本編 2時間07分
デジタル
カラー
幸福なラザロ 字幕
 lazzaro felice
●監督・脚本:アリーチェ・ロルヴァケル(『夏をゆく人々』)●出演:アドリアーノ・タルディオーロ/アニェーゼ・グラツィアーニ(『夏をゆく人々』)/アルバ・ロルヴァケル(『眠れる美女』)/ルカ・チコヴァーニ/トンマーゾ・ラーニョ(『歓びのトスカーナ』)●第71回カンヌ国際映画祭 脚本賞受賞●2018年/イタリア

その人は疑わない、怒らない、欲しがらない。人は愚か者と呼ぶのかもしれない。これはそんな人の物語。

20世紀後半。イタリアの小さな村で純朴なラザロと村人たちは、小作制度の廃止を隠蔽する侯爵夫人に騙され、社会と隔絶した生活を強いられていた。ところが夫人の息子が起こした誘拐騒ぎをきっかけに、村人たちは初めて外の世界へ出て行くことになる。だが、ラザロにある事件が起き――マーティン・スコセッシが才能を絶賛したアリーチェ・ロルヴァケル監督が、現代の聖人ラザロを、実際にあった詐欺事件を通して描く寓話的ミステリー。

■渓谷で外の世界と隔絶されたインヴィオラータ村(「汚れなき村」の意)。村人たちは領主であるデ・ルーナ侯爵夫人に支配されていた。彼らの中に誰よりも働き者の若い農夫がいた。彼の名はラザロ。お人好しが過ぎるあまり仲間から軽んじられ、仕事を押し付けられていた。

ある時、侯爵夫人の美しい息子タンクレディが町からやってくる。タンクレディはラザロを仲間に引き入れて自身の誘拐騒ぎを演出し、二人は強い絆で結ばれるようになる。その頃誘拐事件を発端に、インヴィオラータ村の存在が、領主による大規模な労働搾取の事件現場として世の中に報道される。結局村人たちは、揃って住み慣れた村から出ることになるのだが、ラザロだけは…。











































本編 2時間07分
デジタル
カラー
ホワイト・クロウ 伝説のダンサー 字幕
 the white crow
●監督:レイフ・ファインズ(『英雄の証明』)●出演:レイフ・ファインズ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)/オレグ・イヴェンコ/アデル・エグザルホプロス/ラファエル・ペルソナ(『黒いスーツを着た男』)/チュルパン・ハマートヴァ(『グッバイ、レーニン!』)●2018年/イギリス/ロシア/フランス

生きることは踊ること。踊ることは生きること。

踊りたい。国や家族を棄ててでも。バレエ界を劇的に生きた男、ルドルフ・ヌレエフの光と影――『愛と哀しみのボレロ』のモデルとなり、最近では羽生結弦選手を評する海外メディアが彼の名前を引き合いに出すなど、その影響は時とジャンルを超えてとどまるところを知らない。しかし、あの日、彼が異なる決断をしていれば、“伝説”になることもなく、20世紀の芸術史も今とは違っていただろう。バレエの歴史を変えたと言われる伝説的ダンサー、ルドルフ・ヌレエフの誕生秘話を描いた情熱と勇気の物語。

■1961年。ルドルフ・ヌレエフはキーロフ・バレエ(現マリインスキーバレエ)の一員として、パリ公演のために生まれて初めて祖国ソ連を出た。傲慢・我儘・反逆児と評される一方で、踊りへの情熱は誰よりも強いルドルフは、異国で得られるものすべてを吸収しようとするが、その行動はKGBに監視され、政府の圧力は強まるばかりだった。

6月16日、次の公演地へ向かおうとするルドルフは、突然帰国を命じられる。それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示していた。団員たちが旅立ち、KGBと共に空港に残されたルドルフが、不安と恐怖に襲われる中くだした決断とは――。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
嵐電 (らんでん) 
 randen
●監督:鈴木卓爾(『ゲゲゲの女房』)●出演:井浦新(『ニワトリ★スター』)/大西礼芳(『ナラタージュ』)/あがた森魚(『映画 ビリギャル』)/安部聡子(『夏の終り』)/金井浩人(『きらきら眼鏡』)●2019年/日本

この電車に乗れば、どこまでだって行けますよ。

京都市街を走る路面電車、京福電気鉄道嵐山線(通称:らんでん)を舞台に、三つの恋愛が幻想的に交錯する――鎌倉から京都にやってきたノンフィクション作家の、京福電鉄嵐山線にまつわる不思議な話の取材を通して描くラブストーリー。

■鎌倉からやって来たノンフィクション作家の平岡衛星は、嵐電の線路のそばに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話の数々を取材しはじめる。そこには、衛星と彼の妻・斗麻子が、かつてこの地で経験した出来事を呼び覚ます目的があった。修学旅行で青森から来た女子学生・北門南天は、電車をスーパー8で撮影する地元の少年・子午線と出会う。一方、太秦撮影所の近くにあるカフェで働く小倉嘉子は、撮影所にランチを届けた際、東京から来た俳優・吉田譜雨に京都弁の指導をすることになるが…。











































本編 2時間00分
デジタル
カラー
旅のおわり世界のはじまり
 tabi no owari sekai no hajimari
●監督・脚本:黒沢清(『散歩する侵略者』)●出演:前田敦子(『素敵なダイナマイトスキャンダル』)/染谷将太(『きみの鳥はうたえる』)/柄本時生(『彼女の人生は間違いじゃない』)/アジズ・ラジャボフ/加瀬亮(『劇場版SPEC』)●2019年/日本/ウズベキスタン

私の心は迷子になった。

シルクロードの美しい風景の中で描かれる心の冒険。夢を見失ったとき、新しい扉が開く――国内外で圧倒的評価と人気を誇る映画監督・黒沢清が、ウズベキスタンに1か月まるまる滞在し、広い国土を存分に使ってロケ撮影された本作は、観客も一緒に異郷を旅しているような、ロードムービーとしての魅力に溢れた目覚めの物語。

■テレビリポーターを務める葉子は巨大な湖に棲む“幻の怪魚”を探すため、番組クルーと共に、かつてシルクロードの中心地として栄えたこの地を訪れた。夢は、歌うこと。その情熱を胸に秘め、目の前の仕事をこなしている。収録を重ねるが、約束どおりにはいかない異国でのロケで、いらだちを募らせるスタッフ。

ある日の撮影が終わり、ひとり街に出た彼女は、聞こえてきた微かな歌声に誘われ美しい装飾の施された劇場に迷い込む。そして扉の先で、夢と現実が交差する不思議な経験をする。彼女が、旅の果てで出会ったものとは――。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ 字幕 
 hot summer nights
●監督・脚本:イライジャ・バイナム●出演:ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)/マイカ・モンロー(『イット・フォローズ』)/アレックス・ロー(『ザ・リング/リバース』)/ウィリアム・フィクトナー(『ウルトラヴァイオレット』)●2018年/アメリカ

忘れられない夏がくる

愛する父親を亡くし、大きな喪失を抱えたまま立ち直れない少年の人生を大きく変えた、ひと夏の経験。美しい海辺の町での初めての恋、クールで危険な仲間との友情、裏切り――気鋭の映画製作スタジオA24が贈る、甘く、切なく、美しく、スリリングなひと夏の青春映画。

■1991年、最愛の父の死の痛手から抜け出せないダニエル・ミドルトンは、叔母の家で夏を過ごすため、マサチューセッツ州の東端にある海辺の小さな町ケープコッドにやってくる。美しい海浜でのバカンスを求めてやってくる都会人とも地元民とも馴染めないダニエルは、地元ではワルで有名なハンター・ストロベリーとつるむようになる。複雑な家庭の事情を抱えているハンターだが、妹のマッケイラを守ることには命をかけていた。

「妹には近寄るな」とのハンターの言葉に怯えながらも、ダニエルは町で一番の美女マッケイラと密かに逢瀬を重ねるようになる。秘密のデート、初めてのキス、ダニエルにとって心から自分を解放できるひとときだった。だが、ダニエルのきらめくような一瞬の夏は、最大級のハリケーンの到来とともに、劇的な結末を迎えることになる――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ 字幕
 hitler versus picasso and the others
●監督:クラウディオ・ポリ●出演:トニー・セルヴィッロ(『修道士は沈黙する』)●2018年/イタリア/フランス/ドイツ

ヒトラーの秘宝。だれも知らない闇の美術史

ピカソ、ゴッホ、フェルメール、マティス、ムンク、モネ…今なお行方不明の名画たち。ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それ関わる人々の運命とは――究極の美と権力に秘められた名画ミステリーが展開するドキュメンタリー。

■ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか?彼らは、ピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーらの傑作に「退廃芸術」の烙印を押しそれらを貶め、一方で、純粋なアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護。

同時に、故郷リンツに“総統美術館”設立の野望を抱き、右腕的存在のゲーリング国家元帥と張り合うかのうように、ユダヤ人富裕層や、かのルーブル美術館からも問答無用で憧れの名品や価値ある美術品の略奪を繰り返した。権力は芸術をも支配できると妄信するナチスが行った歴史上最悪の美術品強奪と破壊、そしてヒトラーの秘宝たちが辿った知られざる真実とは――?











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語 字幕 
 england is mine
●監督・脚本:マーク・ギル●出演:ジャック・ローデン(『ダンケルク』)/ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(『マイ ビューティフル ガーデン』)/ジョディ・カマー●2017年/イギリス

たとえ世界に望まれなくても、僕は歌う。

1980年代、イギリスのミュージックシーンを席巻した伝説のバンド「ザ・スミス」結成前夜譚――苦悩や挫折にも負けず、一人の少年がミュージシャンとして生きる決意を描いた青春“音楽”映画。

■1976年マンチェスター。高校を中退したスティーブン・モリッシーは、ライブハウスに通いつめバンド批評を音楽史に投稿する日々を送っていた。家計を助けるために就職したものの職場になじめない彼にとって、仕事をサボって詩を書くことが唯一の慰めだった。そんなある日、美大生のリンダーと出会ったモリッシーは、彼女の後押しもあってバンドを結成することに。初ライブは成功を収め、モリッシーはミュージシャンを目指すべく仕事を辞めるが…。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
ユーリー・ノルシュテイン 《外套》をつくる 字幕
 yuriy norshteyn making the overcoat
●監督:才谷遼(『セシウムと少女』)●出演:ユーリー・ノルシュテイン(『話の話』監督)/ラリーサ・ゼネーヴィチ/マクシム・グラニク/ターニャ・ウスヴァイスカヤ/ミハイル・アルダーシン(『チェブラーシカ〈2010年〉』脚本)●2018年/日本

この30年……外套のことだけ考えてきた

苦悩、情熱、そして創造――『霧の中のハリネズミ』などで知られるロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテインが、30年以上の歳月をかけて制作しながら未だ完成していない映画『外套』にスポットを当て、アニメーションの神様、ノルシュテインの深部に迫るドキュメンタリー。

■ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン。『話の話』『霧の中のハリネズミ』など数々の名作を生み出し、手塚治虫、宮崎駿、高畑勲監督ら日本の巨匠をはじめ世界中のアニメーション作家たちから敬愛されている。彼は30年以上の歳月をかけて、ロシアの文豪ゴーゴリの名作「外套」のアニメーション作品を制作しているが、未だ完成に至っていない。それどころか、近年は撮影が止まっているという。

2016年6月、カメラはモスクワにあるノルシュテイン・スタジオ“アルテ”に向かう。そこにはおびただしい数のスケッチ、キャラクターパーツ、埃をかぶった撮影台が…。 世界が待望する『外套』はいつ完成するのか、なぜ『外套』なのか。未完の映像を織り交ぜながら、ノルシュテインが自身の心の内を語る。











































本編 1時間36分
デジタル
カラー
さよなら、退屈なレオニー 字幕
 the firefries are gone
●監督:セバスチャン・ピロット●出演:カレル・トレンブレイ/ピエール=リュック・ブリラント/フランソワ・パピノー/マリー=フランス・マルコット●第31回東京国際映画祭<ジェムストーン賞>受賞●2018年/カナダ

■こんな青春じゃ終われない。

いつもイライラして、どこかフワフワしてた。まぶしくてじれったい何もない毎日。17歳の夏が過ぎていく――やりたいことも自分の居場所もみつからず、いら立ちを抱える17歳の少女のひと夏の成長をつづった青春ドラマ。

■ケベックの海辺の街で暮らすレオニーは、高校卒業を1カ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていた。退屈な街を飛び出したいけど自分が何をしたいのかわからい。口うるさい母親も気に入らず、母親の再婚相手のことは大嫌い。そんなレオニーが頼りにできるのは離れて暮らす実の父親だけだった。

そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーブと出会う。どこか街になじまない雰囲気をまとうスティーブに興味を持ったレオニーは、なんとなく彼にギターを習うことになり――。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
ザ・プレイス 運命の交差点 字幕
 the place
●監督・局本:パオロ・ジェノヴェーゼ(『おとなの事情』)●出演:ヴァレリオ・マスタンドレア(『甘き人生』)/マルコ・ジャリーニ(『神様の思し召し』)/アルバ・ロルヴァケル(『ハングリー・ハーツ』)/ヴィットリア・プッチーニ/ロッコ・パパレオ●2017年/イタリア

欲望の代償は、他人の運命。

ローマにあるカフェ「ザ・プレイス」に居座る謎の男。彼と契約を結べば、そんな願いも叶えられるという。たとえそれが、見ず知らずの人の命と引き換えになったとしても――アメリカの大ヒットドラマ『The Booth ~欲望を喰う男』をリメイク。カフェを舞台に緻密に練られたストーリーによるワンシチュエーション・サスペンス。

■カフェ「ザ・プレイス」に昼も夜も座っている男の元には、人生に迷ったものたちがひっきりなしに訪ねてくる。彼らが自らの願いや欲望を叶えるためには、男が告げる行為を行わなくてはならない。息子を癌の病から救うために見ず知らずの少女の殺害を命じられる修道女、アルツハイマーの夫を救うために爆弾を仕掛けることを命じられる老婦人etc…。9人の相談者それぞれに無理難題が与えられる。全ての願望には他人の運命という代償が必要だった。次第に交差してゆく相談者たちの運命、その先に待ち受けるものとは。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
台北セブンラブ 字幕
 design 7 love
●監督・脚本:チェン・ホンイー●出演:アン・シュー(『目撃者 闇の中の瞳』)/モー・ズーイー(『台北に舞う雪』)/ホアン・ルー(『ブラインド・マッサージ』)/ダレン・ワン(『私の少女時代-OUR TIMES-』)/チウ・イェンシャン(『あの頃、君を追いかけた』)●2014年/台湾

愛は仕掛けられるの?

一体誰が本当のことを言っているのか、誰がいつ何を仕掛けたのか。愛はデザインできるのか――デザイン事務所を舞台に繰り広げられる7人の男女の恋愛模様。台北の若者の“今”と恋愛模様をリアルに描き出す台湾映画のニューウェーブ。

■2014年、台北市は<2016 年世界デザイン首都>に選ばれ、デザイン業界は沸き立っていた。ドロシーはかつての恋人バーズに誘われ、上海を離れ台北のデザイン事務所で働くことに。進行中のデザインホテルの改装プロジェクトに加わる。ドロシーへの想いを断ち切れないバーズとクライアントのマークに迫られるが、フランスにいる元恋人を忘れられない。同僚は個性の強い人間ばかりだが、皆愛に飢えて いる。ホテルのデザインテーマは“愛”に決まるが、果たして無事“愛”はデザインできるのか。ドロシーが最終的に 手に入れるのは、誰の愛なのか。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
ガルヴェストン 字幕 
 galveston
●監督:メラニー・ロラン(『ミモザの島に消えた母』出演)●出演:エル・ファニング(『メアリーの総て』)/ベン・フォスター(『疑惑のチャンピオン』)/リリ・ラインハート/アデペロ・オデュイエ(『それでも夜は明ける』)/ボー・ブリッジス(『マックス・ペイン』)●2018年/アメリカ

男は死に場所を求め、女は生きる希望に縋(すが)った――

身体を売って生きるしかなかった若い娼婦と、病に冒された殺し屋。明日をも知れぬ2人の、危険な逃避行――組織に追われる余命いくばくもない男と孤独な少女の逃避行を、繊細なストーリーテリングと映像美、強烈なバイオレンス描写を織り交ぜて映し出すクライムムービー。

■故郷を捨て裏社会で生きてきたロイは、ボスの勧めで病院へ行く。そこで、白く靄がかかった自分の肺のレントゲン写真を見せられ、命の終わりが近いことを悟った彼は、死への恐怖に追い込まれ、苛立ちを募らせていく。

ある夜、いつものようにボスに命じられるまま“仕事先”へ向かったロイは、突然何者かに襲われる。組織に切り捨てられたことを知ると、とっさに相手を撃ち殺し、その場に囚われていた若い女を連れて逃げる。ロッキーと名乗る女は、家を飛び出し、行くあてもなく身体を売って生きてきたという。組織から追われる身となった二人は、果てなき逃避行に旅立つ…。











































本編 1時間28分
デジタル
カラー
セメントの記憶 字幕
 taste of cement
●監督・脚本:ジアード・クルスーム●2017年/ドイツ/レバノン/シリア/アラブ首長国連邦/カタール

天空の建設、地上の破壊

近代建築と歴史的建造物が混在した美しい街並みで多くの観光客を魅了している中東のパリ、ベイルート。地中海を眺望する超高層ビルの建設現場では、内戦で家を奪われた多くのシリア人移民は、劣悪な環境で労働を強いられている――祖国を亡命した若き元シリア兵のジアード・クルスーム監督が果敢に創り上げた革新的ドキュメンタリー。

■中東のパリ、ベイルート。地中海を眺望する超高層ビルの建設現場でシリア人移民・難民労働者たちは静かに働いている。ある男が、出稼ぎ労働者だった父がベイルートから持ち帰った一枚の絵の記憶を回想する。絵には白い砂浜、青い空、そして2本のヤシの木が描かれていた。男が少年の頃初めて見た海の記憶だ。待ち焦がれていた父の帰還に少年ははしゃぐ。顔を撫でてくれた父の手はセメントの味がした。父は少年に語った。“労働者は戦争が国を破壊し尽くすのを待っているんだ”。男は異国で父への想いを巡らせる――。











































本編 2時間25分
デジタル
カラー
慶州(キョンジュ) ヒョンとユニ 字幕
 gyeongju
●監督:チャン・リュル(『春の夢』)●出演:パク・ヘイル(『グエムル/漢江〈ハンガン〉の怪物』)/シン・ミナ(『最強☆彼女』)/ユン・ジンソ(『シークレットラブ』)/キム・テフン(『アジョシ』)/シン・ソユル(『マイPSパートナー』)●2014年/韓国

映像で、人の心を書く。

韓国、古墳の街、慶州〈キョンジュ〉。この地を訪れた男・ヒョンと、そこに住む女・ユニ。男と女が出逢ったとき、時を越えて消えたものがふたりを強く結びつける。そして、いつか見た、生と死の間に、その哀しみが熔けていく――映像で、人の心を書く、映画作家の美しいヒューマン・ドラマ。

■親しい先輩の訃報の知らせから、久しぶりに大邱(テグ)を訪れた北京大学教授のチェ・ヒョン。亡くなった先輩との7年前の旅を思い出したヒョンは、衝動的に、そこからほど近い慶州(キョンジュ)へと向かう。以前と変わらず、美しい緑に包まれた古墳が並ぶ街を懐かしむヒョン。彼にはどうしても確認したいものがあった。それは、茶屋にあった一枚の春画。

その茶屋を訪れたヒョンは、美しい主人・ユニに出逢う。そこに春画は、もうなかった。ユニによれば、7年前からそれは存在しないという。ヒョンはその後、かつて一夜を共にしたことのある後輩の女性をソウルから呼び出すものの、衝撃的な秘密を打ち明けられる。そして、ユニにも哀しい過去があった…。春画を探すヒョンがやがて辿り着く意外な結末とは――。











































本編 1時間分
デジタル
カラー
パリの家族たち 字幕
 la fete des meres
●監督:マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール(『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』)●出演:オドレイ・フルーロ(『最強のふたり』)/クロティルド・クロー(『パリ、恋人たちの影』)/オリヴィア・コート/カルメン・マウラ(『ボルベール 帰郷』)/ニコール・ガルシア(『ギャルソン!』)●2018年/フランス

all about mothers

女性大統領、ジャーナリスト、舞台女優、花屋、ベビーシッター、大学教授、小児科医――パリで働く女たちとその家族の“幸せ”と“自分”探しの物語。フランス流の人生観を描く、きっと家族に会いたくなる感動作。

■フランス、パリ。5月の母の日が近づくとある日。職務と母親業の狭間で不安に揺れる女性大統領のアンヌ。

母親との複雑な関係ゆえに三者三様の関わり方をし、最後には母の日に母子の縁を解消しようとする三姉妹。次女のダフネは、2人の子供を持つシングルマザーでジャーナリスト。仕事を優先するあまり思春期の子供たちとは上手くいっていない。独身を謳歌している三女の大学教授のナタリーは、教え子との恋愛を愉しんでいる。長女で小児科医のイザベルは幼少期の母との思い出が原因でトラウマを抱えている。

一方、心配性の息子から自由になろうとする舞台女優。さらに、全く電話にも出てくれない恋人の子供を妊娠してしまう花屋のココ。それぞれが、大切な人への想いを胸に、幸せになるための決断をする――。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
こはく 字幕
 kohaku
●監督:横尾初喜(『ゆらり』)●出演:井浦新(『光』)/大橋彰(アキラ100%)/遠藤久美子(『五日市物語』)/嶋田久作(『ビジランテ』)/塩田みう●2019年/日本

人は孤独とよ

幼いころ突然姿を消した父を求め、兄弟で必死に探し歩く長崎の街。それは“家族”とは何かを知るための、“心の旅”だった――井浦新×アキラ100%、兄弟役で異色タッグ。横尾監督が幼少期の実体験を基にした半自伝的なストーリーを、故郷の長崎で撮り上げた感動の家族ドラマ。

■幼い頃に別れた父の会社、長崎のガラス細工工場を受け継ぎ営む亮太は、厳しい状況ながらもなんとか暮していた。一方、自身の父と同じように離婚を経験し、子どもたちと会うことも出来ずにいた。定職に就かずブラブラし、虚言癖のある兄・章一の存在も悩みのタネ。そんなある日、亮太は章一から「蒸発していた父を、街で偶然を見かけた」と告げられ、再婚した妻・友里恵からは妊娠が知らされる。「お父さんになる自信、ある?」。その一言で、父のいない過去をひきずったままの自分に気付いた亮太は章一を信じ、一緒に父の姿を探し始めるのだが――。











































本編 1時間23分
デジタル
カラー
メモリーズ・オブ・サマー 字幕 
 wspomnienie lata
●監督・脚本:アダム・グジンスキ●出演:マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ(『ワレサ-連帯の男-』)●2016年/ポーランド

少年はあの日、遠い母の背中に夏が通り過ぎていくのを見ていた。

それは、ぼくが子どもでいられた最後の夏だった――子どもと大人の狭間で揺れる12歳の少年の目を通して描かれる、切なくも忘れられない一夏の記憶。どこかなつかしさを感じさせる70年代ポーランドの風景のなか紡がれる、新しい夏休み青春映画。

■1970年代末―夏、ポーランドの小さな町で、12歳のピョトレックは新学期までの休みを母ヴィシアと過ごしている。父は外国へ出稼ぎ中。母と大の仲良しのピョトレックは、母とふたりきりの時間を存分に楽しんでいた。だがやがて母はピョトレックを家に残し毎晩出かけるようになり、ふたりの間に不穏な空気が漂い始める。一方ピョトレックは、都会からやってきた少女マイカに好意を抱くが、彼女は、町の不良青年に夢中になる。それぞれの関係に失望しながらも、自分ではどうすることもできないピョトレック。そんななか、大好きな父が帰ってくるが…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
Girl/ガール 字幕 
 girl
●監督・脚本:ルーカス・ドン●出演:ビクトール・ポルスター/アリエ・ワルトアルテ(『フレンチ・ラン』)●第91回アカデミー賞 外国語映画賞 ベルギー代表●第71回カンヌ国際映画祭<カメラドール>(新人監督賞)受賞●2018年/ベルギー

バレリーナになる。この夢は、何があっても諦めない。

美しきトランスジェンダーの少女ララ。イノセントな彼女がたどり着く、映画史上最も鮮烈でエモーショナルなクライマックス――バレリーナになるために奮闘するトランスジェンダーの少女の記事に心を動かされたルーカス・ドン(当時18歳)が、“必ず彼女を題材にした映画を撮る”という強い思いからアプローチを重ね、約9年の歳月を経て誕生。評論家・観客からは“ニュー・ドラン”とも称され、今世界が最も注目する新鋭監督の長編デビュー作は、父と娘の美しき絆の物語。

■15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。彼女は男の体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、娘の夢を全力で応援してくれる父に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。夢の実現のためララは毎日厳しいレッスンを受け、血のにじむような努力を重ねていく――。

だが、初めての舞台公演が迫る中、ライバルから向けられる心ない嫉妬、思春期の身体の変化により思い通りに動けなくなることへの焦りが、徐々に彼女の心と体を追い詰めていく――。夢に向かって刹那的に今を生きるララと今にも壊れてしまいそうな娘を必死に支える父。交錯した2人との想いがたどりつくエモーショナルなクライマックスが観るものの心を激しく揺さぶり、そしてその先に待つ光輝くラストに涙が溢れる――。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
アメリカン・アニマルズ 字幕
 american animals
●監督・脚本:バート・レイトン●出演:エヴァン・ピーターズ(『ラザロ・エフェクト』)/バリー・コーガン(『聖なる鹿殺し』)/ブレイク・ジェナー(『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』)/ジャレッド・アブラハムソン/ウド・キア(『アイアン・スカイ』)●2018年/アメリカ/イギリス

普通の大学生が起こした普通じゃない強盗事件。

狙うは、ケンタッキー州の大学図書館に眠る時価12億円を超えるヴィンテージ本。その本が手に入れば、オレたちの人生は最高になる――実話であるこの事件の犯人は大学生4人組。何一つ不自由のないはずの中流階級出身の彼らは何故犯罪に手を染めたのか?何が彼らを突き動かしたのか?アメリカ犯罪史上最も大胆不敵なこの強盗事件の結末は?ホンモノの犯人たちが劇中に登場する新時代のリアル・クライム・エンタテインメント。

■「I’m Alive!!」とジョニー・サンダーを歌いながら車で飛ばしていく青年、ウォーレンとスペンサー。廃棄された食べ物を盗むことで最小限のリスクを楽しむ、そんなどうしようもない毎日だ。くだらない日常に風穴を開けたい、特別な人間になりたいと焦がれる2人は、大学図書館に貯蔵される貴重な本を盗み出す計画を思いつく。

手に入れれば1200万ドル、誰よりも自由を求めるウォーレンと、スペシャルなことを経験したいと願うスペンサーは仲間集めを始めることに。目をつけたのは、FBIを目指す秀才エリックと、当時既に実業家として成功を収めていたチャズ。彼らは互いを『レザボア・ドッグス』に習い「ミスター・ピンク」「ミスター・ブラック」などと呼び合うのだった。強盗作戦決行日、特殊メイクをして老人の姿に扮した4人は遂に図書館へと足を踏み入れる――。











































本編 2時間07分
デジタル
カラー
ガラスの城の約束 字幕
 the glass castlea
●監督・脚本:デスティン・ダニエル・クレットン(『 ショート・ターム』)●出演:ブリー・ラーソン(『ルーム』)/ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)/ナオミ・ワッツ(『アバウト・レイ 16歳の決断』)/マックス・グリーンフィールド/セーラ・スヌーク(『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』)●2017年/アメリカ

「自分らしく生きる幸せ」を教えてくれたのは、大嫌いだった父

富はなくても、子どもたちに夜空の星を贈り、詩的な世界の広がりを教えるロマンティックな一面を持ちつつ、突然、暴力的な方法で危機を乗り越える術を体に叩きつけようとする父。いつまでも夢見る少女のような天真爛漫さを漂わせる母。ダメな思い出ほど、今は愛おしい――アカデミー賞受賞女優ブリー・ラーソン×『ショート・ターム』監督が再タッグ。ホームレスの両親に育てられた女性の衝撃の半生を綴った全米ベストセラー小説を映画化した人間ドラマ。

■1989年、ニューヨーク。ジャネット・ウォールズは「ニューヨーク・マガジン」で活躍する人気コラムニスト。富裕層が集まるマンハッタン、パークアベニューの瀟洒なアパートメントにファイナンシャル・アドバイザーである恋人、デヴィッドと暮らしている。ある夜、彼の顧客と高級レストランで会話を交わす中、ジャネットの両親について質問が及ぶ。「母はアーティストで、父は起業家です。質の悪い漂青炭を効率よく燃やす技術を開発しています」。これは使い慣れた彼女の嘘。

レストランからの帰り道、車道に飛び出してきたホームレスの男性を見かける。それは、ストリートで自由気ままに暮らす彼女の父・レックスだったが、ジャネットは知らないふりを装う。何もかもが規定外だった父と母との記憶をたどり出しながら…。

ジャネットの父親はいつか家族のために「ガラスの城」を建てるという夢を持つエンジニア、母親は売れない画家で、彼らは定職につかず理想や夢ばかりを追い求め、自由気ままに暮らしていた。物理学や天文学などを教えてくれる父・レックスは、ジャネットたち兄弟にとってカリスマ的な存在で、幼いながらも聡明なジャネットのことを彼は「チビヤギ」と呼び、愛情を注いでいた。しかし、仕事が上手くいかないレックスは次第に酒の量が増え、家で暴れるようになっていく。やがて、高校生になったジャネットは大学進学をきっかけに、ニューヨークへと旅立ち、両親との関係を断とうとするが――。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
12か月の未来図 字幕
 les grands esprits
●監督・脚本:オリヴィエ・アヤシュ・ヴィダル●出演:ドゥニ・ポダリデス(『サガン -悲しみよ こんにちは-』)/アブドゥライエ・ディアロ/ポーリーヌ・ハルゲン/タボノ・タンディア/アレクシス・モンコルジェ●2017年/フランス

そのとき、人生に光が差し込んだ。僕たちの一期一会。

パリ郊外。移民、貧困、学力低下。問題を抱える生徒たちと、エリート校から赴任した手のベテラン教師。ぶつかって、裏切って、だけど信じ続けて――フランスが直面する社会問題を背景に“学ぶこと”の大切さを描く、ある教室の一年間の物語。

■フランスが誇る名門アンリ4世高校で国語を教えるベテラン教師のフランソワ・フーコー。父は国民的作家で、妹は彫金作家として活躍する知的なブルジョア一家に育ち、家庭も職場もブルジョアばかりという特殊環境に疑問を感じることなく生きてきた。

ある夜、フランソワは父の新刊サイン会でゲストに教育改革論を語る。パリとパリ郊外の学校における教育格差を解決するには、問題校へベテラン教師を派遣して新米教師を支援すればよい。偶然、彼のアイデアを耳にした美女がいたことから、フランソワの未来が大きく変わっていく。

アンヌと名乗る美女は国民教育省で教育困難校に取り組む専門家だった。フランソワの提案を気に入った彼女は、早速、彼に教育優先地域にあるバルバラ中学校への1年間の派遣を依頼した。燃えつきた廃車、草むらから現れる謎の人物、真っ昼間から団地の空き地にたむろする若者たち。荒廃した光景に怯えながら、フランソワは郊外の赴任先へと足を踏み入れる。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
おいしい家族
 oishii kazoku
●監督・脚本:ふくだももこ(『21世紀の女の子』)●出演:松本穂香(『アストラル・アブノーマル鈴木さん』)/板尾創路(『ジムノペディに乱れる』)/浜野謙太(『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』)/笠松将(『このまちで暮らせば』)/モトーラ世理奈(『少女邂逅』)●2019年/日本

■実家に帰ると、父が母になっていました。

フツーとかジョーシキとか会社のデスクにおいてきた――第40回すばる文学賞を受賞、ndjc:若手映画作家育成プロジェクトに選出されるなど、映像と文学の両フィールドでの活躍が期待される新鋭ふくだももこ監督が自身の短編映画『父の結婚』を長編映画化。人も気候も穏やかな島を舞台に性別も国籍も越えて、好きなものを好きといえる世界を、おいしく、たのしく、カラフルに描きだした人間ドラマ。

■銀座で働く橙花は、夫と別居中。仕事もうまくいかず都会での生活に疲れ気味。ちょうど母の三回忌を迎え、船にゆられて故郷の離島へ帰ってきた。すると、実家では父が、亡き母の服を着ておいしいごはんを作ってまっていた。唖然とする橙花に追い打ちをかけるように、見知らぬ居候が登場。それはお調子者の中年男・和生と生意気な女子高生・ダリア。

「父さん、みんなで家族になろうと思う」突然の父の報告に動揺する橙花とは裏腹に、一切気にも留めない様子の弟・翠が加わり、みんなで食卓を囲む羽目に…。みんなちがってそれでいい。のびのびと過ごす島の人々と、橙花の暮らしがはじまった――。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
ドント・ウォーリー 字幕 
 don't worry, he won't get far on foot
●監督:ガス・ヴァン・サント(『プロミスト・ランド』)●出演:ホアキン・フェニックス(『ウォーク・ザ・ライン -君につづく道-』)/ジョナ・ヒル(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)/ルーニー・マーラ(『A GHOST STORY -ア・ゴースト・ストーリー-』)/ジャック・ブラック(『ルイスと不思議の時計』)/マーク・ウィーバー●2018年/アメリカ

世界は意外とやさしさであふれている。

オレゴン州ポートランドの風刺漫画家ジョン・キャラハン。辛辣なユーモアを失わず、決して人生を降りない、車いす生活の破天荒な男――これは、2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉な風刺漫画家の奇跡の実話。亡きロビン・ウィリアムズが映画化を熱望。一度は酒に溺れた男の不屈の半生を、ガス・ヴァン・サントが描き出す、やさしさと生きる希望に満ちた人間賛歌。

■アルコールに頼る日々を過ごしていたジョン・キャラハンは、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止めた彼は、過去から自由になる強さを得ていく。そして、持ち前の辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
僕たちは希望という名の列車に乗った 字幕 
 das schweigende klassenzimmer
●監督・脚本:ラース・クラウメ(『アイヒマンを追え! -ナチスがもっとも畏れた男-』)●出演:レオナルト・シャイヒャー/トム・グラメンツ/レナ・クレンク/ヨーナス・ダスラー/イザイア・ミカルスキ●2018年/ドイツ

なぜ、越えなければならなかったのか――

1956年、冷戦下の東ドイツ。高校生たちのたった2分間の黙祷が、やがて国家を揺るがす大事件に発展する。友を密告してエリートへの階段を上がるのか?信念を貫いて労働者として生きる道を選ぶのか?クラスメイト19人の驚くべき決断とは――ベルリンの壁建設の5年前に旧東ドイツで起こった衝撃と感動の実話。

■1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにする。クラスの中心的な存在であるふたりは、級友たちに呼びかけて授業中に2分間の黙祷を実行した。それは自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの純粋な哀悼だったが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは“社会主義国家への反逆”と見なされる行為だった。

やがて調査に乗り出した当局から、一週間以内に首謀者を告げるよう宣告された生徒たちは、人生そのものに関わる重大な選択を迫られる。大切な仲間を密告してエリートへの階段を上がるのか、それとも信念を貫いて大学進学を諦め、労働者として生きる道を選ぶのか…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
家族にサルーテ!イスキア島は大騒動 字幕
 a casa tutti bene
●監督・脚本:ガブリエーレ・ムッチーノ(『幸せのちから』)●出演:ステファノ・アコルシ(『最後のキス』)/カロリーナ・クレシェンティーニ(『カプチーノはお熱いうちに』)/エレナ・クッチ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ(『修道士は沈黙する』)/クラウディア・ジェリーニ(『愛と銃弾』)●2018年/イタリア

乾杯(サルーテ)のグラスに注がれたのは、ワケあり家族の甘い嘘と苦い真実

世界屈指の美しさを誇るイスキア島に暮らす夫妻の結婚50周年を祝うために、親戚一同が集まったが、悪天候で島に二晩とどまるはめに。浮気、借金、嫉妬…ワケありの大人たち。次第に秘密の暴露合戦が展開されてゆく――家族って、最高の味方で、最大の敵?笑って、泣いて、歌って、愛してVIVA!人生!美しい島から届いた、大人のためのイタリアン・コメディ。

■世界屈指の美しさを誇るイスキア島に暮らすピエトロ&アルバ夫妻の結婚50周年を祝うために、親戚一同19名が集まった。教会で金婚式を挙げ、自宅の屋敷でパーティも開催される。久しぶりに再会したファミリーの楽しい宴もお開きとなる頃、天候不良でフェリーが欠航に!思いがけず、二晩を同じ屋根の下で過ごさなければならなくなった、それぞれの家族たち。今まで抑えていた本音が見え隠れし始め、次々と秘密が暴露されてゆく――。











































本編 2時間13分
デジタル
カラー
誰もがそれを知っている 字幕 
 todos lo saben
●監督・脚本:アスガー・ファルハディ(『セールスマン』)●出演:ハビエル・バルデム(『ノーカントリー』)/ペネロペ・クルス(『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』)/リカルド・ダリン(『しあわせな人生の選択』)●2018年/スペイン/フランス/イタリア

隠していたはずの秘密と家族の嘘がほころび始める――

至福の喜びに満ちあふれた結婚パーティーの真っ最中に発生した少女誘拐事件が、当事者である家族に隠されていた秘密を呼び覚まし、幾重にも疑惑や嘘が錯綜していく――『別離』『セールスマン』でアカデミー外国語映画賞を2度受賞しているイランの名匠、アスガー・ファルハディ監督最新作は、その結末に誰もが息をのむ、極上のヒューマン・サスペンス。

■アルゼンチンに暮らすラウラが、妹の結婚式のため故郷スペインに帰省しワイン業を営む幼なじみのパコや家族との再会を果たす。しかしその喜びもつかの間、結婚式の後に催されたパーティーのさなか、ラウラの娘イレーネが失踪。まもなく何者かから巨額の身代金を要求するメッセージが届き、ラウラは絶望のどん底に突き落とされる。パコは時間稼ぎに奔走し、ラウラの夫もアルゼンチンから駆けつけるが、疑心暗鬼に陥った家族の内に長年隠されていた秘密が露わになっていく…。











































本編 3時間25分
デジタル
カラー
ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 字幕
 ex libris: the new york public library
●監督:フレデリック・ワイズマン(『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』)●2016年/アメリカ

世界で最も有名な図書館のひとつ、その舞台裏へ

世界中の図書館員の憧れの的、ニューヨーク有数の観光スポット、世界最大級の知の殿堂。その舞台裏から、この図書館が世界で最も有名である<理由>が見えてくる――巨匠F・ワイズマンによるニューヨーク公共図書館のドキュメンタリー。

■世界中の図書館員の憧れの的であり、ニューヨーク有数の観光スポット。本作の主役は、荘厳な19世紀初頭のボザール様式の建築で知られる本館と92の分館からなる世界最大級の〈知の殿堂〉ニューヨーク公共図書館だ。この図書館は、作家サマセット・モーム、ノーマン・メイラー、トム・ウルフ、画家アンディ・ウォーホルなど文学、芸術などの分野でも多くの人材を育ててきた。またここは世界有数のコレクションを誇りながら“敷居の低さも”世界一と言えるほど、ニューヨーク市民の生活に密着した存在でもある。その活動は、「これが、図書館の仕事!?」と、私たちの固定観念を打ち壊し、驚かす――。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
パラダイス・ネクスト
 paradise next
●監督・脚本・音楽:半野喜弘(『雨にゆれる女』)●出演:妻夫木聡(『愚行録』)/豊川悦司(『後妻業の女』)/ニッキー・シエ/カイザー・チュアン(『目撃者 闇の中の瞳』)/マイケル・ホァン●2019年/日本/台湾

楽園の果てには、何がある?

異国の地、孤独な男たちの運命が交わる――ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーなどの世界的名匠の映画音楽を手掛ける半野喜弘が再び監督に挑んだノワール・サスペンス。台湾を舞台に、ある過去を背負い、追われる身となった男二人の逃避行が描かれる。

■世間から身を隠すように台北でひっそりと暮らすヤクザの島の前に、お調子者でなれなれしい牧野が現れる。牧野は初対面のはずの島の名前を知っており、島が台湾に来るきっかけになった事件の真相についてほのめかす。得体の知れない牧野をいぶかしく思う島だったが、牧野が何者かに命を狙われていると知り、一緒に台湾東海岸の町・花蓮へと向かう。そこで出会った女性シャオエンの存在により、牧野と島の閉ざされた過去が明らかになっていく。











































本編  時間 分
デジタル
カラー
光り合う生命(いのち)-心に寄り添う。2-
 hikariau inochi
●監督:奥津貴之●出演:希島凛(『心に寄り添う。』)/渡辺優凛●2019年/日本

■限りある人生を、あなたはどう生きますか?世代を超えた心のふれあいから、「生きるって何?」を描きだす。

「ハリウッドヴァージ映画賞 国際ドキュメンタリー部門 最優秀賞」「インディフェスト映画賞 功労賞」を受賞した、「心に寄り添う。」の第二弾。

2019年1月。幸福の科学のハッピー・サイエンス・ユニバーシティで、「特別授業」が企画された。テーマは「生きるとは?」。招かれたのは、個性豊かなシニア世代のゲストたち。最近まで現役で働き続けた95歳の女性。難病を患いながらも海外支援に情熱を燃やす女性…..。ゲストたちは、価値観も感覚も違う「今の若者」を知るため、様々な場所を訪れ話を聞いていく。その様子を2人の若手女優が取材。世代を超えた心の葛藤と交流、お互いが心に寄り添っていく姿に迫る感動のドキュメンタリー。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
サマーフィーリング 字幕
 ce sentiment de l'ete
●監督:ミカエル・アース(『アマンダと僕』)●出演:アンデルシュ・ダニエルセン・リー(『パーソナル・ショッパー』)/ジュディット・シュムラ(『女の一生』)/マリー・リヴィエール(『緑の光線』)/フェオドール・アトキーヌ(『美しき結婚』)/マック・デマルコ●2015年/フランス/ドイツ

ベルリン、パリ、ニューヨーク。君だけがいない三度目の夏がくる…

目覚めるとき、眠るとき、笑うとき、海を眺めるとき、キミを想い出す。哀しみの扉を開けて、ゆっくり生まれ変わる。喪失を抱えながら過ごす三度の夏――愛する人の死から始まる、静かに、心打つ、愛と再生の物語。東京国際映画祭東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞したフランスの新鋭、ミカエル・アース監督が『アマンダと僕』の前に発表した長編第2作。

■夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。彼女の死は、ある二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。サシャの恋人ローレンスとサシャの妹ゾエ。突然の別れとなったベルリン。深い悲しみが残るパリ。少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者たちは少しずつ人生の光を取り戻していく――。

悲しい出来事があっても、新しい朝は訪れ、残された者たちの日々は、愛も哀しみも受け入れただ静かに小波のように進んでいく。拭えない喪失感を抱えながら過ごす、三度の夏を静かに切り取り、観る者に優しい余韻を残す。











































本編 2時間02分
デジタル
カラー
主戦場 字幕
 shusenjo
●監督・脚本・撮影・製作・編集:ミキ・デザキ●出演:トニー・マラーノ/藤木俊一/山本優美子/杉田水脈/藤岡信勝●2018年/アメリカ

ようこそ、“「慰安婦問題」論争の渦中”(バトルグラウンド)へ

日系アメリカ人YouTuberのミキ・デザキ。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられた彼が、慰安婦問題をめぐる論争を様々な角度から検証・分析したドキュメンタリー。

■慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは…?次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。

さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた 字幕
 hearts beat loud
●監督・脚本:ブレット・ヘイリー●出演:ニック・オファーマン(『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』)/カーシー・クレモンズ(『』)/(『フラットライナーズ』)/トニ・コレット(『ヘレディタリー/継承』)/テッド・ダンソン(『 ゲッティング・イーブン』)●2018年/アメリカ

大切なものを手放して前へ進もう

ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。レコードショップを営む元バンドマンの父と、将来の夢のためにLAの医大を目指す娘。ふたりで作った曲を音楽ストリーミングサービスにアップしたことから、父の夢は膨らむが…やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断――父と娘の夏物語を描いたハートフルなヒューマンドラマ。

■フランク・フィッシャーはブルックリンのレッドフックでレコードショップを17年に渡り営んでいた。かつてはミュージシャンだったフランクの人生は、妻の事故死により自分と娘だけ残されたことで一変する。フランクはシングルファーザーとして娘サムを育て、成長したサムはLAの医大へ通う事が決まっていた。娘の進学後の生計を立てるにはレコードショップは赤字続きだし、フランクはお店の貸主で友人のレスリーに夏の終わりにお店を閉めることを告げる。古くからの友人が経営するバーに行ったり、年老いて痴呆症の母親マリアンヌの面倒を見たり、彼の人生の未来には心が踊るものがあるわけでもなかった。

ある夜、勉強中のサムの邪魔をして一緒にセッションするよう無理やり誘う。サムは書きかけていた歌詞を引っ張り出し、二人は夜通し曲をレコーディングする。翌日サムはフランクに「私たちはバンドじゃないわよ」(“We’re not a band!”)と告げ、昨晩の共同作業により喜び興奮しているフランクを鎮めようとするが、フランクは娘の才能に感心し、一緒に作った曲を衝動的にSpotifyにアップロードしていたのだった。“We’re Not a Band.”というバンド名で。

フランクもサムも驚いたことに、その曲はSpotifyで人気の曲を集めた”New Indie Mix”にリストインされ、たくさんの人の耳に届くことになる。フランクにとっては急に未来の扉が開かれた気分になり、サムとライブやレコーディングをする将来を描き始めてしまう。サムを説得できればの話だが。 しかし、サムには彼女の人生があった。出会ったばかりの恋人ローズとの関係や、進学予定の医学部など、向き合わなければならない人生の課題は山積みだ。音楽で人生の冒険を始めるなんて不可能なことに思えた。夏は終わりに近づき、大学ももうすぐ始まる中、フランクもサムも人生の決断を迫られる…。











































本編 2時間10分
デジタル
カラー
ある町の高い煙突
 aru machi no takai entotsu
●監督:松村克弥(『天心』)●出演:井手麻渡(『抱きしめたい』)/渡辺大(『ウスケボーイズ』)/小島梨里杏(『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』)/吉川晃司(『秘密 THE TOP SECRET』)/仲代達矢(『海辺のリア』)●2019年/日本

命をかけて煙害と戦う若者たちの魂が奇跡を生んだ!

100年前、明治の終わりに、命をかけて環境破壊と闘い、愛と誇りを守った人たちがいた──『八甲田山』『劒岳 点の記』の原作で知られる昭和の文豪・新田次郎が描いた〈日立鉱山〉の奇跡〈日立の大煙突と桜並木〉に秘められた感動実話小説を映画化した社会派ドラマ。

■1910年、どこまでも青い空と、四季折々で色を変える美しい山々に囲まれた茨城の地に、日立鉱山が開業して5年が経った。その頃には、鉱山にはつきものの亜硫酸ガスによる煙害が発生し、山林は枯れ、農作物も甚大な被害を受けていた。生活の糧を奪われた人々の惨状を前に、村の名家に生まれ育った関根三郎が、第一高等学校合格の輝かしい未来を捨て、日立鉱山と対決するために立ち上がる。

日立鉱山の窓口を担当する加屋淳平は誠実な人物で、社長の木原吉之助も地元住民の幸福を理想とする人格者だったため、金銭や作物による手厚い補償が実行されるが、煙害の根本的な解決は果たされない。交渉を重ねるうちに、相反する立場を越えて友情で結ばれた関根と加屋は、思わぬ打開策を見つけるのだが──。











































本編 1時間29分
デジタル
カラー
隣の影 字幕
 undir trenu
●監督・脚本:ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン●出演:ステインソウル・フロアル・ステインソウルソン/エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル/シグルヅール・シーグルヨンソン(『ひつじ村の兄弟』)/ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル■第90回アカデミー賞 外国語映画賞 アイスランド代表●2017年/アイスランド/デンマーク/ポーランド/ドイツ

笑顔で挨拶、心に殺意、消えた猫に、吠えない犬――

その狂気は一本の木の“影”から始まった――新興住宅地でたまたま隣り合わせになった2組の夫婦が、とめどもなく人間不信を増幅させ、ついには常識外れの“暴走”へと突き進んでいく姿を、アイスランドの俊英が繊細かつ巧妙に紡いだ、衝撃のブラック・サスペンス。

■すべての始まりは、閑静な住宅地で暮らす老夫婦インガとバルドウィンが、隣家の中年夫婦エイビョルグとコンラウズからクレームをつけられたことだった。インガらの庭にそびえ立つ大きな木が、いつもエイビョルグが日光浴をするポーチに影を落としているのだ。それをきっかけにいがみ合うようになった2組の夫婦は、何の証拠もないのに身近で相次ぐ不審な出来事をすべて相手の嫌がらせと思い込むようになる。

その頃、元恋人とのセックス動画が原因で妻アグネスから三行半を突きつけられ、インガらのもとに転がり込んできた息子アトリも、庭のテントで寝泊まりして隣人の監視を手伝うはめに。やがてインガが家族同然に可愛がっていた飼い猫が失踪し、1本の木を挟んで激しく対立していた両家の人々は、決して越えてはならない危険な一線を踏み越えていくのだった…。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
サマー・オブ・84 字幕 
 summer of 84
●監督:フランソワ・シマール(『ターボキッド』)/アヌーク・ウィッセル(『ターボキッド』)/ヨアン・カール・ウィッセル(『ターボキッド』)●出演:グラハム・バーチャー/ジュダ・ルイス(『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』)/カレブ・エメリー/コリー・グルーター=アンドリュー/ティエラ・スコビー●2017年/カナダ

連続殺人鬼も誰かの隣人だ――

1984年、15歳の少年たちは、隣に住む警察官が連続殺人鬼ではと疑い監視を始めるが――無邪気な思春期まっただ中の少年4人が招き寄せるトラウマ級の衝撃に満ちたエンディング!1980年代のジュブナイル&スラッシャー映画にオマージュを捧げた青春ホラー。

■1984年、オレゴン州イプスウィッチ。緑豊かな郊外の住宅街で暮らすデイビーは、エイリアン、幽霊、猟奇犯罪などの記事の収集に余念がない少年だ。そんな彼の15歳の夏に、近隣の町で同年代の子供たちばかりが狙われる連続殺人事件が発生。その犯人が向かいの家に住む警官マッキーではないかとにらんだデイビーは、親友のイーツ、ウッディ、ファラディとともに独自の捜査を開始する。はたしてデイビーの推理は正しいのか、それとも行きすぎた空想なのか。やがてデイビーの行く手に待ち受けていたのは、彼の想像をはるかに超えた恐ろしい現実だった…。











































本編 2時間17分
デジタル
カラー
工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男 字幕
 gongjak
●監督:ユン・ジョンビン(『悪いやつら』)●出演:ファン・ジョンミン(『アシュラ』)/イ・ソンミン(『さまよう刃』)/チョ・ジヌン(『悪いやつら』)/チュ・ジフン(『私は王である!』)●2018年/韓国

誰も知らなかった南と北の裏の裏の裏

北に潜入した工作員の見た祖国の闇には、驚愕の真実が隠されていた――北朝鮮への潜入に成功したものの、政府間の取引により祖国に裏切られそうになった韓国諜報員の奔走を、スリリングに描き出すサスペンスドラマ。

■1992年、北朝鮮の核開発により朝鮮半島に緊張が走るなか、軍人だったパク・ソギョンは核開発の実態を探るため、「黒金星(ブラック・ヴィーナス)」というコードネームの工作員として、北朝鮮に潜入する。事業家に扮したパクは、3年間の慎重な工作活動によって北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ・ミュンウン所長の信頼を得ることに成功し、最高権力者である金正日と会うチャンスもつかむ。しかし1997年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を懸けた工作活動が無になることを知ったパクは、激しく苦悩する。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ブレス あの波の向こうへ 字幕 
 breath
●監督:サイモン・ベイカー●出演:サイモン・ベイカー(『ランド・オブ・ザ・デッド』)/エリザベス・デビッキ(『コードネーム U.N.C.L.E.』)/サムソン・コールター/ベン・スペンス/リチャード・ロクスバーグ(『サンクタム』)●2017年/オーストラリア

あの波を越えて、僕らは大人になる。

スリルを求めて出会ったサーフィンが、少年たちを成長させていく。美しき少年たちの儚くも輝かしい夏の記憶――オーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス」を、『プラダを着た悪魔』(06)や、TVドラマ「メンタリスト」(08-15)で第61回エミー賞主演男優賞にノミネートされた人気俳優サイモン・ベイカーが主演&初監督を務め映画化したサーフ・ドラマ。

■70年代、オーストラリア西南部の小さな街。正反対な性格の少年パイクレットと友人ルーニーは、刺激を求めて冒険に明け暮れる日々を送っていた。ある日彼らは、ミステリアスな雰囲気を漂わせるサンドーと出会い、サーフィンを教えてもらう。サンドーはかつて名を馳せた伝説のサーファーで、連日のように少年たちを海にいざなう。そのスリルや魅力にのめり込んでいき、少年たちはいつしかサンドーを人生の師と仰ぐようになる。

彼らは次々に大きな波に挑戦していくが、友人だったパイクレットとルーニーは、成長するとともに強いライバル心を燃やすようになっていく。そんな折、パイクレットはある出来事によって、サンド―と対峙し自分の生き方を見つめるようになる…。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
グッド・ヴァイブレーションズ 字幕
 good vibrations
●監督:リサ・バロス・ディーサ/グレン・レイバーン●出演:リチャード・ドーマー(『イレブン・ミニッツ』)/ジョディ・ウィッテカー(『アタック・ザ・ブロック』)/マイケル・コーガン/カール・ジョンソン(『ヴィトゲンシュタイン』)/リーアム・カニンガム(『HUNGER/ハンガー』)●2012年/イギリス/アイルランド

自由をつかむんだ!この魂は、決して“金”には渡さない。

その音楽は、1970年代の北アイルランド(ベルファスト)で、若者達と1人のレコード店主に生きる理由を与えた――「THE UNDERTONES」などのパンクバンドを世に送り出した北アイルランドのレコード店&音楽レーベル“グッド・ヴァイブレーションズ”の創設者テリー・フーリーの実話をもとにした音楽ドラマ。

■1970年代、紛争の真っ只中にある北アイルランドではツアーにやって来るミュージシャンが激減し、音楽産業は衰退の途をたどっていた。そんな中、客の来ないナイトクラブでDJを続けるテリーは、運命の女性ルースと出会って結婚を決意し、生計を立てるためベルファストにレコード店「GOOD VIBRATIONS」を開店する。

ある日、パンクロックに夢中な若者たちが夜な夜なライブハウスで演奏していることを知って見に行ったテリーは、理不尽な国家権力にパンクロックで団結・抵抗する若者たちの姿に感動と興奮を覚える。そこで出会ったバンド「RUDI」の演奏にほれ込み、自らレーベルを立ち上げて彼らのレコードをリリースすると、「GOOD VIBRATIONS」の名は瞬く間に北アイルランドのパンクスの間に広まり、テリーの元には様々なバンドが集うようになるが…。











































本編 0時間57分
デジタル
カラー
暁闇 [ぎょうあん]
 gyoan
●監督・脚本:阿部はりか●出演:中尾有伽/青木柚(『アイスと雨音』)/越後はる香(『明日にかける橋 1989年の想い出』)/若杉凩(『デッドエンドの思い出』)/加藤才紀子(『飢えたライオン』)●2019年/日本

失くしたものをこんなに愛せると思わなかった。でも何を、何を失くしたんだっけ――。

孤独で、心に大きな暗闇を抱えた少年少女たち3人がインターネットに公開された音楽で出会う――新鋭・阿部はりか監督が、ネット上でカルト的な人気を得ているバンド、LOWPOPLTD.の楽曲から着想を得て、孤独を共有しあう少年少女の姿を描いた青春ドラマ。映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門で準グランプリと男優賞を受賞。

■何事に対しても無気力な中学3年生のコウは、同じ中学の教師である父親が生徒たちからいじめられていても無関心な態度でながめ、恋人のトモコとの間にもどことなく距離がある。別の中学に通うユウカは、学校が終わると街で会った見ず知らずの男たちとの刹那的な時間を送っている。ユウカの同級生サキは、両親の狭間でやりきれない悲しみを抱えている。そんな3人の中学生がインターネットで公開されたある音楽に導かれるように出会うこととなるが…。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
RBG 最強の85才 字幕
 rbg
●監督:ジュリー・コーエン/ベッツィ・ウエスト●出演:ルース・ベイダー・ギンズバーグ/ビル・クリントン(『みんなのための資本論』)/バラク・オバマ(『みんなのための資本論』)●第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞/主題歌賞(ジェニファー・ハドソン『I'll Fight』)ノミネート●2018年/アメリカ

妻として、母として、そして働く女性として――

ルース・ベイダー・ギンズバーグ、通称RBG。若き弁護士時代からアメリカの法を変えてきた彼女は、最高齢の女性最高裁判事として国民的アイコンとなった。関連本の出版に始まり、Tシャツやマグカップなどのグッズも誕生した“RBGフィーバー”とそのオンリーワンな歩み、そして彼女を最高裁判事に押し上げた最愛の夫との胸を打つエピソードの数々を描いたドキュメンタリー。

■1933年ニューヨーク、ブルックリンで生まれたルース・ベイダー・ギンズバーグ。弁護士時代から一貫して女性やマイノリティの権利発展に努めてきた彼女は、1993年にビル・クリントン大統領に女性として史上2人目となる最高裁判事に指名される。以降も男子大学の女性排除、男女の賃金差別、投票法の撤廃などに、弁護士時代と変わらぬ視点から、法の下の平等の実現に向けて果敢に切り込んでゆく。若者を中心に絶大な支持を得る「RBG」はいかにして誕生したのか?彼女を良く知る家族、友人、同僚が母として、友人として、働く女性としてのルースの知られざる素顔を語り、彼女を支え続けた夫、マーティンとの愛溢れるエピソードも描かれる。











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
カーライル ニューヨークが恋したホテル 字幕
 always at the carlyle
●監督・脚本:マシュー・ミーレー(『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』)●出演:ジョージ・クルーニー(『ゼロ・グラビティ』)/ウェス・アンダーソン(『ヒッチコック/トリュフォー』)/ソフィア・コッポラ(『ゴッドファーザーPART III』)/アンジェリカ・ヒューストン(『グリフターズ 詐欺師たち』)/トミー・リー・ジョーンズ(『告発のとき』)●2018年/アメリカ

世界一の「おもてなし」をご覧あれ

英国王室から映画スター、監督、ミュージシャンなど、世界中のセレブを魅了し続けるニューヨークの五ッ星ホテルの秘密が今、明らかに――「カーライルは宿泊者の秘密は必ず守る」そのため、これまで決して明かされることの無かった歴史的な秘話の数々が、4年間ホテルに通い詰めたと語る監督渾身の撮影の中で明らかになっていく。数多くの伝説が語り継がれているニューヨークのホテル“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル“の魅力に迫るドキュメンタリー。

■1930年創業、英国王室や歴米大統領や世界中のセレブたちが愛し、名だたるスター達が幾多の逸話を残していることから、ニューヨーク・タイムズが「秘密の宮殿」と呼んだ伝説の5つ星クラシックホテル“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル”。

ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンをはじめとする総勢38名のスターたちが、カーライルに眠る歴史的な秘話やその魅力を語ります。そしてセレブたちにこよなく愛されるホテルスタッフたちから紐解く、今こそ知りたい究極のおもてなしが明らかになっていく。











































本編 1時間28分
デジタル
カラー
Tribe Called Discord :Documentary of GEZAN
 tribe called discord
●監督:神谷亮佑●出演:マヒトゥ・ザ・ピーポー(『退屈な日々にさようならを』音楽)/イーグル・タカ/カルロス尾崎/石原ロスカル/神谷亮佑●2019年/日本

出会ってしまった意味を知りたい

アメリカツアーで直面した圧倒的な現実。僕らは葛藤という名の部族――009年の結成以来、精力的な活動を続け、野外フェス<全感覚祭>やレーベル<十三月>を主催し、現在の日本のアンダーグラウンドシーンを牽引する若手オルタナティブロックバンドの代表格、“GEZAN”初のドキュメンタリー映画にして、感情の疾走を記録したロードムービー。

■自分たちなりのクラウドファンディング<BODY VUILDING project>で資金を集め、アメリカツアーとスティーブ・アルビニによるアルバムのレコーディングを敢行したGEZAN。彼らの盟友である映像作家“でるお”こと神谷亮佑はそこに帯同する。アメリカの地ではどこへ行っても彼らは歓迎を受け、表向きにはパンク・アンダーグラウンドシーンの世界的な連帯を感じさせた。しかし、そこには先祖の時代から大きく横たわっている根深い人種差別、拭い去れない憎しみが存在する事を彼らは知ることになる。

遠い彼の地で受けた感覚と感情の変化を背負い帰国した彼らだが、その情動は消えるはずも無く、彼らに覆い被さるのだった…。そんな中、アメリカでの映像の編集に向き会っていた“でるお”は極限の状態にまで追い詰められ失踪する。そして、彼らが主催するイベント<全感覚祭>の開催はもう目前に迫っていた…。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
無限ファンデーション
 mugen foundation
●監督:大崎章(『お盆の弟』)●出演:南沙良(『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)/西山小雨/原菜乃華(『はらはらなのか。』)/小野花梨(『ガールズ・ステップ』)/近藤笑菜(『霊的ボリシェヴィキ』)●2018年/日本

世界で一番熱くて尊い、音楽×少女たちの即興劇。

服飾関係の道に進むことを夢見る女子高生の身に起きたちょっと不思議な日々――『お盆の弟』がヨコハマ映画祭で4冠に輝いた大崎章監督が、人気シンガーソングライター西山小雨の楽曲『未来へ』を原案に、未来へと向かう10代の少女たちの姿を即興芝居で紡いでいく青春映画。若手映画監督の登竜門「MOOSIC LAB」の2018年度長編部門で女優賞、ベストミュージシャン賞を受賞。

■高崎で暮らす、人付き合いが苦手な女子高生の未来。密かに服飾の道に進みたいと思っている彼女だが友だちがおらず、誰にも相談できないでいた。そんなある日、リサイクル施設から聞こえてくる澄んだ歌声に導かれ、不思議な少女・小雨と出会う。さらに未来のスケッチを偶然目にした演劇部のナノカに部の衣装スタッフに誘われる。未来は戸惑いながらも少しずつ小雨やナノカたちに心を開いていった。そんな彼女たちのひと夏は思いがけない方向へと走り出していく――。











































本編 1時間25分
デジタル
カラー
ブルーノート・レコード ジャズを超えて 字幕
 blue note records: beyond the notes
●監督:ソフィー・フーバー●出演:ハービー・ハンコック(『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』)/ウェイン・ショーター(『私が殺したリー・モーガン』)/ルー・ドナルドソン/ノラ・ジョーンズ(『マイ・ブルーベリー・ナイツ』)/ロバート・グラスパー(『MILES AHEAD -マイルス・デイヴィス 空白の5年間-』音楽)●2018年/スイス/アメリカ/イギリス

ジャズの過去・現在・未来がここにある。

第二次世界大戦前夜、ナチス統治下のドイツからアメリカに移住した二人の青年、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフ。大のジャズ・ファンであった彼らは、1939年にニューヨークで小さなレコード会社「ブルーノート・レコード」を立ち上げた――マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで、80年にわたりジャズをリードしつづける革新的レーベル「ブルーノート・レコード」。その真実に迫る傑作ドキュメンタリー。

■レコーディングにあたって、アーティストに完全な自由を渡し、かつ新曲を書くよう励ます──理想を求め、妥協することのないライオンとウルフの信念は、ジャズのみならず、アート全般やヒップホップ等の音楽に消えることのない足跡を残してきた。

映画はスタジオの風景から始まる。ロバート・グラスパーを中心に若手アーティスト達で結成されたスーパー・グループ、ブルーノート・オールスターズ。現在のブルーノートを代表する彼らのレコーディング・セッションに、2人のレジェンド、ハービー・ハンコックとウェイン・ショーターが現れる──。のちに監督自身が「魔法のような時間だった」と振り返るスペシャル・セッションの映像やレアなアーカイヴ映像、そして歴代のブルーノートのアーティストたちや、レーベルと密接に関わった人々との対話を通じて、80年にわたり世界中の音楽ファンを魅了しつづけるジャズ・レーベルの真実に迫る。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代 字幕
 klimt&schiele
●監督:ミシェル・マリー●出演:ロレンツォ・リケルミー/リリー・コール(『モスダイアリー』)/エリック・カンデル/ルドルフ・ブッフビンダー(『ピアノマニア』)/ジェーン・カリア●2018年/イタリア

圧倒の絢爛、最高の装飾は、不変の美へと――。

クリムト、そしてシーレの永遠なる魂と官能性は、100年の時を経てなお、人々の心を捉え続ける。19世紀末のウィーンで華麗に花開いた黄金時代が、いま映画で甦る――なぜ今も、クリムトとシーレの作品がウィーンから遠く離れた日本でも人々を魅了するのか。名画に隠されたウィーンのカオスを多角的に目撃できる美術史ドキュメンタリー。「クリムト展」特別タイアップ企画。クリムト、シーレ没後100年記念作品。

■「時代には芸術を、芸術には自由を」――19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでクリムトとエゴン・シーレは人間の不安や恐れ、エロスを描いた新しい絵画の手法を通じて、革新的な芸術作品を次々と生み出していった。金箔を多用し、妖艶で死の香りを漂わせるファム・ファタルを多く手掛けたクリムト。ねじ曲がった体躯と苦悶に満ちた表情で克服できない傷みを描いたシーレ。

本作ではクリムトやシーレの傑作を所蔵するウィーンを代表するアルベルティーナ美術館、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館、美術史美術館、分離派会館、レオポルド美術館、ウィーン博物館、ジークムント・フロイト博物館を巡りながら、ウィーンの黄金時代の始まりと終わりを解説する。コメンテーターはノーベル生理学・医学賞受賞者のエリック・カンデル、大学で美術史を専攻した女優でモデル、そしてケンブリッジ大学で美術史を修めた女優兼モデルのリリー・コール、世界的ピアニストのルドルフ・ブッフビンダー 、美術史家のジェーン・カリアなど各界で活躍する一流の芸術家や歴史家たちだ。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
マルリナの明日 字幕
 marlina the murederer in four acts
●監督・脚本:モーリー・スリヤ●出演:マーシャ・ティモシー/パネンドラ・ララサティ/エギ・フェドリー/ヨガ・プラタマ●2017年/インドネシア/フランス/マレーシア/タイ

闘わなければ道はない――

7人の強盗団から残酷に虐げられた美貌の未亡人マルリナが、自らの正義と明日をかけて、いま、颯爽と馬に跨がり、誰も見たことのない復讐の旅に出る――哀愁が漂うマカロニ・ウェスタンの音楽、獲物を狙うように鈍く光る剣ナタ、灼けつく太陽と果てしない荒野…。インドネシアの若き女性監督が、この上ない映画愛をあふれさせながら、前代未聞の雰囲気を全編にまとわせ、全く新しい〈闘うヒロイン〉を生み出した。インドネシアの荒野から放つ、異色の超痛快“ナシゴレン・ウエスタン”。

■夫と子どもを亡くし、荒野の一軒家で暮らす天涯孤独のマルリナ。突然、彼女のすべてを奪おうとする7人の強盗団に襲われた。暴行を受けながらも、次々と強盗団を倒し、首領マルクスの首を刎ねて窮地から脱出。自らの正当防衛を証明するため、たった一人で、警察署へと向かう。だが、強盗団の残党達はマルクスの復讐を誓って、彼女の跡を追い始めていた…。











































本編 1時間15分
デジタル
カラー
オンネリとアンネリとひみつのさくせん 字幕
 onneli, anneli ja salaperainen muukalainen
●監督・脚本:サーラ・カンテル(『オンネリとアンネリのふゆ』)●出演:アーヴァ・メリカント(『オンネリとアンネリのふゆ』)/リリャ・レフト(『オンネリとアンネリのふゆ』)/エイヤ・アフヴォ(『オンネリとアンネリのふゆ』)/ヤッコ・サアリルアマ(『オンネリとアンネリのふゆ』)/ヨハンナ・アフ・シュルテン(『オンネリとアンネリのふゆ』)●2017年/フィンランド

みんなの幸せはわたしたちが守る

自由のない『子供の家』から逃げてきた少年からそこでの扱いを聞いたオンネリとアンネリは、ある作戦を決行する――北欧から届いた、ちょっぴりおませな女の子たちと、やさしい仲間たちの、勇気の物語。フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミのフィンランド児童文学映画化シリーズ『オンネリとアンネリのおうち』『オンネリとアンネリのふゆ』に続く、第3弾。

■オンネリとアンネリの家の前に、突如、高い柵に囲まれた「子供の家」ができる。そこでは所長のミンナ・ピンナが身寄りのない子供たちを様々な厳しいルールでがんじがらめに縛り付けていた。逃げ出してきた少年から子供の家でのひどい扱いを聞いたオンネリとアンネリは、近所のリキネン夫妻やノッポティーナ&プクティーナ姉妹、プティッチャネン親子と一緒に、子供たちを助けるためある作戦を決行する――。











































本編 1時間11分
デジタル
カラー
7月の物語 字幕
 contes de jullet
●監督・脚本:ギョーム・ブラック(『勇者たちの休息』)●出演:ミレナ・クセルゴ/リュシー・グランスタン/ジャン・ジュデ/テオ・シュドヴィル/ケンザ・ラグナウイ●2017年/フランス

パリと郊外。5人の若い女と5人の若い男。二つの物語。ある夏の一日。

郊外へ遊びに来たミレナとリュシー、帰国が控える留学生ハンネら5人の若い男女が過ごすある夏の日――『女っ気なし』『やさしい人』のギヨーム・ブラックが、フランス国立高等演劇学校の学生たちと作り上げた作品。本作は2本の短篇に分かれているが、2016年7月のパリとその郊外を描いたものとして、ひとつの作品を構成している。

■第一部「日曜日の友だち」L’Amie du dimanche:7月の晴れた日曜日、会社の同僚ミレナとリュシーは、女2人でパリ郊外セルジー=ポントワーズのレジャーセンターへ遊びにいく。そこで偶然、ジャンという青年と出会い、芽生え始めた2人の友情に亀裂が入る。

第二部「ハンネと革命記念日」Hanne et la fête nationale:7月14日、革命記念日で盛り上がるパリ。国際大学都市に住む女子留学生のハンネは、明日の帰国を前に、パリ最後の夜を楽しもうとするが…。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
アンダー・ユア・ベッド 
 under your bed
●監督・脚本:安里麻里(『氷菓』)●出演:高良健吾(『悼む人』)/西川可奈子(『私は絶対許さない』)/安部賢一(『ガチ星』)/三河悠冴(『真夜中きみはキバをむく』)/三宅亮輔●2019年/日本

覗いていたい。このままずっと――

30年存在しなかった男の孤独に蝕まれた愛は狂気となった――「殺人鬼を飼う女」「甘い鞭」や「呪怨」ノベライズなど数々の話題作を世に送り出した大石圭の角川ホラー文庫処女作にして、孤独な人生を送る男のほんの微かな甘い記憶に執着する歪んだ愛を、純粋にそして盲目的に描いた人気小説「アンダー・ユア・ベッド」を映画化したサスペンス。

■三井直人は、今から11年前、大学の講義中に「三井くん」と名前を呼んでくれた佐々木千尋のことをふいに思い出した。講義後に千尋を喫茶店に誘い、彼女が好きだというマンデリンのコーヒーを飲み、飼育しているグッピーを分けてあげる話をしたのだった。三井は人生で唯一幸せだったこの時を思い出し、“もう一度名前を呼ばれたい”一心で、現在の彼女の自宅を探し出し、近くにいられるよう引っ越し、観賞魚店をオープンさせた。

しかし、目の前に現れた千尋にあの日のキラキラとした眩しい面影はなく、今にも消え入りそうな虚ろな表情の変わり果てた姿に。数日後、千尋が店に来店するも、当然三井のことは覚えてはいないが、“グッピーを飼育する”という絶好の機会を得ることができ、その日以降無断で千尋の家の合鍵を作り、留守を見計らい定期的に潜入し、寝室のベッドに盗聴器を仕掛け盗聴、窓越しに望遠レンズで盗撮し毎日近くから監視する毎日が始まった。だが、見えてきたものは、夫・浜崎健太郎から激しいDVを受ける凄惨な姿であった…。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
コレット 字幕 
 colette
●監督・脚本:ウォッシュ・ウエストモアランド(『アリスのままで』)●出演:キーラ・ナイトレイ(『くるみ割り人形と秘密の王国』)/ドミニク・ウェスト(『トゥームレイダー ファースト・ミッション』)/デニース・ゴフ/フィオナ・ショウ(『ツリー・オブ・ライフ』)/エレノア・トムリンソン(『ジャックと天空の巨人』)●2018年/イギリス/アメリカ

■ココ・シャネルに愛され、オードリー・ヘプバーンを見出した、実在の小説家

1893年、コレットは人気作家ウィリーとの結婚を機に、パリへと移り住む。実は自分の作品を他の作家たちに書かせていたウィリーはコレットの才能に気づき、自身の自伝的小説を書かせる――フランス文学界で最も知られている女性作家シドニー=ガブリエル・コレット。片田舎に生まれ育った自由奔放な少女が、いかにしてフランス屈指のベストセラー作家になったのか。カリスマ的な人気を誇る作家ウィリーとの波乱に満ちた結婚生活や運命を変えた出会い、そして“本当の自分”を見つけるまでの半生を描いた人間ドラマ。

■フランスの田舎町サン・ソヴールで生まれ育ったコレット。豊かな自然と心優しい両親に囲まれながら平穏な日々を送る一方で、14歳年上の人気作家ウィリーと出会い、激しい恋に落ちていた。1893年、大人の女性へと成長したコレットは、結婚を機にそれまでとは別世界のパリへと移り住む。

“ベル・エポック”真っ只中の活気にあふれていた1890年代のパリ。コレットは夫のウィリーとともに芸術家たちの集うサロンへと足繫く通うことになる。初めは馴染めなかったコレットも、少しずつ新しい環境へ順応していき、いつの間にか享楽の世界に浸っていた。しかし、派手な暮らしの裏では、ウィリーの浪費癖が原因で借金はかさんでいくばかり。さらに、ウィリーは編集の勉強会と称して、ほかの作家たちに自分の作品を書かせていたのだった。

そんななか、コレットの才能にいち早く気が付いたウィリーは、自身のゴーストライターとして彼女に自伝的な小説を書かせることに。その後、コレットが執筆した「クロディーヌ」シリーズは、社会現象を巻き起こすほどの一大ブームとなるのだった。革新的な商才のあったウィリーは、本の出版だけにとどまらず、舞台化やブランドを立ち上げることで幅広く商品を展開することを思いつく。











































本編 2時間12分
デジタル
カラー
アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場 字幕 
 tuntema ton sotilas
●監督・脚本:アク・ロウヒミエス(『4月の涙』)●出演:イ―ロ・アホ(『4月の涙』)/ヨハンネス・ホロパイネン/アク・ヒルヴィニスミ/ハンネス・スオミ/ユッシ・ヴァタネン(『ラップランド・オデッセイ』)●2017年/フィンランド

北限の大地、3年2ヶ月、壮絶なる戦闘の果てに兵士たちは何を得たのか。

フィンランドは1939年からソ連と戦った“冬戦争”が翌年に終結。その代償としてカレリア地方を含む広大な国土をソ連に占領された。国土回復を掲げ、1941年フィンランドはドイツと手を組み再びソ連との戦争を開始した――フィンランドで知らない人はいないヴァイニョ・リンナの古典小説「無名戦士」を原作に、第2次世界大戦時に祖国防衛のため継続戦争をソ連軍と戦ったフィンランド兵士の壮絶な姿を描く。フィンランド映画史上最高動員を記録した戦争アクション大作。

■1939年から40年にかけてソ連によるフィンランドへの侵略“冬戦争”が戦われ、フィンランドは敗れた。1941年にドイツがソ連へ侵攻したのに呼応して、フィンランドはソ連との戦争を再開。それから1944年にかけて戦われた戦争を“継続戦争”と呼ぶ。この戦争に参加した一機関銃中隊に配属された熟練兵ロッカは家族と農業を営んでいたが、冬戦争でその土地をソ連に奪われ、領土を取り戻し元の畑を耕したいと願っている。婚約者をヘルシンキに残して最前線で戦うカリルオトは、ヘルシンキで式を挙げてすぐに戦場へとんぼ返りする。そのほか、戦場でも純粋な心を失わないヒエタネン、中隊を最後まで指揮するコスケラらが壮絶な戦いに身を投じていく…。











































本編 2時間32分
デジタル
カラー
ハウス・ジャック・ビルト 字幕 
 the house that jack built
●監督・脚本:ラース・フォン・トリアー(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』)●出演:マット・ディロン(『クラッシュ』)/ブルーノ・ガンツ(『ヒトラー/最期の12日間』)/ユマ・サーマン(『キル・ビル』)/シオバン・ファロン(『愛さずにはいられない』)/ソフィー・グローベール(『きっと、いい日が待っている』)●2018年/デンマーク/フランス/ドイツ/スウェーデン

ゾッとするほど、魅力的

強迫性障害の殺人鬼、ジャック。12年間の告白――1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックはあるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭する――あらゆるタブーに物怖じせず大胆なテーマに切り込み、常に物議を醸してきたラース・フォン・トリアー監督最新作は、カンヌ国際映画祭公式上映では途中退出者続出、賛否両論“破格の問題作”の過激スリラー。

■1970年代、ワシントン州。ジャックは、ハンサムな容姿を持ち、建築家を目指す技師だった。そんな彼が、ある日運転していると道端で助けを求める女性に出会う。ジャックは彼女の壊れた車を修理するために、彼女を知り合いの技師の元へと連れて行くのだが…。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
トム・オブ・フィンランド 字幕
 tom of finland
●監督:ドメ・カルコスキ(『ラップランド・オデッセイ』)●出演:ペッカ・ストラング(『ファブリックの女王』)/ジェシカ・グラボウスキー/ラルリ・ティルカネン(『サイレンス』))●2017年/フィンランド/スウェーデン/デンマーク/ドイツ/アメリカ

ゲイアートの先駆者「トム・オブ・フィンランド」こと、トウコ・ラークソネンの波乱の半生とは!?

国の「恥」とまで言われた男は、世界中の人々の「自由」と「誇り」のシンボルになった。鉛筆一本でゲイカルチャーに革命を起こした、20世紀最も偉大なエロティック・アーティストの数奇な半生――今やゲイカルチャーのアイコンとなっている、あの美しく逞しい男性像。フレディ・マーキュリーをはじめ、無数の人々に勇気とインスピレーションを与えた伝説のアーティスト。その知られざる生涯を描いた伝記ドラマ。

■同性愛が厳しく罰せられた第二次世界大戦後のフィンランド。帰還兵のトウコ・ラークソネンは、昼間は広告会社で働き、夜は鍵のかかった自室で己の欲望をドローイングとして表現していた。スケッチブックの中で奔放に性を謳歌しているのは、レザーの上下に身を包み、ワイルドな髭をたくわえた筋骨隆々の男たち――トウコが仲間とこっそり楽しむために描き続けたそれらの絵は、「トム・オブ・フィンランド」の作家名でアメリカの雑誌の表紙を飾ったことをきっかけに、ゲイ男性たちの希望のイメージとして世界中に広がっていく。

数年後のアメリカ。エイズが流行し、同性愛者に対するバッシングが激化する中、ゲイカルチャーを先導する立場となったトム・オブ・フィンランドことトウコは、堂々とした姿で仲間の前に現れ、自由とプライドの意味を問いかける――。











































本編 1時間16分
デジタル
カラー
僕はイエス様が嫌い
 boku wa iesusama ga kirai
●監督・脚本:奥山大史●出演:佐藤結良/大熊理樹/チャド・マレーン(『新選組オブ・ザ・デッド』)/木引優子(『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』)/ただのあっ子●第66回サンセバスチャン国際映画祭 最優秀新人監督賞受賞●2019年/日本

新しいけど、懐かしい。重いけど、軽やか。 切なくて、面白くて… そして、やっぱり面白い。(是枝 裕和)

東京から雪深い地方のミッション系の小学校に転校してきた少年ユラ。日々の礼拝に戸惑う彼の前に、他人には見えない小さなイエス様が現れる――期待の新鋭、奥山監督がユーモラスかつ実直に織りなす奇跡の少年成長物語。

■祖母と一緒に暮らすために、東京から雪深い地方のミッション系の小学校へ転校することになった少年ユラ。日々の礼拝に戸惑うユラの前に現れたのは、小さな小さなイエス様だった。他の人には見えないけれど、願い事を必ず叶えてくれるイエス様を信じ始めたころ、ユラに大きな試練が降りかかる…。











































本編 1時間21分
デジタル
カラー
ピアッシング 字幕 
 piercing
●監督:ニコラス・ペッシェ●出演:クリストファー・アボット(『イット・カムズ・アット・ナイト』)/ミア・ワシコウスカ(『クリムゾン・ピーク』)/ライア・コスタ(『ヴィクトリア』)●2018年/アメリカ

理性が崩壊する

主人公は幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動を抑えるためにSM嬢の殺害を計画。しかし呼び出した女はいきなり自分自身を傷つけはじめる――三島由紀夫、谷崎潤一郎など、日本を代表する作家の作品がこれまで多くの海外映像クリエイターたちに影響を与えてきた。その中でもひと際異彩を放つ村上龍の「ピアッシング」がハリウッドで映画化。殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女の“狂気を突き放す”サイコスリラー。

■高層マンションの一室で、リードは無邪気な幼い娘にアイスピックを向けていた。あと一歩で突き刺さしそうになったところで、妻のモナが目を覚まし、踏みとどまる。殺人衝動に取り憑かれている彼には、娘から衝動を駆り立てる幻聴のような声が聞こえていた。そして衝動から逃れるため、SM嬢をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。

出張用の旅行バッグにアイスピックと縄と拘束具を忍ばせ、会話も動きも入念にリハーサルし、女を待つリード。やってきたのは、どこかあやうい雰囲気を漂わせるジャッキーという女だった。シャワールームに入った彼女は、いつまで経っても出てこようとしなかった。苛立ったリードが堪らず扉を開けると、彼女は自分の足に刃物を突き刺し、血だらけになっていた。止めに入っても、ジャッキーはエキセントリックな声を上げ自傷行為を続ける。これはリアルな悪夢なのか、それともシュールな現実か。刃を外に向ける者と内に向ける者。衝動と願望が交錯していく…。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
マーウェン 字幕
 welcome to marwen
●監督:ロバート・ゼメキス(『ザ・ウォーク』)●出演:スティーブ・カレル(『ビューティフル・ボーイ』)/レスリー・マン(『40歳の童貞男』)/ダイアン・クルーガー(『女は二度決断する』)/メリット・ウェヴァー(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)/ジャネール・モネイ(『ムーンライト』)●2018年/アメリカ

生きる。と決めた――

ヘイトクライム(憎悪犯罪)の犠牲により障害を抱えた彼を救ったのは空想の世界(マーウェン)だった――暴行を受けて心身ともに大きな傷を負った主人公が、独自の世界観でカメラマンとして認められ、現実と向き合う勇気を獲得していく姿を、実話をもとに描いたヒューマンドラマ。21世紀の『フォレスト・ガンプ/一期一会』の呼び声高いロバート・ゼメキス監督待望の最新作。

■ある日、5人の男から暴行を受けたマーク・ホーガンキャンプは、9日間の昏睡状態に陥る。目覚めたとき、自分の名前も覚えておらず、歩くこともままならない状態だった。脳に障害を抱え、PTSDにも苦しむマークは、リハビリのためフィギュアの撮影を始め、自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使って空想の世界“マーウェン”を作り上げる。

“マーウェン”の中では、G.I.ジョーのホーギー大佐と5人のバービー人形がナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げ、その様子を撮影したマークの写真は次第に評価され、やがて個展が開かれることになるが…。











































本編 2時間15分
デジタル
カラー
田園の守り人(もりびと)たち 字幕
 les gadiennes
●監督・脚本:グザヴィエ・ボーヴォワ(『神々と男たち』)●出演:ナタリー・バイ(『たかが世界の終わり』)/ローラ・スメット(『ブルゴーニュで会いましょう』)/イリス・ブリー/シリス・デクール/ジルベール・ボノー●2017年/フランス/スイス

母なる大地で女たちは、愛の種を撒き、人生の実を刈り取っていく――

第一次世界大戦下のフランスで、出征した男たちに代わり、必死に農場を守り続けた三人の女たち――男たちの銃後を守る女たちの戦いと、寡黙な彼女たちの胸に渦巻く思いを、静謐な田園風景の中に鮮やかに浮かび上げる感動のヒューマンドラマ。

■1915年、第一次世界大戦下のフランス。ミレーの絵画を思わせる美しい田園風景。2人の息子を西部戦線に送り出した農園の未亡人オルタンスは、やはり夫を戦場にとられている娘ソランジュとともに、冬を前に種まきに備えなければならない。オルタンスは若い働き手フランシーヌを雇い入れる。誠実な彼女は女主人の信頼を得て、家族同然に暮ら始める。女たちだけでなく、前線から一時休暇で帰ってくる次男ジョルジュもまた慎ましやかなフランシーヌに惹かれてゆくが…。











































本編 1時間39分
デジタル
カラー
あなたの名前を呼べたなら 字幕
 sir
●監督・脚本:ロヘナ・ゲラ●出演:ティロタマ・ショーム(『モンスーン・ウェディング』)/ヴィヴェーク・ゴーンバル(『裁き』)/ギーターンジャリ・クルカルニー(『ガンジスに還る』)●2018年カンヌ国際映画祭 批評家週間GAN基金賞受賞●2018年/インド/フランス

■決して交わるはずのない、ふたり。近くて遠いふたつの世界が交差した時――。

インド・ムンバイ。ラトナは裕福なアシュヴィンに仕える住み込みの家政婦。近くて遠い二人の世界が交差した時――カンヌが注目する女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作は、カースト制度が根強く残るインド社会を背景に、農村生まれのメイドの女性と、大企業の御曹司が様々な制約を超えた愛を育もうとする様を描くラブ・ストーリー。

■経済発展著しいインドのムンバイ。農村出身のメイド、ラトナの夢はファッションデザイナーだ。夫を亡くした彼女が住み込みで働くのは、建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭――のはずだったが、結婚直前に婚約者の浮気が発覚し破談に。広すぎる高級マンションで暮らす傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは身の回りの世話をしていた。ある日、彼女がアシュヴィンにあるお願いをしたことから、ふたりの距離が縮まっていくが…。











































本編 2時間15分
デジタル
カラー
荒野の誓い 字幕
 hostiles
●監督:スコット・クーパー(『クレイジー・ハート』)●出演:クリスチャン・ベール(『バイス』)/ロザムンド・パイク(『ゴーン・ガール』)/ウェス・ステューディ(『ニュー・ワールド』)/ベン・フォスター(『疑惑のチャンピオン』)/ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)●2017年/アメリカ

強烈な生きざま

伝説の陸軍大尉。家族を殺された未亡人。死を目前としたシャイアン族の首長。それぞれの目的を果たすため、命がけの旅に出る――『悪党に粛清を』『ある決闘 セントヘレナの掟』に続くウエスタン・ノワールの第3弾は、産業革命後の開拓地を舞台にした壮大にして深遠な西部劇。

■1892年、産業革命によって急速に開拓地や街へと変貌を遂げつつあるアメリカ・ニューメキシコ州。インディアン戦争の英雄で、現在は看守を務めるジョー・ブロッカーは、かつて宿敵関係にあったシャイアン族の酋長イエロー・ホークとその家族をモンタナ州へ護送する任務に就く。ニューメキシコからコロラド、そしてモンタナへ。その道中でコマンチ族の虐殺によって家族を失った過去を持つロザリーと出会い、彼女も旅に加わることとなる。一行はなんとか厳しい辺境地を乗り越えたが、ある地点で互いの協力なしでは生きていけない危機的な状況に陥ってしまう…。











































本編 1時間17分
デジタル
カラー
TOURISM
 tourism
●監督・脚本:宮崎大祐(『大和(カリフォルニア)』)●出演:遠藤新菜(『大和(カリフォルニア)』)/SUMIRE(『サラバ静寂』)/柳喬之(『あまのがわ』)●2018年/シンガポール/日本

■MAGICAL MISTERY TOUR FROM JAPAN TO SINGAPORE

うちらならどこまでもいける。まだ世界を知らない少女たちの国境なき旅――今を生きる少女たちが観光客として身軽に家を飛び出し、期せずしてシンガポール本来の姿に出会うまでを描くロードムービー。

■フリーターのニーナ(遠藤新菜)は東京からほど近い地方都市・神奈川県大和市でスー、ケンジとシェアハウスをしている。ある日、世界中どこにでも行けるペア旅行券の抽選に当たったニーナは、くじ引きで決めた行先・シンガポールをスーと共に訪れる。初の海外旅行であったが、日本とあまり代わり映えしない街並みに少し失望する二人。そんな中、チャイナタウンで携帯電話を失くしたニーナはスーとはぐれてしまう…。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
風をつかまえた少年 字幕
 the boy who harnessed the wind
●監督・脚本:キウェテル・イジョフォー(『シークレット・アイズ』出演)●出演:キウェテル・イジョフォー(『ドクター・ストレンジ』)/マックスウェル・シンバ/アイサ・マイガ(『パリ、ジュテーム』)●第69回ベルリン国際映画祭 公式上映●2018年/イギリス/マラウイ

僕がどうやって風力発電で未来を手に入れたのか。

世界で最も貧しい国のひとつアフリカのマラウイ。図書館で見つけた一冊の本を元に、電気を起こす風車で村を救った少年の奇跡の実話――23カ国翻訳の世界的ベストセラーを映画化。『それでも夜は明ける』の主演俳優キウェテル・イジョフォーが初監督に挑んだ感動のヒューマンドラマ。

■2001年、アフリカの最貧国のひとつマラウイを大干ばつが襲う。14歳のウィリアムは飢饉による貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で一冊の本と出会い、独学で風力発電のできる風車を作り、乾いた畑に水を引くことを思いつく。いまだに祈りで雨を降らせようとする村で、最愛の父でさえウィリアムの言葉に耳を貸さない。それでも家族を助けたいという彼のまっすぐな想いが、徐々に周りを動かし始める――。











































本編  時間 分
デジタル
カラー
タロウのバカ 
 tarou no baka
●監督:大森立嗣(『日日是好日』)●出演:YOSHI/菅田将暉(『となりの怪物くん』)/太賀(『海を駆ける』)/奥野瑛太(『世界から猫が消えたなら』)/植田紗々●2019年/日本

すきってなに?しぬってなに?

世界を壊し常識を覆す3人の少年を目撃せよ――戸籍がなく、自身の本名さえない少年を含む悪友3人組の先の見えない日々と、それでもなお消えることのない青春の輝き。刹那的に生きる3人の過激な日常を描いた社会派青春ドラマ。

■戸籍も持たず、一度も学校に通ったことのない少年タロウには、エージとスギオという高校生の仲間がいる。エージとスギオはそれぞれ悩みを抱えていたが、タロウとつるんでいる時だけはなぜか心を解き放たれるのだった。空虚なほどだだっ広い町をあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じる3人だったが、偶然にも1丁の拳銃を手に入れたことから、それまで目を背けてきた過酷な現実に向き合うこととなる。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
五億円のじんせい
 5okuen no jinsei
●監督:ムン・ソンホ●出演:望月歩(『ソロモンの偽証』)/山田杏奈(『ミスミソウ』)/森岡龍(『榎田貿易堂』)/松尾諭(『SP 革命篇』)/芦那すみれ(『ジムノペディに乱れる』)●2019年/日本

五億円稼いで、ボクは死ぬ

かつて五億円の募金で命を救われた少年。17歳の夏、死ぬために始めた闇バイトで見つけた、命の本当のねだん――GYAOとAmuseによる映画製作オーディション企画「NEW CINEMA PROJECT」第一回グランプリ作品を映画化。募金5億円により心臓手術に成功し、命を救われた過去のある少年の生き様を描く青春ドラマ。

■幼少期、善意の募金五億円により難病から命を救われた少年。健康に成長し高校生になった彼は、五億円にふさわしい人生を送るべく、周囲からの期待や、マスコミに晒される窮屈な青春を送っていた。ある日、とある出来事をきっかけに彼は生きる意味を見失い、SNSで自殺を宣言。そこに、見知らぬ誰かからメッセージが届く。「死ぬなら、五億円返してから死ね」家を飛び出し、お金と人生に向き合う旅には思わぬ出会いが待っていた――。











































本編 1時間28分
デジタル
モノクロ
COLD WAR あの歌、2つの心 字幕
 zimna wojna
●監督・脚本:パヴェウ・パヴリコフスキ(『イーダ』)●出演:ヨアンナ・クーリグ(『あの日 あの時 愛の記憶』)/トマシュ・コット/ボリス・シィツ/アガタ・クレシャ(『イーダ』)/セドリック・カーン(『おとなの恋の測り方』)●第71回カンヌ国際映画祭 監督賞受賞●第91回アカデミー賞 監督賞/撮影賞/外国語映画賞ノミネート●2018年/ポーランド/イギリス/フランス

一緒にいたいだけ

冷戦下のポーランドで恋に落ち、時代に引き裂かれたピアニストと歌手――光と影のコントラストでモノクロなのに鮮烈としか言いようのない映像、愛し合う男女の引き裂かれてはなお一層求め合う行方の分からないストーリー展開、さらに二人の心情を奏でる音楽が絶賛された、心と五感を刺激する極上のラブストーリー。

■冷戦に揺れるポーランドで、歌手を夢見るズーラとピアニストのヴィクトルは音楽舞踊団の養成所で出会い、恋におちる。だが、ヴィクトルは政府に監視されるようになり、パリに亡命する。ズーラは公演で訪れた先でヴィクトルと再会、幾度かのすれ違いを経て共に暮らし始める。しかし、ある日突然ズーラはポーランドへ帰ってしまう。あとを追うヴィクトルに、思いもかけぬ運命が待ち受けていた…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
ワイルドライフ 字幕 
 wildlife
●監督・脚本:(『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』出演)●出演:キャリー・マリガン(『未来を花束にして』)/ジェイク・ギレンホール(『ボストン ストロング』)/エド・オクセンボールド(『ヴィジット』)/ビル・キャンプ(『聖なる鹿殺し』)●2018年/アメリカ

僕は二人から、人生のすべてを学んだ。

父の失業。母の浮気。別離、そして新たな道――壊れゆく家族の姿を14歳の息子の心情を通して描く、切なくも優しい物語。独特のナイヴな演技で、ポール・トーマス・アンダーソン、ドゥニ・ヴィルヌーヴら鬼才とのコラボレーションを重ねてきた演技派スター、ポール・ダノの鮮烈なる監督デビュー作。

■1960年代、カナダとの国境にほど近いモンタナ州の田舎町。14歳のジョーは、ゴルフ場で働く父ジェリーと、家庭を守る母ジャネットの1人息子だ。新天地での生活がようやく軌道に乗り、睦まじい夫婦の姿を息子が安堵の面持ちで眺めていたのもつかの間、ジェリーが職場から解雇されてしまう。さらに、ジェリーは命の危険も顧みず、山火事を食い止める出稼ぎ仕事に旅立ってゆく。

残されたジャネットとジョーは働くことを余儀なくされ、母はスイミングプール、息子は写真館での職を見つけるが、生活が安定するはずもない。やがてジョーは、優しかった母が不安と孤独にさいなまれ、生きるためにもがく姿を目の当たりにすることになる…。











































本編 2時間02分
デジタル
カラー
シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢 字幕 
 le grand bain
●監督・脚本:ジル・ルルーシュ(『プレイヤー』)●出演:マチュー・アマルリック(『バルバラ -セーヌの黒いバラ-』)/ギョーム・カネ(『セザンヌと過ごした時間』)/ブノワ・ポールヴールド(『今さら言えない小さな秘密』)/ジャン=ユーグ・アングラード(『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』)/ヴィルジニー・エフィラ(『おとなの恋の測り方』)●2018年/フランス

人生を舞え。ぶざまにかっこよく

おじさんシンクロチームが巻き起こす、七転八倒の生き様改革――人生の折り返し地点を過ぎ、家庭、仕事、将来 etc で生き悩む8人のおじさんたちが、プールを舞台にイチかバチかの再起に挑む姿を、実話を基に描くヒューマンドラマ。

■2年前からうつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送っているベルトラン。子供たちからは軽蔑され、義姉夫婦からも嫌味を言われる日々をどうにかしたいと思っていたある日、地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミング」のメンバー募集を目にする。途端に惹きつけられたベルトランはチーム入りを決意するが、そのメンバーは、妻と母親に捨てられた怒りっぽいロラン、事業に失敗し自己嫌悪に陥るマルキュス、内気で女性経験のないティエリー、ミュージシャンになる夢を捨てられないシモンなど皆、家庭・仕事・将来になにかしらの不安を抱え、ミッドライフ・クライシス真っただ中の悩めるおじさん集団だった。

元シンクロ選手のコーチ、デルフィーヌのもと、あらゆるトラブルに見舞われながらもトレーニングに励むおじさんたち。そして無謀にも、世界選手権で金メダルを目指すことになるのだが――。











































本編 2時間05分
デジタル
カラー
存在のない子供たち 字幕 
 capernaum
●監督・脚本:ナディーン・ラバキー(『キャラメル』)●出演:ゼイン・アル=ラフィーア/ヨルダノス・シフェラウ/ボルワティフ・トレジャー・バンコレ/カウサル・アル=ハッダード/ファーディー・カーメル・ユーセフ●第71回カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞●第91回アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート●2018年/レバノン/フランス

両親を告訴する。こんな世の中に僕を産んだから。

誕生日も知らない、戸籍もない少年ゼイン。両親を告訴するに至るまでの痛切な思いが心を揺さぶる――苛烈なまでの中東の貧困と移民問題を背景に、わずか12歳の少年が、過酷な現実を懸命に生きる姿を描いた社会派ドラマ。

■わずか12歳で、裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれたゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。学校へ通うこともなく、兄妹たちと路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に劣悪な労働を強いられていた。唯一の支えだった大切な妹が11歳で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出したゼインを待っていたのは、さらに過酷な“現実”だった。果たしてゼインの未来は――。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
ドッグマン 字幕
 dogman
●監督:マッテオ・ガッローネ(『ゴモラ』)●出演:マルチェロ・フォンテ/エドアルド・ペッシェ(『神様の思し召し』)/アダモ・ディオジーニ●第71回カンヌ国際映画祭 主演男優賞/パルム・ドッグ賞 受賞●2018年/イタリア/フランス

男は落ちてしまった――。幸せな日常にあいた、不条理という名の穴に。

犬を愛する男が選んだ、あまりにも奇妙だが胸を打つ結末とは――『ゴモラ』『リアリティー』でカンヌ国際映画祭の審査員特別グランプリに2度輝いた、現代のイタリア映画界を背負って立つ鬼才マッテオ・ガローネ監督が1980年代のイタリアで起こった殺人事件にインスパイアされて放つ衝撃のサスペンス。

■イタリアのさびれた海辺の町で、〈ドッグマン〉という犬のトリミングサロンを営むマルチェロ。質素な店だが、大好きな犬の世話をしながら、愛する娘と会う時間と、仲間と食事やサッカーを楽しむひと時さえあれば、温厚で小心者のマルチェロは幸せだ。だが一方で、暴力的な友人のシモーネに利用され、支配される関係から抜け出せずにいた。ある日、シモーネから持ち掛けられた儲け話を断り切れなかったマルチェロは、その代償として仲間たちの信用とサロンの顧客を失い、娘とも会えなくなってしまう──。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
ココロ、オドル OKINNAWAN BLUE
 kokoro, odoru
●監督・脚本:岸本司(『琉球バトルロワイアル』)●出演:尚玄(『いぬむこいり』)/吉田妙子(『やぎの冒険』)/ダニエル・ロペス/仲宗根梨乃/仁科貴(『道しるべ』)●2019年/日本

海の島の、時に不器用で、ほろっと笑える、3つの家族の物語。

「SSFF & ASIA 2015」ジャパン部門優秀賞、「LA映画フェスタ」ゴールデン・ジパング賞を受賞した短編映画『こころ、おどる』を長編化。沖縄県慶良間諸島の美しい自然を背景に、不器用ながらも愛を求める3組の家族の物語を描いたオムニバス映画。

■英語の通じない島の民宿に宿泊することになった外国人夫婦。罪を犯し、逃亡中にもかかわらず息子のために島に帰ってきた男。妻が浮気相手と共に島から出て行き、残されてしまった義理の父と娘。不器用ながらも愛を求める3組の家族。そのココロは、美しい慶良間諸島の自然と島の人々のチムググル(愛情)によってほぐされ、やがてココロが打ち解けていく――。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
世界の涯ての鼓動 字幕
 submergence
●監督:ヴィム・ヴェンダース(『アランフエスの麗しき日々』)●出演:ジェームズ・マカヴォイ(『スプリット』)/アリシア・ヴィキャンデル(『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』)/アレクサンダー・シディグ(『マリア(2006)』)/ケリン・ジョーンズ/レダ・カティブ(『永遠のジャンゴ』)●2017年/イギリス

もう二度と逢えないのかもしれない

絶体絶命の「死地」での任務。男は無法地帯ソマリア、女は前人未踏の深海へ――来年で長編監督デビューから50年、『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』のヴィム・ヴェンダース監督が、世界の果てと涯てに引き裂かれた恋人たちを描く、狂おしくも切ないラブ・サスペンス。

■ノルマンディーの海辺に佇むホテルで出会い、わずか5日間で情熱的な恋におちたダニーとジェームズは、別れの朝の引き裂かれるような痛みに、互いに生涯の相手だと気付く。だが、生物数学者のダニーには、グリーンランドの深海に潜り地球上の生命の起源を解明する調査が、MI-6の諜報員であるジェームズには、南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止する任務が待っていた。やがて恐れは現実となり、ダニーの潜水艇が海底で操縦不能に、ジェームズはジハード戦士に拘束されてしまう。果たして、この極限の死地を抜け出し、最愛の人を再びその胸に抱きしめることができるのか──?











































本編 1時間48分
デジタル
カラー
マイ・エンジェル 字幕 
 gueule d'ance
●監督・脚本:ヴァネッサ・フィロ●出演:マリオン・コティヤール(『アサシン クリード』)/エイリーヌ・アクソイ=エテックス/アルバン・ルノワール(『ゴール・オブ・ザ・デッド』)●2018年/フランス

あなただけが、私のすべて。

愛し方が分からない母と、愛されたことのない娘。手探りで紡ぎ上げる、二人の<愛>の形とは――『エディット・ピアフ -愛の讃歌-』のアカデミー賞女優マリオン・コティヤールが新人女性監督の脚本に魅了されて挑んだ、世界から取り残された母と娘の痛切な愛の物語。

■南仏コート・ダジュールのシングルマザー、マルレーヌは、8歳の娘エリーを“エンジェル・フェイス”という愛称で慈しみ、気まぐれなその日暮らしの生活を送っていた。しかし酒癖の悪さがたたり、結婚相手の男性との関係が破綻したマルレーヌは、厳しい現実から逃れるようにエリーの前から姿を眩くらましてしまう。

アパートに置き去りにされたエリーは、ヴァカンスの季節が過ぎ去った街を危うげにさまよい、海辺のトレーラーハウスに住む孤独な青年フリオに「パパは知らない。ママはいなくなった」と打ち明ける。やがて自分を取り巻くこの世界の残酷さを知り、行き場を失ったエリーは、突然舞い戻ってきたマルレーヌを拒絶して衝撃的な行動に走るのだった…。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
やっぱり契約破棄していいですか!? 字幕
 dead in a week: or your money back
●監督:トム・エドモンズ●出演:アナイリン・バーナード(『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』)/トム・ウィルキンソン(『否定と肯定』)/フレイア・メーバー(『モダンライフ・イズ・ラビッシュ -ロンドンの泣き虫ギタリスト-』)/マリオン・ベイリー(『ターナー、光に愛を求めて』●2018年/イギリス

最後に笑うのはどっちだ!?Wシチュエーション痛快エンターテインメント!

クビ寸前の殺し屋(ノルマまであと一人…) VS 死にたい小説家(でもやり残したことが…)――注目の若手英国男子×ベテラン俳優が、人生の奇妙なめぐり合わせを人間臭くてシニカルなユーモアたっぷりに紡ぎ上げた痛快ブラックコメディ。

■青年ウィリアムは、小説家を目指すも全く芽が出ず、人生に絶望し7回も自殺を試みたがいずれも失敗している。一方、長年殺し屋としてキャリアを積んできたレスリーは、英国暗殺者組合の毎月の暗殺件数のノルマを達成できず引退に追い込まれていた。ある日この二人は出会い、“死にたい小説家”ウィリアムは、“クビ寸前の殺し屋”レスリーに一週間以内に殺してもらう契約を結ぶ。これにて一件落着!と思いきや、ウィリアムの前にキュートな彼女が現れ…。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
よこがお 
 yokogao
●監督・脚本:深田晃司(『海を駆ける』)●出演:筒井真理子(『淵に立つ』)/市川実日子(『レンタネコ』)/池松壮亮(『君が君で君だ』)/須藤蓮/小川未祐●2019年/日本/フランス

ある女の、ささやかな復讐。

市子は「無実の加害者」なのか?絶望の淵で、なおも生きる彼女の決意――ある事件をきっかけに人生を奪われた女の哀しく危険な復讐。美しくも残酷な、極上のヒューマン・サスペンス。『淵に立つ』の深田晃司監督が挑む新たなる衝撃作。

■リサと名乗るその女は、和道の前に突然現れた。美容師と客として、リサと接していた和道だったが、やがて彼女の不思議な魅力に惹かれていく。リサの本当の名前は市子、かつては周囲から厚く信頼される訪問看護師だった。基子という訪問先の娘で、市子に憧れ以上の感情を抱く者もいた。ところがある日、基子の妹のサキが失踪する。まもなく無事保護されるが、逮捕された容疑者は意外な人物だった。

事件への関与が疑われた市子は、ねじ曲げられた真実と予期せぬ裏切りにより、築き上げた生活のすべてが音を立てて崩れてゆく。葛藤の末、“リサ”となった市子が誓った復讐とは? 和道に近付いた本当の目的は――?












































本編 1時間55分
デジタル
カラー
火口のふたり 
 kakou no futari
●監督:荒井晴彦(『身も心も』)●出演:柄本佑(『素敵なダイナマイトスキャンダル』)/瀧内公美(『彼女の人生は間違いじゃない』)●2019年/日本

身体の言い分に身を委ねる、男と女

「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」「生きてようね、すぐ死ぬから。それまではこの世の夢、追いかけようね」――直木賞作家・白石一文作品初の映画化。数々の作品で、男と女のエロティシズムを表現し、キネマ旬報脚本賞に5度輝く、日本を代表する脚本家・荒井晴彦が『この国の空』以来4年ぶりに脚本・監督に挑む。「世界が終わるとき、誰と何をして過ごすか?」という究極の問いを突きつける極限の愛の物語。

■十日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす。新しい生活のため片づけていた荷物の中から直子が取り出した1冊のアルバム。そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」直子の婚約者が戻るまでの五日間。身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先は――。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
ジョアン・ジルベルトを探して 字幕
 where are you, joao gilberto?
●監督:ジョルジュ・ガショ●出演:ジョルジュ・ガショ/ガリンシャ(『GiNGA/ジンガ』)/アンセル・モ・ホシャ/ホベルト・メネスカル/マルコス・ヴァーリ●2018年/スイス/ドイツ/フランス

ボサノヴァの伝説、ぼくたちの神様。会いたくて、リオ・デ・ジャネイロ

その類稀なるギター演奏と甘美な歌声で、世界を魅了したボサノヴァの神様、ジョアン・ジルベルト。10年以上、公の場に姿を現していない彼に会いたい一心で、ドイツ人作家とフランス人監督が時空を超えてリオの街をさまよい歩く。果たしてジョアンは姿を現してくれるのだろうか――ボサノヴァの名曲の数々に、ミウシャ、マルコス・ヴァーリ、ジョアン・ドナートら有名ミュージシャン達、イパネマビーチをはじめとする美しい風景、目にも耳にも心地良い音楽ドキュメンタリー。

■『イパネマの娘』『想いあふれて』などボサノヴァファンならずとも耳にしたことのある数々の名曲を手がけ、類稀なるギター演奏と甘美な歌声によって世界中にその名を知らしめたジョアン・ジルベルト。ボサノヴァの神と称される伝説的ミュージシャンの彼は、2008年8月26日にリオ・デ・ジャネイロで開催されたボサノヴァ誕生50周年記念コンサートへの出演を最後に公の場に姿を現すことがなくなった。

ブラジル音楽を敬愛するフランス人監督ジョルジュ・ガショは、ジョアン・ジルベルトに会うためにリオ・デ・ジャネイロに出向き懸命に追跡した顛末を著した『オバララ ジョアン・ジルベルトを探して』の出版1週間前にジョアンに会えないまま自ら命を断ったというドイツ人ジャーナリスト、マーク・フィッシャーの旅に強く共鳴。マークの夢を実現すべく、ジョアンゆかりの人々や土地を訪ね、ブラジル中を巡る。











































本編 1時間20分
デジタル
カラー
カーマイン・ストリート・ギター 字幕
 carmine street guitars
●監督:ロン・マン(『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』)●出演:リック・ケリー(『7500』)/シンディ・ヒュレッジ/ドロシー・ケリー/エスター・バリント(『ストレンジャー・ザン・パラダイス』)/クリスティン・ブジー●2018年/カナダ

彼はギターに、ニューヨークの記憶を刻む。

19世紀からニューヨークで愛され続ける、ホテルやバー。タバコや酒を染み込ませた廃材は、200年の時を経て、ギターへと形を変える――ルー・リードやボブ・ディラン、伝説のギタリストたちを虜にする職人は、建物のヴィンテージ廃材から、世界でひとつのギターを生み出す。ニューヨークにある異色のギターショップの一週間を捉えたドキュメンタリー。

■グリニッジ・ヴィレッジに位置する「カーマイン・ストリート・ギター」。 店員は、パソコンも携帯も持たないギター職人のリック・ケリーと、パンキッシュな装いの見習いシンディ、そしてリックの母親の3人のみ。世界中のギタリストを魅了する、 この店だけの“ルール”それは、ニューヨークの建物の廃材を使ってギターを作ること。チェルシー・ホテル、街で最古のバー・マクソリーズ…、それらは長年愛されてきた街のシンボル。 工事の知らせを聞きつけるたび現場からヴィンテージ廃材を持ち帰るリックは、傷も染みもそのままにギターへ形を変えるのだった――。











































本編 1時間48分
デジタル
カラー
影に抱かれて眠れ 
 kage ni dakarete nemure
●監督:和泉聖治(『HOME 愛しの座敷わらし』)●出演:加藤雅也(『棒の哀しみ』)/中村ゆり(『ハッピーランディング』)/松本利夫(『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』)/カトウシンスケ(『どうしようもない恋の唄』)/若旦那(『JK☆ROCK』)●2019年/日本

男は、全てを受け入れた――

こよなく酒を愛し、横浜の野毛の街を愛する抽象画家・硲。絵を描き、野毛の街で酒を呑み、自らの経営する店を巡回するのが硲の日常だったが、ある事件で闇社会の抗争に呑み込まれはじめる――北方謙三原作「抱影」を実写化したハードボイルド人間ドラマ。

■硲(はざま)冬樹は、横浜でいくつかの酒場を経営する画家。毎晩のように自転車で店を巡回し、したたかに飲む。一方、画家としての才能は内外に名を知られる存在でもあった。そんな冬樹の平凡な日常が狂い始める。ある日、冬樹を兄貴と慕う岩井信治が傷を負って冬樹のもとに転がり込んできた。信治は、冬樹の店を辞めた後NPOの慈善団体、“碧(みどり)の会”の一員となって、横浜の街の闇に飲み込まれた女の子たちを救い出す活動をしていた。一人の未成年の女子を救うために窮地に追い込まれていた信治に冬樹は手を貸してしまう。

そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村。男たちの抗争に巻き込まれようとする中、冬樹は純愛を貫く人妻・永井響子の余命を知らされ、響子への愛を絵に描き写したいという思いが込み上げる。仲間を守るため、愛を貫くため、冬樹が下した決断とは――。冬樹の周辺の人間模様が複雑に交差するなか、果たして冬樹の人生はどんな終着点を迎えるのか…。











































本編 7時間18分
デジタル
モノクロ
サタンタンゴ 〈4Kデジタル・レストア版〉 字幕
 satantango
●監督・脚本:タル・ベーラ(『ニーチェの馬』)●出演:ヴィーグ・ミハーイ(『ニーチェの馬』音楽)/ホルヴァート・プチ/ルゴシ・ラースロー/デルジ・ヤーノシュ(『倫敦〈ロンドン〉から来た男』)/セーケイ・B・ミクローシュ●1994年/ハンガリー/スイス/ドイツ

救世主がやって来る。悪魔のささやきが聞こえる。

経済的に行き詰まり、終末的な様相を纏っている、ハンガリーのある村。降り続く雨と泥に覆われ、村人同士が疑心暗鬼になり、活気のないこの村に死んだはずの男が帰ってくる。彼の帰還に惑わされる村人たち。彼は果たして救世主なのか?それとも?――ジム・ジャームッシュ、ガス・ヴァン・サントといった映画監督たちに大きな影響を与えたハンガリーの名匠タル・ベーラ監督が、4年の月日を費やして完成させた7時間18分の伝説の大作が25年の時を経て蘇る。ブッカー国際賞を受賞したクラスナホルカイ・ラースローの同名小説が原作。

■ハンガリー、ある田舎町。シュミットはクラーネルと組んで村人達の貯金を持ち逃げする計画を女房に話して聞かせる。盗み聞きしていたフタキは自分も話に乗ることを思いついた。その時、家のドアを叩く音がして、やって来た女は信じがたいことを言う。「1年半前に死んだはずのイリミアーシュが帰って来た」、と。イリミアーシュが帰って来ると聞いた村人たちは、酒場で喧々諤々の議論を始めるが、いつの間にか酒宴になって、夜は更けていく。翌日、イリミアーシュが村に帰って来る。彼は村にとって救世主なのか? それとも?











































本編 2時間15分
デジタル
カラー
帰れない二人 字幕
 ash is purest white
●監督・脚本:ジャ・ジャンクー(『長江哀歌〈ちょうこうエレジー〉』)●出演:チャオ・タオ(『山河ノスタルジア』)/リャオ・ファン(『薄氷の殺人』)/シュー・ジェン/キャスパー・リャン/フォン・シャオガン(『芳華』監督)●2018年/中国/フランス

移ろいゆく景色、街、心。それでも、愛し続ける。

激動の21世紀中国。北京五輪開催、三峡ダム完成、経済の急成長…変わりゆく17年の月日の中で、変わらぬ想いを抱えた女と男がすれ違う――『山河ノスタルジア』の鬼才ジャ・ジャンクー監督が、21世紀の中国を背景に17年に及ぶ男女の軌跡を描いたラブストーリー。

■中国・山西省の中規模都市・大同(ダートン)。チャオの恋人はヤクザ者のビン。2001年の中国は北京五輪の開催決定など、にわかに活気づいていたが、この大同で、不動産業者の地上げを手伝うなど、仁義の世界に生きる二人は彼女らなりの幸せを求めていた。ある日、ビンは路上でチンピラに殺されかけるが、チャオが発砲し一命をとりとめる。

5年後、出所したチャオは三峡ダムによって失われる街・奉節(フォンジェ)へビンを訪ねるが、彼にはすでに新たな恋人がいた。時間は残酷だ。チャオは世界で最も内地にある大都市・新疆(シンジャン)ウイグル自治区のウルムチを目指す。そして2017年がやってくる──。











































本編 1時間25分
デジタル
カラー
鉄道運転士の花束 字幕
 dnevnik masinovodje
●監督・脚本:ミロシュ・ラドヴィッチ●出演:ラザル・リストフスキー(『アンダーグラウンド』)/ペータル・コラッチ/ミリャナ・カラノヴィッチ(『サラエボの花』)/ヤスナ・デュリチッチ(『バーバリアンズ セルビアの若きまなざし』)/ムラデン・ネレヴィッチ●2016年/セルビア/クロアチア

線路は幸せを運んでくる、ごくたまに。

限りない悲しみを花束に変え、運転士は誇りをもって引退するはずだった――現役中に事故で28人を死なせてしまった定年間近の鉄道運転士を題材に“無実の殺人者”たちの悲哀と誇りをユーモラスに映し出すヒューマンドラマ。

■イリヤは60歳で独身の鉄道運転士。 キャリアの中で30名近くの「殺人」記録を残し引退しようとしている。19歳になった養子シーマはそんな義父にあこがれ鉄道運転士の訓練中だが、図らずも人を殺してしまう仕事を恐れていた。一方、イリヤと心理カウンセラーのヤゴダは限りなく愛情に近い友情と信頼関係で結ばれているが、一線を越えることはなかった。 イリヤには決して記憶から消せない過去があったのだ…。

やがて、運転士の業務についたシーマは、不安を抱き、汗をかき、夜も眠れなくなってくる。1週、2週、3週間と過ぎるが、シーマは無事故を続け、ついにはその緊張感に耐えられなくなる。そんなシーマを見かねたイリヤは自殺志願者の人々を探し出し、高層ビルや橋から飛び降りる代わりに電車に轢かれてほしいと交渉を続けるのだが…。











































本編 2時間30分
デジタル
カラー
シークレット・スーパースター 字幕
 secret superstar
●監督・脚本:アドヴェイト・チャンダン●出演:ザイラー・ワシーム(『ダンガル きっと、つよくなる』)/メヘル・ヴィジュ/ラージ・アルジュン/アーミル・カーン(『ダンガル きっと、つよくなる』)●2017年/インド

私には、歌がある。

落ち目のプロデューサーと、ワケありYOUTUBER少女。人生逆転をかけてタッグを組む!?――『ダンガル』『バーフバリ』に続き、『バジュランギおじさんと、小さな迷子』を超えて、インド映画、歴代世界興収第3位を奪取(2019年4月現在)。世界中の人々を笑いと涙で包んで、夢を追う喜び、苦難を乗り越える強さを描く、サクセスストーリー。

■インドに暮らす14歳の少女インシアのただ1つの夢はインド最大の音楽賞のステージで歌うこと。しかし父親は、娘が学業に専念し、叶わない夢など見ないよう歌を禁じる。そこで彼女がとった策は、顔を隠した姿で歌った動画をこっそりとYOUTUBEにアップ。彼女の歌声はたちまち大人気となり、その話題はインドで最も力があるが若干落ち目の音楽プロデューサー、シャクティ・クマールとの出会いをもたらすのだが…。











































本編 2時間12分
デジタル
カラー
ヒンディー・ミディアム 字幕
 hindi medium
●監督・脚本:サケート・チョードリー●出演:イルファン・カーン(『めぐり逢わせのお弁当』)/サバー・カマル●2017年/インド

英語が話せないなんて!一にも二にも私立校!ヒンディー流、受験戦争。

インドの“お受験“は壮絶!?――父親が学位しか持っていなかったため娘の入学を拒否されたという、インドでの実話をもとに、愛娘の幸せのために受験をさせようとする夫婦の悪戦苦闘を描き出す。『きっとうまくいく』に続く、笑いと涙の教育エンタテインメント。

■テリーの下町で洋品店を営むラージ・バトラは、妻のミータと娘のピアの3人暮らし。娘の将来のため、ラージとミータは娘を進学校に入れることを決意。私立の有名校は面接で親の教育水準や居住地まで調べていることを知るが、ふたりの学歴は高くなく、娘のために高級住宅地に引っ越してまで必死になって受験に臨むが、なんと結果は全滅。落胆するふたりのもとに、ある進学校が低所得者層のために入学に優先枠を設けているという話が舞い込む。追いつめられたラージたちはスラム街に引越して優先枠での入学を狙うのだが…。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
ラスト・ムービースター 字幕
 the last movie star
●監督・脚本:アダム・リフキン(『デトロイト・ロック・シティ』)●出演:バート・レイノルズ(『ロンゲスト・ヤード』)/アリエル・ウィンター(『スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険』声優)/クラーク・デューク(『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』)/エラー・コルトレーン(『6才のボクが、大人になるまで。』)/ニッキー・ブロンスキー(『ヘアスプレー』)●2017年/アメリカ

人生のあらすじは、途中で変えられる。

落ちぶれたスターの悲哀、誤った作品選びの証拠となる過去の出演作のデータベース、スタントのし過ぎでボロボロとなった肉体――2018年9月6日に82歳でこの世を去ったバート・レイノルズ。自虐的なセリフ・パロディーともいえる役どころを、本来の持ち味でもあるユーモアたっぷりに演じ切った、最後の主演作。

■かつて一世を風靡した映画界のスーパースター、ヴィック・エドワーズのもとに、ある映画祭から功労賞受賞の招待状が届く。歴代受賞者がデ・ニーロやイーストウッドだと聞いて、しぶしぶ参加したものの、騙しに近い名もない映画祭だと知ると、エドワーズは憤慨。

だが、映画祭が行われていた場所は、彼が生まれ育った街ノックスビルに近く、過去の思い出が甦り…。運転手役のリルに命じて向かった先は、育った家、大学のフットボールで活躍したスタジアム、最初の妻にプロポーズした岸辺。自身の人生を振り返ったエドワーズは、ある行動を起こす。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
北の果ての小さな村で 字幕
 une annee polaire
●監督・脚本:サミュエル・コラルデ●出演:アンダース・ヴィーデゴー/アサー・ボアセン●2018年/フランス

人は分かり合いたいと願った時、もう分かり合えているのかもしれないね。

世界一大きな島グリーンランドの、人口わずか80人の村に、デンマークから1人の青年教師がやって来ました。そこには、しなやかに力強く生きる人々の、シンプルだけど豊かな暮らしがありました――村の小学校に赴任した新人教師と、村の人々や子供たちとの交流を描く。全ての登場人物を本人たちが演じており、ドキュメンタリーとフィクションが織り交ざった人間ドラマ。

■グリーンランド東部にある人口80人の村、チニツキラークの小学校に赴任した、デンマークの新人教師アンダース。極寒の地の慣れない生活にくわえ、言葉も習慣も異なる10人の生徒たちとうまく交流できず、教室はさんざんな有り様だ。さらに、“ヨーロッパのよそ者”への視線は厳しく、村人からは孤立気味…。

そんなある日、児童の一人、アサーが連絡もなしに学校を一週間欠席する。心配になったアンダースが、アサーの家を訪問し訳を聞くと、祖父のガーティと犬ぞりで狩りの旅にいっていたというのだ。「犬ぞりは楽しいでしょうが、彼にとっては学校も大切です。勉強が遅れると、町の中学へ行ったときに苦労しますよ」。アサーを毎日学校に来させるよう祖母のトマシーネに伝えるが、「アサーの夢は猟師になること、人生に必要なことはすべて爺さんが教えるわ」と、アンダースの意見を受け入れない。デンマーク語を教える以外に、アサーのために何ができるのかアンダースは考えはじめる…。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
バオバオ フツウの家族 字幕
 bao bao
●監督:シエ・グアンチェン●出演:エミー・レイズ/クー・ファンルー/蔭山征彦/ツァイ・リーユン/ヤン・ズーイ●2018年/台湾

世界のどこかで家族になろう

「赤ちゃんを二人のパパと迎えたい」。ジョアンとシンディ、チャールズとティム。ロンドンで出会った2組のカップルが切望したのは赤ちゃん。4人が挑む家族のカタチ――赤ちゃんは誰の子? 誰が育てる? さまざまな問題を抱えながらも愛を信じ、新しい家族のカタチに向かって宇宙飛行士のような勇気で挑もうとする、ミレニアム世代の清新なLGBTQ映画。アジアではじめて同性婚が認められた台湾発、少し先を行くフツウの家族の物語。

■ロンドンの会社で働くジョアンと取引先の友人チャールズ(蔭山征彦)には、それぞれ画家シンディと植物学者ティムという同性の恋人がいる。 4人はそれぞれの想いからシンディの子宮を借りた妊活に同意し、チャールズとティムの精液を採取してシンディの子宮に注入するのだが一向に妊娠しない。思い余った4人は病院での体外受精を決断する。ジョアンとシンディの卵子にチャールズとティムの精子を注入してできる二つの受精卵をシンディの子宮に戻して、男女の赤ちゃんを産み、男の子はジョアンたち、女の子はチャールズたちが引き取るというものだ。

順調そうに見えた矢先シンディは出血する。子供を奪われる悪夢にうなされるシンディのことが気がかりでジョアンは仕事で失敗をしてしまう。ロンドンであと1年がんばれば英国籍も取得できるというジョアンにとっては大きな痛手だ。そんなところへチャールズが小切手をもって訪ねてくる。病院から戻ったシンディは偶然それを見つけ、逃げるように台湾に戻り、幼なじみで好意を寄せてくれている警官タイ(ヤン・ズーイ)を頼る。一方、チャールズはティムに、赤ちゃんが自分たちの子供になることを伝える、手を打ってきたと…。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
ブラインドスポッティング 字幕
 blindspotting
●監督:カルロス・ロペス・エストラーダ●出演:ダヴィード・ディグス(『ワンダー 君は太陽』)/ラファエル・カザル/ジャニナ・ガヴァンカー/ジャスミン・ケパ・ジョーンズ/ウトカルシュ・アンブドゥカル●2018年/アメリカ

俺たちには、同じものが見えていると思っていた――

偏見にまみれた街、カリフォルニア州オークランドで生まれ育った幼馴染二人の青春最後の3日間。アメリカの現実(リアル)が観る者の心に突き刺さる――オークランド育ちの大親友2人の間にある見えない壁を晒しだすことで、古いオークランド、新しいオークランド、白人労働者階級のオークランド、黒人のオークランド、スラングだらけで芸術的で活気あるオークランド、暴力的で怒れる反抗的なオークランド、これら全てを描いた社会派ドラマ。

■オークランドが地元で黒人のコリンは保護観察期間の残り3日間を無事に乗り切らなければならない。コリンと、幼馴染で問題児の白人マイルズの2人は引越し業者で働いている。ある日、帰宅中のコリンは突然車の前に現れた黒人男性が白人警官に背後から撃たれるのを目撃する…。これを切っ掛けに、2人はアイデンティティや、急激に高級化する生まれ育った地元の変化などの現実を突きつけられ、次第に2人の関係が試されることとなる。コリンは残り3日間耐えれば自由の身として新しい人生をやり直せるのだが、問題児マイルズの予期できぬ行動がそのチャンスを脅かす…。











































本編 1時間26分
デジタル
カラー
アイムクレイジー 
 i'm crazy
●監督・脚本:工藤将亮●出演:古舘佑太郎(『いちごの唄』)/桜井ユキ(『真っ赤な星』)/曽我部恵一(『青い車』)/佐々木聖輝/中田絢千(『なりゆきな魂、』)●プチョン国際ファンタスティック映画祭2018 NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)受賞●2019年/日本

人生には、選ばなければいけない瞬間がある。

音楽の道を半ば諦めたミュージシャンの佑樹は交通事故に遭い、車を運転していた作曲家の美智子と広汎性発達障害を持った息子・健吾と出会う――新進気鋭・工藤将亮監督が描く、音楽を愛する一人の青年の成長物語。

■くだらない曲ばかりが売れる世の中に嫌気がさしたミュージシャンの佑樹は音楽の道を諦めようとラストライブの日を迎えていた。バイトに向かう途中、交通事故に遭った佑樹は作曲家の美智子と広汎性発達障害を持った息子・健吾と出会う。バイト先の店長から強引に健吾の子守をさせられたことをきっかけに佑樹は親子と深く関わっていく。かつての仲間の活躍、元カノの妊娠、理想と現実の狭間で時に激しく周囲に苛立っていた佑樹だったが、自分の思い通りにはいかない日々の中、明るく振る舞う美智子の姿を見て佑樹の中で何かが動き出す――。
















































本編 1時間分
デジタル
カラー

 a