニーズ”。キャリア初のドキュメンタリー映画で明かされる真実――名古屋を拠点にパンクロックを続ける彼らのエネルギーとメンバー同士の信頼感、その軌跡。どうしても記録しなくてはならなかった、ベテランバンドだけが辿り着いた境地。これまで語られる事のなかったバンド内部の真実が本人たちによって遂に明かされる。

■1982年、名古屋でTHE STAR CLUBに在籍していたEDDIEと地元のパンク博士とも言えるTAYLOWを中心に結成。38年にわたり名古屋を拠点にパンクロックを演奏し続ける。まさに日本が世界に誇る現役キャリア最長のパンクロックバンドである。バンドは数度のメンバーチェンジを繰り返し、後に遠藤ミチロウが率いるザ・スターリンやBLANKEY JET CITYに加わる中村達也やHi-STANDARDの横山健が在籍したことでも知られている。

インパクト絶大のバンド名はSEX PISTOLSを文字って付けられたが、“原爆”、“オナニー”と言うワードについて「このバンド名に嫌悪感などの反応を持ち、核・反戦について問題提起が出来れば良い。」とTAYLOWは述べている。メンバーはTAYLOW (vox)、EDDIE (bass guitar, vox)、JOHNNY (drums)、SHINOBU (guitar)。活動の拠点は結成以来、地元愛知に拘り、当時は当たり前であったプロになる事は目指さずに定職を持ち、そして60歳を超えた今でもパンクロックをやり続けている。











































本編 1時間36分
デジタル
カラー
エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット
 epok no atelier
●監督:南部充俊●出演:菅谷晋一/ザ・クロマニヨンズ/OKAMOTO’S(『LOVE SESSION』)/青柳拓次(『ひびきあうせかい RESONANCE』)/VLADO DZIHAN●2020年/日本

好きになる。夢中になる。生き方になる。

ここは、とあるアトリエ。聴こえてくるのは切ったり貼ったりしている音。出来上がったのはレコードジャケット。それは、想像していたのとはちょっと違う。四角い何かのつくり方を教えてくれる人。少し変わった何でもひとりでつくってしまう――ザ・クロマニヨンズやOKAMOTO'Sなどのレコードジャケットを手がけるデザイナー、菅谷晋一の制作過程を追ったドキュメンタリー。

■菅谷晋一の生き方が少し変わっている。いわゆるデザイナーと言うと美大や専門学校で学び、まずはデザイン事務所に所属して、そこで才能を見出されて独立し、自分の名前で作品を残していく…そんなイメージ。ところがこの人、大学では建築を学び、卒業後は家業の町工場で働く。でもやっぱりデザインしたくて、手探りで学び、どこにも所属せずに人脈ゼロから仕事を手にする。そして、今もたった一人で、本当に一人で、もう20年も楽しそうにものをつくって生きている。好きなことを追いかけて、気がついたら楽しいことが仕事になっていた。なんだか嘘みたいだけど本当の話。

そんな菅谷晋一の姿を記録したのは彼の作品だけでなく生き方にも共鳴した映像作家の南部充俊。自らの会社のロゴマークもデザインしてもらうほどの愛情で謎に包まれたその制作過程を記録した。このドキュメンタリーは音を聴きヒラメキを集めてレコードジャケットを作り上げる作業を通して、新しい生活を求められている私たちに、ただ好きなことに夢中になれば良いんだよ。という簡単(アナログ)なことをきっと教えてくれるはず。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
ジオラマボーイ・パノラマガール 
 dioramaboy・panoramagirl
●監督・脚本:瀬田なつき(『PARKS パークス』)●出演:山田杏奈(『ミスミソウ』)/鈴木仁(『のぼる小寺さん』)/滝澤エリカ/若杉凩(『暁闇』)/平田空●2020年/日本

成長するだけじゃ、オトナになれない

時代が、街が、変わっても、「好き」の気持ちは、しぶとく残る――スクラップ&ビルドを繰り返す街で、未来への不安を抱えつつも「今」を生きる若者たちを、ファンタジックでポップな世界観で映画化。『ヘルタースケルター』『リバーズ・エッジ』など、1980~90年代に様々な人気作を生み出してきた漫画家、岡崎京子の同名コミックを原作としたラブストーリー。

■東京に住む平坦で平凡な高校生・渋谷ハルコ、16歳。ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチにひとめぼれする。“世紀の恋”だとはしゃぐハルコに対して、真面目でおとなしげなケンイチは、受験目前、衝動的に学校を辞めてしまいそれどころではない。さらに勢いでナンパした危険な香りのする女の子・マユミに夢中になっていく。二人の平行線の恋はどこへ行くのか――。











































本編 0時間52分
デジタル
カラー
メグ・ライオン
 meg lion
●監督・脚本:河崎実(『ロバマン』)●出演:長谷摩美/浅野杏奈/田中美和子(『わたしの見島』)/桜りん/shiffon●2020年/日本

貴女は宇宙のお姫様です!

さえないおばさんOLには、宇宙規模の秘密があった。彼女はキングライオン星の王女だったのだ!――オカルトメディアのTOCANAとバカ映画の巨匠河崎実監督、三越伊勢丹のコラボで贈る特撮アクションラブコメディ。

■会社でお局様と後輩の両方から疎まれている 50代の冴えないOL・獅戸めぐは、ある日の帰り道、空から現れた全裸のイケメン男ジョナサンに遭遇する。ジョナサンはめぐに、「あなたはキングライオン星の王女であり、銀河連邦百億個の星の王家の娘なのです」と打ち明け、口づけをする。するとめぐは、王女の本当の姿である美女(浅野杏奈)に変身する。しかし、めぐの秘密の力を手に入れようとする、ウルトラタイガー星人の魔の手が迫っていた…。











































本編 1時間16分
デジタル
モノクロ
新しい街 ヴィル・ヌーヴ 字幕
 ville neuv
●監督:フェリックス・デュフール=ラペリエール●声の出演:ロバート・ラロンド/ジョアンヌ=マリー・トランブレー(『みなさん、さようなら〈2003年〉』)/テオドール・ペルラン●2018年/カナダ

うまくいかない人生。あの鐘が鳴ったら、何かが変わるのだろうか?

ありえたかもしれない人生、ありえたかもしれない愛。悔恨や後悔を抱えながら、いまふたたび、独立の鐘がなる――自文化の誇りをかけて敗れた独立運動(カナダ・ケベック)を背景に、ある(元)夫婦の過去・現在・未来の物語を詩的に描いた全編墨絵の長編ポエティック・アニメーション。

■アルコール依存症の詩人ジョゼフは、思い出の地“ヴィル・ヌーヴ(新しい街)”に別れた妻エマを呼び出す。うまくいきそうに思えた二人だったが、独立運動の高まりとともに、その関係に新たな波乱が巻き起こる…。











































本編 2時間49分
デジタル
モノクロ
異端の鳥 字幕 
 nabarvene ptace
●監督・脚本:ヴァーツラフ・マルホウル●出演:ペトル・コトラール/ステラン・スカルスガルド(『男と女、モントーク岬で』)/ハーヴェイ・カイテル(『グランドフィナーレ』)/ジュリアン・サンズ(『ヴァージニア』)/バリー・ペッパー(『メイズ・ランナー:最期の迷宮』)●第76回ヴェネチア国際映画祭ユニセフ賞 受賞●2018年/チェコ/スロヴァキア/ウクライナ

僕は、生きて、家に帰る

ホロコーストを逃れて疎開した少年は、身寄りも住むところも失い、一人で旅に出る。行く先々で酷い仕打ちを受けるが、生き延びようと必死でもがき続ける――人はなぜ異質な存在を排除しようとするのか? ホロコーストの源流を辿り戦争と人間の本性に迫る、美しくも残酷な衝撃作。作家イェジー・コシンスキの発禁の書、半世紀を経て奇跡の映画化。

■第二次大戦中の東欧のどこか。ホロコーストを逃れて疎開した少年は、預かり先である一人暮らしの老婆が病死した上に火事で家が消失したことで、身寄りをなくし一人で旅に出ることになってしまう。行く先々で彼を異物とみなす周囲の人間たちの酷い仕打ちに遭いながらも、彼はなんとか生き延びようと必死でもがき続ける――。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
また、あなたとブッククラブで 字幕
 book club
●監督・脚本:ビル・ホルダーマン●出演:ダイアン・キートン(『ロンドン、人生はじめます』)/ジェーン・フォンダ(『帰郷』)/キャンディス・バーゲン(『ガンジー』)/メアリー・スティーンバージェン(『メルビンとハワード』)/アンディ・ガルシア(『5デイズ』)●2018年/アメリカ

私たちの第二章は始まったばかり

妻として、母として、上司として、経営者としてそれぞれ自立した人生を謳歌してきた女性たち。旧知の女ともだち4人の恒例行事「ブッククラブ」。そこで出会った1冊の本が、彼女たちの人生の第二章に輝きをもたらす――4人全員がアカデミー賞またはゴールデングローブ賞を獲得。70~80年代にかけてアメリカ映画の礎を築き、今もなお、衰えを知らない輝きでトップを走り続ける名女優たち4人の初共演。新たな人生を歩みだす老齢期を迎えた女性たちを描くアンサンブル・ドラマ。

■40年連れ添った夫を亡くしたダイアン。恋愛感情無しでの複数の男性たちとの関係を楽しんでいるビビアン。未だに何十年も前の離婚に苦しんでいるシャロン。35年を経た結婚生活の危機に直面しているキャロル。長年の友人である4人は、それぞれのライフキャリアを築き、各々の悩みを抱えながらも、読書にいそしむ”ブッククラブ“を定期的に開催して交流を続けていた。

ある時、お題本に選ばれたのは官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」。彼女たちはそのスキャンダラスかつ刺激的な1冊にたちまち感化され、悩ましい日常を忘れて、恋にロマンスに気持ちも行動も大胆になっていく。そして、代わり映えしなかった日常に大きな変化が生まれる――。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
トルーマン・カポーティ 真実のテープ 字幕
 the capote tapes
●監督・脚本:イーブス・バーノー●出演:トルーマン・カポーティ(『名探偵登場』)/ディック・キャヴェット(『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』)/ケイト・ハリントン/ルイス・ラファム/アンドレ・レオン・タリー(『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』)●2019年/アメリカ/イギリス

私はアル中である。私はヤク中である。私はホモセクシュアルである。私は天才である。

“誰もが一度は会いたいと願うが、一度会えば二度と会いたくない”男、早熟の天才作家トルーマン・カポーティ。死後36年を経て、未完の問題作「叶えられた祈り」執筆の裏側が今明かされる――名著『ティファニーで朝食を』『冷血』を世に送り出し、若くして天才作家として脚光を浴びたが、晩年はアルコールと薬物中毒に苦しんだトルーマン・カポーティ。死後36年を経て、彼の波乱に満ちた人生を濃密に網羅し、「未完の絶筆」とされている問題作『叶えられた祈り』をめぐるミステリーに迫る文芸ドキュメンタリー。

■ジャーナリストのジョージ・プリンプトンによるカポーティの評伝『トルーマン・カポーティ』(97)を基にした本作。作家ノーマン・メイラーや女優ローレン・バコールなど、当時の貴重な取材テープに加え、カポーティの養女ケイト・ハリントン、作家のジェイ・マキナニーやファッション・ジャーナリストのアンドレ・レオン・タリーなど、バーノー監督が独自のルートで入手した新たなインタビューから、謎に包まれたカポーティの素顔が見えてくる。

さらに、カポーティが主催した20世紀最高と謳われる伝説のパーティー「黒と白の舞踏会」の様子や、彼が親交を深めた社交界の美しく知性にあふれた女性たち(通称「白鳥(スワン)」)など、戦後アメリカのファッション、アート、カルチャーシーンを振り返りながら、当時のセレブリティたちの貴重な秘蔵映像なども垣間見ることができる。











































本編 2時間08分
デジタル
カラー
ソング・トゥ・ソング 字幕 
 song to song
●監督・脚本:テレンス・マリック(『名もなき生涯』)●出演:ルーニー・マーラ(『ローズの秘密の頁(ページ)』)/ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』)/マイケル・ファスベンダー(『エイリアン:コヴェナント』)/ナタリー・ポートマン(『ポップスター』)/ケイト・ブランシェット(『キャロル』)●2017年/アメリカ

夢が終わる。人生が始まる――

アメリカで指折りの音楽の街、オースティンで、それぞれに幸せを探す4人の男女の人生が交差する――青春を引きずった大人たちが、絶望と孤独にもがきながら人生の輝きを見出していく。破滅的でエモーショナルなラブストーリー。

■音楽の街、オースティン。何者かになりたいフリーターのフェイは、成功した大物プロデューサーのクックと密かに付き合っていた。そんなフェイに売れないソングライターBVが想いを寄せる。一方、恋愛をゲームのように楽しむクックは夢を諦めたウェイトレスのロンダを誘惑。愛と裏切りが交差するなか、思いもよらない運命が4人を待ち受けていた…。











































本編 1時間14分
デジタル
カラー
UFO真相検証ファイル Part1 戦慄!宇宙人拉致事件の真実 字幕
 beyond the spectrum : being taken
●2018年/アメリカ

人類に告ぐ、遭遇に備えよ

「私は、宇宙人に誘拐された!」世界に多発、激増するアブダクション(拉致事件)の数々、彼らの目的はいったい何か?――近年、世界中でUFOの目撃事例が激増し、また数多くのUFOアブダクション(宇宙人拉致事件)が 報告されている。この映画は宇宙人による拉致事件の 歴史を辿りながら具体的な実例を紹介し、実際の体験者たちの証言をはじめ各専門家の分析や 懐疑論者の反論まで、あらゆる視点から真実を検証する 戦慄のドキュメンタリーである。

■記録に残っている最古の拉致事件は1896年に起きたカリフォルニア州ストックトンでのH・G・ショー大佐の誘拐事件と1897年テキサス州オーロラでのUFO墜落事件。そうした歴史的事件から最新情報まで、世界中の宇宙人拉致事件を徹底網羅。

そして、数ある拉致事件の中でも最も有名な2大事件、1961年に起き、全米を震撼させた「ベティ&バーニー・ヒル夫妻誘拐事件」と1975年に発生し、その後事件を基にパラマウント映画が『ファイアー・イン・ザ・スカイ/未知からの生還』(93)を製作したことでも知られる「トラヴィス・ウォルトン事件」については、当事者や関係者の貴重なインタビュー映像を集め、その事件の詳細な全貌を明らかにすると共に、改めて様々な角度から検証を試みる。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー
GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生 字幕
 gogo
●監督:パスカル・プリッソン(『世界の果ての通学路』)●出演:プリシラ・ステナイ●2019年/フランス

ケニア在住の94歳、通称“ゴゴ(おばあちゃん)”。彼女がチャレンジするのは小学校の卒業試験。

子供3人、孫22人、ひ孫52人、助産師歴75年。彼女がチャレンジするのは、小学校の卒業試験――『世界の果ての通学路』のパスカル・プリッソン監督最新作は、誰もが勇気をもらえる希望に満ちたドキュメンタリー。アフリカに未だ残る教育問題にも改めて向き合える一作。

■プリシラ・ステナイは、3人の子供、22人の孫、52人のひ孫に恵まれ、ケニアの小さな村で助産師として暮らしてきた。皆から“ゴゴ”(カレンジン語で“おばあちゃん”)と呼ばれる人気者だ。ある時、彼女は学齢期のひ孫娘たちが学校に通っていないことに気づく。自らが幼少期に勉強を許されなかったこともあり、教育の大切さを痛感していたゴゴは一念発起。周囲を説得し、6人のひ孫娘たちと共に小学校に入学した。

年下のクラスメートたちと同じように寄宿舎で寝起きし、制服を着て授業を受ける。同年代の友人とお茶を飲んで一息ついたり、皆におとぎ話を聞かせてやることも。近頃は新しい寄宿舎の建設にも力を注いでいる。すっかり耳は遠くなり、目の具合も悪いため勉強するのは一苦労…。それでも、助産師として自分が取り上げた教師やクラスメートたちに応援されながら勉強を続け、ついに念願の卒業試験に挑む。











































本編 1時間20分
デジタル
カラー
和田淳特集上映 私の秘かな動く愉しみ
 wadaatsushi tokushujoei watashinohisokanaugokutanoshimi
●監督・脚本:和田淳(『わからないブタ』)●声の出演:津曲公夫/和田然●2020年/日本/フランス/イギリス

世界を代表する「気持ちいい」アニメーション作家和田淳の全貌がわかる、素晴らしい上映プログラム

アニメーション作家・和田淳のゲーム作品「マイエクササイズ」発売記念の特集上映。ベルリン国際映画祭短編部門銀熊賞受賞の「グレートラビット」、美術館のインスタレーション作品の上映版「私の沼」、ゲームの元となった同名の短編、制作中の新作の予告編など。

■「映画上映前CM」映画大好き・ばくーとその仲間たちが登場するミニシアター系映画館の本編上映前に流すマナーCM。「マイエクササイズ(短編映画版)」飼い犬と一緒に運動する男の子を描く。ゲーム「マイエクササイズ」の原作となった、メディア芸術クリエイター育成支援事業による助成をうけ制作した短編シリーズの1エピソード。「蠕虫舞手」宮沢賢治の原作をアニメ化。ASK映像祭大賞。「鼻の日」ノーウィッチ国際アニメーション映画祭最優秀短編作品、イメージフォーラムフェスティバル奨励賞。「やさしい笛、鳥、石」いろいろなことがあるけれど大丈夫。

「声が出てきた人」アニメーション生誕100年記念オムニバス映画「TOKYO LOOP」参加作品。「そういう眼鏡」リオ・デ・ジャネイロ国際短編映画祭最優秀若手審査員賞。「わからないブタ」ファントーシュ国際アニメーション映画祭最優秀作品等。「春のしくみ」アナーバー映画祭Funniest Film。「和田淳CM&TV作品集」ACジャパンTVCM、NHK『テクネ 映像の教室』内で放送された作品、大手前大学CMのオムニバス。「グレートラビット」ベルリン国際映画祭短編部門銀熊賞等。「Anomalies」ネッシーが初めて写真に撮られて80周年を記念し、英国チャンネル4からの依頼で制作した作品。

「私の沼」横浜美術館からの委託で制作された5面スクリーンによるインスタレーションの上映版。文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品。「秋 東京藝術大学130周年記念プログラム ヴィヴァルディ『四季』より」東京藝術大学のヴィヴァルディ『四季』映像化プロジェクトのなかの秋を映像化。新千歳空港国際アニメーション映画祭日本グランプリ。「半島の鳥(新作短編予告編)」成長や儀式をテーマにした2021年完成予定の新作短編の予告編。「マイエクササイズ(ゲーム版予告編)」メディア芸術クリエイター育成支援事業の助成を受け制作したゲームの予告編。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
UFO真相検証ファイル Part2 衝撃!カメラに映った宇宙人たち 字幕
 beyond the spectrum: maussan's ufo files
●2019年/アメリカ

宇宙人襲来!緊急事態宣言発令!目撃!追跡!収集!激撮!

世界で最も有名なUFO研究家による最新スクープ映像集――2020年4月27日、米国防総省はUFOを撮影した3本の映像の機密を解除して正式公開し、すでに流出していた同映像が、2004年に米空軍によって撮影された 本物であると発表した。本作は同映像が始めてテレビで紹介された際のニュース映像をはじめ、様々なUFOおよび宇宙人ヒューマノイドの姿を捉えた決定的瞬間を集め、再検証していく真実のドキュメンタリーである。

■メキシコのジャーナリスト、ハイメ・マウサン(67歳)は、人気テレビ番組「60ミニッツ」や「三千年紀」のアンカーとして報道の最前線で取材し、半世紀にわたり政治や社会の問題を追ってきたが、彼がキャリアの最後に辿りついた人生最大のテーマが“UFO”と“宇宙人”だった。

今や世界最高のUFO研究家として国際的に知られる彼のもとには世界中から数多くのUFOや宇宙人を捉えた写真や映像が送られてくる。その中には、軍関係者による極秘映像の提供も含まれている。UFO研究にのめり込むことになった事情や経緯をマウサンが自ら赤裸々に語るのをはじめ、米国防総省が本物と公表した米軍撮影のUFO映像、メキシコ空軍によるUFO映像など、世界が驚いたスクープ映像の数々が登場。マウサンが改めて再検証を行う。

また、マウサンが自らの人気番組「三千年紀」で取材、および紹介して大反響を呼んだ9つの宇宙人映像と写真を紹介、再検証する。その中でも日本のテレビ局も共同取材を行った電柱の陰から時空を超えて現れる宇宙人を捉えた「メリダの宇宙人」、野球場に現れた透明状の宇宙人が撮影された「モンティの透明の光」、砂漠でUFOと小さなヒューマノイドと遭遇した3人の若者の証言から現場に向かったマウサンと取材班が本当に宇宙人と遭遇した「砂漠に現れたUFO」の衝撃映像と証言は今も強烈だ。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
NETFLIX/世界征服の野望 字幕
 netflix vs. the world
●監督:ショーン・コーセン●2020年/アメリカ

社外秘、暴露。

アカデミー賞3部門受賞の『ROMA/ローマ』、超大作『アイリッシュマン』などの話題の映画から、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」、「全裸監督」などの人気シリーズ、そして韓流ブームを再燃させた「愛の不時着」、今や世界中で、映画・ドラマの話題の中心にNETFLIX作品があるといっても過言ではない――これは、急成長を遂げながら映像ビジネスの最前線を行く、無敵の最強軍団ネットフリックスの驚きと興奮に満ちた壮大かつ痛快なサクセス・ストーリーにして、弱肉強食のビジネスで勝つための極意がぎっしりつまったベンチャー企業家のための最新教科書。全世界が震撼した、禁断のドキュメンタリー。

■世界190カ国以上での事業展開、有料契約者数1億8300万人(2020年 第1四半期)、2020年のコンテンツ投資額1兆5000億円、メジャー・スタジオ各社を尻目にアカデミー賞で最多ノミネート数を獲得、さらにコロナ禍の巣ごもり消費まで追い風となって最高益を記録。 世界最大の動画配信サービスへと成長を遂げただけでなく、製作面でもすでにハリウッド・メジャーを質量ともに凌駕して、国際的な映像ビジネスに革命を起こした全世界注目の最強企業NETFLIX。 怒涛の快進撃を続ける彼らは、なぜここまで勝ち続けられるのか!? その徹底した思想と戦略の原点は同社の創業期にあった…。

1997年に世界初のオンラインDVD配送レンタルサービスを提供する会社としてスタートした知られざる創業秘話から、新しいシステムの構築や市場の研究を重ねて業績を伸ばし、ついにはレンタル最大手Blockbuster社との全面戦争に勝利を収めたその知的な戦略と戦術。 さらに配信時代の到来を見越して、いち早く業態を配信中心に転換させた柔軟性とスピード感覚。 そして才能あふれるヒットクリエイターたちを囲い込み、魅力的なオリジナル・コンテンツ製作で他社を圧倒する豪腕と慧眼…。

NETFLIXの正体を暴いたベストセラー「NETFLIX コンテンツ帝国の野望 -GAFAを超える最強IT企業-」(牧野洋/訳、新潮社)の著者ジーナ・キーティングが自ら脚本を執筆、NETFLIXの共同創設者で元CEOのマーク・ランドルフをはじめ、同社の主要創業メンバーや当時の競合相手たちが振り返る、笑いと涙、成功と失敗のエピソード。映画館でしか観られないNETFLIXの真実と秘密、そのすべてがここにある。











































本編 1時間16分
デジタル
カラー
イルミナティ/世界を操る闇の秘密結社 字幕
 illumiated
●監督ジョニー・ロイヤル●出演:ジョニー・ロイヤル/ジョセフ・ウェイジズ/ジェイムズ・チスカニック/チャーリー・ギリエン/アダム・ケンダル●2019年/アメリカ

観ると、消される。

イルミナティ、それはフリーメイソンをも支配する世界最大の闇の権力。人類最大のタブー、その歴史と全貌。ついに明かされる、陰謀の真実とは?――トム・ハンクス主演で映画化されたダン・ブラウン原作の『天使と悪魔』やスタンリー・キューブリック監督の『アイズ ワイド シャット』等数々の映画でも、その恐るべき存在と底なしの恐怖が描かれてきた謎の秘密結社“イルミナティ”。

1776年のドイツでの創設以来、世界の政治や経済だけでなく、文化や芸術をも陰で操り、様々な謀略を実践して全世界の支配を目指してきたといわれる人類史上最大のタブー。知る者は存在を抹消されると噂が飛び交う巨大組織の実態に迫った衝撃と禁断のドキュメンタリー。

■この秘密結社は、いったい誰が、どんな目的で創り、200年以上にわたって世界と人類の歴史にどんな影響を及ぼし、何をしてきたのか? そして今、彼らは何を企んでいるのか? 噂されるように、果たして彼らは本当に悪意と陰謀に満ちた悪魔的な組織なのか? 映画は門外不出の貴重な資料の数々を基に、詳細な調査とイルミナティの正体を知る重要人物たちの証言によって、前人未到の危険領域にまで踏み込んでいく…。 様々な困難と妨害、さらに生命の危機をも乗り越え、映画がたどり着く陰謀と伝説の驚愕の真実とは!? 











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
夏時間 字幕
 moving on
●監督・脚本:ユン・ダンビ●出演:チェ・ジョンウン/ヤン・フンジュ/パク・スンジュン/パク・ヒョニョン/キム・サンドン●2019年/韓国

ほんとうは夏休みなんて好きじゃない

ある夏の夕暮れ。わたしは少し大きな家に引っ越した――緑色の庭、夏の西陽、風に揺れる蚊帳、懐かしいミシン、真っ赤なスイカ、午睡の夢。誰もが記憶に残っている、夏休みの思い出。その懐かしくも記憶に刻まれる日々を、ひとりの少女の視点から描く。注目の新人女性監督ユン・ダンビが描く、懐かしく繊細な夏の物語。『はちどり』に続き10代の少女の視点から家族と友人との関係を描いた珠玉の作品が韓国から登場した。

■夏休みのある日、10代の少女オクジュは、父が事業に失敗したため、弟ドンジュと父と共に広い庭のある祖父の家に引っ越したが、そこに母親の姿はなかった。弟は新しい環境にすぐ馴染むんだのだが、オクジュは居心地の悪さを感じている。そこに離婚寸前の叔母まで住みつき始め、一つ屋根の下に三世代が集まり、オクジュにとって、自分と家族の在り方を考えざるを得ない、夏の日々が始まった。オクジュが家と祖父に親しみを覚えるようになった頃、祖父が病気になってしまう…。











































本編 2時間14分
デジタル
カラー
ジャスト6.5 闘いの証 字幕
 metri shesm va nim
●監督・脚本:サイード・ルスタイ●出演:ペイマン・モアディ(『別離〈2011年〉』)/ナヴィッド・モハマドザデー(『ウォーデン -消えた死刑囚-』)/ファルハド・アスラニ/パリナーズ・イザドヤール(『ウォーデン -消えた死刑囚-』)●2019年東京国際映画祭 最優秀監督賞/最優秀主演男優賞 W受賞●2019年/イラン

沸騰する熱、逆流する血、ぎらつく眼球、命がけで斬り結ぶ魂の果ては地獄か、天国か。

薬物撲滅警察特別チームのサマドは、薬物取引の大物ナセル・ハグザドを追い詰め、刑務所に送ることに成功。だがそれは、ほんの始まりに過ぎなかった――ジャンキーたちの暮らす地域、留置所の中、運び屋の姿、取り調べ…薬物撲滅警察特別チームと麻薬ディーラーの壮絶な闘いを息もつかせぬ展開で描くイラン版ドラッグ・ウォー。娯楽性、作家性、社会性、すべてケタ違いのパワーで圧倒するイラン映画史上最大のヒット作。

■街にあふれる薬物依存者の多くはホームレス。薬物撲滅警察特別チームの一員であるサマドは、薬物売人の頂点に立つ大物ナセル・ハグザドを追っている。あの手この手の操作を繰り返したあげく、ついにナセルを彼のペントハウスに追い詰め刑務所に収監する。しかしそれは、ほんの始まりに過ぎなかった…。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
ウォーデン 消えた死刑囚 字幕
 sorkhpust
●監督・脚本:ニマ・ジャウィディ(『メルボルン』)●出演:ナヴィッド・モハマドザデー(『ウォーデン -消えた死刑囚-』)/パリナーズ・イザドヤール(『ウォーデン -消えた死刑囚-』)●2019年/イラン

地獄へ堕ちるのはヤツか、私か?

1966年、新空港建設のため、イラン南部の刑務所の立ち退きが決まり、新しい刑務所へ囚人たちの移送が開始されるが、1人の死刑囚が行方不明になってしまう――イスラム革命前、移転を強いられた刑務所が舞台の大ヒットサスペンス。シリアスな社会派ミステリー・ドラマでありながらサスペンス、スリル、ロマンスに満ちコミカルなところもある第一級のエンタテインメント映画。

■1966年、イスラム革命前のイラン南部にある刑務所。新空港建設のため立ち退くことになり、所長のヤヘド少佐は、囚人たちを新しい刑務所へ移送する任務を背負うことになった。無事任務を果たせば大きな出世を約束されていて、それは彼にとって難しいことではないと思われた。ところが一人の死刑囚が行方不明との報告が届く…・。











































デジタル
カラー/モノクロ
セルゲイ・ロズニツァ 〈群衆〉ドキュメンタリー3選 字幕
 sergei loznitsa observing a face in the crowd
■その時代、群衆は何を見つめていたか

20世紀最大級のスペクタクルとしてのスターリンの国葬、スターリンの独裁体制と後の大静粛につながる裁判、そして人類史上最大の悪が行われたホロコーストの現場。時代と群衆に眼差しを向け、映画に新たな視座を提示する――カンヌ国際映画祭で二冠、近作10作品すべてが世界三大映画祭に選出されている鬼才セルゲイ・ロズニツァ作品、待望の日本初公開。

■『国葬』
2019年/オランダ、リトアニア/ロシア語/カラー・モノクロ/135分

1953年3月5日。スターリンの死がソビエト全土に報じられた。リトアニアで発見されたスターリンの国葬を捉えた大量のアーカイヴ・フィルムは、同時代の200名弱のカメラマンが撮影した、幻の未公開映画『偉大なる別れ』のフッテージだった。そのフィルムにはモスクワに安置された指導者の姿、周恩来など各国共産党と東側諸国の指導者の弔問、後の権力闘争の主役となるフルシチョフら政府首脳のスピーチ、そして、ヨーロッパからシベリアまで、国父の死を嘆き悲しむ幾千万人の人の顔が鮮明に記録されていた。67年の時を経て蘇った人類史上最大級の国葬の記録は、独裁者スターリンが生涯をかけて実現した社会主義国家の真の姿を明らかにする。

■『粛清裁判』
2018年/オランダ、ロシア/ロシア語/モノクロ/128分

1930年、モスクワ。8名の有識者が西側諸国と結託しクーデターを企てた疑いで裁判にかけられる。この、いわゆる「産業党裁判」はスターリンによる見せしめ裁判で、90年前に撮影された法廷はソヴィエト最初期の発声映画『13日(「産業党」事件)』となった。だが、これはドキュメンタリーではなく架空の物語である――発掘されたアーカイヴ・フィルムには無実の罪を着せられた被告人たちと、彼らを裁く権力側の大胆不敵な共演が記録されていた。捏造された罪と真実の罰。スターリンの台頭に熱狂する群衆の映像が加えられ再構成されたアーカイヴ映画は、権力がいかに人を欺き、群衆を扇動し、独裁政権を誕生させるか描き出す。

■『アウステルリッツ』
2016年/ドイツ/ドイツ語、英語、スペイン語/モノクロ/94分

ベルリン郊外。真夏の陽光を背に吸い寄せられるように群衆が門を潜っていく。“Cool Story Bro”とプリントされたTシャツを着る青年。辺り構わずスマートフォンで記念撮影をする家族。誰かの消し忘れた携帯からはベートーヴェン交響曲第五番「運命」の着信音が鳴り響く。ここは第二次世界大戦中にホロコーストで多くのユダヤ人が虐殺された元強制収容所だ――戦後75年、記憶を社会で共有し未来へ繋げる試みはツーリズムと化していた。私たちは自らの過去にどのように触れたらよいのだろうか。ドイツ人小説家・W.G.ゼーバルト著書「アウステルリッツ」より着想を得て製作した、ダーク・ツーリズムのオブザベーショナル映画。











































本編 2時間02分
デジタル
カラー
燃ゆる女の肖像 字幕 
 portrait de la jeune fille en feu
●監督・脚本:セリーヌ・シアマ(『水の中のつぼみ』)●出演:ノエミ・メルラン(『不実な女と官能詩人』)/アデル・エネル(『BPM ビート・パー・ミニット』)/ルアナ・バイラミ/ヴァレリア・ゴリノ(『エマの瞳』)●2019年カンヌ映画祭 脚本賞/クィアパルム賞 受賞●2019年/フランス

すべてを、この目に焼き付けた――。

18世紀、フランス、ブルターニュの孤島。望まぬ結婚を控える貴族の娘と、彼女の肖像を描く女性画家。結ばれるはずのない運命の下、一時の恋が永遠に燃え上がる――生涯忘れ得ぬ痛みと喜びを人生に刻んだ恋を辿る追憶のラブストーリー。

■画家のマリアンヌはブルターニュの貴婦人から、娘のエロイーズの見合いのための肖像画を頼まれる。だが、エロイーズ自身は結婚を拒んでいた。身分を隠して近づき、孤島の屋敷で密かに肖像画を完成させたマリアンヌは、真実を知ったエロイーズから絵の出来栄えを否定される。描き直すと決めたマリアンヌに、意外にもモデルになると申し出るエロイーズ。キャンバスをはさんで見つめ合い、美しい島を共に散策し、音楽や文学について語り合ううちに、恋におちる二人。約束の5日後、肖像画はあと一筆で完成となるが、それは別れを意味していた──。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
ハッピー・オールド・イヤー 字幕
 happy old year
●監督・脚本:ナワポン・タムロンラタナリット●出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン(『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』)/サニー・スワンメーターノン(『アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー』)/サリカー・サートシンスパー/ティラワット・ゴーサワン/パッチャー・キットチャイジャルーン●2019年/タイ

ひとの気持ちは、簡単に仕分けられません。

迷わない、思い出に浸らない、感情に溺れない…。“片付けマスター”への道は前途多難!あなたは、卒アル捨てられますか?――『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(17)のサプライズヒットも記憶に新しい気鋭の映画製作スタジオGDH559と、同作の主人公“リン”ことチュティモン・ジョンジャルーンスックジンが再びタッグを組み、またもや斬新な切り口で放つ注目作。

「この家にはモノが多過ぎる!全部捨ててやる!」と断捨離を敢行するヒロインが、その途上で家族、友人、元カレとその今カノを巻き込んで展開する、誰にも身に覚えのあるエピソード満載の人間ドラ。

■留学先のスウェーデンでミニマルなライフスタイルを学んで帰国したデザイナーのジーン。かつて父親が営んでいた音楽教室兼自宅の小さなビルで、出て行った父を忘れられずにいる母、ネットで自作の服を販売する兄と三人暮らしの彼女は、ある日家をリフォームしてデザイン事務所にするべく、断捨離を開始する。洋服、レコード、楽器、アルバム—— 友達から借りたままだったモノを返して廻り、元カレのカメラを小包にして送り返す。部屋が片付いて行くのと反比例して、心は千々に乱れて…。時は年の瀬、ジーンは新たな気持ちで新年を迎えることが出来るのか?











































本編 2時間00分
デジタル
カラー
どん底作家の人生に幸あれ! 字幕
 the personal history of david copperfield
●監督:アーマンド・イアヌッチ(『スターリンの葬送狂騒曲』)●出演:デヴ・パテル(『ホテル・ムンバイ』)/アナイリン・バーナード(『やっぱり契約破棄していいですか!?』)/デイジー・メイ・クーパー/ヒュー・ローリー(『トゥモローランド』)/ピーター・キャパルディ(『ケン・ラッセルの白蛇伝説』)●2019年/イギリス/アメリカ

ありがとう愛しの変人たち

暴力的な継父の登場により、優しい母との幸せな生活が一変した少年デイヴィッドの波乱の人生の行方は?――文豪ディケンズの自伝的傑作小説「デイヴィッド・コパフィールド」の映画化。作り話を体験談として話したことで人気を得た男が、数奇な運命に導かれる様を描く、山ありオチあり波乱万丈ストーリー。

■デイヴィッドは少年の頃、周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいた。優しい母と家政婦の3人で幸せに暮らしていたが、暴力的な継父の登場によって人生が一変。都会の工場へ売り飛ばされ、強制労働のハメに!しかも里親は、借金まみれの老紳士だった…。

歳月が過ぎ、ドン底の中で逞しく成長した彼は、母の死をきっかけに工場から脱走。たった一人の肉親である裕福な伯母の助けで上流階級の名門校に通い始めたデイヴィッドは、卒業後に法律事務所で働き始め、さらに令嬢ドーラと恋に落ち、順風満帆な人生を手に入れたかに見えた。だが、彼の過去を知る者たちによって、ドン底に再び引き戻されようとして…。果たして、デイヴィッドの数奇な運命の行方は!?すべてを失っても綴り続けた、愛すべき変人たちとの《物語》が完成した時、彼の人生に“奇跡”が巻き起こる―。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
テスラ エジソンが恐れた天才 字幕
 tesla
●監督・脚本:マイケル・アルメレイダ(『アイヒマンの後継者』)●出演:イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)/カイル・マクラクラン(『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』)●2020年/アメリカ

彼がいなければ世界は100年遅れていた――。

電力システム、ラジオ、ラジコン、電気モーター、点火プラグなど、私たちの暮らしに欠かせないものばかりを次々と発明し、電流戦争でエジソンに勝利した〈天才発明家ニコラ・テスラ〉。 だが、「偉大な人物」という称賛に、常に「孤高」「異端」「狂気」という不穏な言葉がつきまとい、その最期は「栄光から没落へ」と語られてきた。富と名声を手にしたはずのテスラに何があったのか?――成功の果てに、人生に敗れていく姿を、時にシリアスに時にユーモアをこめて、芸術とドキュメンタリーの両面で描くヒューマンドラマ。

■1884年、移民としてニューヨークへやってきて、憧れのエジソンのもとで働き始めたテスラだが、直流か交流かで対立し訣別する。独立したテスラは、実業家ウェスティングハウスと手を組み、シカゴ万国博覧会でエジソンを叩きのめす。時代の寵児となったテスラは、大財閥J・P・モルガンの娘アンと交流し、モルガンから莫大な資金を得て、「無線」の実現に挑戦する。だが、研究一筋の繊細な心が、実業界や社交界と不協和音を立て始める──。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
世界で一番しあわせな食堂 字幕
 mestari cheng
●監督・脚本:ミカ・カウリスマキ(『旅人は夢を奏でる』)●出演:アンナ=マイヤ・トウオッコ/チュー・パック・ホング/ルーカス・スアン/ヴェサ=マッティ・ロイリ(『旅人は夢を奏でる』)/カリ・ヴァーナネン(『浮き雲』)●2019年/フィンランド/イギリス

人生が温まる料理はいかがですか。

フィンランド北部・ラップランド地方の小さな村。中国・上海からやって来た料理人が、食堂を経営するフィンランド人女性と出会い、国籍や文化の違いを乗り越え、お互いを家族のように思いやる気持ちが芽生えていく――“世界幸福度ランキング”3年連続1位の国から届いた、地元の人たちと異国の料理人の出会いを描く心温まる物語。

■フィンランド北部の小さな村にある食堂へ、上海から料理人チェンとその息子がやって来た。恩人を探していると言うが、知る人は誰もいない。食堂を経営するシルカは、チェンが食堂を手伝う代わりに、恩人探しに協力することとなる。恩人探しが思うように進まない一方で、チェンが作る料理は評判となり食堂は大盛況。次第にシルカ、そして常連客とも親しくなっていくチェンだったが、観光ビザの期限が迫り、帰国する日が近づいてくる――。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
羊飼いと風船 字幕
 balloon
●監督・脚本:ペマ・ツェテン●出演:ソナム・ワンモ/ジンバ/ヤンシクツォ●2019東京フィルメックス 最優秀作品賞受賞●2019年/中国

神秘の地・チベット。変わりゆく時代の狭間で生きている人たちがいる。

牧畜で生計を立てながら、大草原で暮らす家族。近代化の波が押し寄せ、長年にわたり受け継がれてきた営みが揺らぎだす――チベット映画の先駆者として世界的評価を集めるペマ・ツェテンが、広大な草原に生きる家族の日常を、雄大な映像美の中に綴った物語。

■チベットの草原地帯。タルギェとドルカルの若夫婦は、祖父とジャムヤン以下3人の息子を抱える三世代の家族として、牧畜で生計を立てながら暮らしていた。昔から続く、慎ましくも穏やかな日々。しかし、受け継がれてきた伝統や価値観は近代化によって、少しずつ変わり始めていた。

そんなある日、風船にまつわる子どもたちの些細ないたずらが、家族の間にさざ波を巻き起こし始める。変わりゆく時代の中、ただ願うのは家族の幸せ。羊を売ってジャムヤンの進学費用に充てようとするタルギェ。ドルカルの妹・シャンチュと元恋人タクブンジャの再会。やがて訪れる祖父の死と新たな生命の誕生。それぞれの想いは交差し、チベットの風に吹かれ浮遊していく――。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
ロード・オブ・カオス 字幕 
 lords of chaos
●監督・脚本:ジョナス・アカーランド(『ホースメン〈2008年〉』)●出演:ロリー・カルキン(『さよなら、僕らの夏』)/エモリー・コーエン(『ブルックリン』)/ジャック・キルマー(『パロアルト・ストーリー』)/スカイ・フェレイラ(『ダーティー・コップ』)/ヴォルター・スカルスガルド●2018年/イギリス/スウェーデン/ノルウェー

ブラック・メタルの王は、俺だ。

真実は狂気をはるかに超えていた。1987年、ノルウェー。漆黒に塗り潰された若者たちの暴走が始まる――初期ブラック・メタル・シーンの中核的な存在となったバンド「メイヘム(Mayhem)」。彼らは、サタニズム(悪魔崇拝主義)を標榜し、過激なライヴパフォーマンスとコープスペイント(死化粧)で世界のメタル・シーンを席捲。同時に、バンドリーダーのユーロニモスは、“誰が一番邪悪か”を競い合うアンダーグラウンド集団「インナーサークル」を結成。活動は過激化し、放火、暴動、果ては複数の殺人事件まで引き起こし、社会問題に発展した。あまりにもスキャンダラスな〈ブラック・メタル〉黎明期。陰惨で猟奇的な漆黒の歴史。邪悪ながらも切なく尊く痛々しい青春を鮮やかに描く音楽ドラマ。

■1987 年、ノルウェー・オスロ。19 歳のギタリスト、ユーロニモスは、ヴォーカルのデッドたちとともに「真のブラック・メタル」を追求する全く新しいバンド「メイヘム」の活動に熱中していた。デッドは、ライヴ中に自身の身体を切り刻み、観客にその血をかけた上、豚の頭を投げるなどの行為を繰り返し、その過激さもあって「メイヘム」は熱狂的にブラック・メタル・シーンに受け入れられる。

しかしある日、デッドはショットガンで頭をブチ抜き、自殺を果たした…。発見者のユーロニモスは、親友の脳漿が飛び散る遺体の写真を撮り、頭蓋骨の欠片を友人らに送付し、喧伝することでカリスマ化。レコードショップ「ヘルヴェテ(地獄)」を根城に、“誰が一番邪悪か”を競うインナーサークルを作り、王として君臨するようになる。しかし、メンバーのヴァーグが起こした教会放火を契機に、主導権争いは熾烈化。歯止めが効かなくなった果て、彼らですら想像しえなかった狂乱が待ち受けていた――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ターコイズの空の下で
 under the turquoise sky
●監督・脚本:KENTARO●出演:柳楽優弥(『夜明け』)/アムラ・バルジンヤム/麿赤兒(『地獄少女』)/ツェツゲ・ビャンバ/サラントゥーヤ・サンブ●2020年/日本/モンゴル/フランス

モンゴルの草原で未知の自分と出会う。国境と世代を超えて魂が響きあう。

自堕落な生活を送る日本人青年とモンゴル人の馬泥棒が、終戦後に生き別れとなった祖父の娘を探すため、モンゴル中を旅していく――『誰も知らない』の柳楽優弥が主演を務める、日本・モンゴル・フランス合作のロードムービー。

■大企業の経営者・三郎を祖父に持つ青年タケシは、贅沢三昧の自堕落な生活を送っていた。ある日、三郎の所有する競走馬を盗んだ罪で、モンゴル人のアムラが逮捕される。三郎は第2次世界大戦終了時にモンゴルで捕虜生活を送っており、現地の女性との間に娘がいた。アムラとの出会いをきっかけに、三郎は生き別れた娘を捜すため、タケシをモンゴルへ送り込む。言葉も通じず、価値観も異なるアムラとともに旅を始めるタケシだったが…。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
REDLINE
 redline
●監督:小池健(『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』)●声の出演:木村拓哉(『ハウルの動く城』)/蒼井優(『花とアリス殺人事件』)/浅野忠信(『淵に立つ』出演)/我修院達也(『千と千尋の神隠し』)/岡田義徳(『鉄コン筋クリート』)●2010年/日本

■限界を超えろ

リーゼントに革ジャンを着こなすクールな主人公・JPは、実はシャイで純情な男。初恋の女性ソノシーを振り向かせるため、軍事国家「ロボワールド」で開催される何でもありのカー・レース“REDLINE”に出場を決める――宇宙最速を決める5年に一度のレースに勝負をかける命知らずのレーサーたちを描くSFカーアクション。『鮫肌男と桃尻女』の石井克人監督による原作を、『アニマトリックス』の小池健監督が手描きにこだわって映画化した長編アニメーション。「10周年記念上映」としてリバイバル公開。

■遥か未来、エアカーが四輪に取って代わろうとする時代。宇宙最速の座を賭けた5年に1度の祭典“REDLINE”の開催が間近に迫っていた。見た目はリーゼントでクールに決めているが、シャイで熱い魂を持つ純情男JPは、この時代にあっても四輪にこだわるドライバー。そして、子供の頃からREDLINEの表彰台に立つことを一途に夢見てきたジャンクショップの娘ソノシー。少年時代、全身全霊でレースに賭けるソノシーに出会ったJPは、彼女に一目惚れ。いつか振り向かせようと、走り続けてきたのだった。

REDLINEは、武器搭載も許される何でもありのカーレース。それでも、“速さだけで勝つ”ことにこだわるJPは、何も持たずに相棒の天才メカニック、フリスビーが整備した愛車トランザム20000で予選に臨む。だが、彼の車には爆弾が仕掛けられていた。犯人はフリスビー。彼はある事情から親友を裏切り、八百長に協力していたのだ。それを薄々感じながらも、親友を信じてアクセルを踏み込むJP。JPはソノシーと激しいトップ争いを繰り広げるが、計画通りJPの車は大破。ソノシーが優勝を飾る。

夢は潰えたかに思えたが、事態は一転。REDLINEの開催地が史上最悪の星“ロボワールド”だと知った出場者が、恐れをなして棄権。JPに出場権が回ってくる。そして、相棒は今回もフリスビー。夢の舞台で親友を裏切らなければならない自分に葛藤するフリスビー。だが、それを知りながらも、ソノシーへの思いを胸にアクセルを踏み込むJP。一方、ロボワールド軍は、REDLINE出場者たちを、外部からの侵入者と見なして抹殺するべく動き出す。ロボワールドの激しい攻撃を受けながらのレースの行方は?フリスビーの思惑は?そして、JPとソノシーの恋の行方は…?絡み合う運命を、限界を超えてJPがぶっちぎる!











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
瞽女 GOZE
 goze
●監督・脚本:瀧澤正治(『ベースボールキッズ』)●出演:川北のん/吉本実憂(『レディ in ホワイト』)/中島ひろ子(『いつかのふたり』)/冨樫真(『恋の罪』)/鈴木聖奈(『22才の別れ/Lycoris〈リコリス〉 葉見ず花見ず物語』)●2020年/日本

母と子の究極の愛が見えるまで…

良い人と歩けば祭り、悪い人と歩けば修行――三味線を奏で語り物などを唄いながら、各地を門付けして歩く“盲目の女旅芸人”瞽女(ごぜ)。最後の瞽女・小林ハルが、厳冬の中での修業や、愛する人との別れを経験しながらも健気に生きる姿を追った感動のヒューマンドラマ。

■生後3ヶ月で失明したハルは2歳のとき父と死別。盲目の為に7歳で瞽女になる。それまでは優しい母であったトメは、瞽女になった時から心を鬼にしてハルを厳しく躾ける。それは、母親が子を思う愛情の深さだった。その母親の優しさを気がつかないまま8歳でフジ親方と共に初めて巡業の旅に出る。その年、病が悪化してトメはこの世を去る。死別の際、ハルは自分を虐めた鬼である母親に涙一つ流さなかった。

苛酷な瞽女人生の中でハルは意地悪なフジ親方からは瞽女として生き抜く力を、サワ親方からは瞽女の心を授かるのである。ハルは言う「いい人と歩けば祭り、悪い人と歩けば修行」と…。こうして様々な困難を経て親方になったハルは初めて幼い弟子ハナヨを向かい入れる、何も知らないハナヨを瞽女として生きていける様にとハルは厳しく躾をした時、自分が幼い頃母から鬼の様に厳しく躾けられる姿が走馬灯のように浮かび上がる。その時、ハルは自分を愛してくれた母親トメの慈愛の深さを知る「カカさ…あり~がと…」ハルは母に感謝の涙を流すのであった――。











































本編 1時間48分
デジタル
カラー
種まく旅人 華蓮(ハス)のかがやき
 tanemaku tabibito
●監督:井上昌典(『忍ジャニ参上!未来への戦い』)●出演:栗山千明(『種まく旅人-くにうみの郷-』)/平岡祐太(『恋とオンチの方程式』)/大久保麻梨子(『こっくりさん(2007)』)/永島敏行(『HESOMORI ヘソモリ』)/綿引勝彦(『一粒の麦 荻野吟子の生涯』)●2020年/日本

大切な人に、逢いたくなる…。

「レンコンの穴は、先が見えるから縁起がいい…」――日本人の食を支える第一次産業を応援するためにスタートした『種まく旅人』シリーズの第4弾。今回の題材は、石川県金沢市の伝統野菜でもある「加賀れんこん」。後継者不在に悩む農業の現実を見つめなおす重厚な内容に加え、農業で活躍する女性たち、通称「農業女子」を登場させ、心温まるドラマが展開する感動のヒューマンストーリー。

■大学卒業後、大阪・堺市で銀行マンとして働く山田良一にある日、故郷の金沢でれんこん農家を営む母から「父親(竹市)が脳梗塞で倒れた」と電話が入る。父、竹市が倒れたことにより、畑を引き継ぐか売却か二択を迫られる良一。結婚を考えている恋人、凜のこともあり、なかなか決断できない。戸惑いながらも父に代わって畑へと向かう良一の姿に、不安と苛立ちを募らせる凜。一方、農林水産省かられんこん農家の視察として神野恵子が金沢へとやって来るのだった――。











































本編 1時間21分
デジタル
カラー
サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス 字幕 
 space is the place
●監督:ジョン・コニー●出演:サン・ラー/レイ・ジョンソン/クリストファー・ブルックス/バーバラ・デロニー/エリカ・レダー●1974年/アメリカ

■地球人よ、さらば。

それは多重性制御、同位体瞬間移動、トランス分子化、周波数分極、永遠の闇、暗黒と白い闇の銀河世界、無限大の統合――アヴァンギャルド・フリー・ジャズの音源を大量に発表、その数があまりにも膨大なため誰も全貌を把握できていない土星からの使者、超現実的宇宙音楽の創造者であり、1993年に地球を去ったサン・ラーが脚本、音楽、主演をつとめた漆黒の革新的SF映画。半世紀を経て突如日本公開。ミュージカル、オペラ、社会評論を合わせた本作は、35mmフィルムを再現したオリジナル版。

■1969年頃に地球から姿を消した大宇宙議会・銀河間領域の大使サン・ラーは、音楽を燃料に大宇宙を航行する中、遂に地球と異なる理想の惑星を発見する。さっそく地球に戻り、ジャズのソウル・パワーによる同位体瞬間移動で、米国にいる黒人のブラザーたちの移送計画を立てるが、その技術を盗もうと目論むアメリカ航空宇宙局“NASA”の魔の手が迫る…。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
地球で最も安全な場所を探して 字幕
 journey to the safest place on the planet
●監督:エドガー・ハーゲン●出演:チャールズ・マッコンビー/マルコス・ブザー/グレッグ・バトラー/ラッセル・ジム/スティーブ・フリシュマン●2013年/スイス

世界は、日本は、原発から出る「核のごみ」をどうやって処分するのか。筋金入りの原発推進論者がこの問題と正面から向き合う旅に出る――

60年間で蓄積した35万トンもの高レベル核廃棄物を捨てる場所は見つかるのか?原発推進論者の科学者と反原発の映画監督が”世界⼀安全な場所”を探す旅に出る――イギリス出身の核物理学者、チャールズ・マッコンビーが世界で蓄積する核廃棄物の保管場所を求めてアメリカ、イギリス、中国、日本など各地を巡る旅をする社会派ドキュメンタリー。

■この60年間で、⾼レベル核廃棄物35万トン以上が世界で蓄積された。それらの廃棄物は長期にわたって、人間や環境に害を与えない安全な場所に保管する必要がある。しかし、そのような施設がまだ作られていないにも関わらず核廃棄物、いわゆる”核のごみ”は増え続けている。

そんな中、英国出身・スイス在住の核物理学者で、国際的に廃棄物貯蔵問題専門家としても高名なチャールズ・マッコンビーが世界各地の同胞たちとこの問題に取り組む姿をスイス人のエドガー・ハーゲン監督が撮影。チャールズと監督の2人はアメリカ・ユッカマウンテン、イギリス・セラフィールド、中国・ゴビ砂漠、青森県六ヶ所村、スウェーデン、スイスなど世界各地の最終処分場候補地を巡る旅に出る。果たして、世界に10万年後も安全な"楽園"を探すことはできるのか――。











































本編  時間 分
デジタル
カラー
美しき誘惑 -現代の「画皮」-
 utsukushiki yuwaku
●監督:赤羽博(『夜明けを信じて。』)●出演:長谷川奈央(『夜明けを信じて。』)/市原綾真(『奇跡との出会い。-心に寄り添う。3-』)/芦川よしみ(『1リットルの涙』)/モロ師岡(『フェルメールの憂鬱』)/矢部美穂(『ピンク・レディ 女はそれを我慢できないッ』)●2021年/日本

一度だけ、泣いた女。

大手銀行の秘書で才色兼備の山本舞子。だが夜は、銀座の高級クラブでホステスとして働き、自分の美しさにふさわしい男を探している。そんなある晩、将来の総理大臣候補といわれる塩村太郎が現れ――九尾の狐に取り憑りつかれた妖魔の女性と、彼女に心を奪われた男の行く末を描くヒューマンホラー。。「画皮」とは、昔の中国の伝奇物語で、妖魔が人をたぶらかすために被る「美女の顔や手足を描いた人間の皮」のこと。

■大手銀行副頭取の秘書として働く山本舞子。才色兼備で誰もが振り向く美しさを備え、周囲の憧れの的である彼女には、裏の顔があった。夜は、銀座の高級クラブでホステスとして働き、自分の美しさにふさわしい男性を品定めする顔だった。ある晩、ついに彼女が本当に待ち望んでいた人物がやってきた。将来の総理大臣の有力候補と言われる塩村太郎。太郎が舞子に惹かれるまでにそう時間はかからなかった。

すべては彼女の思惑通りに事が運び、結婚の準備が着実にすすめられていく。しかしそんな中、太郎の人生の師である教祖・橘勝子から、舞子が「九尾の狐」に取り憑かれた妖魔であると告げられる。自分の美しさによって、国を滅ぼしてこそ満足をえられる舞子。それでも「彼女にも良心がある」と信じたい太郎の葛藤は膨らんでいく。結婚式当日、果たして二人の運命は──。











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
アンチ・ライフ 字幕 
 breach
●監督:ジョン・スーツ●出演:コディ・カースリー/ブルース・ウィリス(『ミスター・ガラス』)/カラン・マルヴェイ(『ポリス・ストーリー/REBORN』)/レイチェル・ニコルズ(『インサイド』)/トーマス・ジェーン(『ミスト』)●2020年/カナダ

“それ”は宇宙までも追ってくる――。

地球滅亡の危機に陥り、富裕層は他の星へ避難を開始する。しかし宇宙船の中で人ならざるものの手により人が殺され、未知の脅威との戦いが始まる――ブルース・ウィリスと、トーマス・ジェーンの息のあったアクションと、渋みが満載のウィットに飛んだやりとりが溢れるエキサイティングなSFアクションスリラー。

■西暦2242年、地球は滅亡の危機を迎えていた。選ばれた5,000万人の富裕層はニューアースへ避難を開始。宇宙船は元軍人と現役兵士により管理され、労働と引き換えになんとか潜り込んだノアは、クレイの下で働くことになる。そんな中、船内で殺人事件が発生する。しかし、その現場はどう見ても人の手によるものではなかった…。 こうして、クレイ率いる元兵士軍団と正体不明の“何か”の人類存亡をかけた戦いの火蓋が切って落とされた――。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
天空の結婚式 字幕
 puoi baciare lo sposo
●監督・脚本:アレッサンドロ・ジェノヴェージ●出演:ディエゴ・アバタントゥオーノ(『ぼくは怖くない』)/モニカ・グェリトーレ/サルバトーレ・エスポジート(『TAXi ダイヤモンド・ミッション』)/クリスティアーノ・カッカモ/ディーノ・アッブレーシャ(『イタリア的、恋愛マニュアル』)●2018年/イタリア

特別な君と、とっておきの場所で

息子が連れてきた「婚約者」は「男」だった――ニューヨークのオフ・ブロードウェイでロングラン上演された舞台をイタリアで映画化。『天空の城ラピュタ』のモデルともいわれ、イタリア屈指の絶景を誇る観光地チヴィタ・ディ・バニョレージョを背景に、ゲイカップルとそれを容易に受け入れられない親世代との世代間ギャップが巻き起こす騒動を描くロマンティック・コメディ。

■役者としてベルリンに暮らすアントニオは、恋人で役者仲間のパオロに“人生を一緒に歩んでいくならこの人”と確信し、遂にプロポーズ。2人は結婚を決意するが、問題は互いの親の理解を得る事。パオロはゲイであることをカミングアウトして以来、母親と疎遠になっている。一方、アントニオはイタリアで村長を務める父と母に、カミングアウトと同時に結婚の意志を伝えに行こうとするが――。











































本編 1時間14分
デジタル
カラー
狼をさがして
 east asia anti-japan armed front
●監督:キム・ミレ(『外泊』)●出演:太田昌国/大道寺ちはる/池田浩士/荒井まり子/荒井智子●2020年/韓国

東アジア反日武装戦線――狼、大地の牙、さそり。1974年、日本を揺るがした20代の若者たち

連続企業爆破事件から45年。なぜ彼らはテロを起こしたのか――キム・ミレ監督が、一人の労働者から東アジア反日武装戦線の存在を知り、彼らの思想を辿るドキュメントを撮り始めた。出所したメンバーやその家族、彼らの支援者の証言を追うなかで、彼らの思想の根源が紐解かれていく。未解決の戦後史がそこに立ち現れるドキュメンタリー。

■1974年8月30日、東京・丸の内の三菱重工本社ビルで時限爆弾が爆発した。8名の死者と約380名の負傷者が出たこの事件は日本社会を震撼させた。事件から1ヶ月後、犯人から声明文が出される。「東アジア反日武装戦線“狼”」と名乗るその組織は、この爆破を「日帝の侵略企業・植民者に対する攻撃である」と宣言。その後、別働隊「大地の牙」と「さそり」が現れ、翌年5月までの間に旧財閥系企業や大手ゼネコンを標的とした“連続企業爆破事件”が続いた。

1975年5月19日、世間を騒がせた“東アジア反日武装戦線”一斉逮捕のニュースが大々的に報じられた。人々を何よりも驚かせたのは、彼らの素顔が、会社員としてごく普通に市民生活を送る20代半ばの若者たちだったという事実であった。凄惨な爆破事件ばかりが人々の記憶に残る一方で、実際に彼らが何を考え、何を変えようとしたのかは知られていない。高度経済成長の只中、日本に影を落とす帝国主義の闇。彼らが抗していたものとは何だったのか?彼らの言う「反日」とは?











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
私は確信する 字幕
 une intime conviction
●監督・脚本:アントワーヌ・ランボー●出演:マリーナ・フォイス(『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』)/オリヴィエ・グルメ(『ヴィオレット -ある作家の肖像-』)/ローラン・リュカ(『ハリー、見知らぬ友人』)/ジャン・ベンギギ(『パリの大泥棒』)/フランソワ・フェネール●2018年/フランス/ベルギー

冤罪か、有罪か――。真実は二重の歪みにひそむ。

フランスで実際に起こった、ヒッチコック狂の“完全犯罪”と物議を醸した未解決事件。を映画化。スザンヌが忽然と姿を消し、夫である大学教授のジャックが彼女を殺した容疑で裁判にかけられる。彼の無実を確信するノラは敏腕弁護士に弁護を依頼、自らも調査に乗り出す。本当に殺されたのかも判然としないまま開かれた“殺人事件”をめぐる裁判はフランス中の注目を集めた。スザンヌは本当に夫に殺害されたのか?刑事、ベビーシッター、愛人たちの食い違う証言。事件の真相とは――仏で40万人動員の大ヒット裁判サスペンス。

■2000年2月、フランス南西部トゥールーズ。38歳の女性スザンヌ・ヴィギエが3人の子供を残して忽然と姿を消した。夫ジャックに殺人容疑がかけられるが、明確な動機がなく、決め手となる証拠は見つからない。ジャックは第一審で無罪となるがすぐさま検察に控訴され、翌年の第二審で、再び殺人罪を問う裁判が行われる。無実を確信するシングルマザーのノラは、敏腕弁護士デュポン=モレッティに弁護を懇願。自らも助手となり250時間の電話記録を調べるうちに、新たな真実と疑惑に気がつくが…。











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
ブータン 山の教室 字幕
 lunana a yak in the classroom
●監督・脚本:パオ・チョニン・ドルジ●出演:シェラップ・ドルジ/ウゲン・ノルブ・へンドゥップ/ケルドン・ハモ・グルン/ペム・ザム/サンゲ・ハム●2019年/ブータン

秘境の地で、伝統を守りながら生きる人たち

標高4,800メートルの地にあるブータン北部の村ルナナ。ブータン民謡が響きわたるこの村で暮らすのは、大自然とともにある日常に幸せを見つけ生きる大人たち。そして親の仕事の手伝いをしながらも、“学ぶこと”に純粋な好奇心を向ける子どもたちだ。人口わずか56人のルナナには、電気も携帯電話もない――都会から来た若い先生と、村の人たちと子どもたちの心の交流を描いた感動作。

■現代のブータン。教師のウゲンは、歌手になりオーストラリアに行くことを密かに夢見ている。だがある日、上司から呼び出され、標高4,800メートルの地に位置するルナナの学校に赴任するよう告げられる。一週間以上かけ、険しい山道を登り村に到着したウゲンは、電気も通っていない村で、現代的な暮らしから完全に切り離されたことを痛感する。

学校には、黒板もなければノートもない。そんな状況でも、村の人々は新しい先生となる彼を温かく迎えてくれた。ある子どもは、「先生は未来に触れることができるから、将来は先生になることが夢」と口にする。すぐにでもルナナを離れ、街の空気に触れたいと考えていたウゲンだったが、キラキラと輝く子どもたちの瞳、そして荘厳な自然とともにたくましく生きる姿を見て、少しずつ自分のなかの“変化”を感じるようになる――。











































本編 1時間48分
デジタル
カラー
大綱引の恋
 ootsunahiki no koi
●監督:佐々部清(『日輪の遺産』)●出演:三浦貴大(『世界は今日から君のもの』)/知英(『レオン』)/比嘉愛未(『カノン』)/中村優一(『スレイブメン』)/松本若菜(『ピンカートンに会いにいく』)●2020年/日本

これは、覚悟を決めるための愛の物語

鹿児島で400年以上の伝統を誇る川内大綱引を軸に、主人公の恋愛と彼の家族の姿が描かれる――『半落ち』など数々の作品を手がけ、2020年3月に急逝した佐々部清監督の遺作。家族愛をテーマにした作品を世に送り出し続けている佐々部清監督により、二人の恋愛を通して「結婚とは?」、「家族とは?」に迫る感動作。

■有馬武志は鳶職・有馬組の三代目だが、35歳にしてまだ独身。鳶の親方でもあり、“大綱引”の師匠でもある父親寛志から常々「早う嫁を貰うて、しっかりとした跡継ぎになれ。」と、うるさく言われている。仕事柄女性とめぐり合う機会が少ない上に奥手の武志には、交際している女性がいない。

とある日、消防団員でもある武志が、川内駅のコンコースですれ違いざまに倒れた老人の救命措置をしているところに、甑島の診療所に勤務する韓国人女性研修医のヨ・ジヒョンが通りかかり、連携プレーにより老人の命は救われる。お互いに名前を名乗ることもなく別れた二人だが、後日韓国からの訪問団の通訳のボランティアで、偶然にも再び出会う。大学で学んだ韓国語を得意とする武志は、ほどなくジヒョンと心を通わせるようになる。年に一度、秋分の日の前夜に催される“大綱引”が近づくにつれ、さらに父親から、国が違うことを理由に反対されればされるほど、二人の恋心のボルテージは上がっていき、結婚を意識するようになる。

しかし“大綱引”開催日直前に、武志はジヒョンから「あと2週間で研修期間が終わり、帰国して韓国の病院で勤務することになっているの…」と告げられる。果たして海を越えて日本と韓国とで離ればなれになる二人の恋のゆくえは?

























































本編 1時間分
デジタル
カラー

 a