本編 1時間54分
デジタル
カラー
国家が破産する日 字幕
 defauit
●監督:チェ・グクヒ●出演:キム・ヘス(『修羅の華』)/ユ・アイン(『バーニング 劇場版』)/ホ・ジュノ(『シルミド/SILMIDO』)/ヴァンサン・カッセル(『ゴーギャン -タヒチ、楽園への旅-』)/チョ・ウジン(『王宮の夜鬼』)●2018年/韓国

その時、政府は何をした――

遺された時間は7日間。この国は、滅びるのか!? 国家破産という、国民の誰もが耳を疑うほどの未曽有の危機が迫ったとき、国民を守るべき政府は何をしたのか? 彼らは何のために事実をひた隠しにし、その裏でどんな画策をしていたのか?――多くの自殺者まで出した韓国の1997年の通貨危機(IMF経済危機)の裏側を赤裸々に暴き、政府を痛烈に批判する衝撃の社会派ドラマ。

■経済が右肩上がりの成長を遂げ、好景気が続くと信じて疑わなかった1997年。韓国銀行の通貨政策チーム長ハンは通貨危機を予測するが、政府の対応は遅れ、さらには国民には公示せず非公式の対策チームを立ち上げる。同じ頃、危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユンは、一世一代の大勝負に出る。一方、何も知らない町工場の経営者ガプスは、大手百貨店からの大量発注を、手形決済という条件で受けてしまう。自国通貨の価値が加速度的に下落する中、彼ら、そして国家は生き残ることが出来るのか――。











































本編 1時間58分
デジタル
カラー
だれもが愛しいチャンピオン 字幕
 campeones
●監督・脚本:ハビエル・フェセル(『モルタデロとフィレモン』)●出演:ハビエル・グティエレス(『オリーブの樹は呼んでいる』)/ホアン・マルガーロ(『ミツバチのささやき』)/アテネア・マタ●2018年/スペイン

いろいろな形、さまざまな色。それぞれが唯一無二!

短気な性格が災いして解雇されたプロバスケットボールのコーチ、マルコは、飲酒運転事故を起こし裁判所から社会奉仕活動として、知的障がい者たちのチーム“アミーゴス”の指導を命じられる――あらゆる観客の想像を軽々と超えてラストに迎える、奇跡の瞬間。これは、迷走中のプロ・バスケットボールコーチと、実在するハンディキャップ・チームとの絆を描く、オンリーワンの感動作。スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞で、作品賞など3冠に輝いた大ヒット作。

■プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。ところが短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇されてしまう。その上、飲酒運転事故を起こし、判事から社会奉仕活動を命じられたマルコは、知的障がい者たちのバスケットボール・チーム“アミーゴス”を指導するはめに。アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコだったが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せる――。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
ジョン・デロリアン 字幕 
 driven
●監督:ニック・ハム(『アダム/神の使い 悪魔の子』)●出演:リー・ペイス(『落下の王国』)/ジェイソン・サダイキス(『シンクロナイズドモンスター』)/ジュディ・グリア(『リアム16歳、はじめての学校』)/コリー・ストール(『グッド・ライ -いちばん優しい嘘-』)/イザベル・アレイザ●2018年/アメリカ

この男、詐欺師か天才か――

名車ポンティアックGTOを生み出し、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の伝説の車“デロリアン(DMC-12)”に自らの名前を冠した天才エンジニア、ジョン・ザッカリー・デロリアン。果たして彼は偉人か詐欺師か?成功者か落伍者か?本物の天才か、それともフェイクの俗物だったのか?アメリカンドリームの光と影を体現した男の驚愕のミステリーがいま明かされる――自動車業界の革命児の華やかな半生と、複雑怪奇な逮捕事件の知られざる舞台裏をブラックコメディ仕立てで描き出した伝記ドラマ。

■1977年、南カリフォルニア。パイロットのジムは、麻薬密売の現場をFBIに押さえられ、罪を問われない代わりにFBIの情報提供者となる。彼は引っ越した家の隣に住むのがゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わったジョン・デロリアンだと知り驚く。美しい妻子とともに素晴らしい家に住み、夢のために自らの会社を立ち上げ、革新的な車“デロリアン”を開発しているジョンの完璧な人生に憧れるジム。しかしジョンの会社は新車開発で様々なトラブルが発生し、彼は資金繰りに窮していることを知ったジムは、友人となったジョンをFBIに麻薬密売の罪で売り渡す計画を立てるのだった――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
テルアビブ・オン・ファイア 字幕
 tel aviv on fire
●監督・脚本:サメフ・ゾアビ(『歌声にのった少年』脚本)●出演:カイス・ナシェフ(『パラダイス・ナウ』)/ルブナ・アザバル(『灼熱の魂』)/ヤニフ・ビトン/ナディム・サワラ(『マリア』)/マイサ・アブドゥ・エルハディ●2018年ヴェネチア国際映画祭 作品<InterFilm部門>受賞●2018年/ルクセンブルク/フランス/イスラエル/ベルギー

紛争なし!爆撃なし!笑いあり!

脚本家見習いのパレスチナ人青年、検問所のイスラエル軍司令官、人気ドラマの結末をめぐり、民族の対立!?――“笑撃”のラストに、世界が大絶賛。イスラエル・パレスチナ問題を背景に、民族間の板挟みになる男の悪戦苦闘を描いたヒューマン・コメディ。

■エルサレムに住むパレスチナ人青年のサラームは、 パレスチナの人気ドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の制作現場で言語指導として働いているが、撮影所に通うため、毎日面倒な検問所を通らなくてはならない。ある日、サラームは検問所のイスラエル軍司令官アッシに呼び止められ、咄嗟にドラマの脚本家だと嘘をついてしまう。

アッシはドラマの熱烈なファンである妻に自慢するため、毎日サラームを呼び止め、脚本に強引にアイデアを出し始める。困りながらも、アッシのアイデアが採用されたことで、偶然にも脚本家に出世することになったサラーム。しかし、ドラマが終盤に近付くと、結末の脚本をめぐって、アッシ(イスラエル)と制作陣(パレスチナ)の間で板挟みになったサラームは窮地に立たされる――。果たして、彼が最後に振り絞った“笑撃”のエンディングとは!?











































本編 1時間11分
デジタル
カラー
音楽
 a
●監督:岩井澤健治●出演(声):坂本慎太郎/駒井蓮(『名前』)/前野朋哉(『チェリーボーイズ』)/芹澤興人(『いのちスケッチ』)/平岩紙(『At the terrace テラスにて』)●2019年/日本

せーの、で始まる オレたちの音楽

思いつきでバンドを結成した不良学生の研二、太田、朝倉は、森田からロックフェスティバルへの出演を薦められるが――漫画家、大橋裕之による「音楽と漫画」を原作に、制作期間は約7年超、作画枚数は実に40,000枚超、を全て手描き、クライマックスの野外フェスシーン をダイナミックに再現するため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライブを敢行した前代未聞のロック・アニメーション。

■楽器を触ったこともなかった不良学生の研二、太田、朝倉の3人は、思いつきで『古武術』というバンドを結成。そんな彼らに『古美術』のメンバー、森田は坂本町ロックフェスティバルへの出演を薦め――。











































本編 1時間26分
デジタル
カラー
うたのはじまり 《絵字幕版》 
 uta no hajimari
●監督:河合宏樹(『ほんとうのうた -朗読劇『銀河鉄道の夜』を追って-』)●出演:齋藤陽道/盛山麻奈美/盛山樹/七尾旅人(『兵士A』)/飴屋法水(『あなたは、あたしといて幸せですか?』)●2020年/日本

だいじょーぶって、心からこぼれおちた。

ある日、息子への子守歌が生まれた――“ろう”の写真家が、嫌いだった「うた」と出会うまでの記録。窪田正孝の写真集やMr.Children、クラムボン、森山直太朗などのアーティスト写真を手がけてきた、ろうの写真家・齋藤陽道が、子育てを通して、それまで嫌いだった「うた」に出会うまでを描いたドキュメンタリー。

■20歳で補聴器を捨て、カメラを手にすることで、「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ、ろうの写真家・齋藤陽道。彼は同じくろうの写真家である妻の盛山麻奈美との間に息子を授かった。しかし、彼は聴者である息子との対話の難しさや音楽教育への疑問にぶち当たったことにより、「うた」を嫌いになってしまう。しかし、ふと自分の口からこぼれた子守歌をきっかけに、齋藤にある変化が訪れる。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
不実な女と官能詩人 字幕 
 curiosa
●監督・脚本:ルー・ジュネ●出演:ノエミ・メルラン(『英雄は嘘がお好き』)/ニールス・シュネデール(『汚れたダイヤモンド』)/バンジャマン・ラヴェルネ(『セラヴィ!』)/スカリ・デルペラト(『シェフと素顔と、おいしい時間』)/カメリア・ジョルダナ(『バードピープル』)●2019年/フランス

愛から逃れ、情欲に溺れ、また愛に囚われる。

生涯2,500人の女性と関係を持ったと言われる稀代のプレイボーイ、後に“エロスの祭司”と称される異端の詩人ピエール・ルイス。彼の死後発見されたのは「ある女性」の痴態を収めた写真だった――これは誠実で奔放な愛と官能の真実の物語。

■19世紀、パリ。著名な詩人ジョゼ・マリア・ド・エレディアの次女マリーは、新進気鋭の詩人ピエール・ルイスと恋に落ちる。しかし、二人の思いを知ってか知らずか、両親は金銭的な理由から同じくマリーに思いを寄せていたピエールの親友で貴族出身の詩人アンリ・ド・レニエとの結婚を決めてしまう。打ちひしがれたピエールはアルジェリアに渡り、女性の痴態や官能美を写真に収めることに情熱を傾け退廃的な暮らしを送る。

アンリの一方的な思いだけが結び付けたマリーの結婚生活もまた、味気なく乾ききったままだった。1年後、ピエールが帰国したとの噂を聞きつけ、マリーはたまらず彼の元に駆け付ける。「あなたと結婚したかった」――マリーが発した言葉、それが彼女とピエールの長い長い情交の始まりだった。セックス、文学、そして官能的な写真の数々。二人の奔放な関係は周囲の人々を巻き込み、思いも寄らない方向へと転がり始めてゆく…。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
コンプリシティ 優しい共犯 字幕
 cheng liang
●監督:近浦啓●出演:ルー・ユーライ(『孔雀 -我が家の風景-』)/藤竜也(『お父さんと伊藤さん』)/赤坂沙世/松本紀保(『四月物語』)●第43回トロント国際映画祭 正式出品●第69回ベルリン国際映画祭 正式出品●2018年/日本/中国

この嘘だけは 守りたかった

技能実習の職場から逃亡、他人になりすまして働きにきた中国人青年と、彼を受け入れる孤独な蕎麦職人。嘘の上に絆を強める二人を待つものとは?――その決断に心震えるヒューマン・サスペンス。技能実習生や不法滞在外国人などの社会問題を背景に、1人の若者の生き様を描くドラマ。

■技能実習生として来日するも、劣悪な職場環境から逃げ出し、不法滞在者となってしまった中国人青年チェン・リャン。彼は他人になりすまし、蕎麦屋で働き口を見つける。口数が少なく不器用な蕎麦屋の主人・弘は、実の息子との関係も悪くどこか心に孤独を抱えていた。厳しくも温かい弘の背中に父を重ねるチェン・リャンと、彼の嘘をつゆ知らず情を深めていく弘。二人はまるで親子のような関係を築いていく。しかしはかない嘘の上に築いた幸せは長く続かず、チェン・リャンを追う警察の手が迫り、すべてを清算する日がやってくる。その時、二人はお互いのためにある決断をする――。











































本編 2時間37分
デジタル
カラー
LORO(ローロ) 欲望のイタリア 字幕 
 loro
●監督・脚本:パオロ・ソレンティーノ(『グランドフィナーレ』)●出演:トニ・セルヴィッロ(『修道士は沈黙する』)/エレナ・ソフィア・リッチ(『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』)/リッカルド・スカマルチョ(『ダリダ -あまい囁き-』)/カシア・スムトゥニアク(『カプチーノはお熱いうちに』)/エウリディーチェ・アクセン●2018年/イタリア

この男怪物か、カリスマか。

政治を私物化した男と、迷える子羊たち。野心と衰退、聖なるものと穢れたものが交わる国イタリア。数々の女性問題、脱税、職権乱用などスキャンダルばかりが取りざたされるベルルスコーニだが、首相の座に登りつめた手腕は只者ではなかった――悪名高きイタリアの元首相ベルルスコーニをモデルに描く、過激にして華麗なる爛熟エンターテインメント。映像の魔術師パオロ・ソレンティーノが仕掛ける、狂乱と絢爛の世界。

■イタリア、サルデーニャ。広大な敷地を持つゴージャスな高級ヴィラ。ここには、悪名高き「彼」が住んでいる。「彼」とは、政治とカネ、マフィアとの癒着、職権乱用、女性問題に失言など、数々のスキャンダルで世間を騒がせたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニ。政敵に敗れ失脚するも、一度はトップに登りつめた怪物的な手腕で、政権への返り咲きを虎視眈々と狙っていた。

一方、政界進出を目論む青年実業家のセルジョは、その足掛かりにベルルスコーニに近づこうと画策する。そんな中、セクシー美女を招き贅の限りを尽くしたパーティーで生気を養い、持ち前のセールストークで足場を固めていくベルルスコーニだったが、政治家生命を揺るがす大スキャンダルが勃発する――。











































本編 1時間21分
デジタル
カラー
エッシャー 視覚の魔術師 字幕
 escher: het oneindige zoeken
●監督・脚本:ロビン・ルッツ●出演:グラハム・ナッシュ(『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』)/ジョージ・エッシャー/ヤン・エッシャー/リーベス・エッシャー●2018年/オランダ

奇想天外、終わらない物語

いわゆる“トリック・アート(だまし絵)”で知られるオランダ人版画家・画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898年~1972年)の、知られざる波乱に満ちた人生と、今なお人々を魅了し続ける作品に迫ったドキュメンタリー。

■本作ではエッシャーの日記、書簡、二人の息子へのインタビューなど家族や収集家の証言等を手掛かりに、創作の足跡を丹念に辿り、彼の立体的な作品を、CGアニメーションを用いてさらに斬新な表現へと導く。また、70年代のサイケデリック・ムーブメントの時代に、エッシャーから多大な影響を受けたロック・ミュージシャンのグラハム・ナッシュへのインタビューや、タイルなど我々の日常生活にまで及ぶ影響と、エッシャーの創造力の源泉を探る。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
子どもたちをよろしく
 kodomotachi wo yoroshiku
●監督・脚本:隅田靖(『ワルボロ』)●出演:鎌滝えり(『LAPSE』)/杉田雷麟(『長いお別れ』)/椿三期/川瀬陽太(『天然☆生活』)/村上淳(『盆唄』)●2019年/日本

ぼくたちの叫びが聞こえますか

稔と洋一、そして優樹菜。家族ナシ。友だちナシ。家ナシ。居場所をなくした彼らがとった行動とは――『ワルボロ』から12年。隅田靖が描く、日本社会に潜む凶暴な闇。こんな日常を許しているのは、誰なのか――子どもたちを取り巻く社会の闇を繊細かつ鋭く描き出した社会派ドラマ。

■東京にほど近い北関東のとある街。デリヘルで働く優樹菜は、実の母親・妙子と義父・辰郎そして、辰郎の連れ子・稔の四人家族。辰郎は酒に酔うと、妙子と稔には暴力、血の繋がらない優樹菜には性暴力を繰り返した。母の妙子は、まったくなす術なく、見てみぬふり。義弟の稔は、父と母に不満を感じながら優樹菜に淡い想いを抱いていた。

優樹菜が働くデリヘル「ラブラブ48」で運転手をする貞夫は、妻に逃げられ重度のギャンブル依存症。一人息子・洋一をほったらかし帰宅するのはいつも深夜。洋一は暗く狭い部屋の中、帰ることのない母を待ち続けていた。稔と洋一は、同じ学校に通う中学二年生。もとは仲の良い二人だったが、洋一は稔たちのグループからいじめの標的にされていた。ある日、稔は家の中で、デリヘルの名刺を拾う。姉の仕事に疑問を抱いた稔は、自分も洋一と同じ、いじめられる側になってしまうのではないかと、一人怯えるようになる…。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
ティーンスピリット 字幕 
 teenspirit
●監督・脚本:マックス・ミンゲラ(『アレクサンドリア』出演)●出演:エル・ファニング(『メアリーの総て』)/ズラッコ・ブリッチ(『堕天使のパスポート』)/レベッカ・ホール(『暮れ逢い』)/アグニエシュカ・グロホウスカ/クララ・ルガアード●2018年/イギリス/アメリカ

この声で、未来を変える

イギリスの田舎町の少女が国際的オーディションに挑み歌手を目指す――『ラ・ラ・ランド』スタッフが再結集。もがき苦しみながらも、自分なりの夢と希望を見出す10代の精神=Teen Spiritに、誰もが胸を熱くする、夢を追いかける全ての人に贈る青春音楽映画。

■イギリス南部のワイト島。ポーランド移民の娘である17歳のヴァイオレットは母親のマーラと2人暮らし。父親は彼女が幼い頃に家を出て行ったまま帰って来ない。学校の友人も少なく、孤独な日々を送る彼女にとって、唯一の心のよりどころが「音楽」だ。バイト先のパブのステージで歌うヴァイオレット。その歌声に惹かれたのは、パブで飲んでいたクロアチア出身で元オペラ歌手、ヴラドだった。見知らぬ相手に声をかけられ、戸惑うヴァイオレットだが、ヴラドの言葉に少しだけ勇気づけられる。

そんなヴァイオレットが街で目にしたのは、「ティーンスピリット」の広告。昨年の優勝者がプロデビューを果たし、国際的人気を誇る公開オーディション番組だ。その予選がワイト島で開催されることになり、自分にとって大きなチャンスだと信じたヴァイオレットは参加を決意するのだった――。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
戦争と一人の女 
 sensou to hitori no onna
●監督:井上淳一(『誰がために憲法はある』)●出演:江口のりこ(『』ユリ子のアロマ)/永瀬正敏(『赤い雪 Red Snow』)/村上淳(『希望の国』)/柄本明(『ある船頭の話』)/高尾祥子(『団地妻 昼下がりの情事』)●2012年/日本

戦争が終わるまで、やりまくろうか。

「戦争が好き」と女は言う。「みんな燃えてしまえば、平等になるから」と――戦争に翻弄される男と女。絶望なのか、希望なのか――若松孝二の反骨精神を継ぐ者たちが過激に描く、性と暴力の饗宴。坂口安吾の小説を原作に、太平洋戦争末期から終戦後の東京を舞台に、時代に翻弄された男女の交錯する運命を描く、昭和官能文藝ロマン。

■太平洋戦争末期。時代に絶望し虚無に苛まれる飲んだくれの作家は、自分の欲望に忠実な飲み屋の女将と刹那的に同棲を始める。だが、幼い頃に遊郭に売られたその女はどんなに体を重ねても喜びを感じることはなかった。心と体に欠落を抱えた二人は、「戦争が終わるまでやりまくろうか」とただひたすらに相手の体を求め続ける…。

そんな中、中国戦線で右腕を失った男が、妻と幼い息子に迎えられ帰ってくる。しかし男が失ったのは、腕だけではなかった。戦場での精神的後遺症から、男は妻と性行為ができなくなっていた。だがある日、焼け跡で数人の男に襲われている女を見つけ、自分が興奮していることに男は気付く。中国で女を犯し、殺した記憶が甦ったのだ。その日から男は「お米が手に入るよ」と言っては何人もの女を山奥に連れ込み、犯し、殺し始める。やがて戦争に翻弄される一人の女と二人の男の運命が交錯していく…。











































本編 1時間48分
ブルーレイ
モノクロ
アジアの純真
 ajia no junshin
●監督:片嶋一貴(『いぬむこいり』)●出演:韓英恵(『大和(カリフォルニア)』)/笠井しげ(『ユリ子のアロマ』)/黒田耕平(『蟻が空を飛ぶ日』)/丸尾丸一郎/パク・ソヒ(『ラーメンガール』)●2009年/日本

どうやったら、世界は変わるの?

双子の姉妹を殺された在日朝鮮人少女とその現場をただ見ることにしかできなかった青年が、無差別テロを繰り返しながら復讐の旅の果てに見たものとは――憎しみの連鎖によって生まれる悲劇を描く衝撃の青春ロードムービー。

■2002年秋。北朝鮮による拉致事件で反朝鮮感情が蔓延する中、チマチョゴリを着た女子高校生がチンピラに絡まれ、白昼に大勢の目の前で殺害される事件が起きる。その死亡した少女の妹である孤独で勝ち気な在日朝鮮人少女と、少女の殺害現場で見て見ぬ振りをしてしまった気弱な日本人高校生が知り合い、ふたりは第二次世界大戦の時から残っていた毒ガスをリュックに詰め、自転車に乗って旅に出る。怒りと屈辱にまみれながら、悲しくもパンクな旅。そんな中、ふたりは、自分の親の部屋に毒ガスを放出してもいいんじゃないかと考え、人生に絶望している同年代の青年と出会う…。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて 字幕
 fisherman's friends
●監督:クリス・フォギン(『キッズ・イン・ラブ』)●出演:ダニエル・メイズ(『シンクロ・ダンディーズ!』)/ジェームズ・ピュアフォイ(『その女諜報員 アレックス』)/デヴィッド・ヘイマン(『輝ける人生』)/デイヴ・ジョーンズ(『わたしは、ダニエル・ブレイク』)/タペンス・ミドルトン(『ジュピター』)●2019年/イギリス

人生には歌とビールとちょっぴりのユーモアが欠かせない

現役漁師が結成した最年長ボーイズバンドが契約金100万ポンドでメジャーデュー!?――漁師バンドがイギリス中を席巻する奇跡の実話。コーンウォールの美しい港町を舞台に贈る感動のサクセスストーリー。

■旅先で偶然フィッシャーマンズ・フレンズの浜辺ライブを見かけた音楽マネージャーのダニーは、上司に彼らとの契約を命じられ、小さな港町に居残るハメに。民宿の経営者でシングルマザーのオーウェンはダニーの失言に敵意をむき出しにしていたが、彼が見せた音楽への情熱に心を動かされる。契約できたものの、はたしてフィッシャーマンズ・フレンズは生き馬の目を抜く音楽業界でメジャーデビューできるのか?











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
バニシング 字幕
 a
●監督:クリストファー・ニーホルム●出演:ジェラルド・バトラー(『ハンターキラー/潜航せよ』)/ピーター・ミュラン(『サンシャイン/歌声が響く街』)/コナー・スウィンデルズ/ソーレン・マリン(『ある戦争』)/オラフ・ダリ・オラフソン●2018年/イギリス

そして、誰もいなくなった。真実のすべては、その島だけが知っている――。

1900年12月、スコットランド沖の北大西洋に浮かぶ孤島で3人の灯台守が忽然と消えた。その“謎”は今も、そして永遠に、解かれることはない――大ヒットTVシリーズ「THE KILLING/キリング」の監督が実在の事件《フラナン諸島の謎》を基に大胆な仮説と解釈で描く衝撃のミステリアス・スリラー。

■スコットランド沖のフラナン諸島。絶海に浮かぶ無人島アイリーン・モア島に、3人の灯台守がやって来る。これから6週間、寒風吹き荒ぶこの島で灯台をともし続けるのが彼らの仕事だ。メンバーは、灯台守を25年続けているベテランのトマス、短気で粗暴な大男のジェームズ、まだ新米の若者ドナルド。3人の静かで退屈な日々は、嵐の夜の翌朝、破られることになる。ドナルドが、流れ着いたボートと漂流者を発見。崖下に降り、ボートに積まれていた木箱を引き上げようとしていると、死んでいると思っていた漂流者が突然襲いかかってくる。身を護るため必死で抵抗したドナルドは、逆に漂流者を殺してしまった。そして木箱を開けてみると、中には金塊がぎっしりと詰められていたのだ。

思わぬ成り行きに動揺する3人の脳裏に、ドス黒い欲望が沸き上がってくる。死体を処分して、何も無かったことにすれば、金塊は自分たちの物になる……。だが3人のそんな想いをあざ笑うように、島にロックとボラという男たちが現れる。あの漂流者と木箱を探していた2人は、トマスたちの嘘を見破り、凶暴な正体をむき出しにする。血みどろの戦いの果て、気がつくと3人の前には、ロックたちの死体が転がっていた…。死体を海に捨て、すべては片付いたはずだった。だが、誰もが罪の意識に怯え、男たちの精神状態は限界に達してゆく。幻覚に追い立てられ、狂ったように暴れるジェームズ。疑心暗鬼は深まり、仲間だった3人は敵同士となり、自分だけが助かろうとあがきはじめる。そして遂に、破滅の時は訪れた…。











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
プラド美術館 驚異のコレクション 字幕
 the prado museum a collection of winders
●監督:バレリア・パリシ●出演:ジェレミー・アイアンズ(『運命の逆転』)●2019年/イタリア/スペイン

■時を越えて輝き続ける、世界屈指の美の殿堂へようこそ

ベラスケス、ルーベンス、ゴヤ、エル・グレコ、ティツイアーノ、ボス….。スペイン王室が愛した美と情熱の至宝。ピカソやダリも夢に見たプラド美術館。王家が慈しんだコレクションが初めて銀幕の世界へ――2019年に開館200周年を迎えた世界最高峰の美術館、その全貌に迫るドキュメンタリー。

■スペインの首都、マドリード。スペイン黄金世紀を後世に伝えるプラド美術館が、2019年11月19日に開館200周年を迎えた。15世紀から19世紀にかけて歴代のスペイン王室が「知識ではなく心で」ひとつひとつ買い集めた美術品は約8700点。膨大な家宝の一部を公開する美の宝庫は、毎年約300万人もの美術愛好家が訪れるヨーロッパ屈指の美術館としてその名を轟かせている。

そのプラド美術館に、今回カメラが初密着した。コレクションの中でも注目は、フェリペ4世の寵愛を受け王宮配室長に登り詰めたディエゴ・ベラスケスや、カルロス4世に重用されつつも時代に翻弄されたフランシスコ・デ・ゴヤ、日本でも人気の高いエル・グレコの傑作群だ。カメラは作品に限界まで接写し、天才たちの筆遣いを克明に映し出す。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
悲しみより、もっと悲しい物語 字幕 
 more than blue
●監督:ギャビン・リン●出演:リウ・イーハオ/アイビー・チェン(『聴説』)/アニー・チェン/ブライアン・チャン/エマ・ウー●2018年/台湾

キミは優しい嘘をついた。

音楽プロデューサーと作詞家の男女が織りなす、純粋で献身的な愛の形――クォン・サンウ主演の韓国映画『悲しみよりもっと悲しい物語』を台湾でリメイクし、空前の社会現象を巻き起こした超メガヒットラブストーリー。

■高校時代に運命的な出会いを果たした、音楽プロデューサーのKと作詞家のクリーム。それぞれ家族を失い、身寄りのなくなった2人は一緒に生活するようになり、互いに恋心を抱く。しかし、白血病を抱え、病状が悪化しはじめていたKは、クリームに気持ちを伝えずにいた。余命わずかのKは、自分がいなくなってもクリームが幸せに生きていけるよう、別の男性に彼女を託す。クリームの結婚を見届け、Kの目的は果たされたかのように思えたが…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
踊ってミタ
 odotte mita
●監督・脚本:飯塚俊光(『ポエトリーエンジェル』)●出演:岡山天音(『ポエトリーエンジェル』)/加藤小夏/武田玲奈(『ポエトリーエンジェル』)/中村優一(『スレイブメン』)/横田真悠(『ヌヌ子の聖★戦 -HARAJUKU STORY-』)●2019年/日本

未来は、僕らの、手の中にある

映像作家になる夢に破れ故郷の観光課職員となった三田。2週間で町を活性化するよう町長に命じられ、町民参加の「踊ってみた」動画制作に取り組むが――『ポエトリーエンジェル』の飯塚監督と岡山天音、3度目のタッグ作品は、過疎化が進む町の住民たちが“踊り”によって再生していく姿を描いたヒューマンドラマ。

■東京で映像作家の夢破れた三田は、春野山町役場シティプロモーション課で働いていた。深刻な過疎化、観光資源なし、あるのは名物・干し芋と自然だけ。イケてるクリエイターとはあまりにもかけ離れたド田舎で、三田は現状を認められないまま腐っていた。そんな折、町を活性化しろとの町長・丸山の命令で観光動画を制作することになる。「最高にかっこいい映像作るしかねぇだろ!」しかし意識は高いがセンスはゼロの三田。見かねた同僚の真鍋の提案により“踊ってみた”動画作成をスタート。だが、期限はたったの2週間。

集まった踊り手は、真鍋の妹で金髪ヤンキーのミネタ、盆踊り大好き外国人ダリ、そしてパラパラを踊るお爺ちゃんとその孫のたった4人…。さえないメンツに気落ちする三田は、ご当地アイドル“星いもco.”の元メンバー・古泉ニナが町にいることを知り、加入を迫るが「変態」と罵られ取り付く島もない。まとまらないメンバーに町長の無茶ぶり、町の人にも白い目で見られ制作は難航。 それでも、三田の奮闘により完成が近づくなか、町全体を揺るがすネット大炎上事件が起こる…。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方 字幕
 the biggest little farm
●監督・脚本:ジョン・チェスター●出演:ジョン・チェスター/モリー・チェスター●2018年/アメリカ

息を呑むほど美しい“究極のオーガニック農場”が出来るまで

時に、大自然の厳しさに翻弄されながらも、そのメッセージに耳を傾け、命のサイクルを学び、愛しい動物や植物たちと未来への希望に満ちた究極に美しい農場を創りあげていく――AFI映画祭2018観客賞はじめ世界各国の観客賞を受賞。自然を愛する夫婦が“夢”を追う8年間の奮闘を描く奇跡のドキュメンタリー。

■殺処分寸前で保護した愛犬のトッド。その鳴き声が原因で大都会ロサンゼルスのアパートを追い出されたジョンとモリー。料理家の妻は、本当に体にいい食べ物を育てるため、夫婦で郊外へと移り住むことを決心する。しかし、そこに広がっていたのは200エーカー(東京ドーム約17個分)もの荒れ果てた農地だった――。











































本編 1時間25分
デジタル
カラー
衝動 世界で唯一のダンサオーラ 字幕
 impulso
●監督・脚本:エミリオ・ベルモンテ●出演:ロシオ・モリーナ/エドアルド・トラシエラオルーコ/ホセ・アンヘル・カルモナ/オルーコ/パブロ・マルティン・ジョーンズ●2017年/フランス/スペイン

ダンスの魂、降臨――

強く、美しく、圧倒的!異次元のダンサー、ロシオ・モリーナのステージの幕が開く――伝説のバレエダンサー、ミハイル・バリシニコフがひざまずいて敬意を表した、驚異の天才フラメンコダンサー、ロシオ・モリーナ。ダンスに魅せられ、ダンスを追及し続ける唯一無二の天才が生み出す、フラメンコの伝統と舞台芸術の革新が融合した驚異のステージ。その裏側に迫るドキュメンタリー。

■3歳でダンスに目覚め、恵まれているとはいえない体格をものともせず頂点に上り詰めた彼女は自らをダンサオーラと呼び、その天才的なリズム感、驚異的な身体能力、天性の芸術的感性で異次元のステージを繰り広げる。本作では、彼女のステージの創作現場を追う。パリのエッフェル塔を望むシャイヨー国立舞踊劇場での上演までの道のりに密着した。

仲間たちとの創作練習、そして圧巻の本番のステージ。フラメンコ界の重鎮、ラ・チャナやフェルナンド・デ・ラ・モレーナたちとの心震えるセッション。そして、家族や本人のインタビューを通して、彼女の心の内側にも迫る。世界中のファンを魅了してやまない彼女のパフォーマンスやステージはどのように出来上がっていくのか。フラメンコの枠を超えた注目を浴びながら、フラメンコの魂を持ち続ける彼女が追求するステージとは――。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像 字幕
 tumma kristus
●監督:クラウス・ハロ(『こころに剣士を』)●出演:ヘイッキ・ノウシアイネン(『ヤコブへの手紙』)/ピルヨ・ロンカ/アモス・ブロテルス/ステファン・サウク(『マイ・リトル・ガーデン』)/ペルッティ・スヴェーホルム(『カラマリ・ユニオン』)●2018年/フィンランド

謎の肖像画がもたらす人生の真価――

家族を捨て、仕事に生きた男が出会った「運命の絵」は作者不明。孫とともに挑む、すべてをかけた“最後の大勝負(オークション)”がいまはじまる―― “フィンランドを代表する監督”と称され名高いクラウス・ハロ監督の最新作。国立美術館や現地ギャラリーの全面協力のもと、街とともに歳を重ねた老美術商のプロフェッショナルの生きざまを、丁寧に、エモーショナルに描き出したヒューマンドラマ。

■年老いた美術商のオラヴィは、なによりも仕事を優先してきた。家族も例外ではなかったが、長年音信不通だった娘に頼まれ問題児の孫息子・オットーを職業体験のため数日預かることに。その矢先、オークションハウスである一枚の肖像画に目を奪われる。ひと目で価値ある作品だと確信したが、絵には署名がなく、作者不明のまま数日後のオークションに出品されるという。

「あと一度だけでいい、幻の名画にかかわりたい」――オットーとともに作者を探し始めたオラヴィは、その画風から、近代ロシア美術の巨匠イリヤ・レーピンの作品といえる証拠を掴む。画家の命である署名がないことだけが気がかりだったが、オークションへ向け資金繰りに奔走するオラヴィ。そんな折、娘親子が自分の知らないところで大きな苦労をしていたことを知るが…。生涯を美術品に捧げた男がたどり着いた、真に価値ある人生とは――。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 字幕
 mon inconnue
●監督:ユーゴ・ジェラン(『あしたは最高のはじまり』)●出演:フランソワ・シビル(『おかえり、ブルゴーニュへ』)/ジョセフィーヌ・ジャピ(『マンク -破戒僧-』)/バンジャマン・ラヴェルヌ(『不実な女と官能詩人』)●2019
年/フランス/ベルギー

“愛”を知ること。それは、“愛”すること。

運命の出会いから結婚して10年。もう一つの世界で、“恋”が“愛”に変わる――フランスで大ヒットを記録した『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督。『エール!』製作陣と再タッグを組んだ最新作。自分本位な夫が、最愛の人が自分を知らない、さらに立場が逆転した〈もう一つの世界〉に迷い込み、“愛の試練”に立ち向かう姿を描いたファンタジック・ラブストーリー。

■高校時代に一目惚れをして結婚した、ラファエルとオリヴィア。結婚10年目を迎え、小説家を目指していたラファエルは、いまや子どもたちに人気のベストセラーSF作家に。一方、小さなピアノ教室を開きながらピアニストの頂点を目指すオリヴィアは、仕事のことばかり考えているラファエルとのすれ違いの生活に孤独を感じていた。そんなある日、我慢の限界に達したオリヴィアがラファエルに想いをぶつけると大喧嘩に…。

翌日、人気作家の特別授業として中学校を訪れたラファエルは、出会う人々の様子がおかしいことに戸惑いを覚える。そこでの自分は卓球に熱を上げるしがない中学校の教師で、オリヴィアは人気ピアニストとして活躍する、立場が逆転した<もう一つの世界>だった。そして、その世界のオリヴィアはラファエルを知らなかった…。

自分にとってオリヴィアがすべてだと気付かされたラファエル。もう一度オリヴィアと愛し合うことで元の世界に戻れると信じ、あの手この手を使って接触を試みる。二人は少しずつ心を通わせ合うものの、オリヴィアは公私共に長年連れ添ったパートナーと婚約することに。そこでラファエルは、ある重大なことに気づき、人生最大の決断を下す。それは、“恋”しか知らなかったラファエルがオリヴィアの幸せを一番に願う“愛”の決断だった…。











































本編 1時間14分
デジタル
カラー
オーバー・ザ・リミット 新体操の女王マムーンの軌跡 字幕
 over the limit
●監督・脚本:マルタ・プルス●出演:マルガリータ・マムーン/イリーナ・ヴィネル/アミーナ・ザリポア●2018年/ポーランド/ドイツ/フィンランド

全ては金メダルのために。

新体操金メダリストの美しくも苛烈な舞台裏が今、ベールを脱ぐ――新体操の女王リタがリオ・オリンピックで金メダルを獲得するまでの道のりを追ったドキュメンタリー。美しく華やかな表舞台で栄光を勝ち取るため、 アスリートはその裏で何をしているのか。『セッション』や『ブラック・スワン』などと比較される強烈な世界を映し出す。

■「あなたは人じゃない。アスリートなの!」リタ(=マルガリータ・マムーン)は、新体操王国ロシアの代表選手。オリンピックに向けて、鬼コーチたちからの強烈な指導を受け、日々の練習に励む。アリーナ・カバエワなど、数多くのオリンピック金メダリストを育て上げたイリーナ・ヴィネルの指導は、特に精神面において厳しい。リタは優雅にリングをキャッチし、ボールを肩で転がすが、コーチたちは更なる高みを求め、何度も何度も繰り返させる。わずかな自由時間には、彼氏と電話で話したり家族と穏やかに過ごすが、すぐにまた激烈なトレーニングが始まる。











































本編 2時間10分
デジタル
カラー
街の上で
 machi no ue de
●監督・脚本:今泉力哉(『アイネクライネナハトムジーク』)●出演:若葉竜也(『葛城事件』)/穂志もえか(『愛がなんだ』)/古川琴音(『チワワちゃん』)/萩原みのり(『えちてつ物語 -わたし、故郷に帰ってきました。-』)/中田青渚(『写真甲子園 0.5秒の夏』)●2019年/日本

誰もみることはないけど確かにここに存在してる

古着屋で働く荒川青は、恋人に浮気された上にフラれたが、いまだに彼女のことが忘れられない。そんな青のもとに、美大に通う女性監督から自主映画への出演依頼が舞い込む。行きつけの飲み屋では常連客から「それは”告白”だ!」とそそのかされるが――『愛がなんだ』若葉竜也×今泉力哉監督が、変容する”文化の街”下北沢を舞台に紡ぐ、古着屋と古本屋と自主映画と恋人と友達についての物語。

■下北沢の古着屋で働いている荒川青(あお)。青は基本的にひとりで行動している。たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり。口数が多くもなく、少なくもなく。ただ生活圏は異常に狭いし、行動範囲も下北沢を出ない。事足りてしまうから。そんな青の日常生活に、ふと訪れる「自主映画への出演依頼」という非日常、また、いざ出演することにするまでの流れと、出てみたものの、それで何か変わったのかわからない数日間、またその過程で青が出会う女性たちを描いた物語。











































本編 1時間29分
デジタル
カラー
ハニーランド 永遠の谷 字幕
 honeyland
●監督:タマラ・コテフスカ/リュボミル・ステファノフ●サンダンス映画祭グランプリ 他 最多3冠●2019年/北マケドニア

「半分はわたしに、半分はあなたに」

――それが持続可能な生活と自然を守るための信条――北マケドニアに暮らす自然養蜂家の女性を追い、アカデミー賞史上初、長編ドキュメンタリー部門と国際映画賞(外国語映画賞)に同時ノミネートを果たしたドキュメンタリー。3年の歳月と400時間の撮影から生み出された、人間の、自然の、存在の崇高さと美しさに満ちた美しくも感動的な希望の物語。

■北マケドニアの首都スコピエから20キロほど離れた、電気も水道もない谷。そこに寝たきりの盲目の老母と暮らす、欧州最後の自然養蜂家の女性が存在する。そんな、持続可能な生活と自然を守る彼女の元に、見知らぬ家族がトレーラーで押し寄せてくることに…。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
ダンサー そして私たちは踊った 字幕  作品内容
 and then we danced
●監督:レヴァン・アキン●出演:レヴァン・ゲルバヒアニ/バチ・ヴァリシュヴィリ/アナ・ジャヴァヒシュヴィリ●第92回アカデミー賞 国際長編映画賞部門 スウェーデン代表●2019年/スウェーデン/ジョージア/フランス

〈彼〉と出会い、青年は羽ばたく――

ジョージアの国立舞踊団で、ダンスパートナーのマリとともに幼少期からトレーニングを積んできたメラブ。カリスマ的な魅力を持つ新星イラクリの登場により、彼の世界は大きく動き出す――トップダンサーを目指す青年の〈運命を変えた恋〉と成長の物語。

■ジョージアの国立舞踏団で、幼少期からダンスパートナーのマリとトレーニングを積んできたメラブ。日中のハードな練習の後はレストランでのアルバイトで家計を一手に引き受け、気持ちの休まる暇もない。そんなある日、カリスマ的な魅力のある青年イラクリが入団し、同時にメイン団の欠員補充のためのオーディションの開催が知らされる。イラクリの持つダンスの才能に驚き芽生えたライバル心が、オーディションに向けての2人だけの特訓を経て、抗えない欲望へと変化していく…。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。
 moshimo atashitachiga saisai ja nakattara
●監督・脚本:高橋朋広(『ラ』)●出演:吉田菫/梅村妃奈子/山内あいな/黒坂優香子/青山友●2020年/日本

バンド結成10周年、SILENT SIREN ついにスクリーンデビュー!

2019年9月14日に「31時間テレビ」の企画内で放送された主演ドラマ「もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。」“SILENT SIREN が存在しない並行世界” を描いたSF 青春ドラマは、その斬新なストーリーとメンバーの初々しい演技がファンの間で大反響を呼び待望の映画化。

そして、2019年12月30日に行われた年末スペシャルライブ「HERO」をライブ当日まで追いかけたドキュメンタリー『HERODOCUMENTARY FILM』。誰もが誰かのヒーロー!をテーマに熱く盛り上がったライブの裏側に密着。普段見ることのできないメンバーの素顔を余すところなく映し出す。

■2019年6月9日。SILENT SIREN のワンマンライブが、Zepp Divercity Tokyo で行われていた。代表曲『恋のエスパー』で「STOP」の掛け声と共に会場の時間が止まる。観客は一切身動きができなくなってしまうという、エスパーパワーを身につけたすぅの強力な超能力である。……という、“お約束” である。「時間を巻き戻したいと思います!」そう言うと時空が歪んでライブの時間は巻き戻り、再びライブをやり直すはずだったが、本当に時空が歪み――。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
アントラム 史上最も呪われた映画 字幕
 antrum: the deadliest film ever made
●監督:マイケル・ライシーニ/デヴィッド・アミト●出演:ニコール・トンプキンズ/ローワン・スマイス/サーカス=シャレフスキ/ダン・イストラテ/シュウ・サキモト●2018年/カナダ

この映画を観たら死にます。

警告!本当に、何かが起こる!想像を絶する恐怖の極限。それでも、あなたは見てしまう。そこに、何が映っていたのか!?映画を越えた恐怖!見てはいけない映画、ついに解禁。入場料=あなたの命。かもしれない――40年間封印されてきたホラー映画『アントラム』の行方を追い、その全貌を解き明かすショッキング・ドキュメンタリー。

■『アントラム』。それは1979年にアメリカで撮影された1本の映画。死んだ愛犬の魂を弔うために地獄への扉を開いてしまった幼い姉弟を描くその映画には、映ってはいけない“恐ろしいもの”が映り込んでいた。1988年にハンガリーのブタペストで世界初上映が行われると上映中に火災が発生し、多数の犠牲者を出す大惨事となったのをはじめとして、それを上映しようとした者たちが次々と謎の死を遂げ、フィルムは行方不明となった。

ドキュメンタリー作家マイケル・ライシーニとデヴィッド・アミトは、この伝説の映画を追跡し、ついに幻の35ミリ・フィルムを発見。関係者の証言とともに、ここにその驚愕の本編をノーカットで世界に公開する。あまりの恐ろしさに日本ではマスコミ試写会や一般試写会も中止となったこの映画、その恐怖の全貌がついに明らかになる――。











































本編 2時間26分
デジタル
カラー
無頼 
 burai
●監督:井筒和幸(『黄金を抱いて翔べ』)●出演:松本利夫(『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』)/柳ゆり菜(『純平、考え直せ』)/中村達也(『蘇りの血』)/清水伸(『スリーデイボーイズ』)/松角洋平(『関ヶ原』)●2020年/日本

正義を語るな、無頼を生きろ。

欲望の昭和、虚妄の平成を生きた、寄る辺なき者たちの群像劇――1975年のデビュー作の『ガキ帝国』以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒監督が、虚妄のノスタルジーに彩られた昭和回顧ブームを撃つ、本格ハードエンターテイメント。

■太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中にいた日本人は、焼け跡から立ち上がり(理想の時代)、高度経済成長の下で所得倍増を追い(夢の時代)、バブル崩壊まで欲望のままに生き(虚構の時代)、そして、昭和が去ると共に、その勢いを止めた。その片隅に、何にも頼ることなく、一人で飢えや汚辱と闘い、世間のまなざしに抗い続けた“無頼の徒”がいた。やがて男は一家を構え、はみだし者たちを束ねて、命懸けの裏社会を生き抜いていく…。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット 字幕
 matthew bourne's romeo+juriet
●演出:マシュー・ボーン(『マシュー・ボーン IN CINEMA/白鳥の湖』)●出演:パリス・フィッツパトリック/コーデリア・ブライスウェイト/ダン・ライト/ベン・ブラウン/ジャクソン・フィッシュ●2019年/イギリス

英国バレエ界の鬼才マシュー・ボーンの新演出版、初上陸!

厳しい管理下に置かれ、自由を奪われ愛が禁じられた近未来を舞台に、運命に翻弄された2人の若き恋人たちの悲劇的な愛の物語が、まだ誰も見たことのない新世代の『ロミオとジュリエット』として蘇る――新解釈版『白鳥の湖』でバレエ界に新風を巻き起こした英国バレエ界の鬼才、マシュー・ボーンの新作舞台。巨匠セルゲイ・プロコフィエフの名曲に乗せ、躍動感溢れるコンテンポラリー・バレエが繰り広げられる。

■今からそう遠くない近未来、反抗的な若者たちを矯正する教育施設「ヴェローナ・インスティテュート」では、若者たちは男女別に分断、接触を禁じられ、厳しい監視下のもと自由を奪われて暮らしている。ジュリエットは、暴力的な看守のティボルトから目を付けられ、その脅威に怯えていた。

ある日、有力政治家の両親から見放され施設に入れられたロミオは、施設で開催されたダンスパーティーでジュリエットと出会う。瞬く間に恋に落ちた2人は、看守の目を盗んで逢瀬を重ね、仲間たちに祝福されながら遂に愛を誓いあうのだった。しかし、幸せもつかの間、突如酒に酔ったティボルトが銃を振りかざして現れ、乱闘の挙句、仲間の1人マキューシオが命を落としてしまう。怒りに燃えるロミオとジュリエットたちは、ティボルトに立ち向かうも、さらなる悲劇が彼らを待ち受けていた…。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
時の行路
 toki no kouro
●監督:神山征二郎(『ラストゲーム 最後の早慶戦』)/土肥拓郎●出演:石黒賢(『夜明けの街で』)/中山忍(『ガメラ3・邪神〈イリス〉覚醒』)/松尾潤(『夏休みの地図』)/村田さくら/渡辺大(『ある町の高い煙突』)●2019年/日本

「派遣切り」に立ち向かう父と家族と仲間たちの希望の物語

リーマン・ショックの嵐の吹き荒れる2008年末、大手自動車メーカーで派遣工として 誠実に仕事に励む五味洋介に吹き寄せる理不尽な「派遣切り」の嵐――この嵐に立ち向かう姿を、愛する家族や仲間たちとの日々を通して描いた実話に基づく物語。巨匠・神山征二郎、第30回監督作品。

■青森の八戸でリストラにあった五味洋介は妻の夏美と子どもたちを実家に残して静岡の大手自動車メーカーの工場の旋盤工として働きながら、仕送りを続けていた。洋介は派遣社員であったがベテラン技能者として職場でも信頼され、充実した日々を送る合間に家族を三島に呼び、ともに暮らせる将来を夢見て頑張っていた。

しかし、ある日突然、リーマンショックに端を発した非正規労働者の「大量首切り」により職場を追い出されてしまう。洋介は理不尽な仕打ちに抗し、仲間と一緒に労働組合に入って立ち上がった。だが洋介や妻たち、支援の人々の願いは届かず、会社と裁判所は冷酷だった。そんな折、闘病中の夏美が倒れたと いう知らせを受け、洋介は郷里へ向かう…。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー
ゾンビ [日本初公開復元版] 字幕 
 dawn of the dead
●監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ(『死霊のえじき』)●出演:デヴィッド・エムゲ/ケン・フォリー(『悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲』)/スコット・H・ライニガー(『ナイトライダーズ』)/ゲイラン・ロス(『クリープショー』)/トム・サヴィーニ(『ナイトライダーズ』)●1978年/アメリカ/イタリア

伝説の発火点。

1979年3月10日、プログレッシブ・ロックバンド“ゴブリン”の強烈なビートとショッキング描写とともに、日本人の前に初めて姿を現わした“ゾンビ”は、凄まじいインパクトを放ち、トラウマ級の映画体験を観客に与えた。その衝撃から40年──90年代以降は劇場で上映されることがなかったばかりか、過去に一度もソフト化されたことがない、文字通り“幻のバージョン”である「日本初公開版」。今回、海外の権利元との粘り強い交渉により、その復刻・再現の許諾を特別に得ることができた。壮絶なるファースト・コンタクトにして、“伝説”となっていた「第4のバージョン」が、『ゾンビ ─日本初公開復元版─』として、ついにスクリーンに復活する。

■惑星から降り注いだ光線によって地球上の死者が“ゾンビ”として復活。その群れは生者に襲いかかり、噛みつかれた者もまたゾンビへと変貌する。生ける屍たちは瞬く間に世界を覆いつくした。

テレビ局員のフランと彼女の恋人でヘリコプター・パイロットのスティーヴン、そしてSWAT隊員のロジャーとピーターはヘリで脱出し、郊外の巨大ショッピングモールにたどり着く。彼らはモール内のゾンビを排除し、何不自由の無い楽園を手に入れた。だが彼らの前に物資を狙う暴走族の一団が現れ、扉をこじ開け乱入してきた。ゾンビ、暴走族、フランたちの三つ巴の殺戮戦がはじまり、血しぶきが壁を染め、肉塊が床を埋めつくす。夜明けとともに生き残るのは果たして…。











































本編 2時間48分
デジタル
カラー
この世界の(さらにいくつもの)片隅に
 kono sekai no (sarani ikutsumono) katasumi ni
●監督・脚本:片渕須直(『この世界の片隅に』)●声の出演:のん(『この世界の片隅に』)/細谷佳正(『この世界の片隅に』)/稲葉菜月(『この世界の片隅に』)/尾身美詞(『この世界の片隅に』)/小野大輔(『この世界の片隅に』)●2019年/日本

ここではひとりぼっち、と思ってた。

誰もが誰かを想い、ひみつを胸に優しく寄り添う──200万人の胸を震わせたあの場面が、まったく異なる印象で迫ってくる。こうの史代の同名漫画をアニメーション映画化して異例のロングランヒットを記録し、国内外で高い評価を得た『この世界の片隅に』に、新たなシーンを追加した長尺版。250カットを超える新エピソードによって、これまで目にしていたシーンや人物像が、まったく異なる印象で息づきはじめる。

■広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。だがすずは、それをそっと胸にしまい込む…。

昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして、昭和20年の夏がやってくる――。











































本編 2時間19分
デジタル
カラー
風の電話
 kaze no denwa
●監督・脚本:(『不完全なふたり』)●出演:モトーラ世理奈(『少女邂逅』)/西島秀俊(『空母いぶき』)/西田敏行(『アウトレイジ 最終章』)/三浦友和(『葛城事件』)/渡辺真起子(『もみの家』)●2020年/日本

今だから、伝えたい

天国に繋がる電話に導かれて…。傷ついた日本を辿る、少女の出会いと再生の物語──岩手県大槌町に実在する電話ボックス、〈風の電話〉。その電話に、電話線はつながっていない。しかし、東日本大震災以降、3万人を超える人々が、この場所を訪れている。どうしても話したい大切な人がいる。そこにいるのが当たり前だった家族に、さよならを伝えたい──。そんな悲しみを抱え生きる人々に、静かに寄り添う映画が生まれようとしている。

■17歳の高校生ハルは、東日本大震災で家族を失い、広島に住む伯母、広子の家に身を寄せている。心に深い傷を抱えながらも、常に寄り添ってくれる広子のおかげで、日常を過ごすことができたハルだったが、ある日、学校から帰ると広子が部屋で倒れていた。自分の周りの人が全ていなくなる不安に駆られたハルは、あの日以来、一度も帰っていない故郷の大槌町へ向かう。広島から岩手までの長い旅の途中、彼女の目にはどんな景色が映っていくのだろうか──。

憔悴して道端に倒れていたところを助けてくれた公平、今も福島に暮らし被災した時の話を聞かせてくれた今田。様々な人と出会い、食事をふるまわれ、抱きしめられ、「生きろ」と励まされるハル。道中で出会った福島の元原発作業員の森尾と共に旅は続いていき…。そして、ハルは導かれるように、故郷にある〈風の電話〉へと歩みを進める。家族と「もう一度、話したい」その想いを胸に──。











































本編 0時間55分
デジタル
カラー/モノクロ
アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい 字幕
 anna karina, souviens-toi
●監督:デニス・ベリー●出演:アンナ・カリーナ(『アンナ』)●2017年/フランス

シャネルが名付け、ゴダールが崇め、ゲンズブールが囁いた

革命のミューズとしてヌーヴェルヴァーグのアイコンになった女優。その伝説的な人生と映画たち――女優アンナ・カリーナの人生に迫る映像アンソロジーである本作は、パートナーであるデニス・ベリー監督が万感の思いを込めて作り上げたアンナへのラブレター。追悼そして生誕80周年記念のドキュメンタリー。2020年限りの特別公開。

■アンナ・カリーナは、1940年9月22日デンマークのコペンハーゲンで、遠洋航路船長の父と19歳の母との間に誕生。すぐに別れた両親に代わり保護してくれた祖母が亡くなって孤独を知る。一番遠くの世界に行きたくて、列車に飛び乗り灰色の故国を脱出したのが17歳。パリのサンジェルマン・デプレにたどり着き、彼女は確信した、ここが私の居場所。ココ・シャネルに出会い、シャネルは彼女をアンナ・カリーナと命名した。

一躍花形モデルになった彼女を見初めたのがジャン=リュック・ゴダール。『女は女である』『女と男のいる舗道』そして『気狂いピエロ』―時代を画したヌーヴェル・ヴァーグのアイコンとなったコンビの誕生と別れ。音楽界の寵児ゲンスブールもミュージカル映画『アンナ』のために14曲を提供。72年、彼女は自分にリアルなことを表現したいという思いがつのり、完全な男社会のフランス映画界を飛び出し、自ら製作・脚本・監督・出演をしてNYで映画を撮る。さらに歌手としての活動を開始、フランスやヨーロッパだけでなく日本でもツアーを行う――。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー/モノクロ
白い暴動 字幕
 white riot
●監督・脚本:ルビカ・シャー●出演:レッド・ソーンダズ/ロジャー・ハドル/ケイト・ウェブ/シド・チューン/ルース・グレゴリー●2019年/イギリス

鳴らせ、闘いの音楽を

1978年4月30日、10万人の世紀の大行進と音楽フェスが、時代を変えた。音楽に突き動かされ、人種差別撤廃を叫んだ若者たちの闘い――1970年代後半イギリスにて起きた、人種差別撤廃や不平等への反抗を訴える運動“ロック・アゲインスト・レイシズム”を追う社会派音楽ドキュメンタリー。

■経済破綻状態にあった1970年代のイギリス。市民が抱いていた不安と不満は、第二次世界大戦後に増加した移民たちへ転嫁されていった。街は暴力であふれかえり、黒人やアジア人が襲われた。そのなかで、レッド・ソーンダズを中心に数人の仲間たちで発足された“ロック・アゲインスト・レイシズム” 略称RARは、人種や生まれによる差別の撤廃を主張し、雑誌を自費出版して抗議活動を始める。

RARの発信するメッセージはやがてザ・クラッシュをはじめ、トム・ロビンソン、スティール・パルス等の音楽と結びつき、支持されていく。1978年4月30日、RARが決行した約10万人による大規模なデモ行進と、その終着地での音楽フェスは市民が一つになった瞬間であり、観る者の心を揺さぶる。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
37セカンズ 
 37 seconds
●監督・脚本:HIKARI●出演:佳山明/神野三鈴(『 光』)/大東駿介(『YOU達HAPPY 映画版ひまわり』)/渡辺真紀子/熊篠慶彦(『トウキョウ・守護天使』)●ベルリン国際映画祭 パノラマ部門観客賞&国際アートシアター連盟賞 ダブル受賞●2019年/日本

私の「時間」が刻みはじめる。

37秒間――それは、生まれてきた時息をしていなかった時間――出生時に37秒間呼吸ができなかったために、手足が自由に動かない身体になってしまった女性が、自らの力で新しい世界を切り拓いていく姿を描くヒューマンドラマ。

■生まれた時に、たった37秒息をしていなかったことで、身体に障害を抱えてしまった主人公・貴田ユマ。親友の漫画家のゴーストライターとして、ひっそりと社会に存在している。そんな彼女と共に暮らす過保護な母は、ユマの世話をすることが唯一の生きがい。

毎日が息苦しく感じ始めたある日。独り立ちをしたいと思う一心で、自作の漫画を出版社に持ち込むが、女性編集長に「人生経験が少ない作家に、いい作品は描けない」と一蹴されてしまう。その瞬間、ユマの中で秘めていた何かが動き始める。これまでの自分の世界から脱するため、夢と直感だけを信じて、道を切り開いていくユマ。その先で彼女を待ち受けていたものとは…。











































本編 2時間08分
デジタル
カラー
霧の中の少女 字幕
 the girl in the fog
●監督・脚本・原作:ドナート・カリシ●出演:トニ・セルヴィッロ(『修道士は沈黙する』)/アレッシオ・ボーニ(『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』)/ガラテア・ランツィ(『心のおもむくままに』)/ジャン・レノ(『ザ・スクワッド』)●2017年/イタリア

真実が正義とは限らない。

迷宮入りする少女失踪事件。カリスマ警部が辿り着く、想像を絶する結末とは――イタリアの作家ドナート・カリシが自らメガホンを取り、自作を映画化。アルプス近郊の山間の町で発生した少女失踪事件の意外な成り行きを描いたミステリー・スリラー。

■その世にも奇妙な事件は、妖しい霧が立ち込めるクリスマス・シーズンの田舎町アヴェショーで起こった。地元の純真な少女アンナ・ルーが、教会に行くため自宅を出てまもなく忽然と消えてしまったのだ。捜査の指揮を執るため都会からやってきたヴォーゲル警部は、この目撃情報も物証も一切ない事件を何者かによる誘拐だと断定し、メディアの好奇心をあおってセンセーションを巻き起こす独特の捜査手法を実践していく。

やがてヴォーゲルは捜査線上に浮かび上がったマルティーニ教授を容疑者と見なして追いつめるが、正体不明の連続誘拐魔“霧の男”に関する情報がもたらされ、ヴォーゲルの“完璧なる捜査”は根底から覆されていくのだった…。











































本編 1時間59分
デジタル
カラー
止められるか、俺たちを
 tomerareruka, oretachiwo
●監督:白石和彌(『孤狼の血』)●出演:門脇麦(『チワワちゃん』)/井浦新(『嵐電』)/山本浩司(『断食芸人』)/岡部尚(『おとぎ話みたい』)/大西信満(『ろくでなし』)●2018年/日本

ここには映画と青春があった。でも私はなにをみつけたんだろう

1969年、21歳で若松プロダクションの門を叩き、助監督として奔走した吉積めぐみの目を通して、映画や政治、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時が綴られる――2012年に逝去した若松孝二監督が代表を務めていた若松プロダクションが、若松監督の死から6年ぶりに再始動して製作。白石和彌監督が、師匠である故・若松孝二の若き日を映し出す青春群像劇。

■1969年春、21歳の吉積めぐみは、新宿のフーテン仲間のオバケに誘われて若松プロダクションの扉をたたいた。そこはピンク映画の旗手・若松孝二を中心とした新進気鋭の若者たちの巣窟。めぐみは、若松孝二という存在、なによりも映画作りに魅了されていく。











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
盗まれたカラヴァッジョ 字幕 
 una storia senza nome
●監督・脚本:ロベルト・アンドー(『修道士は沈黙する』)●出演:ミカエラ・ラマッツォッティ(『歓びのトスカーナ』)/アレッサンドロ・ガスマン(『神様の思し召し』)/レナート・カルペンティエリ(『ナポリの隣人』)/ラウラ・モランテ(『息子の部屋』)●2018年/イタリア/フランス

今、イタリア美術史上最大の闇が明かされる。

世界を震撼させたカラヴァッジョの名画「キリスト降誕」盗難事件の謎が、50年の時を経て、今暴かれる――1969年にイタリアで実際に起きた未解決の絵画盗難事件の謎に迫るサスペンス。

■映画プロデューサーの秘書ヴァレリアは、秘かに人気脚本家アレッサンドロのゴーストライターを務めていた。ある時、ラックと名乗る謎の男が、今も未解決の〈カラヴァッジョの名画「キリスト降誕」盗難事件〉が、実はマフィアの仕業だったと教えてくれる。事件の裏側をヴァレリアがプロットにまとめると、プロデューサーは傑作だと絶賛し、たちどころに映画化が決定する。だが、映画会社とつながるマフィアに誘拐されたアレッサンドロが、昏睡状態で発見される。

ヴァレリアはラックの協力のもと、“ミスター X”の名前でアレッサンドロのアドレスからシナリオを送り続けるのだが、マフィアはあらゆる手を使って“ミスター X”が誰かを突き止めようとする。やがてヴァレリアは、ラックがシナリオだけでなく、現実でも「キリスト降誕」盗難事件を解決しようとしていることに気づく。果たしてラックの正体は? 50年の時を経て、世界は再び名画を見ることができるのか──?











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
つつんで、ひらいて
 tsutsunde, hiraite
●監督:広瀬奈々子(『夜明け』)●出演:菊地信義/水戸部功/古井由吉(『櫛の火』原作)●2019年/日本

1万5千冊をデザインした装幀者・菊地信義と、本をつくる人々のドキュメンタリー

「読者が思わず手に取る美しい本」が生まれる、その舞台裏へ――菊地信義。空前のベストセラーとなった俵万智「サラダ記念日」をはじめ大江健三郎、古井由吉、浅田次郎、平野啓一郎、金原ひとみら1万5千冊以上もの本を手掛け、40年以上にわたり日本のブックデザイン界をリードしてきた稀代の装幀家。本作は、美しく刺激的な本づくりで多くの読者を魅了し、作家たちに愛されてきた菊地の仕事を通して“本をつくること”を見つめた、おそらく世界初のブックデザイン・ドキュメンタリー。

■インターネットが日常的になり、デジタル全盛の時代にあって、紙の本にこだわり、紙と文字を触りながら手作業で一冊ずつ本をデザインする菊地の指先から、印刷、製本に至る過程を見つめ、ものづくりの原点を探っていく――。











































本編 2時間16分
デジタル
カラー
ナイチンゲール 字幕 
 the nightingale
●監督・脚本:ジェニファー・ケント●出演:アイスリング・フランシオシ/サム・クラフリン(『ヘル・フロント -地獄の最前線-』)/バイカリ・ガナンバル/デイモン・ヘリマン(『モーガン・ブラザーズ』)/ハリー・グリーンウッド●第75回ヴェネツィア国際映画祭 新人俳優賞/審査員特別賞●2018年/オーストラリア/カナダ/アメリカ

私は、あなたのものではない

英国植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供の命を残虐な将校らに奪われた女囚クレアの復讐の旅――あまりにも過激な内容とバイオレンス描写でヴェネツィア国際映画祭を揺るがし二冠。鬼才ジェニファー・ケントが世界にたたきつける、慟哭のリベンジ・スリラー。

■19世紀、オーストラリアのタスマニア地方。けちな盗みを働き流刑囚となったアイルランド人のクレアは、その美しい容姿と歌声から、一帯を支配する英国軍将校ホーキンスに囲われていた。クレアの夫エイデンは、彼女が刑期を終えた後も釈放されることなく、拘束されていることについて不満を持ち、ホーキンスに交渉を試みる。しかし、逆上したホーキンスはクレアを仲間達とレイプした挙句、彼女の目の前でエイデンと子供を殺害してしまう。

尊厳を踏みにじられ、愛する者達を奪われたクレアは復讐を決意するが、野心と出世を目論むホーキンスはローンセストンに駐屯するベクスリー大佐に昇進を直訴するために旅立った後だった。クレアは先住民アボリジニの黒人男性ビリーに道案内を依頼し、将校らを追跡する旅に出る。危険な任務を嫌い、最初は彼女に反発しながらも謝礼金のために嫌々同行していたビリーだったが、彼女の本当の目的を知ると、自分も白人達から家族や仲間を殺されて奴隷となった過去を打ち明ける。共通の敵を持つ2人の間には強い絆が生まれてゆく――。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
スキャンダル 字幕
 bombshell
●監督:ジェイ・ローチ(『トランボ -ハリウッドに最も嫌われた男-』)●出演:シャーリーズ・セロン(『スノーホワイト/氷の王国』)/ニコール・キッドマン(『アラビアの女王 愛と宿命の日々』)/マーゴット・ロビー(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』)/ジョン・リスゴー(『人生は小説よりも奇なり』)/ケイト・マッキノン(『ゴーストバスターズ〈2016年〉』)●2019年/アメリカ/カナダ

ニュースをお伝えします

2016年、米国のテレビ局FOXニュースで元人気キャスターのグレッチェン・カールソンがCEOのロジャー・エイルズを提訴――アメリカで実際に起こった女性キャスターへのセクハラ騒動。全米最大のTV局を揺るがしたスキャンダルの全貌が暴かれる。ハリウッド至高の3大女優が放つ、衝撃の実話。

■2016年、アメリカニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」に激震が走った。 クビを言い渡されたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と崇められるCEOのロジャー・エイルズを告発したのだ。騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラは、ロジャーに直談判するための機会を得て――。











































本編 2時間05分
デジタル
カラー
ハリエット 字幕
 harriet
●監督・脚本:ケイシー・レモンズ(『ケイブマン』)●出演:シンシア・エリヴォ/レスリー・オドム・ジュニア(『オリエント急行殺人事件』)/ジョー・アルウィン(『ビリー・リンの永遠の一日』)/クラーク・ピータース(『モナリザ』)/ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ(『TINA ティナ』)●第92回アカデミー賞 2部門ノミネート(主演女優賞/歌曲賞)●2019年/アメリカ

彼女は一度も失敗せずに奴隷から英雄になった。

生涯で800人以上の奴隷解放を手助けし、南北戦争では黒人兵士を率いて戦った――アフリカ系アメリカ人として、史上初めて新しい米ドル紙幣に肖像が採用され、アメリカでは誰もが知る実在の奴隷解放運動家、ハリエット・タブマンの激動の人生を描いたヒューマンドラマ。

■1849年アメリカ、メリーランド州。ブローダス農場の奴隷ミンティ(シンシア・エリヴォ)は、幼いころから過酷な労働を強いられていた。そんな彼女の願いはただ1つ、いつの日か自由の身となって家族と共に人間らしい生活を送ること。ある日、借金の返済に迫られた農場主がミンティを売りに出す。遠く離れた南部に売り飛ばされたら、もう二度と家族には会えず、お互いの消息すらわからなくなってしまう。脱走を決意したミンティは、奴隷制が廃止されたペンシルベニア州を目指してたった1人で旅立つのだった――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ようこそ、革命シネマへ 字幕
 talking about trees
●監督:スハイブ・ガスメルバリ●出演:イブラヒム・シャダッド/スレイマン・イブラヒム/エルタイブ・マフディ/マナル・アルヒロ/ハナ・アブデルラーマン・スレイマン●2019年ベルリン国際映画祭 パノラマ部門 ドキュメンタリー賞・観客賞 受賞●2019年/フランス/スーダン/ドイツ/チャド/カタール

もう一度、愛する映画を、みんなで。

1956年の独立以来、常に国内に紛争を抱えてきたスーダン。クーデターにより政権は幾度となく変わり、1989年にはイスラム急進派による軍事政権が成立、長期にわたる独裁的な支配を続けていた――表現の自由が奪われ、映画産業が崩壊したスーダンで、映画館復興に向けて動き出す老映画人たちを追ったドキュメンタリー。

■2015年、スーダンの首都ハルツーム近郊。ここではたびたび停電が起こり、すでに何日も電気は復旧しないままだった。とある場所に集まっていたイブラヒム、スレイマン、マナル、エルタイブの4人は、暗闇に乗じて、映画撮影の真似事を始める。それは、アメリカ映画史に残る傑作『サンセット大通り』の名ラストシーンだった。

そろそろ 70 歳を迎えようとしている4人は、1960〜70 年代に海外で映画を学び、母国スーダンで映画作家として活躍していた45年来の友人だ。1989年に映画製作集団「スーダン・フィルム・グループ」 を設立するが、同じ年、クーデターにより独裁政権が誕生し、表現の自由も奪われてしまう。ある者は亡命し、ある者は思想犯として収監されるなど、長らく離散していた4人だったが、母国に戻り再会を果たす。しかし、すでに映画産業は崩壊し、かつてあった映画館もなくなっていた。

郊外の村を訪れては、細々と巡回上映を続けていた4人だったが、長らく放置されていた屋外の大きな映画館の復活を目指して動き始める。「愛する映画を再びスーダンの人々のもとに取り戻したい」――4人は映画館主や機材会社と交渉し、“映画館が復活したらどんな映画を観たいか?”と街の老若男女にアンケート調査を取るなど、着々と準備を進めていくのだが…。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
山中静夫氏の尊厳死
 yamanakashizuoshi no songenshi
●監督・脚本:村橋明郎(『育子からの手紙』)●出演:中村梅雀(『あかね空』)/津田寛治(『名前』)/小澤雄太(『ゲバルト』)/天野浩成(『花は咲くか』)/中西良太(『ある取り調べ』●2019年/日本

わたしには、やっておきたいことがあるのです。

浅間山を望む信州の地を舞台に、人が死んでいくこと、最期まで自分らしく生き抜くことの意味を、未来への希望とともに描く――末期がんを宣告された男と彼を見守る医師を主人公に、人間が死んでいくこと、最後まで生きぬくことの意味を描いたヒューマンドラマ。

■末期の肺がん患者・山中静夫が自宅のある静岡の病院からの紹介で今井が勤務する信州の病院にやってきた。腰の骨と肝臓にがんが転移した山中に、今井は付き添う家族の負担も考えて静岡の病院での治療をすすめるが、余命を宣告された山中は「生まれ育った信州の山を見ながら楽に死にたい」と今井の病院での治療を希望する。

長年呼吸器内科を担当する今井は、あまりにも多くの死んでいく人間を診察し続けたことから、心身ともに疲労し、うつ病になってしまう。今井はうつ病を抱えながらも、自らの死を受け入れる山中の最後の願いをかなえようと医師として立ち向かう――。











































本編 2時間34分
デジタル
カラー
SHELL and JOINT 
 shell and joint
●監督:平林勇(『しまじろうと にじのオアシス』)●出演:堀部圭亮(『クライマーズ・ハイ』)/筒井真理子(『よこがお』)/佐藤藍子(『タイム・リープ』)/北川弘美(『時の香り/リメンバー・ミー』)/須藤温子(『ちゃんこ』)●2019年/日本

それでも、みんな生きている。勝手気ままに。

マペットの昆虫たちは死について哲学し、男はサウナでセミだった頃のはかない夏の欲情を語り、カプセルホテルの従業員は、すべての自殺はバクテリアのせいだと考え、女たちはバイブレーター片手に、先人たちへ感謝する――海外の映画祭で注目を浴びる平林勇監督が節足動物をモチーフに生・死・性を描く異色群像ドラマ。

■幼なじみである新渡戸と坂本は、都内のカプセルホテルのフロントで働く従業員。新渡戸は節足動物と哲学が好きで、坂本は自殺ばかりしている。カプセルホテルにはいろんな客がやって来る。子どもを亡くしたフィンランド人の母親。逃亡犯の女。ミジンコを研究する学生・・・。しかし、それぞれの人生が交差する事は決してない。まるで整然と並べられたカプセルホテルの様に――。











































本編 1時間13分
ブルーレイ
カラー
血筋
 chisuji
●監督:角田龍一●2019年/日本

「父」の無様な生き方を愛さずにはいられない。

遠い国のあなたが知らない家族の物語――韓国・北朝鮮の他に、もう一つ存在する「中国朝鮮民族」。彼らの多くが韓国へ憧れ、韓国へ出稼ぎに行く。今まで注目されて来なかった中国朝鮮族を、「父と子」という個人的な物語で取り上げた、世界初のドキュメンタリー作品。

■主人公の少年は、中国朝鮮族自治州・延吉で生まれ、10歳のときに日本へ移住する。20歳を迎えたとき過去を振り返るため、画家だった父を探すことを決意する。中国の親戚に父の行方を尋ねるが、誰も消息を知らないうえ、父の話題に触れたがらない。

叔父の助けにより再会を果たした父は、韓国で不法滞在者として日雇い労働をしながら借金取りに追われる日々だった。それでも息子への虚栄心と自己満足的な愛情を「お金」によって表現しようとするが、息子は辟易としてしまう…。











































本編 2時間03分
デジタル
カラー
誰がハマーショルドを殺したか 
 cold case hammerskjord
●監督・脚本:マッツ・ブリュガー●第35回サンダンス映画祭 ワールドシネマ·ドキュメンタリー部門 監督賞受賞●2019年/デンマーク/ノルウェー/スウェーデン/ベルギー

歴史を覆す世紀の大事件

1961年、国連事務総長ハマーショルドを乗せた専用機が、謎の墜落。永らく未解決になっていた事件が、2人の男の調査で急展開――事件の真相は?そしてその裏に隠された巨大な陰謀とは?暗殺部隊…ウィルス兵器…人体実験…。数々のミステリーに迫るドキュメンタリー。

■1961年9月18日。第2代国連事務総長ダグ·ハマーショルドは、アフリカのコンゴ動乱における停戦調停のため、時の権力者モイーズ·チョンベ大統領に会うべくチャーター機でコンゴの空港を飛ぶ立った。しかし途中、ローデシア(現ザンビア)にて謎の墜落事故を起こし、ハマーショルドと15人の乗員は全員死亡。その後も詳しい調査が行われず、長らく原因不明の事故として扱われていた。

この、「冷戦期最大の謎のひとつ」(米ワシントン·ポスト紙)とされてきた未解決事件にデンマーク人ジャーナリストで監督のマッツ·ブリュガーと調査員のヨーラン·ビョークダールは7年の歳月を費やして調査。当時の関係者たちは皆、口をつぐみ追跡取材は行き詰まりを見せる。しかしついに、彼らはハマーショルドの暗殺事件にとどまらない、世界史をひっくり返すような驚愕の”ある暗殺計画”に遭遇した――。











































本編 1時間58分
デジタル
カラー
ジュディ 虹の彼方に 字幕
 judy
●監督:ルパート・グールド(『劇場版 嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~/リチャード二世』)●出演:レニー・ゼルウィガー(『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』)/ジェシー・バックリー(『ワイルド・ローズ』)/フィン・ウィットロック(『不屈の男 アンブロークン』)/ルーファス・シーウェル(『ヘラクレス』)/マイケル・ガンボン(『英国王のスピーチ』)●第92回アカデミー賞主演女優賞 受賞●2019年/イギリス

スポットライトの中、愛を求めて――

ハリウッド黄金期の裏側で、才能に生かされ、才能に苦しみ、それでも決してステージを諦めなかった伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランド。『オズの魔法使い』で始まった波乱の人生。ラスト7分、魂の「オーバー・ザ・レインボー」――47歳の若さで急逝する半年前の1968年冬に行ったロンドン公演の日々を鮮烈に描いた感動と慟哭の伝記ドラマ。

■1968年。かつてミュージカル映画の大スターとしてハリウッドに君臨したジュディ・ガーランドだったが、度重なる遅刻や無断欠勤のせいで映画出演のオファーが途絶え、窮地に立っていた。今は巡業ショーで生計を立てているものの、住む家もなく、借金は膨らむ一方。やむなく元夫に幼い娘と息子を預け、ロンドンのクラブに出演するため一人旅立つジュディ。

英国での人気は今も健在ではあるが、初日を迎えるとプレッシャーが高じ逃げ出そうとしてしまう。それでもひとたびステージに上がればジュディはたちまちディーバと化し、観客を魅了。ショーは大盛況でメディアの評判も上々。新しい恋ともめぐりあい、明るい未来に心躍らせるジュディだったが、子供たちの心が離れていく恐れと疲労から睡眠薬とアルコールに走り、ついには舞台でも失態を犯してしまう…。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
グッド・ボーイズ 字幕 
 good boys
●監督・脚本:ジーン・スタプニツキー(『バッド・ティーチャー』脚本)●出演:ジェイコブ・トレンブレイ(『ワンダー 君は太陽』)/キース・L・ウィリアムズ/ブレイディ・ヌーン/モリー・ゴードン(『クーパー家の晩餐会』)/ミドリ・フランシス●2019年/アメリカ

背伸びしたら、オトナになれるの?

僕らは5年生じゃない、6年生だぞ!――初めてのキスのため奮闘する小学生たちが思わぬ騒動を巻き起こしてしまうさまを描いた本作は、本国アメリカでは過激な表現によりR指定作品となり、主役を演じた3人の子役たちは、映画を観ることが叶わなかったという逸話を残す。そんな思春期の少年3人組の“小さな大冒険”が、ついに日本上陸。『ソーセージ・パーティ』製作陣が贈る、全米№1モンスターヒット青春コメディ。

■小学6年生の少年3人は同級生の女子たちから“初キス・パーティー”に誘われる。このパーティーには意中のあの娘も…♡しかし、キスの経験が全くない彼らは、背伸びをして様々な手を使いリサーチを開始する。そこで少しずつ垣間見られる“オトナの世界”に好奇心が止まらない。しかし、ある事件をきっかけにとんでもない騒動へと発展し、彼らは絶交の危機に直面してしまう。果たして彼らは絆を取り戻し、初キスを経験することができるのか――。











































本編 2時間18分
デジタル
カラー
はちどり 字幕 
 house of hummingbird
●監督・脚本:キム・ボラ●出演:パク・ジフ/キム・セビョク(『ひと夏のファンタジア』)/チョン・インギ(『クロッシング』)/イ・スンヨン(『うつせみ〈2004年〉』)/キル・ヘヨン●2018年/韓国/アメリカ

この世界が、気になった

1994年、空前の経済成長を迎えた韓国・ソウル。14歳のウニは学校に馴染めずにいるが、両親には子供たちの心と向き合う余裕がない。孤独な思いを抱える彼女の前に、初めて自分の人生を気にかけてくれる大人が現れ――思春期の少女の揺れ動く思いや、家族や友人との関わりを繊細に描いた人間ドラマ。世界の映画祭で50冠、韓国で異例の大ヒットを遂げたキム・ボラ監督、長編デビュー作。

■1994年、ソウル。家族と集合団地で暮らす14歳のウニは、学校に馴染めず、 別の学校に通う親友と遊んだり、男子学生や後輩女子とデートをしたりして過ごしていた。 両親は小さな店を必死に切り盛りし、 子供達の心の動きと向き合う余裕がない。ウニは、自分に無関心な大人に囲まれ、孤独な思いを抱えていた。

ある日、通っていた漢文塾に女性教師のヨンジがやってくる。ウニは、 自分の話に耳を傾けてくれるヨンジに次第に心を開いていく。ヨンジは、 ウニにとって初めて自分の人生を気にかけてくれる大人だった。 ある朝、ソンス大橋崩落の知らせが入る。それは、いつも姉が乗るバスが橋を通過する時間帯だった。 ほどなくして、ウニのもとにヨンジから一通の手紙と小包が届く――。











































本編 時間 分
デジタル
カラー
奇跡との出会い。 心に寄り添う。3
 kiseki tono deai
●監督:奥津貴之(『光り合う生命。-心に寄り添う。2-』)●出演:希島凛(『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』)/市原綾真●2020年/日本

それは、あなたの人生にも起こる。

末期ガン、白血病、心筋梗塞、不慮の事故――医者も驚く奇跡現象を体験した人びと。その真実を描いた感動のドキュメンタリー。幸福の科学グループ総裁の大川隆法が企画したドキュメンタリー「心に寄り添う。」シリーズ第3弾。救いをテーマにした第1弾、生きるとは何かについて迫った第2弾に続き、医者も諦めざるを得ない症状から奇跡的な回復を見せた人々の実話を通し、奇跡について考える。

■集められた1000件以上の奇跡体験を映画スタッフと女優・希島凛、若手俳優の市原綾真が調査。その中から50人に取材を行った。末期ガンと宣告された男性、右肩を粉砕骨折するほどの大きな事故に見舞われた女性、白血病に冒されていよいよ死を覚悟した男性、命が助かったとしても植物人間になるだろうと医者から告げられた女性など、絶望の状況下で奇跡を体験した人々にインタビュー。そして、奇跡とは何か、国内外で取材しその答えを探っていく。











































本編 1時間48分
デジタル
カラー/モノクロ
三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
 mishimayukio vs roudaizenkyoutou
●監督:豊島圭介(『森山中教習所』)●出演:三島由紀夫(『美しい星』原作)/芥正彦(『コンセント』)/木村修/橋爪大三郎/篠原裕●2020年/日本

圧倒的熱量を、体感。

稀代の天才作家・三島由紀夫と、反逆のエリート東大全共闘のスリリングな直接対決。1969年5月13日、東大駒場キャンパスの900番教室に、1000人を超える学生たちが集まり、三島を今か今かと待ち受けていた――禁断のスクープ映像、解禁。自決1年前に何があったのか?伝説の討論会を13人の証言者と紐解く衝撃のドキュメンタリー。

■旧体制変革のためには暴力も辞さない東大全共闘のメンバーが、この討論会の首謀者だ。世界各国が政治の季節に突入していたこの頃、日本でも自分たちの手で国を変えようとする学生運動が激化していた。この年の1月には、安田講堂を占拠していた東大全共闘に対して機動隊が出動、ガレキと火炎瓶で迎え撃った学生たちが、機動隊の催涙弾と放水攻撃の前に敗北するという事件が起きていた。今の日本では想像もつかないほど、センセーショナルな嵐が吹き荒れていた時代なのだ。

そんな危険きわまりない若者たちが、「三島を論破して立ち往生させ、舞台の上で切腹させる」と盛り上がり、異様なテンションが充満している敵地に、三島は警察が申し出た警護も断り、その身一つで乗り込んで行った。この頃の三島はノーベル文学賞の候補にもあがった世界的な文豪であると同時に、俳優、映画監督、舞台演出家としても活躍し、その一挙手一投足が常にメディアを賑わせる、まさにカルチャー界のスーパースター的存在だった。一方で、肉体を鍛え上げ民兵組織〈楯の会〉を率いる天皇主義者としても知られていた。どこを切っても正反対、ベクトルは真逆の三島と東大全共闘。果たして、言葉の銃で撃ち合い、論理の剣で斬り合う、スリリングな討論アクションによる死闘の行方は――。











































本編 1時間27分
デジタル
カラー
アングスト/不安 字幕 
 angst
●監督:ジェラルド・カーグル ●出演:アーウィン・レダー(『U・ボート』)/シルヴィア・ラベンレイター/エディット・ロゼット/ルドルフ・ゲッツ●1983年/オーストリア

本物の《異常》が今、放たれる。後悔してももう遅い。

殺人鬼ヴェルナー・クニーセクが起こした1980年1月、オーストリアでの一家惨殺事件。10数年の刑期を終えて予定されていた出所の1ヵ月前、就職先を探すために3日間のみ外出を許された際の凶行だった。決して世に放出してはならなかったこの狂人の異様な行動と心理状態を冷酷非情なタッチで描写。斬新なカメラワーク、狂人のモノローグで綴る構造、そして全編徹底された冷たく陰鬱なトーン――1983年公開当時、嘔吐する者や返金を求める観客が続出した本国オーストリアでは1週間で上映打切り。世界各国上映禁止。常軌を逸した実話を描く、映画史上最も狂った驚異の実録スリラー、日本劇場初公開。

■ジャケットにシャツ姿の青年が道路をあてもなく歩いている。一見平凡な青年に見えるが、彼の手元には銃が握られ、目つきもどこか異様だった。そんな彼がある屋敷の呼び鈴を鳴らし、出てきた老人を躊躇なく撃ち殺す。その数年後、刑務所から出所した青年は…。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
zk/頭脳警察50 未来への鼓動
 zk/zunoukeisatsu50
●監督:末永賢(『ナイチンゲーロ』)●出演:PANTA(頭脳警察)(『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』)/TOSHI(頭脳警察)/澤竜次(頭脳警察)/宮田岳(頭脳警察)/樋口素之助(頭脳警察)●2020年/日本

絶景かな…!

この国のくだらぬことから実を放ち自由に飛んでいけ。自粛・弾圧が再燃する今の世界に、彼らの叫びが突き刺さる!――日本におけるロックの源流を生み出し、カウンターカルチャーをリードし続けてきた「頭脳警察」。結成50周年を迎えたロック界のレジェンドの足跡を追ったドキュメンタリー。

■1969年12月、中村治雄(PANTA)と石塚俊明(TOSHI)によって結成された“頭脳警察”。のちに日本語ロックの元祖と謳われことになる彼らは、反戦・反体制運動が激化するなか、その過激な歌詞と自由なメロディーによって、運動に参加する若者の圧倒的な支持を得た。のちに“革命三部作”と呼ばれる「世界革命宣言」「銃をとれ」「赤軍兵士の詩」は、鬱屈した社会情勢に抑圧された若者の心情にまさに共鳴する“詩”として享受されたのだった。

時は過ぎ、2019年、“頭脳警察”は新たな血を入れ、再始動。ギター・澤竜次(黒猫チェルシー)、ベース・宮田岳(黒猫チェルシー)、ドラム・樋口素之助、キーボード・おおくぼけい(アーバンギャルド)という若きミュージシャンとともに、“頭脳警察”50周年バンド”を結成。本作は、“頭脳警察”と同じ時代を歩んできた者、その背中を追ってきた者、あらゆる世代の表現者の証言とともに、変わらぬ熱量を保ち続ける彼らの現在と過去を追うことで、日本におけるカウンターカルチャーとサブカルチャーの歴史を浮き彫りにしていく――。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
カゾクデッサン
 kazokudessin
●監督・脚本:今井文寛●出演:水橋研二(『月光の囁き』)/瀧内公美(『火口のふたり』)/大友一生(『ミスミソウ』)/中村映里子(『結婚』)/大西信満(『ろくでなし』)●2019年/日本

家族って、どこまでが家族ですか?

意識をなくした女の真っ当な夫と、真っ当じゃない元夫、そしてその息子…ワケあってガチでぶつかり合い――東京という街でさまよい続ける者たちと、東京の郊外で自分の居場所を定めた者たち。または夜に生きる者たちと、陽の中に生きる者たち。交わらないはずの者たちがある女性の事故から再び顔を合わせる。それぞれの想いが交錯する。これから大人になる人と大人になりきれない人に贈るビタースイート・ストーリー。

■元ヤクザの剛太。今は恋人のバーで働いている。そんなある日、剛太のところに元妻の息子、光貴が現れる。「母が交通事故にあって意識が戻らないんです。よかったら声をかけてみてもらえませんか」十数年ぶりの再会。剛太は声をかけてみるが意識は戻らない。過去への思いにとらわれる剛太。まだ心の傷は癒やされていなかった。

剛太のことをこころよく思っていない光貴の父は、二度と会うなと息子に言い聞かせる。しかし光貴は剛太に魅力を感じ始めていた。翌日、光貴と父は些細なことから親子ゲンカ、そのことが引き金となり光貴は自分の出生の秘密を知ってしまう。動揺する光貴はふとしたきっかけから友人を殴り、暴力の魅力に取り憑かれてしまう――。











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
ルース・エドガー 字幕 
 luce
●監督・脚本:ジュリアス・オナー(「クローバーフィールド・パラドックス」)●出演:ナオミ・ワッツ(『アバウト・レイ 16歳の決断』)/オクタヴィア・スペンサー(『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』)/ケルヴィン・ハリソン・Jr(『WAVES/ウェイブス』)/ティム・ロス(『或る終焉』)/ノーバート・レオ・ブッツ(『グッバイ・アンド・ハロー』)●2019年/アメリカ

あなたは人間の本性を見抜けるか――。

誰からも称讃される17歳の高校生ルース。彼は“完璧な優等生”か、それとも“恐ろしい怪物”なのか――人間の謎めいた本質、アメリカの理想と現実をえぐり、全米で絶賛されたサスペンスフルなヒューマン・ドラマ。

■バージニア州アーリントンの高校生ルース・エドガーは文武両道に秀で、スピーチやユーモアのセンスにも長けた17歳の少年だ。アフリカの戦火の国で生まれた過酷なハンデを克服し、さまざまなルーツを持つ生徒たちの誰からも慕われている彼は、自由の国アメリカで希望を象徴する存在へと成長した。

そんなルースがある課題のレポートをきっかけに、同じアフリカ系の女性教師ウィルソンと対立し、彼の順風満帆の日常が大きく揺らぎ出す。ルースが危険な過激思想に染まっていて、同級生への性的暴行事件にも関わったのではないかというウィルソンの衝撃的な“告発”は、ルースの養父母である白人夫婦エイミーとピーターの胸にも疑念を生じさせていく。はたしてルースは何者なのか。本当に“完璧な優等生”なのか、それとも世間を欺く“恐ろしい怪物”なのだろうか…。











































本編 1時間36分
デジタル
カラー
すずしい木陰
 suzushii kokage
●監督・脚本:守屋文雄(『まんが島』)●出演:柳英里紗(『チチを撮りに』)●2019年/日本

ひみつ。あなたとわたしの。

何も起きないはずなのに、何かが起きている。この木陰で見たことは、決して言葉にしないでください――「うたた寝をしているのは中古車屋の娘で、」といったストーリーは、実はこの映画にはなく、ただただ、女の子が寝ているだけ。物語らしいことは何も起きない。にもかかわらず、確かに何かが起きている。“見つめる”行為の向こうに、何かが立ち現れてくる異色作。

■たとえばその中古車屋の娘は、いつまで経っても子供みたいなヤツで、もうすぐ30歳になろうというのに、家でゴロゴロ、昼過ぎに起きて、朝食だか昼食だかを済ませる間にも、2、3時間テレビの前でぐうたら、食ったら食ったでそのまま履き潰したサンダルをつっかけ、家の裏の雑木林の隅っこにある、中古車屋の喫煙所みたいになっている一角に何年も吊られっ放しの、雨曝しのハンモックにぼよんと転がり、起きるでもなく眠るでもなくボーッと、生い茂る木々の葉っぱたちを眺めているように見えて、実は今後の人生に思いを巡らしながら、ふと頬を風に撫でられた途端、宇宙のことを考え出し、夏の空に伸び広がる天気輪の柱を見た気がしたのだが、やがてそんなこともどうでもよくなり、いつの間にかうたた寝をはじめ、今日もまた陽が暮れてゆく。











































本編 2時間15分
デジタル
カラー
マルモイ ことばあつめ 字幕
 malmoe
●監督・脚本:オム・ユナ(『タクシー運転手 -約束は海を越えて-』脚本)●出演:ユン・ゲサン(『プンサンケ』)/ユ・ヘジン(『ベテラン』)/キム・ホンパ(『テロ,ライブ』)/ウ・ヒョン(『恋の罠』)/キム・テフン(『慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ』)●2019年/韓国

消えてしまうかもしれない、そんな大切な母国語を守りたい、遺したい…

日本統治下の朝鮮半島で、民族の言葉が消えゆく1940年代、言葉を守ることによって国を守ろうとした人たちがいた。辞書作りの為、全国の言葉・方言を集める“マルモイ(ことばあつめ)作戦”が始まる――辞書作りのために、懸命に生きた人々の感動の物語。

■1940年代・京城(日本統治時代の韓国・ソウルの呼称)。盗みなどで生計をたてていたお調子者のパンスは、ある日、息子の授業料を払うためにジョンファンのバッグを盗む。ジョンファンは親日派の父親を持つ裕福な家庭の息子だったが、彼は父に秘密で、失われていく朝鮮語(韓国語)を守るために朝鮮語の辞書を作ろうと各地の方言などあらゆることばを集めていた。

日本統治下の朝鮮半島では、自分たちの言語から日本語を話すことへ、名前すらも日本式となっていく時代だった。その一方で、パンスはそもそも学校に通ったことがなく、母国語である朝鮮語の読み方や書き方すら知らなかった。パンスは盗んだバッグをめぐってジョンファンと出会い、そしてジョンファンの辞書作りを通して、自分の話す母国の言葉の大切さを知り…。











































本編 2時間17分
デジタル
カラー
グレース・オブ・ゴッド 告発の時 字幕
 by the grace of god
●監督・脚本:フランソワ・オゾン(『婚約者の友人』)●出演:メルヴィル・プポー(『わたしはロランス』)/スワン・アルロー(『女の一生』)/ドゥニ・メノーシェ(『ジュリアン』)/エリック・カラヴァカ(『つかのまの愛人』)/フランソワ・マルトゥレ(『ホームドラマ』)●第69回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(審査員グランプリ)受賞●2019年/フランス

沈黙は、捨てた。

「君も触られた?」それは少年たちの、公然の秘密だった――フランスを震撼させた、神父による児童への性的虐待事件。一人の勇気ある告発者から端を発し、結果的に80人以上もの被害者が名乗りをあげ、プレナ神父が教区を変えながら長年にわたって信者家庭の少年たちに性的暴力を働いていたという驚くべき事実が白日の下にさらされた。深いトラウマを抱え生きてきた男たち。その告発のゆくえは――?鬼才フランソワ・オゾンが挑む、衝撃の実話。

■妻と子供たちと共にリヨンに住むアレクサンドルは、幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父が、いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため、過去の出来事の告発を決意する。

最初は関りを拒んでいたフランソワ、長年一人で傷を抱えてきたエマニュエルら、同じく被害にあった男たちの輪が徐々に広がっていく。しかし、教会側はプレナの罪を認めつつも、責任は巧みにかわそうとする。また、アレクサンドルたちは沈黙を破った代償――社会や家族との軋轢とも戦わなければならなかった。果たして、彼らが人生をかけた告発のゆくえは――?











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
凪の海
 nagi no umi
●監督:早川大介●出演:永岡佑(『風に濡れた女』)/小園優(『ハッピーウェディング』)/柳英里紗(『すずしい木陰』)/湯澤俊典/外波山文明(『サンクチュアリ〈2005年〉』)●2019年/日本

私はうまく息ができない。

私は、海が嫌いだ。私は、海が好きだ。だって全てを奪うから。だって全てを生かすから――愛媛県、宇和島の海辺。ある人物の死によって残された人々の運命が動き始める――ひとりの青年の挫折と再生を、家族や幼馴染みとの葛藤を交えながら描いたヒューマンドラマ。

■このままじゃ窒息しそうだ――宇和海と山に挟まれた小さな集落から、東京へ飛び出していった圭介。ミュージシャンになるはずが大した成果も上がらないまま、ズルズルと10年が経っていた。ある日、田舎からの一本の電話が入る。漁に出たまま行方不明になっていた兄の、葬式をあげることになったという。帰郷を渋る圭介。「ミュージシャンとして東京で成功している」と、皆に嘘をついていたからだった。

遅参した圭介を待っていたのは、兄の死で独りになった父、元妻ながら葬式を手伝いに戻って来た沙織。最後に兄を目撃したという同級生の洋、そして、洋の妹で足の悪い凪とふるさと蔣淵(こもぶち)の海だった。圭介の帰郷をきっかけに、それぞれの思いがぶつかり始める…。











































本編 1時間14分
デジタル
カラー
世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ 字幕
 el pepe, una vida suprema
●監督:エミール・クストリッツア(『アンダーグラウンド』)●出演:ホセ・ムヒカ(『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』)/ルシア・トポランスキー(『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』)/エレウテリオ・フェルナンデス=ウイドブロ/マウリシオ・ロセンコフ●2018年/アルゼンチン/ウルグアイ/セルビア

ムヒカさん、今の世界はどうですか?

第40代ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカ。収入の9割を貧しい人々に寄付し、職務の合間にはトラクターに乗って農業に勤しむ――質素でありながらも心豊かな暮らしを実践する彼の人生を、巨匠エミール・クストリッツァが追いかける。パワフルな愛に溢れた感動のドキュメンタリー。

■風変わりだけど自然体で大統領という重責を担った、南米ウルグアイの第40代大統領ホセ・ムヒカ。「世界で一番貧しい大統領」と全世界から注目を浴びるようになったのは、2012年のリオデジャネイロでのスピーチだった。まん丸な体とやさしい瞳のムヒカから放たれたのは、環境危機を引き起こしている真の原因は、消費至上主義であるという鋭くも真っ当な指摘。経済発展は必ずしも人類の幸福に結びついておらず、むしろ経済格差が広がり続ける現状を憂い、怒り、よりよい未来に向けて行動を起こせと呼びかけたのだ。このスピーチは世界中に感動を与え、ムヒカは2013年、14年とノーベル平和賞にノミネート、日本でも多数の本が出版され2016年には初来日を果たした。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー/モノクロ
マイルス・デイヴィス クールの誕生 字幕
 miles davis birth of the cool
●監督:スタンリー・ネルソン●出演:マイルス・デイヴィス(『ワイト島1970』)/クインシー・ジョーンズ(『ファンタジア2000』)/ハービー・ハンコック(『ブルーノート・レコード -ジャズを超えて-』)/ウェイン・ショーター(『ブルーノート・レコード -ジャズを超えて-』)/ロン・カーター(『ルイジアナの夜明け』音楽)●2019年/アメリカ

ジャズの帝王。その真実の姿が、いま暴かれる。

ジャズの帝王”と称されるマイルス・デイヴィス。幾度となくジャズの歴史に革命をもたらし、ロックやヒップホップにも影響を及ぼしたトランペット奏者。その素顔に迫る傑作ドキュメンタリー。

■「クールの誕生」(1949-50年)、「カインド・オブ・ブルー」(1959年)、「ビッチェズ・ブリュー」(1969年)、10年おきにジャズの歴史を更新する決定的名盤を生み出した、天才トランペット奏者マイルス・デイヴィス。マイルスの人生のテーマは、言うなれば、常に垣根を取り払い、意のままに生きようとした強い決意。音楽においても、人生においても、マイルスは何度も固定観念を破った。そうやって出来上がった作品が、世の中で新たなスタンダードになった瞬間、またそれを覆した。

過去を振り返ることなく、明確なヴィジョンとたゆまぬ向上心、そして新しい挑戦へのハングリー精神を持ち続けたからこそ、ビバップからクール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、フュージョン、ロック、ヒップホップに至るまで、あらゆる音楽の革新者となりえたのである。本作は、レアなアーカイヴ映像・音源・写真に加え、アーティストや家族・友人など、マイルスと密接に関わった人々との対話を通じて、トランペットの影に隠された唯一無二の奇才の素顔に迫る。











































本編 1時間27分
デジタル
カラー
今宵、212号室で 字幕 
 chambre 212
●監督・脚本:クリストフ・オノレ(『愛のあしあと』)●出演:キアラ・マストロヤンニ(『愛のあしあと』)/ヴァンサン・ラコスト(『アマンダと僕』)/カミーユ・コッタン/バンジャマン・ビオレ(『あなたはまだ帰ってこない』)/ステファーヌ・ロジェ)●第72回カンヌ国際映画祭 ある視点部門最優秀演技賞(キアラ・マストロヤンニ)受賞●2019年/フランス/ルクセンブルク/ベルギー

恋がいっぱい。でも、愛は一つだけ。

夫と喧嘩したマリアは、一晩だけアパルトマンの真向かいにあるホテルへ。すると20年前の夫をはじめ歴代の元カレたちがやってきた!?愛の魔法にかかったファンタスティックは一夜が幕を開ける――シャンソンの名曲にのせて、パリのホテルを舞台に繰り広げられるマジカルな一夜のラブ・ストーリー。

■司法・訴訟史を専門とする大学教員のマリアは、付き合って25年、結婚して20年になるリシャールとパリのアパルトマンで二人暮らし。今ではすっかり“家族”になってしまった夫には内緒で、マリアは浮気を重ねていたが、ある日リシャールにバレてしまう。怒ったリシャールと距離を置くため、マリアは一晩だけアパルトマンの真向かいにあるホテルの212号室へ。

マリアが窓越しに夫の様子を眺めていると、なんと20年前の姿をした夫が現れた!「なぜそんなに若いの?」と驚きながらマリアが尋ねると、「25歳の俺に心底惚れてたくせに。俺を見てみろ!」。20年前のリシャールがカーテンを開けると、窓の向こうには一人キッチンに座る夫リシャールの姿が…。戸惑い驚くマリアの前に、これまでの元カレたちや、リシャールの初恋相手であるピアノ教師のイレーヌまでもが登場、 愛の魔法にかかった不思議な一夜が幕を開けた――。











































本編 1時間26分
デジタル
カラー
燕 Yan
 tsubame yan
●監督:今村圭佑(『新聞記者』撮影)●出演:水間ロン(『パラレルワールド・ラブストーリー』)/山中崇(『菊とギロチン』)/テイ龍進(『風に濡れた女』)/長野里美(『東京公園』)/田中要次(『リングサイド・ストーリー』)●2019年/日本

台湾・高雄へ――自分の居る処、ココロの居場所を探して

母はどんな思いで自分を捨てたのか?なぜ手紙すらくれなかったのか?――日本と台湾・高雄を舞台に、離れ離れになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱え、自分の居る処、ココロの居場所を探す姿を、印象的な映像と音楽に乗せて描いた人間ドラマ。若きトップカメラマン今村圭佑の映画長編監督デビュー作。

■28歳の早川燕は、埼玉の父から台湾・高雄に住む燕の兄・龍心に、ある書類を届けてほしいと頼まれる。台湾人の母と日本人の父を持つ燕は、母の故郷である台湾・高雄で生まれ、日本で育った。燕を中国語で「イエンイエン(燕燕)」と呼んだ母は、燕が 5 歳のある夜、何も告げずに7歳年上の兄だけを連れていなくなってしまった。大好きだった母に「捨てられた」という思いだけが今も燕の心に強く残っている。母はどんな思いで自分を捨てたのか?なぜ手紙すらくれなかったのか?あれから 23年の月日が流れ、燕は様々な思いを抱えて台湾-母の故郷、兄の住む街、そして自分が生まれた場所へと旅立つ――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
15年後のラブソング 字幕
 juliet, naked
●監督:ジェシー・ペレッツ●出演:ローズ・バーン(『ピーターラビット』)/イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)/クリス・オダウド(『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』)/アジー・ロバートソン(『マリッジ・ストーリー』)/アユーラ・スマート●2018年/アメリカ/イギリス

オトナになれない大人たち

仕事もある、恋人もいる。これからも同じ毎日だと思っていた。あの日、一通のメールが違う明日を連れてきた――イギリスの港町とアメリカの田舎町。海を隔て遠く離れた二つの町から始まった不思議な三角関係を描く、悩める大人たちのラブストーリー。

■イギリスの港町サンドクリフ。博物館で働く30代後半の女性アニーは、長年一緒に暮らす腐れ縁の恋人ダンカンと平穏な毎日を送っていた。それなりの仕事があり、長年一緒に暮らすパートナーもいる。周囲から見れば“安定”という言葉がふさわしい生活。別に不満があるわけではないが、なんとなくモヤモヤする…。そんなある日、彼女のもとに1通のメールが届く。送り主はダンカンが心酔するミュージシャンで、90年代に表舞台から姿を消した伝説のロックスター、タッカー・クロウだった――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ラ・ヨローナ 彷徨う女 字幕
 la llorone
●監督・脚本:ハイロ・ブスタマンテ(『火の山のマリア』)●出演:マリア・メルセデス・コロイ(『火の山のマリア』)/マルガリタ・ケネフィック/サブリナ・デ・ラ・ホス/フリオ・ディアス(『ローサは密告された』)●第76回ヴェネチア国際映画祭 ヴェニス・デイズ部門受賞●2018年/グアテマラ

我らの元へ来たれ。我らに宿り、我らの体で感じ、我らを満たしたまえ

「二人の子どもと共に夫に捨てられた女は、子どもを溺死させて自らも自殺する。女の悲しみは死後も魂となって彷徨い続ける」闇に葬られし血塗られた歴史が、再び呼び起こされる時、恐怖と哀しみの“ラ・ヨローナ伝説”が現代に蘇る――虐殺で大勢の犠牲者を出した元将軍と、彼の屋敷にやってきたメイドの周りで起こる奇妙な現象…。中南米の怪奇伝説とグアテマラの内戦の歴史を組み合わせた幻想的な社会派スリラー。

■「泣いたら、殺す」という言葉と共に、母親と子どもたちはグアテマラ軍の兵士に殺害された―。大勢の犠牲者を出したグアテマラの軍事政権による大虐殺から30年が経ち、当時将軍だったエンリケは虐殺を指揮した容疑で裁判にかけられるが、証拠不十分として無罪となる。

国民が糾弾する中、家族と共に屋敷に戻ったエンリケの耳にその夜から不思議な泣き声が聞こえるようになる。ある日新しいメイドのアルマがやってくる。若く美しいアルマは家族に受け入れられ屋敷で働き始めるが、やがて彼女の周囲で奇妙なことが起き始める…。











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
剣の舞 我が心の旋律 字幕
 tanets s sablyyami
●監督:ユスプ・ラジコフ●出演:アンバルツム・カバニン/ヴェロニカ・クズネツォーヴァ/アレクサンドル・クズネツォフ/アレクサンドル・イリン/イヴァン・リジコフ●2019年//ロシア/アルメニア

わずか8時間で生まれた伝説の名曲

「仮面舞踏会」「剣の舞」など数々の名曲を残したクラシックの巨匠アラム・ハチャトゥリアン――第二次大戦下のソ連を舞台に、若き日のハチャトゥリアンがひと晩で書き上げた名曲「剣の舞」の誕生秘話を描いた感動の伝記ドラマ。

■1942年11月29日。迫り来る戦火から逃れ、キーロフ記念レニングラード国立オペラ・バレエ劇場は、モロトフに疎開していた。寒さと食糧不足に悩まされながら、団員たちは12月9日に初演を迎えるバレエ「ガイーヌ」のプレミアに向けて練習を続けている。しかし、作曲家のアラム・ハチャトゥリアンはいらだっていた。振付家のニーナ・アニシモワから連日のように変更が伝えられ、修正に追われていたのだ。弟子のゲオルギーの心配をよそに不眠不休で働くアラム。ソリストのサーシャは憧れの作曲家に名前を伏せて好物を差入れ、密かに応援している。

文化省のプシュコフが上演前の検閲にやって来た。彼はサーシャに色目を送り、失業寸前のサックス奏者のアルカジーにアラムの動向を密告するよう命じる。劇場に不穏な空気を撒き散らすプシュコフには、ある目的があったのだ。プレミアまで1週間。プシュコフは完成した「ガイーヌ」の結末を変更した上に、最終幕に士気高揚する踊りを追加せよと命じる。衣装も振付も間に合わない。誰もが不可能と訴えるが、アラムは作曲家人生を懸けて理不尽な挑発に立ち向かう。

アラムの胸をよぎるのは、両親の祖国アルメニアでトルコが残虐行為を行った事実。世界がそれを黙殺したことがファシズムの誕生を許し、ユダヤ人虐殺が続く現実。アルメニア人の悲しみと怒りを忍ばせつつ、プシュコフを満足させられる音楽とは? アラムは深夜のホテルで、ひとり真っ白な楽譜に向き合う。耳に聞こえるのは汽車の音のみ。やがてその音は疾走する汽車と線路が奏でる激しいリズムに変わる。そして鍵盤の上でひとつのリズムが踊り始めた。











































本編 1時間16分
デジタル
カラー
あなたの顔 字幕
 your face
●監督:ツァイ・ミンリャン(『西瓜』)●出演:リー・カンション(『河』)●音楽:坂本龍一(『NO SMOKING』)●2018年/台湾

しわが語る人生、まなざしに映る心。

13の顔に浮かび上がる、生きていく哀しみと歓び――台湾・台北のの市井の人々にカメラを向け、それぞれの顔を1人1カットずつ映し出していく。斬新なのにどこか懐かしい、特別な映像体験。豊穣なドラマを思わせる究極のドキュメンタリー。

■台北、西門町に佇む中山堂。日本統治時代に建てられ、長い歳月の歴史を刻むその館内の薄闇に浮かび上がる、もう若くはない13人の顔、顔、顔…。ある者は黙って遠慮がちにレンズを見据え、ある者は身の上話を語り、ある者はハーモニカを吹き、そしてある者はカメラを前にしながらうたた寝を始める…。その市井の人々の顔の、皺一本一本が、まなざしが、口元のかすかな動きが、彼らが生きてきた人生を饒舌に語り始める――。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
リトル・ジョー 字幕
 little joe
●監督・脚本:ジェシカ・ハウスナー(『ルルドの泉で』)●出演:エミリー・ビーチャム/ベン・ウィショー(『追憶と、踊りながら』)/ケリー・フォックス(『シャロウ・グレイブ』)/キット・コナー/デヴィッド・ウィルモット(『スウィーニー・トッド』)●第72回カンヌ国際映画祭 主演女優賞(エミリー・ビーチャム)受賞●2019年/オーストリア/イギリス/ドイツ

ゾッとする幸せ。

新種の植物リトル・ジョーが花を咲かせるとき、かつて体験したことのない幸せがあなたを待っている――女性研究者の開発した、幸せになる香りを放つという新種の植物が引き起こす予想もしない事態を描いた、妖しくも美しいサイエンス・スリラー。

■バイオ企業で新種の植物開発に取り組む研究者のアリスは、息子のジョーと暮らすシングルマザー。彼女は、見た目が美しいだけでなく、特殊な効果を持つ真紅の花の開発に成功した。その花は、ある一定の条件を守ると、持ち主に幸福をもたらすというのだ。その条件とは、1.必ず、暖かい場所で育てること、2.毎日、かかさず水をあげること、3.何よりも、愛すること。会社の規定を犯し、アリスは息子への贈り物として花を一鉢自宅に持ち帰り、それを“リトル・ジョー”と命名する。花が成長するにつれ、息子が奇妙な行動をとり始める。

アリスの同僚ベラは、愛犬のベロが一晩リトル・ジョーの温室に閉じ込められて以来、様子がおかしいと確信し、原因が花の花粉にあるのではと疑い始める。アリスの助手、クリスもリトル・ジョーの花粉を吸い込み、様子がいつもと違う。何かが少しずつおかしくなっていくその違和感は、果たしてこの植物がもたらしたものなのか…。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
白雪姫 あなたが知らないグリム童話 字幕 
 pure as snow
●監督:アンヌ・フォンテーヌ(『夜明けの祈り』)●出演:ルー・ドゥ・ラージュ(『夜明けの祈り』)/イザベル・ユペール(『エヴァ』)/ブノワ・ポールヴールド(『今さら言えない小さな秘密』)/ヴァンサン・マケーニュ(『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』)/ジョナタン・コーエン(『アマンダと僕』)●2019年/フランス/ベルギー

純粋な娘が次々に男を翻弄していく…

亡き父が経営していたホテルで働く若い女性クレアは、義理の母モードから命を狙われる。間一髪、見知らぬ男に救われたクレアは、彼と双子の兄弟たちが暮らす牧場で生活することになるが――これが大人向け、白雪姫。グリム童話「白雪姫」をモチーフに繰り広げられる極上のエロティック・スリラー。

■美しく若い女性のクレアは、現在は義理の母親のモードによって運営されている、死んだ父親が経営していたホテルで働いている。クレアはマウドに対して制御しがたい嫉妬心を抱えているが、一方で、マウドの若い恋人はクレアに恋をする。その事を知ったマウドは、クレアを永遠に葬ろうとする。しかし、クレアは間一髪、見知らぬ男に助けられ、彼の双子の兄弟とチェリストが住む牧場で一緒に暮らすことに。生活を共にしていくうちに、一人、また一人と彼女の魅力にやられ恋に落ちていく男たち。そして、次第にクレアも彼女の中で何かが解放されていくことを感じ始める…。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
ようこそ映画音響の世界へ 字幕
 making waves
●監督:ミッジ・コスティン(『』)●出演:ウォルター・マーチ(『サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ』)/ベン・バート(『E.T.』音響効果)/ゲイリー・リドストロム(『ファインディング・ニモ 3D』音響効果)/ジョージ・ルーカス(『スター・ウォーズ』監督)/スティーヴン・スピルバーグ(『レディ・プレイヤー1』監督)●2019年/アメリカ

映画の感動を作り出す職人たち。その知られざる仕事の秘密が明らかに。

あの音はどうやって作られたのか?ハリウッド100年の音の歴史がすべてある――映画音響とは、観客を作品世界に引き込んでいく未知なる音作り。それに挑み続ける音響技術者たちの飽くなき挑戦と奥深き仕事の秘密。映画愛、仕事愛に包まれた感動と興奮の映画音響ドキュメンタリー。

■本作では『キング・コング(1933)』『市民ケーン』『ROMA ローマ』など、新旧名作群の映像を使用し、映画音響の世界を紹介。ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、デヴィッド・リンチ、クリストファー・ノーラン、アン・リーといった著名で独創的ん監督たちや『スター・ウォーズ』などを手掛けたベン・バート、『地獄の黙示録』などで知られるウォルター・マーチ、『ジュラシック・パーク』などを手掛けたゲイリー・ライドストロームいった映画音響界のレジェンドたちのインタビューを盛り込み、映画における「音」の効果と重要性に迫っていく。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
グッド・ワイフ 字幕
 las ninas bien
●監督・脚本:アレハンドラ・マルケス・アベヤ●出演:イルセ・サラス(『グエロス』)/カサンドラ・シアンゲロッティ/パウリーナ・ガイタン(『闇の列車、光の旅』)/ジョアンナ・ムリーヨ/フラビオ・メディナ(『ドント・ヘルプ』)●2018年/メキシコ

女は誰でもお姫様を夢見てる

1982年、メキシコを襲った最悪の経済危機、アッパークラスの主婦たちの生き残りをかけた熾烈なマウンティング合戦の幕が上がる。彼女たちは何を手に入れ、何を失ってしまったのか――80年代の華麗なる最先端ファッションと鋭い社会風刺が織りなすスタイリッシュドラマ。

■1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。実業家の夫との間に3人の子供に恵まれたソフィアは、高級住宅街にある美しい豪邸で満ち足りた生活を送っていた。セレブ妻たちのコミュニティに女王のごとく君臨していた彼女は、証券会社の社長を夫に持つ、垢抜けない“新入り”アナ・パウラの出現が気に入らない。だが、歴史的なメキシコの経済危機が到来し、富裕層を直撃。突如として、ソフィアの完璧な世界は崩壊し始める…。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
カサノバ 最期の恋 字幕 
 dernier amour
●監督:ブノワ・ジャコー(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)●出演:ヴァンサン・ランドン(『ロダン -カミーユと永遠のアトリエ-』)/ステイシー・マーティン(『グッバイ・ゴダール!』)/ヴァレリア・ゴリノ(『エマの瞳』)/ジュリア・ロイ/ナンシー・タテ●2019年/フランス/ベルギー/アメリカ

妖艶な彼女の瞳に酔いしれる

18世紀ロンドン、あまたの情事を重ねた“カサノバ”が心を奪われたのは、若く美しい一人の娼婦だった――18世紀に実在したイタリアの文筆家ジャコモ・カサノバ。数々の浮き名を流した男の、すべてを賭けた恋は甘く蕩ける罠だった。新たな“カサノバ”の人生最後の恋を情感豊かに描いたラブストーリー。

■18世紀のロンドン。快楽とギャンブル好きで有名な遊蕩児のカサノバは、パリからの亡命を余儀なくされていた。新たな土地で、彼は若い娼婦のマリアンヌ・ド・シャルピヨンと出会い、他の女性が目に入らなくなるほど彼女に心酔する。カサノバはあらゆる手段でシャルピヨンを手に入れようとするが、彼女は巧妙にかわしていく。「私が欲しければ私を追わないこと!」とシャルピヨンに挑発され、カサノバはますます彼女に溺れていき――。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
ポップスター 字幕
 vox lux
●監督・脚本:ブラディ・コーベット(『シークレット・オブ・モンスター』)●出演:ナタリー・ポートマン(『プラネタリウム』)/ジュード・ロウ(『アンナ・カレーニナ』)/ラフィー・キャシディ(『聖なる鹿殺し -キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア-』)/ステイシー・マーティン(『グッバイ・ゴダール!』)/ジェニファー・イーリー(『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』)●2018年/アメリカ

炎上も賞賛も、わたしの居場所(ステージ)。

銃乱射事件の生存者として、追悼式で歌を歌ったことをきっかけに新進ポップスターへと上り詰めたセレステだったが、度重なるスキャンダルで失墜。再起をかけたツアーの初日、ある事件が起こる――『ブラック・スワン』ナタリー・ポートマンが魅せる、〈カリスマ〉の壮絶な生き様と圧巻のステージ。“若くして富と名声を手にした”という自身の境遇とも重なるポップスターを、危険なほどアグレッシブかつエモーショナルに振り切って演じる異色の音楽ドラマ。

■ミレニアムを迎えた頃のアメリカ。同級生による銃乱射事件に巻き込まれ、生死の間から蘇った14歳の少女セレステ。皮肉にも姉のエリーと作った犠牲者への追悼曲が異例の大ヒットを記録し、敏腕マネージャーの手で一気にスターダムを駆け上がる。17年後、栄華を極めたセレステだったが、アルコールとスキャンダルにつまずき、活動休止に追いやられる。悪魔に魂を売ってでも、もう一度ステージで輝きたい歌姫は、再起をかけたツアーを企画する。ところがその矢先、セレステの過去を連想させる凄惨な事件が起こり、メディアが騒ぎ始める。フラッシュバックするトラウマにパニックを起こしながらも、セレステはステージへと向かうのだが…。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
ハニーボーイ 字幕 
 honey boy
●監督:アルマ・ハレル●出演:ノア・ジュプ(『クワイエット・プレイス』)/シャイア・ラブーフ(『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』)/ルーカス・ヘッジス(『ある少年の告白』)/FKA ツイッグス●2019年/アメリカ

大人になった今、僕は知った。そこに、愛があったことを――

ハリウッドの人気子役オーティスは、マネージャーを務める父が、突然感情を爆発させる様子に日々振り回されていた。そんな状況の中、周囲の人々との交流を通じて成長していくオーティスだったが――ハリウッドの天才子役が唯一演じられないもの、それは〈現実の自分〉。父とのトラウマに向き合い、光さす新たな世界へと踏み出す人気子役の心の成長を描いたヒューマンドラマ。

■若くしてハリウッドのトップスターに躍り出たオーティスは、撮影に忙殺されるストレスの多い日々の中で、アルコールに溺れるようになっていた。2005年のある夜、泥酔して車を運転し事故を起こしたオーティスは、更生施設へ送られる。そこでPTSDの兆候があると診断され、「まさか」と驚くオーティス。原因を突き止めるために、今までの思い出をノートに書くようにと言われたオーティスは、過去の記憶を辿り始める。真っ先に思い出すのは、父のこと。

10年前の1995年、子役として活躍する12歳のオーティスはいつも突然感情を爆発させる前科者で無職の“ステージパパ“ジェームズに、振り回される日々を送っていた。そんなオーティスを心配してくれる保護観察員、安らぎを与えてくれる隣人の少女、撮影現場の大人たちとの交流の中で成長していくオーティスは、新たな世界へと踏み出すのだが──。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
ポルトガル、夏の終わり 字幕
 frankie
●監督・脚本:アイラ・サックス(『人生は小説よりも奇なり』)●出演:イザベル・ユペール(『ハッピーエンド』)/ブレンダン・グリーソン(『ロンドン、人生はじめます』)/マリサ・トメイ(『Re:LIFE -リライフ-』)/ジェレミー・レニエ(『2重螺旋の恋人』)/パスカル・グレゴリー(『クララ・シューマン 愛の協奏曲』)●2019年/フランス/ポルトガル

■そして、愛がはじまる。

〈この世のエデン〉ポルトガルの世界遺産シントラの町に、「バカンス」と偽り一族とその友人を集めた女優フランキー。ところが目論みに反し、筋書きから大きく外れた〈家族の休暇〉は思いも寄らぬ夕暮れを迎え――死期を悟った名女優と彼女の元へ集まった家族らの間で巻き起こるちょっとした騒動と、人生の悲喜こもごもを描く、感動の人生賛歌。

■女優フランキーは、夏の終わりのバケーションと称し、“この世のエデン”と呼ばれるポルトガルの世界遺産の町シントラに一族と親友を呼び寄せる。自らの死期を悟った彼女は、亡きあとも愛する者たちが問題なく暮らしていけるよう、すべての段取りを整えようとしたのだ。しかし、それぞれに問題を抱えた家族たちの選択は、次第にフランキーの思い描いていた筋書きから大きく外れていき――。











































本編 1時間48分
デジタル
カラー
ブリング・ミー・ホーム 尋ね人
 bring me home
●監督・脚本:キム・スンウ(『素敵な夜、ボクにください』出演)●出演:イ・ヨンエ(『親切なクムジャさん』)/ユ・ジェミョン(『』)/イ・ウォングン(『女教師 -シークレット・レッスン』)/パク・ヘジュン(『毒戦 -BELIEVER-』●2019年/韓国

■その日まで、笑顔は封印した。

姿を消した息子を捜し続けて6年。失意と希望の狭間で彼女が見つけた真実とは――愛する我が子のために、母はどこまで強くなれるのか?現代社会の闇を抉る、衝撃のサスペンス。イ・ヨンエ14年ぶり衝撃のスクリーン復帰作。

■看護師として働くジョンヨンは、夫ミョングクと共に、6年前に失踪した息子ユンスを捜し続けていた。捜索途中に起こった悲劇的な事故の後、憔悴しきった彼女の元に「ユンスに似た子を、郊外の漁村で見た」という情報が寄せられる。しかし、漁村へとやってきたジョンヨンの前に立ちはだかったのは、釣り場を営む怪しげな一家だった。口を閉ざす村の人々、非協力的な地元警察。この村は何かがおかしい…。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
ワイルド・ローズ 字幕 
 wild rose
●監督:トム・ハーパー(『イントゥ・ザ・スカイ -気球で未来を変えたふたり-』)●出演:ジェシー・バックリー(『ジュディ 虹の彼方に』)/ジュリー・ウォルターズ(『リヴァプール、最後の恋』)/ソフィー・オコネドー(『ホテル・ルワンダ』)/ジェイミー・シーヴェス/クレイグ・パーキンソン(『デザート・フラワー』)●2018年/イギリス

私は謳う。私の歌を

夢と家族の狭間でもがくシングルマザー。書き下ろした初のオリジナルソング。ラスト5分、魂のステージが幕を開ける──実在の人物をモデルに、カントリー歌手を目指すシングルマザーが、その卓越した歌唱力で夢に近付いていく様を描くヒューマンドラマ。

■カリスマ的な歌声を持つシングルマザーのローズは、故郷のスコットランドからアメリカに渡り、歌手としての成功を夢みていた。だが刑務所から出たばかりで、幼い2人の子供を抱える彼女にとって夢の舞台はあまりにも遠い場所であった。不器用にしか生きられない彼女は、夢を追い求めるあまり、愛する母親や幼い二人の子供たちを時に傷つけてしまう。夢か家族か、若さと才能を兼ね備え、遂に掴んだチャンスを前に、葛藤する彼女がたどり着いた答えとは…。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー
ジェクシー! スマホを変えただけなのに 字幕 
 jexi
●監督・脚本:ジョン・ルーカス(『21オーバー 最初の二日酔い』)/スコット・ムーア(『21オーバー 最初の二日酔い』)●出演:アダム・ディヴァイン(『ピッチ・パーフェクト』)/アレクサンドラ・シップ(『X-MEN:ダーク・フェニックス』)/マイケル・ペーニャ(『アントマン&ワスプ』)/シャーリン・イー(『パペット・マスター』)/ジャスティン・ハートリー(『デッド・キャニオン』)●2019年/アメリカ

#ジェクシー #恋するスマホ #暴走中 #生活を支配

クレジットカード番号やSNSアカウント、持ち主の個人情報を全て把握し、アプリを操作できて、持ち主が内緒にしたいWEB履歴の事も知っている、スマホの恐怖が襲いかかる――『ハングオーバー!』脚本家コンビ最新作は、持ち主に恋をしてしまうスマホの暴走ストーキング・コメディ。

■子どもの頃からスマホ依存症で、恋人も友だちもいないフィルが、スマホを機種変更した。新しいスマホにはすべての個人情報を把握し、生活すべてをコーチングする機能(ジェクシー)が搭載されていた。全ての個人情報を把握する“彼女”(ジェクシー)のコーチングで人生が変わったフィルだったが、念願の恋人が出来た時、ジェクシーに異変が…。「フィルは私の男!」恋に落ちちゃったジェクシーの暴走が始まり、上司への暴言メール送信、銀行口座から預金の流出、秘密の写真を一斉送信。嫉妬に狂ったジェクシーに壊されていくフィルの人生は…。











































本編 2時間09分
デジタル
カラー
マーティン・エデン 字幕
 martin eden
●監督・脚本:ピエトロ・マルチェッロ●出演:ルカ・マリネッリ(『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』)/ジェシカ・クレッシー/デニーズ・サルディスコ/ヴィンチェンツォ・ネモラート/カルロ・チェッキ(『レッド・バイオリン』)●2019年/イタリア/フランス/ドイツ

絶望の青春

貧しい船乗りのマーティンは上流階級の娘エレナと運命の恋に落ち、作家の夢に向かって漕ぎ出していく――20世紀アメリカ文学の傑作、「野性の呼び声」などで知られるジャック・ロンドンの自伝的小説がイタリアを舞台に蘇ったラブロマンス。

■イタリア・ナポリの労働者地区に生まれた貧しい船乗りの青年マーティンは、上流階級の娘エレナと出会って恋に落ちたことをきっかけに、文学の世界に目覚める。独学で作家を志すようになったマーティンは、夢に向かい一心不乱に文学にのめり込むが、生活は困窮し、エレナの理解も得られることはなかった。それでも、さまざまな障壁と挫折を乗り越え、マーティンは名声と富を手にするまでになるが…。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー
パヴァロッティ 太陽のテノール 字幕
 pavarotti
●監督:ロン・ハワード(『 ラッシュ/プライドと友情』)●出演:ルチアーノ・パヴァロッティ(『3大テノール 夢のコンサート』)●2019年/イギリス/アメリカ

歌と人生で、世界を照らしたひと。

世界最高音響技術で甦る世紀の歌声。3大テノール、3人の最愛の女性、仲間たちが明かす巨匠の素顔とは――貴重な映像と証言から、歌と人生とパスタを愛し、生きることを全力で楽しんだ歌手の素顔に迫る、至福のドキュメンタリー。

■聞けば誰もが虜になる歌声を持つルチアーノ・パヴァロッティ。「ラ・ボエーム」「トスカ」などの絶頂期のパフォーマンスや、「トゥーランドット」の“誰も寝てはならぬ”をはじめとする名曲を3大テノールで競演した伝説のステージ、故ダイアナ妃との交流やボランティアなどの幅広い活動、家族とのプライベートライフなど貴重な映像から伝わるのは、歌唱力より高い人間力。

さらに、新たに撮られた23人のインタビュー映像では、U2のボノがパヴァロッティのアーティストとしての信念を証言し、マネージャーやエージェントがショービジネスの裏側を明かし、前妻、最後の妻、3人の娘たち、そして愛人は欠点が同時に魅力だった素顔を告白、生きることのすべてを全力で愛した男の輝かしい日々が浮き彫りにされる。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
ホドロフスキーのサイコマジック 字幕 
 psychomagie, un art pour guerir
●監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー(『エンドレス・ポエトリー』)●出演:アレハンドロ・ホドロフスキー(『ホドロフスキーのDUNE』)/アルチュール・アッシュ●2019年/フランス

■言葉を超越した癒し 究極の映画体験――

91歳、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の集大成。これまで創り上げてきた作品が、いかに“サイコマジック”であったかを照明する――アートとしてのアプローチから生まれたセラピーとして、監督自ら考案した心理療法“サイコマジック”に迫る異色ドキュメンタリー。

■「サイコマジック」とはホドロフスキーが考案した心理療法である。本作では自身のこれまでの作品での映像表現が、いかに「サイコマジック」という技法によって貫かれているかを解き明かしていく。実際にホドロフスキーのもとに悩み相談に訪れた10組の人々が出演し、「サイコマジック」がどのように実践され、作用しているのかを描く。

ホドロフスキーは、自身をフロイトと対置した上で、「サイコマジック」は科学が基礎とされる精神分析的なセラピーではなく、アートとしてのアプローチから生まれたセラピーであると語る。長年にわたり個人のトラウマに応答する一方、本作後半で社会的な実践「ソーシャル・サイコマジック」を展開する様子は圧巻。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)
 jazzkissa basie
●監督:星野哲也●出演:菅原正二/島地勝彦/厚木繁伸/村上“ポンタ”秀一/坂田明(『埋もれ木』)●2019年/日本

その男は、レコードを演奏する。

「ジャズというジャンルはない。ジャズな人がいるだけだ」――岩手県一関市、世界中から客が集うジャズ喫茶「ベイシー」。開店以来使い続けるJBLのオーディオシステムに日々調整を重ねてきたことで生み出される音は、聴く者に、演奏者がその場に現れたかのような錯覚を起こさせる。マスター・菅原正二が50年にわたってこだわり抜いた唯一無二の音と、“ジャズな生き様”を炙り出すドキュメンタリー。

■本作は菅原正二のインタビューを中心に、渡辺貞夫、坂田明、村上“ポンタ”秀一、ペーター・ブロッツマンなど世界的なジャズ・ミュージシャンによるベイシーでの生演奏や、阿部薫、エルヴィン・ジョーンズの貴重な生前のライブ映像、さらに小澤征爾、島地勝彦、鈴木京香といった各界著名人のインタビューを収録。菅原自身からは、音への妥協なき追求やアナログレコードへの想い、店名の由来にもなったカウント・ベイシーとの交友録などが語られる。

5年にわたりのべ150時間もの映像を撮り続けたのは、本作が初監督となる星野哲也。バーのオーナーであり、クリエイターでもある。親交の深い彼だからこそ捉えられる菅原正二の素顔が収められている。 菅原正二の考える「ジャズ」、そして「ジャズな人」とは? ジャズファンはもちろん、ジャズを知らずとも、菅原正二自身の魅力を通して、ジャズ・オーディオの世界に引き込まれていく。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
お名前はアドルフ? 字幕
 der vorname
●監督:ゼーンケ・ヴォルトマン(『ベルンの奇蹟』)●出演:クリストフ・マリア・ヘルプスト(『帰ってきたヒトラー』)/フロリアン・ダーヴィト・フィッツ(『はじめてのおもてなし』)/カロリーネ・ペータース/ユストゥス・フォン・ドホナニー(『コッホ先生と僕らの革命』)/ヤニーナ・ウーゼ●2018年/ドイツ

今夜は、“真実”を召し上がれ

“アドルフ”は、元々ドイツでは人気のある伝統的な名前で、現在もその名をつけることが法律で禁止されているわけではないが、アドルフ・ヒトラーの登場により戦後生まれの男の子にはほぼ皆無となった。その“アドルフ”を子供に名づけてよいのかどうか?――“アドルフ“という名が起こす騒動を題材にした舞台『名前』を、ついにドイツでも映画化。90分間リアルタイムでハラハラドキドキ。素敵なディナーで繰り広げる、名づけを巡る家族のバトル。歴史とカルチャーで頭脳を刺激し、家族と現代社会を揺さぶる知的エンタテインメント。

■それは愉快な夜になるはずだった。哲学者で文学教授のステファンと妻エリザベスは、弟トーマスと恋人、幼馴染の友人で音楽家のレネを招いて自宅でディナーをすることになっていた。しかし、出産間近の恋人を持つトーマスが、生まれてくる子供の名前を“アドルフ”にすると発表したことから自体は意外な展開に。「アドルフ・ヒトラーと同じ名前を子供につけるのか?気は確かか!?」友人のレネも巻き込んだ大論争の末、家族にまつわる最大の秘密まで暴かれる。名前の話はドイツの歴史やナチスの罪に発展し、ヒートアップした夜はどこまで続く…。











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
サンダーロード 字幕 
 thunder road
●監督・脚本:ジム・カミングス(『くまのプーさん』声の出演)●出演:ジム・カミングス(『プーと大人になった僕』声の出演)/ケンダル・ファー/ニカン・ロビンソン/ジョセリン・デボアー/チェルシー・エドマンドソン●2018年/アメリカ

踊っても、踊っても、切ない。

妻と別居中。仕事も失敗続き。挙句の果てに娘の親権まで――サンダンス映画祭が熱狂したワンカット12分の短編グランプリ受賞作から奇跡の長編が誕生。母の葬儀で踊り出した不器用で憎めない男の、可笑しくも心温まる“涙のサンダーロード”ムービー。

■愛する母の葬儀で悲しみに暮れるテキサス州の警察官ジムは、娘のピンクのラジカセで、母が敬愛したブルース・スプリングスティーンの「涙のサンダー・ロード」を流そうとするが…。妻とは別居中、仕事も空回り、トラブルばかりの日常の中で、ジムは親権争いの渦中にいる幼い娘クリスタルとの距離感に苦しみながらも、親子の関係を築いていく――。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
チア・アップ! 字幕
 poms
●監督:ザラ・ヘイズ●出演:ダイアン・キートン(『ロンドン、人生はじめます』)/ジャッキー・ウィーバー(『アニマル・キングダム』)/パム・グリア(『ジャッキー・ブラウン』)/セリア・ウェストン(『デッドマン・ウォーキング』)/リー・パールマン(『ドタキャン・パパ』)●2019年/アメリカ

今、わたし史上最高のとき

平均年齢72歳のチアリーディング・チームが起こした最高のキセキとは――最高の仲間と共に夢に向かってチャレンジする姿が、観る者の心を熱くし、夢、希望、そして元気を与えてくれる! 人生で最高の“今”を生きるためのヒントが詰まった、笑いと涙のハートフル・エンターテインメント。

■余生をゆっくりと過ごすためシニアタウンに引っ越してきたマーサ。しかし、お節介焼きの隣人シェリルに、「昔、チアリーダーになりたかったの」とこぼしたところ、「夢を叶えるのは今からでも遅くない」と焚き付けられ、チアリーディング・クラブを結成することに―。オーディションに集まったのはチア未経験どころか、腕も足も上がらない8人。まわりには絶対できっこないと笑われ、バカにされながらも、お互いを励まし合いながら練習に打ち込みチアリーディング大会に出場を決めるが…。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
アンティークの祝祭 字幕
 la deriere forie de claire darling
●監督・脚本:ジュリー・ベルトゥチェリ(『パパの木』)●出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(『真実』)/キアラ・マストロヤンニ(『今宵、212号室で』)/アリス・タグリオーニ(『ナイト・オブ・ザ・スカイ』)/ロール・カラミー(『パパは奮闘中!』)/サミール・ゲスミ(『オーケストラ・クラス』)●2019年/フランス

「今日が私の最期の日」 “思い出”売ります

ある朝、死を確信したクレールは、からくり人形、仕掛け時計、肖像画など数々のコレクションを処分することに。彼女と半生を共にしてきた骨董品たちが蘇らせるのは、その波瀾万丈な人生の記録――大女優カトリーヌ・ドヌーヴがキアラ・マストロヤンニとの実母娘共演で魅せる最新主演作は、〝モノ″に宿る人の思いと記憶をたどりながら、人生の哀楽を鮮やかに見届ける感動の人間ドラマ。

■夏のある朝、クレールの決意は突然だった――。70年以上におよぶ長い人生。ここのところ意識や記憶がおぼろげになることが増えてきた。「今日が私の最期の日」と確信した彼女は、長年かけて集めてきたからくり人形、仕掛け時計、肖像画など数々のコレクションをガレージセールで処分することにする。見事な品々の大安売りに、庭先はすぐにお客と見物人で賑わいはじめた。

大きな家財から小さな雑貨まで家中を彩り続けたアンティークたちは、いつもクレールの人生と共にあった。それは、彼女の劇的な生きざまの断片であり、切なく悲劇的な記憶を鮮明に蘇らせるものでもあった。一方、疎遠になっていた娘マリーは、母のこの奇妙な行動を友人のマルティーヌ(ロール・カラミー)から聞きつけ、20年ぶりに帰ってくるが――。











































本編 1時間36分
デジタル
カラー
アドリフト 41日間の漂流 字幕
 adrift
●監督:バルタザール・コルマウクル(『エベレスト 3D』)●出演:シャイリーン・ウッドリー(『ダイバージェント』)/サム・クラフリン(『ヘル・フロント -地獄の最前線-』)●2018年/イギリス/アメリカ

実話。

婚約したばかりのタミーとリチャードは、ヨットに乗り込みタヒチからサンディエゴへと旅に出た。ところが出発から2週間後、記録的なハリケーンに遭遇し巨大津波に飲み込まれてしまう。船室にいたタミーはしばらくして目を覚ますが、ヨットは操縦不能で無線も繋がらない。大怪我を負い波に漂うリチャードを助け出し、極限状態の中、セーリングの知識を総動員し陸を目指すが――壮絶な実話を基にした迫真のサバイバル・ドラマ。

■1983年10月、婚約したばかりのタミーとリチャードは、贅沢なヨットに乗り込み太平洋へ漕ぎ出した。セーリングの経験豊富なリチャードが、知人からヨットの回航を依頼されたのだ。タヒチの港から目指すは6,400キロ先のサンディエゴ。1か月の長旅になるが、無事たどり着ければ、その謝礼で1年は働かず世界の海を回って暮らせる。海と自由を愛するふたりは、危険な仕事であることを承知しつつも未来に胸躍らせ出航したのだった。

ところが出発から2週間後、カテゴリー4の記録的ハリケーンに遭遇。最悪の事態を避けるため手を尽くすが、ついに巨大津波に飲み込まれてしまう――。しばらくして、タミーは腰ほどまで海水が入り込んだ船室でひとり目を覚ました。甲板に出ると、マストは折れ、船体にも穴が開き壊滅状態。無線機は故障し繋がらない。何より、舵を握っていたはずの婚約者がどこにもいない…絶望するタミーの目に、海に投げ出され波に漂うリチャードの姿が飛び込んでくる。なんとか救助し一命はとりとめたものの、彼は重傷を負っていた。

太平洋の真ん中で、大破したヨットの上に瀕死の婚約者とふたりきり。かき集めた食糧も水もこのままでは数日しか持たない。タミーは自らを奮い立たせ、セーリングの知識を総動員して3200キロ先の陸を目指すが――。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
タイムリミット 見知らぬ影 字幕
 steig. nicht. aus!
●監督・脚本:クリスティアン・アルヴァルト(『カット/オフ』)●出演:ヴォータン・ヴィルケ・メーリング(『ピエロがお前を嘲笑う』)/ノラ・ウエッツ/ジャスミナ・アル・ジハイリ/クリスティアーネ・パウル(『太陽に恋して』)/ファーリ・ヤルディム(『千年医師物語 -ペルシアの彼方へ-』)●2018年/ドイツ

イヤホンの声から生還のカギを探し出せ

ある朝、子どもたちを学校に送り届ける途中のカールは、正体不明の男から車に爆弾を仕掛けたと脅迫電話を受ける。さらに、警察に誤解されたカールは、警官隊に包囲されてしまう――爆弾事件に巻き込まれた男の壮絶な運命とは。極限の緊張度100%。一瞬足りとも目が離せない、予測不能のクライム・サスペンス。

■ベルリンの不動産会社で大規模な建築プロジェクトを手がけているカールの人生は、ある日突然一変した。月曜日の朝、娘ヨゼフィーネと息子マリウスを車の後部座席に乗せ、学校に送り届けようとしている最中、正体不明の男からの脅迫電話を受けたのだ。その脅迫者はカールらが座席を離れると爆発する特殊な爆弾を車に仕掛け、巨額のカネを支払うよう要求してくる。

同じ犯人に脅迫された上司とその妻が無残に爆死させられるのを目の当たりにしたカールはやむなく理不尽な要求に従おうとするが、爆発の際に破片を浴びたマリウスが重傷を負った揚げ句、広場で警官隊に包囲されてしまう。しかも捜査の指揮を執るドラッヘ警部は、不仲の妻への復讐に走ったカールが子供たちを人質にとり。破れかぶれの行動に走ったと断定していた。やがて爆弾処理班が到着し、現場周辺に狙撃部隊も配置されるなか、もはや八方塞がりのカールの前に、大胆にも脅迫者が姿を表すのだった…。











































本編 1時間48分
デジタル
カラー
エジソンズ・ゲーム 字幕
 the current war
●監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン●出演:ベネディクト・カンバーバッチ(『ドクター・ストレンジ』)/マイケル・シャノン(『ホース・ソルジャー』)/トム・ホランド(『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)/ニコラス・ホルト(『ライ麦畑の反逆児 -ひとりぼっちのサリンジャー-』)/キャサリン・ウォーターストン(『エイリアン:コヴェナント』)●2019年/アメリカ

未来を照らすのは、誰だ。

〈頭脳で世界のトップに立つ世紀の発明王〉トーマス・エジソンと、〈戦略で支配を広げるカリスマ実業家〉ウェスティングハウスが繰り広げる〈電流戦争〉。莫大な金が動く特許の争奪戦に、名誉をかけた裁判。その影で横行するスキャンダラスなネガティブキャンペーンと裏取引──天才発明家vsカリスマ実業家。勝つためならルールは無用、究極のビジネスバトル。アメリカ初の電力送電システムを巡る実話に基づく、スリリングな実録ドラマ。

■19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。白熱電球の事業化を成功させたトーマス・エジソンは天才発明家と崇められ、大統領からの仕事も平気で断る傲慢な男だった。裕福な実業家ジョージ・ウェスティングハウスは、大量の発電機が必要なエジソンの"直流"による送電方式より、遠くまで電気を送れて安価である"交流"による送電方式の方が優れていると考えていた。若手発明家のテスラも、効率的な"交流"の活用を提案するが、エジソンに一蹴されてしまう。

そんな中、ウェスティングハウスは"交流"での実演会を成功させ、話題をさらう。そのニュースにエジソンは激怒、"交流"による送電方式は危険で人を殺すと、ネガティブキャンペーンで世論を誘導していく…。こうして世紀の"電流戦争"が幕を開けた。訴訟や駆け引き、裏工作が横行する中、ウェスティングハウスはエジソンと決裂したテスラに近づく──果たしてこのビジネスバトルを制するのはどちらか──。











































本編 1時間33分
デジタル
カラー
行き止まりの世界に生まれて 字幕
 minding the gap
●監督:ビン・リュー●出演:キアー・ジョンソン/ザック・マリガン/ビン・リュー●第91回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞&第71回エミー賞 ダブルノミネート●2018年/アメリカ

傷だらけのぼくらが見つけた明日――

ラストベルト(錆びついた工業地帯)――アメリカの繁栄から見放された土地。閉塞感ある故郷を抜け出そうと必死にもがく若者3人を追った12年間――オバマ前大統領が「今年の映画ベスト10」に選んだエモーショナルな傑作ドキュメンタリー。

■「アメリカで最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードに暮らすキアー、ザック、ビンの3人は、幼い頃から、貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードにのめり込んでいた。スケート仲間は彼らにとって唯一の居場所、もう一つの家族だった。いつも一緒だった彼らも、大人になるにつれ、少しずつ道を違えていく。ようやく見つけた低賃金の仕事を始めたキアー、父親になったザック、そして映画監督になったビン。ビンのカメラは、明るく見える3人の悲惨な過去や葛藤、思わぬ一面を露わにしていく











































本編 2時間05分
デジタル
カラー
タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング 字幕 
 touch me not
●監督・脚本:アディナ・ピンティリエ●出演:ローラ・ベンソン(『お家に帰りたい』)/トーマス・レマルキス(『ペインレス』)/クリスチャン・バイエルライン/グリット・ウーレマン/アディナ・ピンティリエ●第68回ベルリン国際映画祭 金熊賞(最高賞)/最優秀新人作品賞 W受賞●2018年/ルーマニア/ドイツ/チェコ/ブルガリア/フランス

教えて。あなたが、どう人に愛されてきたのかを。

“マイノリティ”と呼ばれる彼らが教えてくれた、ありのままの自分――欧州で実在する障がい者やトランスジェンダーなど、“マイノリティ”と呼ばれる人たちの“性”生活。〈現実〉と〈虚構〉を入り交じらせながら、彼らの自由な生き方が赤裸々に描いた、新体験の“カウンセリング・ムービー”。

■ローラは、寝たきりの父親の介護で通院する日々を送っているが、彼女自身も人に触れられることに拒否反応をおこす精神的な障がいを抱えていた。ある日、ローラは病院で患者同士がカウンセリングする不思議な療養を目撃する。病により全身の毛がないトーマス、自由に四肢を動かせない車椅子のクリスチャンなど様々な症状を抱える人たちが、互いの身体に触れ合うことで自分を見つめていく。ローラは彼らを興味深く観察する中で、自分と同じような孤独感を持つトーマスに惹かれる。街でトーマスに導かれるように秘密のナイトクラブへ入ったローラは、そこで欲望のままに癒し合う群衆を目の当たりにするのだった――。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
ペイン・アンド・グローリー 字幕 
 dolor y gloria
●監督:ペドロ・アルモドバル(『オール・アバウト・マイ・マザー』)●出演:アントニオ・バンデラス(『レジェンド・オブ・ゾロ』)/アシエル・エチェアンディア/レオナルド・スバラーリャ(『10億分の1の男』)/ノラ・ナバス(『ブラック・ブレッド』)/フリエタ・セラーノ(『神経衰弱ぎりぎりの女たち』)●第72回カンヌ国際映画祭 主演男優賞受賞(アントニオ・バンデラス)●2019年/スペイン

それは、人生のはじまり

心も体も疲れ果てたかつての世界的映画監督サルバドール。32年前に撮った作品の上映依頼が届いたことで、現実と回想を行き来しながら過去の痛みとの再会を経て、もう一度生きる力を呼び覚まそうとするのだが――スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督、初の自伝的な人生賛歌。アルモドバル版『ニュー・シネマ・パラダイス』の誕生。

■脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドールは、心身ともに疲れ、引退同然の生活を余儀なくされていた。そんななか、昔の自分をよく回想するようになる。子供時代と母親、その頃移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局。その痛みは今も消えることなく残っていた。そんなとき32年前に撮った作品の上映依頼が届く。思わぬ再会が心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。そして記憶のたどり着いた先には…。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
れいこいるか
 reikoiruka
●監督:いまおかしんじ(『つぐない -新宿ゴールデン街の女-』)●出演:武田暁/河屋秀俊(『カゾクデッサン』)/豊田博臣(『TOKYO24』)/美村多栄/時光陸(『食べられる男』)●2019年/日本

■いつかまた、会える

阪神・淡路大震災、あれから25年。春夏秋冬、めぐる時間のなかで、二人は生きていく――震災での娘の死を機に関係が悪化し、離婚した夫婦の絆の回復を、長田や三宮など神戸の街並みを舞台に描きだすヒューマンドラマ。

■1995年、神戸。伊智子と太助は、阪神淡路大震災により一人娘のれいこを亡くす。その後二人は離婚し、それぞれの生活を始める。淡々とした日常の中、伊智子と太助は、徐々にれいこの死を受け入れていく。2018年、久しぶりに再会した二人は、れいことの思い出の水族園へ行き、イルカショーを見るのだった…。











































本編 2時間03分
デジタル
カラー
コリーニ事件 字幕
 der fall collini
●監督:マルコ・クロイツパイントナー(『みえない雲』脚本)●出演:エリアス・ムバレク(『ピエロがお前を嘲笑う』)/アレクサンドラ・マリア・ララ(『ヒトラー/最期の12日間』)/ハイナー・ラウターバッハ(『はじめてのおもてなし』)/フランコ・ネロ(『続・荒野の用心棒』)/ピア・シュトゥッツェンシュタイン●2019年/ドイツ

正義に挑む

殺人事件の国選弁護人になった新米弁護士。だが被害者は少年時代の恩人だった――世紀の裁判で明かされた戦後ドイツの〈不都合な真実〉とは?現役弁護士としても活躍するドイツ人作家シーラッハが原作で描いた驚くべき法律の落とし穴が2012年にドイツ法務省を動かしたという逸話もあるリーガル・サスペンス。まさに“国家”を揺るがした世界的ベストセラー待望の映画化。

■新米弁護士ライネンは、ある殺人事件の国選弁護人に任命される。だが被害者は少年時代からの恩人だった。動機について一切口を閉ざす被告人だったが、事件を調べるうちにドイツ史上最大の司法スキャンダルへと発展。ドイツ国民誰もが知りたくなかった真実に向き合うことになる――。











































本編 2時間07分
デジタル
カラー
罪と女王 字幕 
 doronningen
●監督・脚本:メイ・エル・トーキー●出演:トリーヌ・ディルホム(『ワールドエンド・サーガ 世界感染』)/グスタフ・リン/マグヌス・クレッペル(『リンドグレーン』)/スティーヌ・ジルデンケルニ/プレーベン・クレステンセン●デンマーク・アカデミー賞(ロバート賞) 作品賞ほか主要9部門受賞●2019年/デンマーク=スウェーデン

■女は、守るために、残酷になる――

仕事、家庭、全て完璧な女性が犯した、義理の息子への禁断の誘惑。大人の欲望の犠牲となり、狡猾な裏切りに絶望した少年の心は――大人の欲望の犠牲となった少年の関係に鋭く切り込み、人間の暗部を描き出す衝撃の北欧サスペンス。

■児童保護を専門とする優秀な弁護士のアンネは、優しい医者の夫と幼い双子の娘たちと美しい邸宅で完璧な家庭を築いていたが、夫と前妻との息子である17歳の少年グスタフが問題を起こし退学になったため、スウェーデンからデンマークに引き取ることに。

グスタフは衝動的な暴力性があり家族に馴染もうとしなかったが、そんな子供達と仕事で常に接しているアンネは根気よく彼を家族として迎え正しい方向へ導こうと努める。しかし、グスタフと少しずつ距離を縮めていくうちに、親密さが行き過ぎてしまい、アンネはグスタフと性的関係を持ってしまう。そして、そのことが大切な家庭とキャリアを脅かし始めた時、アンネは残酷な選択をする











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
のぼる小寺さん
 noboru kotera san
●監督:古厩智之(『武士道シックスティーン』)●出演:工藤遥(『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』)/伊藤健太郎(『惡の華』)/鈴木仁(『4月の君、スピカ。』)/吉川愛(『転がるビー玉』)/小野花梨(『無限ファンデーション』)●2019年/日本

夢はクライマー。球技はちょっと苦手。ラーメン好き。

クライミング部に所属している小寺さんは、大好きなボルダリングに一直線。何事にも一生懸命だけど、球技は苦手で、鉛筆はナイフで削ってる――永遠のようで瞬く間に過ぎゆく高校生活の中で誰もが経験した、もどかしくも懐かしい感情。かつての想いを呼び起こし、見る者と見られる者、それぞれの背中をそっと押す、青春応援ムービー。

■彼女がなぜのぼるのか、僕には“まだ”わからない。教室。ひとりぼっちの近藤は、暇つぶしに携帯をいじっている。体育館。卓球部の近藤が隣をみると、小寺さんが上を目指している。近藤は小寺さんから目を離せなかった。放課後。教室に小寺さん、近藤、四条、ありかが残される。「進路調査票、白紙なのお前らだけだぞ」担任の国領が紙を広げる。不登校気味の梨乃が遅れてやってくる。「お前、めちゃくちゃ遅いよ!」あきれる国領。

クライミング部の隣で練習する卓球部の近藤、クライミング部の四条、ネイルが趣味で不登校気味の梨乃、密かに小寺さんを写真に収めるありか。小寺さんに出会った彼らの日常が、少しずつ変わりはじめる――。











































本編 2時間05分
デジタル
カラー
バルーン 奇蹟の脱出飛行 字幕
 balloon
●監督・脚本:ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ(『ドリームシップ エピソード1/2』)●出演:フリードリヒ・ミュッケ(『ルートヴィヒ』)/カロリーヌ・シュッヘ/デヴィッド・クロス(『愛を読むひと』)/アリシア・フォン・リットベルク/トーマス・クレッチマン(『タクシー運転手 -約束は海を越えて-』)●2018年/ドイツ

空に壁はつくれない

分断されていた東西ドイツ冷戦下、東ドイツの電気技師ペーターとその家族は、手作りの熱気球で西ドイツを目指すが失敗。だが、ペーターは親友ギュンターの家族も巻き込み、再び気球による脱出作戦を決意す――1979年、手作りの熱気球で東ドイツ脱出を目指した家族の勇気を描く奇跡の実話サスペンス。

■1979年、東ドイツ・テューリンゲン州の電気技師ペーターとその家族は、手作りの熱気球で西ドイツを目指すが、国境までわずか数百メートルの地点に不時着。東ドイツでの抑圧された日常を逃れ、自由な未来を夢見ていたペーターだったが、無念の結果に終わる。準備に2年を費やした計画の失敗に、ペーターは落胆の色を隠せないでいた。

そんななか、妻とふたりの息子に背中を押されたペーターは、親友ギュンターの家族も巻き込み、再び気球による脱出作戦を決意。だが、ギュンターが兵役を控えているため、作戦のリミットはわずか6週間。ふたつの家族は一丸となって不眠不休の気球作りに没頭するが、国家の威信を懸けて捜査する秘密警察の包囲網が彼らに迫ってくる…。











































本編 1時間26分
デジタル
カラー
シリアにて 字幕
 in syria
●監督・脚本:フィリップ・ヴァン・レウ●出演:ヒアム・アッバス(『ガザの美容室』)/ディアマンド・アブ・アブード/ジョリエット・ナウィス/モーセン・アッバス/モスタファ・アルカール●第67回ベルリン映画祭 パノラマ部門 観客賞受賞●2017年/ベルギー/フランス/レバノン

カーテン一枚、窓の外は死の世界。でも、生きる希望は決して捨てない――

戦地シリアの今。死と隣り合わせの日常。マンションの一室に身を寄せる家族とその隣人――数々の映画祭を席巻し18冠を獲得した、今こそ世界に伝えたい、終わらない悲劇の物語。戦闘状態が続くシリア市街地に建つアパートを舞台に、泥沼化する戦地の今を、ある女性の視点で描いた、家族を守るための、終わりのない24時間の密室劇。

■シリアの首都ダマスカス。未だ内戦の終息は見えず、アサド政権と反体制派、そしてISの対立が続いていたが、ロシアの軍事介入により、アサド政権が力を回復しつつある。そんな中、戦地に赴いた夫の留守を預かるオームは、家族と共にアパートの一室にこもり、そこに身を寄せた隣人で、幼子を持つハリマ夫婦とともに、何とか生活を続けていた。

ある日、ハリマの夫がレバノンへの脱出ルートを見つけ、今夜こそ逃げようとハリマに計画を話していた。脱出する手続きをするために、夫はアパートを出て行くが、外に出た途端、スナイパーに撃たれ、駐車場の端で倒れてしまう…。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
グランド・ジャーニー 字幕
 donne mo ides ailes
●監督:ニコラ・ヴァニエ(『ベル&セバスチャン』)●出演:ジャン=ポール・ルーヴ(『セラヴィ!』)/メラニー・ドゥーテ(『リベンジ・アイランド』)/ルイ・バスケス/フレデリック・ソレル/リル・フォッリ●2019年/フランス/ノルウェー

君たちの翼は、決して奪わせない

ノルウェーからフランスへ。人間のもとで生まれた雁たちを連れて、父と息子は“渡り”に出た――人間がともに空を飛び「渡り鳥に“渡り”を教える」という驚くべき実話に基づき描かれた父子の冒険を、他に類をみない映像美で映し出した感動ドラマ。

■クリスチャンは一風変わった気象学者で、フランス・カマルグで雁の研究をしている。超軽量飛行機を使い、渡り鳥に安全な飛行ルートを教えるという、誰もが無茶だと呆れるプロジェクトに夢中だ。そんな変わり者の父親と大自然の中で過ごすバカンスなど、オンラインゲームに夢中な思春期の息子・トマにとっては悪夢でしかない。

湿地に囲まれたWi-Fiもつながらない田舎で暇を持て余したトマは、ある出来事をきっかけにその無謀なプロジェクトに協力することに。こうして父子と渡り鳥たちの驚くべき冒険がはじまった――。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
パピチャ 未来へのランウェイ 字幕
 papicha
●監督:ムニア・メドゥール●出演:リナ・クードリ/シリン・ブティラ/アミラ・イルダ・ドゥアウダ/ザーラ・ドゥモンディ●第72回カンヌ国際映画祭 ある視点部門 正式出品●2019年/フランス/アルジェリア/ベルギー/カタール

わたしらしく、闘う。

ファッションデザイナーを夢見る少女と友人たち。かけがえのない青春は、ある日突然打ち砕かれた――アルジェリア“暗黒の10年”を背景に、内戦下で起きたイスラム原理主義による女性弾圧の実態を描いた人間ドラマ。

■1990年代のアルジェリア。ファッションデザインに夢中な大学生のネジュマは、いつかデザイナーになることを夢見ていた。しかし、イスラム原理主義勢力の台頭で首都アルジェの状況は一変。町ではテロが頻発し、女性はヒジャブの着用を強制されるようになる。そんな現実に抗うネジュマは、ある悲劇的な出来事をきっかけに、自分たちの自由と未来をつかみ取るため、命がけともいえるファッションショーの開催を決意する――。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
長沙里(チャンサリ)9.15 字幕
 battle of jangsari
●監督:クァク・キョンテク(『友へ チング』)/キム・テフン(『慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ』出演)●出演:キム・ミョンミン(『エンドレス 繰り返される悪夢』)/ミンホ(『ときめきプリンセス婚活記』)/キム・ソンチョル/キム・イングォン(『ムルゲ 王朝の怪物』)/ジョージ・イーズ(『沈黙のSHINGEKI/進撃』)●2019年/韓国

その日、愛する者の為に命を賭した名もなき英雄たちがいた――。

朝鮮戦争で伝説の作戦とも言われたクロマイト作戦(仁川上陸作戦)の裏側で、事実上捨て駒となった学生兵たちとその指揮官の壮絶な死闘――歴史の闇に埋もれた名もなき英雄たちの実話を基に、ド迫力のアクションとエモーショナルなストーリーで描くミリタリーアクション大作。

■北朝鮮の猛攻を受け敗走を続けた韓国軍は、戦況を打開するためマッカーサー将軍の指揮下で大規模な上陸作戦を計画していた。それが後に伝説とも言われるクロマイト作戦(仁川上陸作戦)である。奇襲上陸をなんとしても成功させるべく、軍上層部は無謀とも言える陽動作戦を発動する。

「長沙里(チャンサリ)に上陸せよ」と命じられたイ・ミョンジュン大尉らが率いるのは、訓練期間わずか2週間、平均年齢17歳の772人の学生兵たち。使い古された武器とわずかな弾薬、そして最小限の食料だけを支給された彼らはまさに「捨て駒」だった。それでも祖国のため、愛する者たちを守るため、土砂降りのごとく降り注ぐ銃弾を受けながら、部隊は決死の上陸を試みる――。











































本編 1時間36分
デジタル
カラー
未成年 字幕
 another child
●監督・脚本:キム・ユンソク●出演:ヨム・ジョンア(『明日へ』)/キム・ソジン(『テロ,ライブ』)/キム・ヘジュン/パク・セジン(『うつせみ〈2004年〉』)/キム・ユンソク(『海にかかる霧』)●2019年/韓国

オトナはわかってくれない コドモはわかりたくない

父が同級生ユナの母と不倫していることを知ったジュリは、ユナと口論。ユナは母がジュリの父の子を妊娠していることを明かしてしまう――『1987、ある闘いの真実』などに出演してきた名優キム・ユンソク長編初監督は、切なくも優しい少女たちの成長を大胆かつ繊細に描いたヒューマンドラマ。

■父が不倫していることを知った女子高生のジュリ。その相手は、問題児として知られる同級生ユナの母ミヒだという。ジュリはユナに母親の不倫を止めるよう忠告するが、激しい口論の末ユナは母がジュリの父の子を妊娠していることを告げ、ジュリの母にまでその事実を暴露してしまう。

思いもかけない告白に戸惑い、また現実から目を背けようとする両親の姿に傷つくジュリ。一方のユナも、娘を顧みず不倫の恋にのめり込んでゆく母の姿を見て深い孤独を感じていた。そんな最中、2つの家族を決定的に揺るがす、ある事件が起こる…。











































本編 1時間57分
デジタル
カラー
シークレット・ジョブ 字幕
 secret zoo
●監督・脚本:ソン・ジェゴン(『甘く、殺伐とした恋人』)●出演:アン・ジェホン(『操作された都市』)/カン・ソラ(『サニー 永遠の仲間たち』)/パク・ヨンギュ(『アタック・ザ・ガス・ステーション!』)/キム・ソンオ(『無双の鉄拳』)/チョン・ヨビン●2020年/韓国

廃業寸前の動物園を救う、奇想天外な極秘任務!

外見は動物(着ぐるみ)⇔中身は人間(従業員)!?一人二役の偽装勤務(シークレット・ジョブ)が今、始まる――『エクストリーム・ジョブ』制作チーム最新作は、前作のチキン店を舞台にした偽装捜査劇から一転、舞台を動物園に移し、経営立て直しのため動物に扮装する従業員の偽装勤務が巻き起こす騒動を描いたコメディドラマ。

■有名法律事務所の見習い弁護士テスに訪れた一世一代のチャンス。それは、廃業寸前の動物園‟ドンサンパーク”の経営をわずか3ヶ月で立て直すことだった。客はおろか動物すらほとんど残っていない動物園を救うため、新園長に赴任したテスの崖っぷちの打開策はスタッフたちが動物に扮装して勤務するという奇想天外なものだった。

ホッキョクグマ、ライオン、キリン、ゴリラ、ナマケモノの着ぐるみに身を包み偽装勤務を始めたドンサンパークの5人組。黙っているのは基本で、首や肩こりに悩まされながらの奮闘が続く中、のどが渇いたテスはホッキョクグマに扮装していることを忘れて観客の前でコーラを飲んでしまう…。











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
In the Life of Music 音楽とともに生きて 字幕
 in the life of music
●監督:ケイリー・ソー/ヴィサル・ソック●出演:ヴァンダリス・ペム/スレイナン・チア/ソウナ・カニカ/ローザ・ラス/アルン・チョルン=ポンド●2018年/アメリカ/カンボジア

激動の時代、人々の心に希望を灯した名曲。歌い継がれた《魂》はやがて3つの時代を一つにつないでいく――

カンボジア系アメリカ人のホープは、祖国カンボジアを訪れ、家族の歴史と向き合うことになる――カンボジアのある家族の歴史を3つのパートで紐解いていくヒストリードラマ。“クメール音楽の帝王”と称されたカンボジアの大歌手シン・シーサモット。彼の代表曲「Flowers of Battambang(バッタンバンに咲くプルメリア)」をはじめ、カンボジアの人々の心の支えとなった名曲の数々が彩る。

■カンボジア系アメリカ人のホープは、祖国カンボジアを訪れて家族の歴史と向き合うことになる。彼女とその母を中心に据えて、クメール・ルージュが支配する前の牧歌的な時代、その後にやってきた暗黒時代、そして21世紀の3つのパートが語られていく。異なる時代を1曲の歌がつないでいた――。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
ライド・ライク・ア・ガール 字幕
 ride like a girl
●監督:レイチェル・グリフィス(『AMY/エイミー』出演)●出演:テリーサ・パーマー(『ハクソー・リッジ』)/サム・ニール(『ジュラシック・パーク』)/サリバン・ステイプルトン(『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』)/マグダ・ズバンスキー(『ベイブ・都会へ行く』)/アーロン・グレナン(『ドリフト』)●2019年/オーストラリア

あきらめない、その気持ちが人生を変える。

オーストラリア競馬最高の栄誉・メルボルンカップ。強豪が集う3200メートルの難関に挑むのは女性騎手ミシェル・ペイン――前人未到の栄冠を手にした女性騎手の努力と挫折を重ねた半生を描く奇跡の実話。

■10人兄弟の末娘としてこの世に生を受けたミシェル・ペイン。生後半年の頃に交通事故で母を亡くすが、父や多くの兄弟に囲まれ健やかに成長する。ペイン家は調教師の父をはじめ兄弟のほとんどが騎手という競馬一家。ミシェルも思春期にあたる頃には騎手になることを強く願うようになる。

やがて華々しいデビューを飾るミシェルだが、落馬によって騎手生命を左右するような大怪我に見舞われてしまう…。女性騎手では勝てないとされてきた競馬界の“聖杯”にミシェルは亡き母と家族の想いを胸に挑む――。











































本編 1時間57分
デジタル
カラー
マイ・バッハ 不屈のピアニスト 字幕 
 joao, o maestro
●監督・脚本:マウロ・リマ●出演:アレクサンドロ・ネロ/ダヴィ・カンポロンゴ/アリーン・モラエス/フェルナンダ・ノーブル/ロドリゴ・パンドルフ●2017年/ブラジル

その手を動かすのは天使か悪魔か――

バッハに愛されたピアニストが失った両手――リオパラリンピックの開会式で国歌を演奏し話題になったピアニスト、ジョアン・カルロス・マルティンス。“20世紀最高のバッハの演奏家”と称され、事故によるハンディキャップを抱えながら、不屈の精神で困難に立ち向かった彼の半生を描いた実話ドラマ。

■幼い頃からピアノが得意だったジョアンは、瞬く間にとその才能を伸ばし20歳でクラシック音楽の殿堂として知られるカーネギーホールでの演奏デビューを飾り“20世紀最も偉大なバッハの奏者”として世界的に活躍するまでになる。

一流の演奏家として世界を飛び回っていたジョアンだったが不慮の事故により右手の3本の指に障害を抱えてしまう。ピアニストとして生命線である指が動かせなくなった彼は不屈の闘志でリハビリに励み再びピアニストして活動できるまでになる。ついに復帰を果たし自身の代名詞ともいえるバッハの全ピアノ曲収録という偉業に挑戦をしていた彼にさらなる不幸がのしかかる…。

























































本編 1時間分
デジタル
カラー

 a