本編 1時間32分
デジタル
カラー
プラド美術館 驚異のコレクション 字幕
 the prado museum a collection of winders
●監督:バレリア・パリシ●出演:ジェレミー・アイアンズ(『運命の逆転』)●2019年/イタリア/スペイン

■時を越えて輝き続ける、世界屈指の美の殿堂へようこそ

ベラスケス、ルーベンス、ゴヤ、エル・グレコ、ティツイアーノ、ボス….。スペイン王室が愛した美と情熱の至宝。ピカソやダリも夢に見たプラド美術館。王家が慈しんだコレクションが初めて銀幕の世界へ――2019年に開館200周年を迎えた世界最高峰の美術館、その全貌に迫るドキュメンタリー。

■スペインの首都、マドリード。スペイン黄金世紀を後世に伝えるプラド美術館が、2019年11月19日に開館200周年を迎えた。15世紀から19世紀にかけて歴代のスペイン王室が「知識ではなく心で」ひとつひとつ買い集めた美術品は約8700点。膨大な家宝の一部を公開する美の宝庫は、毎年約300万人もの美術愛好家が訪れるヨーロッパ屈指の美術館としてその名を轟かせている。

そのプラド美術館に、今回カメラが初密着した。コレクションの中でも注目は、フェリペ4世の寵愛を受け王宮配室長に登り詰めたディエゴ・ベラスケスや、カルロス4世に重用されつつも時代に翻弄されたフランシスコ・デ・ゴヤ、日本でも人気の高いエル・グレコの傑作群だ。カメラは作品に限界まで接写し、天才たちの筆遣いを克明に映し出す。











































本編 1時間58分
デジタル
カラー
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 字幕
 mon inconnue
●監督:ユーゴ・ジェラン(『あしたは最高のはじまり』)●出演:フランソワ・シビル(『おかえり、ブルゴーニュへ』)/ジョセフィーヌ・ジャピ(『マンク -破戒僧-』)/バンジャマン・ラヴェルヌ(『不実な女と官能詩人』)●2019
年/フランス/ベルギー

“愛”を知ること。それは、“愛”すること。

運命の出会いから結婚して10年。もう一つの世界で、“恋”が“愛”に変わる――フランスで大ヒットを記録した『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督。『エール!』製作陣と再タッグを組んだ最新作。自分本位な夫が、最愛の人が自分を知らない、さらに立場が逆転した〈もう一つの世界〉に迷い込み、“愛の試練”に立ち向かう姿を描いたファンタジック・ラブストーリー。

■高校時代に一目惚れをして結婚した、ラファエルとオリヴィア。結婚10年目を迎え、小説家を目指していたラファエルは、いまや子どもたちに人気のベストセラーSF作家に。一方、小さなピアノ教室を開きながらピアニストの頂点を目指すオリヴィアは、仕事のことばかり考えているラファエルとのすれ違いの生活に孤独を感じていた。そんなある日、我慢の限界に達したオリヴィアがラファエルに想いをぶつけると大喧嘩に…。

翌日、人気作家の特別授業として中学校を訪れたラファエルは、出会う人々の様子がおかしいことに戸惑いを覚える。そこでの自分は卓球に熱を上げるしがない中学校の教師で、オリヴィアは人気ピアニストとして活躍する、立場が逆転した<もう一つの世界>だった。そして、その世界のオリヴィアはラファエルを知らなかった…。

自分にとってオリヴィアがすべてだと気付かされたラファエル。もう一度オリヴィアと愛し合うことで元の世界に戻れると信じ、あの手この手を使って接触を試みる。二人は少しずつ心を通わせ合うものの、オリヴィアは公私共に長年連れ添ったパートナーと婚約することに。そこでラファエルは、ある重大なことに気づき、人生最大の決断を下す。それは、“恋”しか知らなかったラファエルがオリヴィアの幸せを一番に願う“愛”の決断だった…。











































本編 2時間10分
デジタル
カラー
街の上で
 machi no ue de
●監督・脚本:今泉力哉(『アイネクライネナハトムジーク』)●出演:若葉竜也(『葛城事件』)/穂志もえか(『愛がなんだ』)/古川琴音(『チワワちゃん』)/萩原みのり(『えちてつ物語 -わたし、故郷に帰ってきました。-』)/中田青渚(『写真甲子園 0.5秒の夏』)●2019年/日本

誰もみることはないけど確かにここに存在してる

古着屋で働く荒川青は、恋人に浮気された上にフラれたが、いまだに彼女のことが忘れられない。そんな青のもとに、美大に通う女性監督から自主映画への出演依頼が舞い込む。行きつけの飲み屋では常連客から「それは”告白”だ!」とそそのかされるが――『愛がなんだ』若葉竜也×今泉力哉監督が、変容する”文化の街”下北沢を舞台に紡ぐ、古着屋と古本屋と自主映画と恋人と友達についての物語。

■下北沢の古着屋で働いている荒川青(あお)。青は基本的にひとりで行動している。たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり。口数が多くもなく、少なくもなく。ただ生活圏は異常に狭いし、行動範囲も下北沢を出ない。事足りてしまうから。そんな青の日常生活に、ふと訪れる「自主映画への出演依頼」という非日常、また、いざ出演することにするまでの流れと、出てみたものの、それで何か変わったのかわからない数日間、またその過程で青が出会う女性たちを描いた物語。











































本編 2時間26分
デジタル
カラー
無頼 
 burai
●監督:井筒和幸(『黄金を抱いて翔べ』)●出演:松本利夫(『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』)/柳ゆり菜(『純平、考え直せ』)/中村達也(『蘇りの血』)/清水伸(『スリーデイボーイズ』)/松角洋平(『関ヶ原』)●2020年/日本

正義を語るな、無頼を生きろ。

欲望の昭和、虚妄の平成を生きた、寄る辺なき者たちの群像劇――1975年のデビュー作の『ガキ帝国』以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒監督が、虚妄のノスタルジーに彩られた昭和回顧ブームを撃つ、本格ハードエンターテイメント。

■太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中にいた日本人は、焼け跡から立ち上がり(理想の時代)、高度経済成長の下で所得倍増を追い(夢の時代)、バブル崩壊まで欲望のままに生き(虚構の時代)、そして、昭和が去ると共に、その勢いを止めた。その片隅に、何にも頼ることなく、一人で飢えや汚辱と闘い、世間のまなざしに抗い続けた“無頼の徒”がいた。やがて男は一家を構え、はみだし者たちを束ねて、命懸けの裏社会を生き抜いていく…。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
ポップスター 字幕
 vox lux
●監督・脚本:ブラディ・コーベット(『シークレット・オブ・モンスター』)●出演:ナタリー・ポートマン(『プラネタリウム』)/ジュード・ロウ(『アンナ・カレーニナ』)/ラフィー・キャシディ(『聖なる鹿殺し -キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア-』)/ステイシー・マーティン(『グッバイ・ゴダール!』)/ジェニファー・イーリー(『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』)●2018年/アメリカ

炎上も賞賛も、わたしの居場所(ステージ)。

銃乱射事件の生存者として、追悼式で歌を歌ったことをきっかけに新進ポップスターへと上り詰めたセレステだったが、度重なるスキャンダルで失墜。再起をかけたツアーの初日、ある事件が起こる――『ブラック・スワン』ナタリー・ポートマンが魅せる、〈カリスマ〉の壮絶な生き様と圧巻のステージ。“若くして富と名声を手にした”という自身の境遇とも重なるポップスターを、危険なほどアグレッシブかつエモーショナルに振り切って演じる異色の音楽ドラマ。

■ミレニアムを迎えた頃のアメリカ。同級生による銃乱射事件に巻き込まれ、生死の間から蘇った14歳の少女セレステ。皮肉にも姉のエリーと作った犠牲者への追悼曲が異例の大ヒットを記録し、敏腕マネージャーの手で一気にスターダムを駆け上がる。17年後、栄華を極めたセレステだったが、アルコールとスキャンダルにつまずき、活動休止に追いやられる。悪魔に魂を売ってでも、もう一度ステージで輝きたい歌姫は、再起をかけたツアーを企画する。ところがその矢先、セレステの過去を連想させる凄惨な事件が起こり、メディアが騒ぎ始める。フラッシュバックするトラウマにパニックを起こしながらも、セレステはステージへと向かうのだが…。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
ハニーボーイ 字幕 
 honey boy
●監督:アルマ・ハレル●出演:ノア・ジュプ(『クワイエット・プレイス』)/シャイア・ラブーフ(『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』)/ルーカス・ヘッジス(『ある少年の告白』)/FKA ツイッグス●2019年/アメリカ

大人になった今、僕は知った。そこに、愛があったことを――

ハリウッドの人気子役オーティスは、マネージャーを務める父が、突然感情を爆発させる様子に日々振り回されていた。そんな状況の中、周囲の人々との交流を通じて成長していくオーティスだったが――ハリウッドの天才子役が唯一演じられないもの、それは〈現実の自分〉。父とのトラウマに向き合い、光さす新たな世界へと踏み出す人気子役の心の成長を描いたヒューマンドラマ。

■若くしてハリウッドのトップスターに躍り出たオーティスは、撮影に忙殺されるストレスの多い日々の中で、アルコールに溺れるようになっていた。2005年のある夜、泥酔して車を運転し事故を起こしたオーティスは、更生施設へ送られる。そこでPTSDの兆候があると診断され、「まさか」と驚くオーティス。原因を突き止めるために、今までの思い出をノートに書くようにと言われたオーティスは、過去の記憶を辿り始める。真っ先に思い出すのは、父のこと。

10年前の1995年、子役として活躍する12歳のオーティスはいつも突然感情を爆発させる前科者で無職の“ステージパパ“ジェームズに、振り回される日々を送っていた。そんなオーティスを心配してくれる保護観察員、安らぎを与えてくれる隣人の少女、撮影現場の大人たちとの交流の中で成長していくオーティスは、新たな世界へと踏み出すのだが──。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
ポルトガル、夏の終わり 字幕
 frankie
●監督・脚本:アイラ・サックス(『人生は小説よりも奇なり』)●出演:イザベル・ユペール(『ハッピーエンド』)/ブレンダン・グリーソン(『ロンドン、人生はじめます』)/マリサ・トメイ(『Re:LIFE -リライフ-』)/ジェレミー・レニエ(『2重螺旋の恋人』)/パスカル・グレゴリー(『クララ・シューマン 愛の協奏曲』)●2019年/フランス/ポルトガル

■そして、愛がはじまる。

〈この世のエデン〉ポルトガルの世界遺産シントラの町に、「バカンス」と偽り一族とその友人を集めた女優フランキー。ところが目論みに反し、筋書きから大きく外れた〈家族の休暇〉は思いも寄らぬ夕暮れを迎え――死期を悟った名女優と彼女の元へ集まった家族らの間で巻き起こるちょっとした騒動と、人生の悲喜こもごもを描く、感動の人生賛歌。

■女優フランキーは、夏の終わりのバケーションと称し、“この世のエデン”と呼ばれるポルトガルの世界遺産の町シントラに一族と親友を呼び寄せる。自らの死期を悟った彼女は、亡きあとも愛する者たちが問題なく暮らしていけるよう、すべての段取りを整えようとしたのだ。しかし、それぞれに問題を抱えた家族たちの選択は、次第にフランキーの思い描いていた筋書きから大きく外れていき――。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー
パヴァロッティ 太陽のテノール 字幕
 pavarotti
●監督:ロン・ハワード(『 ラッシュ/プライドと友情』)●出演:ルチアーノ・パヴァロッティ(『3大テノール 夢のコンサート』)●2019年/イギリス/アメリカ

歌と人生で、世界を照らしたひと。

世界最高音響技術で甦る世紀の歌声。3大テノール、3人の最愛の女性、仲間たちが明かす巨匠の素顔とは――貴重な映像と証言から、歌と人生とパスタを愛し、生きることを全力で楽しんだ歌手の素顔に迫る、至福のドキュメンタリー。

■聞けば誰もが虜になる歌声を持つルチアーノ・パヴァロッティ。「ラ・ボエーム」「トスカ」などの絶頂期のパフォーマンスや、「トゥーランドット」の“誰も寝てはならぬ”をはじめとする名曲を3大テノールで競演した伝説のステージ、故ダイアナ妃との交流やボランティアなどの幅広い活動、家族とのプライベートライフなど貴重な映像から伝わるのは、歌唱力より高い人間力。

さらに、新たに撮られた23人のインタビュー映像では、U2のボノがパヴァロッティのアーティストとしての信念を証言し、マネージャーやエージェントがショービジネスの裏側を明かし、前妻、最後の妻、3人の娘たち、そして愛人は欠点が同時に魅力だった素顔を告白、生きることのすべてを全力で愛した男の輝かしい日々が浮き彫りにされる。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
チア・アップ! 字幕
 poms
●監督:ザラ・ヘイズ●出演:ダイアン・キートン(『ロンドン、人生はじめます』)/ジャッキー・ウィーバー(『アニマル・キングダム』)/パム・グリア(『ジャッキー・ブラウン』)/セリア・ウェストン(『デッドマン・ウォーキング』)/リー・パールマン(『ドタキャン・パパ』)●2019年/アメリカ

今、わたし史上最高のとき

平均年齢72歳のチアリーディング・チームが起こした最高のキセキとは――最高の仲間と共に夢に向かってチャレンジする姿が、観る者の心を熱くし、夢、希望、そして元気を与えてくれる! 人生で最高の“今”を生きるためのヒントが詰まった、笑いと涙のハートフル・エンターテインメント。

■余生をゆっくりと過ごすためシニアタウンに引っ越してきたマーサ。しかし、お節介焼きの隣人シェリルに、「昔、チアリーダーになりたかったの」とこぼしたところ、「夢を叶えるのは今からでも遅くない」と焚き付けられ、チアリーディング・クラブを結成することに―。オーディションに集まったのはチア未経験どころか、腕も足も上がらない8人。まわりには絶対できっこないと笑われ、バカにされながらも、お互いを励まし合いながら練習に打ち込みチアリーディング大会に出場を決めるが…。











































本編 2時間05分
デジタル
カラー
タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング 字幕 
 touch me not
●監督・脚本:アディナ・ピンティリエ●出演:ローラ・ベンソン(『お家に帰りたい』)/トーマス・レマルキス(『ペインレス』)/クリスチャン・バイエルライン/グリット・ウーレマン/アディナ・ピンティリエ●第68回ベルリン国際映画祭 金熊賞(最高賞)/最優秀新人作品賞 W受賞●2018年/ルーマニア/ドイツ/チェコ/ブルガリア/フランス

教えて。あなたが、どう人に愛されてきたのかを。

“マイノリティ”と呼ばれる彼らが教えてくれた、ありのままの自分――欧州で実在する障がい者やトランスジェンダーなど、“マイノリティ”と呼ばれる人たちの“性”生活。〈現実〉と〈虚構〉を入り交じらせながら、彼らの自由な生き方が赤裸々に描いた、新体験の“カウンセリング・ムービー”。

■ローラは、寝たきりの父親の介護で通院する日々を送っているが、彼女自身も人に触れられることに拒否反応をおこす精神的な障がいを抱えていた。ある日、ローラは病院で患者同士がカウンセリングする不思議な療養を目撃する。病により全身の毛がないトーマス、自由に四肢を動かせない車椅子のクリスチャンなど様々な症状を抱える人たちが、互いの身体に触れ合うことで自分を見つめていく。ローラは彼らを興味深く観察する中で、自分と同じような孤独感を持つトーマスに惹かれる。街でトーマスに導かれるように秘密のナイトクラブへ入ったローラは、そこで欲望のままに癒し合う群衆を目の当たりにするのだった――。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
ペイン・アンド・グローリー 字幕 
 dolor y gloria
●監督:ペドロ・アルモドバル(『オール・アバウト・マイ・マザー』)●出演:アントニオ・バンデラス(『レジェンド・オブ・ゾロ』)/アシエル・エチェアンディア/レオナルド・スバラーリャ(『10億分の1の男』)/ノラ・ナバス(『ブラック・ブレッド』)/フリエタ・セラーノ(『神経衰弱ぎりぎりの女たち』)●第72回カンヌ国際映画祭 主演男優賞受賞(アントニオ・バンデラス)●2019年/スペイン

それは、人生のはじまり

心も体も疲れ果てたかつての世界的映画監督サルバドール。32年前に撮った作品の上映依頼が届いたことで、現実と回想を行き来しながら過去の痛みとの再会を経て、もう一度生きる力を呼び覚まそうとするのだが――スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督、初の自伝的な人生賛歌。アルモドバル版『ニュー・シネマ・パラダイス』の誕生。

■脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドールは、心身ともに疲れ、引退同然の生活を余儀なくされていた。そんななか、昔の自分をよく回想するようになる。子供時代と母親、その頃移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局。その痛みは今も消えることなく残っていた。そんなとき32年前に撮った作品の上映依頼が届く。思わぬ再会が心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。そして記憶のたどり着いた先には…。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
れいこいるか
 reikoiruka
●監督:いまおかしんじ(『つぐない -新宿ゴールデン街の女-』)●出演:武田暁/河屋秀俊(『カゾクデッサン』)/豊田博臣(『TOKYO24』)/美村多栄/時光陸(『食べられる男』)●2019年/日本

■いつかまた、会える

阪神・淡路大震災、あれから25年。春夏秋冬、めぐる時間のなかで、二人は生きていく――震災での娘の死を機に関係が悪化し、離婚した夫婦の絆の回復を、長田や三宮など神戸の街並みを舞台に描きだすヒューマンドラマ。

■1995年、神戸。伊智子と太助は、阪神淡路大震災により一人娘のれいこを亡くす。その後二人は離婚し、それぞれの生活を始める。淡々とした日常の中、伊智子と太助は、徐々にれいこの死を受け入れていく。2018年、久しぶりに再会した二人は、れいことの思い出の水族園へ行き、イルカショーを見るのだった…。











































本編 2時間03分
デジタル
カラー
コリーニ事件 字幕
 der fall collini
●監督:マルコ・クロイツパイントナー(『みえない雲』脚本)●出演:エリアス・ムバレク(『ピエロがお前を嘲笑う』)/アレクサンドラ・マリア・ララ(『ヒトラー/最期の12日間』)/ハイナー・ラウターバッハ(『はじめてのおもてなし』)/フランコ・ネロ(『続・荒野の用心棒』)/ピア・シュトゥッツェンシュタイン●2019年/ドイツ

正義に挑む

殺人事件の国選弁護人になった新米弁護士。だが被害者は少年時代の恩人だった――世紀の裁判で明かされた戦後ドイツの〈不都合な真実〉とは?現役弁護士としても活躍するドイツ人作家シーラッハが原作で描いた驚くべき法律の落とし穴が2012年にドイツ法務省を動かしたという逸話もあるリーガル・サスペンス。まさに“国家”を揺るがした世界的ベストセラー待望の映画化。

■新米弁護士ライネンは、ある殺人事件の国選弁護人に任命される。だが被害者は少年時代からの恩人だった。動機について一切口を閉ざす被告人だったが、事件を調べるうちにドイツ史上最大の司法スキャンダルへと発展。ドイツ国民誰もが知りたくなかった真実に向き合うことになる――。











































本編 2時間07分
デジタル
カラー
罪と女王 字幕 
 doronningen
●監督・脚本:メイ・エル・トーキー●出演:トリーヌ・ディルホム(『ワールドエンド・サーガ 世界感染』)/グスタフ・リン/マグヌス・クレッペル(『リンドグレーン』)/スティーヌ・ジルデンケルニ/プレーベン・クレステンセン●デンマーク・アカデミー賞(ロバート賞) 作品賞ほか主要9部門受賞●2019年/デンマーク=スウェーデン

■女は、守るために、残酷になる――

仕事、家庭、全て完璧な女性が犯した、義理の息子への禁断の誘惑。大人の欲望の犠牲となり、狡猾な裏切りに絶望した少年の心は――大人の欲望の犠牲となった少年の関係に鋭く切り込み、人間の暗部を描き出す衝撃の北欧サスペンス。

■児童保護を専門とする優秀な弁護士のアンネは、優しい医者の夫と幼い双子の娘たちと美しい邸宅で完璧な家庭を築いていたが、夫と前妻との息子である17歳の少年グスタフが問題を起こし退学になったため、スウェーデンからデンマークに引き取ることに。

グスタフは衝動的な暴力性があり家族に馴染もうとしなかったが、そんな子供達と仕事で常に接しているアンネは根気よく彼を家族として迎え正しい方向へ導こうと努める。しかし、グスタフと少しずつ距離を縮めていくうちに、親密さが行き過ぎてしまい、アンネはグスタフと性的関係を持ってしまう。そして、そのことが大切な家庭とキャリアを脅かし始めた時、アンネは残酷な選択をする











































本編 2時間05分
デジタル
カラー
バルーン 奇蹟の脱出飛行 字幕
 balloon
●監督・脚本:ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ(『ドリームシップ エピソード1/2』)●出演:フリードリヒ・ミュッケ(『ルートヴィヒ』)/カロリーヌ・シュッヘ/デヴィッド・クロス(『愛を読むひと』)/アリシア・フォン・リットベルク/トーマス・クレッチマン(『タクシー運転手 -約束は海を越えて-』)●2018年/ドイツ

空に壁はつくれない

分断されていた東西ドイツ冷戦下、東ドイツの電気技師ペーターとその家族は、手作りの熱気球で西ドイツを目指すが失敗。だが、ペーターは親友ギュンターの家族も巻き込み、再び気球による脱出作戦を決意す――1979年、手作りの熱気球で東ドイツ脱出を目指した家族の勇気を描く奇跡の実話サスペンス。

■1979年、東ドイツ・テューリンゲン州の電気技師ペーターとその家族は、手作りの熱気球で西ドイツを目指すが、国境までわずか数百メートルの地点に不時着。東ドイツでの抑圧された日常を逃れ、自由な未来を夢見ていたペーターだったが、無念の結果に終わる。準備に2年を費やした計画の失敗に、ペーターは落胆の色を隠せないでいた。

そんななか、妻とふたりの息子に背中を押されたペーターは、親友ギュンターの家族も巻き込み、再び気球による脱出作戦を決意。だが、ギュンターが兵役を控えているため、作戦のリミットはわずか6週間。ふたつの家族は一丸となって不眠不休の気球作りに没頭するが、国家の威信を懸けて捜査する秘密警察の包囲網が彼らに迫ってくる…。











































本編 1時間26分
デジタル
カラー
シリアにて 字幕
 in syria
●監督・脚本:フィリップ・ヴァン・レウ●出演:ヒアム・アッバス(『ガザの美容室』)/ディアマンド・アブ・アブード/ジョリエット・ナウィス/モーセン・アッバス/モスタファ・アルカール●第67回ベルリン映画祭 パノラマ部門 観客賞受賞●2017年/ベルギー/フランス/レバノン

カーテン一枚、窓の外は死の世界。でも、生きる希望は決して捨てない――

戦地シリアの今。死と隣り合わせの日常。マンションの一室に身を寄せる家族とその隣人――数々の映画祭を席巻し18冠を獲得した、今こそ世界に伝えたい、終わらない悲劇の物語。戦闘状態が続くシリア市街地に建つアパートを舞台に、泥沼化する戦地の今を、ある女性の視点で描いた、家族を守るための、終わりのない24時間の密室劇。

■シリアの首都ダマスカス。未だ内戦の終息は見えず、アサド政権と反体制派、そしてISの対立が続いていたが、ロシアの軍事介入により、アサド政権が力を回復しつつある。そんな中、戦地に赴いた夫の留守を預かるオームは、家族と共にアパートの一室にこもり、そこに身を寄せた隣人で、幼子を持つハリマ夫婦とともに、何とか生活を続けていた。

ある日、ハリマの夫がレバノンへの脱出ルートを見つけ、今夜こそ逃げようとハリマに計画を話していた。脱出する手続きをするために、夫はアパートを出て行くが、外に出た途端、スナイパーに撃たれ、駐車場の端で倒れてしまう…。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
グランド・ジャーニー 字幕
 donne mo ides ailes
●監督:ニコラ・ヴァニエ(『ベル&セバスチャン』)●出演:ジャン=ポール・ルーヴ(『セラヴィ!』)/メラニー・ドゥーテ(『リベンジ・アイランド』)/ルイ・バスケス/フレデリック・ソレル/リル・フォッリ●2019年/フランス/ノルウェー

君たちの翼は、決して奪わせない

ノルウェーからフランスへ。人間のもとで生まれた雁たちを連れて、父と息子は“渡り”に出た――人間がともに空を飛び「渡り鳥に“渡り”を教える」という驚くべき実話に基づき描かれた父子の冒険を、他に類をみない映像美で映し出した感動ドラマ。

■クリスチャンは一風変わった気象学者で、フランス・カマルグで雁の研究をしている。超軽量飛行機を使い、渡り鳥に安全な飛行ルートを教えるという、誰もが無茶だと呆れるプロジェクトに夢中だ。そんな変わり者の父親と大自然の中で過ごすバカンスなど、オンラインゲームに夢中な思春期の息子・トマにとっては悪夢でしかない。

湿地に囲まれたWi-Fiもつながらない田舎で暇を持て余したトマは、ある出来事をきっかけにその無謀なプロジェクトに協力することに。こうして父子と渡り鳥たちの驚くべき冒険がはじまった――。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
パピチャ 未来へのランウェイ 字幕
 papicha
●監督:ムニア・メドゥール●出演:リナ・クードリ/シリン・ブティラ/アミラ・イルダ・ドゥアウダ/ザーラ・ドゥモンディ●第72回カンヌ国際映画祭 ある視点部門 正式出品●2019年/フランス/アルジェリア/ベルギー/カタール

わたしらしく、闘う。

ファッションデザイナーを夢見る少女と友人たち。かけがえのない青春は、ある日突然打ち砕かれた――アルジェリア“暗黒の10年”を背景に、内戦下で起きたイスラム原理主義による女性弾圧の実態を描いた人間ドラマ。

■1990年代のアルジェリア。ファッションデザインに夢中な大学生のネジュマは、いつかデザイナーになることを夢見ていた。しかし、イスラム原理主義勢力の台頭で首都アルジェの状況は一変。町ではテロが頻発し、女性はヒジャブの着用を強制されるようになる。そんな現実に抗うネジュマは、ある悲劇的な出来事をきっかけに、自分たちの自由と未来をつかみ取るため、命がけともいえるファッションショーの開催を決意する――。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
長沙里(チャンサリ)9.15 字幕
 battle of jangsari
●監督:クァク・キョンテク(『友へ チング』)/キム・テフン(『慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ』出演)●出演:キム・ミョンミン(『エンドレス 繰り返される悪夢』)/ミンホ(『ときめきプリンセス婚活記』)/キム・ソンチョル/キム・イングォン(『ムルゲ 王朝の怪物』)/ジョージ・イーズ(『沈黙のSHINGEKI/進撃』)●2019年/韓国

その日、愛する者の為に命を賭した名もなき英雄たちがいた――。

朝鮮戦争で伝説の作戦とも言われたクロマイト作戦(仁川上陸作戦)の裏側で、事実上捨て駒となった学生兵たちとその指揮官の壮絶な死闘――歴史の闇に埋もれた名もなき英雄たちの実話を基に、ド迫力のアクションとエモーショナルなストーリーで描くミリタリーアクション大作。

■北朝鮮の猛攻を受け敗走を続けた韓国軍は、戦況を打開するためマッカーサー将軍の指揮下で大規模な上陸作戦を計画していた。それが後に伝説とも言われるクロマイト作戦(仁川上陸作戦)である。奇襲上陸をなんとしても成功させるべく、軍上層部は無謀とも言える陽動作戦を発動する。

「長沙里(チャンサリ)に上陸せよ」と命じられたイ・ミョンジュン大尉らが率いるのは、訓練期間わずか2週間、平均年齢17歳の772人の学生兵たち。使い古された武器とわずかな弾薬、そして最小限の食料だけを支給された彼らはまさに「捨て駒」だった。それでも祖国のため、愛する者たちを守るため、土砂降りのごとく降り注ぐ銃弾を受けながら、部隊は決死の上陸を試みる――。











































本編 1時間36分
デジタル
カラー
未成年 字幕
 another child
●監督・脚本:キム・ユンソク●出演:ヨム・ジョンア(『明日へ』)/キム・ソジン(『テロ,ライブ』)/キム・ヘジュン/パク・セジン(『うつせみ〈2004年〉』)/キム・ユンソク(『海にかかる霧』)●2019年/韓国

オトナはわかってくれない コドモはわかりたくない

父が同級生ユナの母と不倫していることを知ったジュリは、ユナと口論。ユナは母がジュリの父の子を妊娠していることを明かしてしまう――『1987、ある闘いの真実』などに出演してきた名優キム・ユンソク長編初監督は、切なくも優しい少女たちの成長を大胆かつ繊細に描いたヒューマンドラマ。

■父が不倫していることを知った女子高生のジュリ。その相手は、問題児として知られる同級生ユナの母ミヒだという。ジュリはユナに母親の不倫を止めるよう忠告するが、激しい口論の末ユナは母がジュリの父の子を妊娠していることを告げ、ジュリの母にまでその事実を暴露してしまう。

思いもかけない告白に戸惑い、また現実から目を背けようとする両親の姿に傷つくジュリ。一方のユナも、娘を顧みず不倫の恋にのめり込んでゆく母の姿を見て深い孤独を感じていた。そんな最中、2つの家族を決定的に揺るがす、ある事件が起こる…。











































本編 1時間57分
デジタル
カラー
シークレット・ジョブ 字幕
 secret zoo
●監督・脚本:ソン・ジェゴン(『甘く、殺伐とした恋人』)●出演:アン・ジェホン(『操作された都市』)/カン・ソラ(『サニー 永遠の仲間たち』)/パク・ヨンギュ(『アタック・ザ・ガス・ステーション!』)/キム・ソンオ(『無双の鉄拳』)/チョン・ヨビン●2020年/韓国

廃業寸前の動物園を救う、奇想天外な極秘任務!

外見は動物(着ぐるみ)⇔中身は人間(従業員)!?一人二役の偽装勤務(シークレット・ジョブ)が今、始まる――『エクストリーム・ジョブ』制作チーム最新作は、前作のチキン店を舞台にした偽装捜査劇から一転、舞台を動物園に移し、経営立て直しのため動物に扮装する従業員の偽装勤務が巻き起こす騒動を描いたコメディドラマ。

■有名法律事務所の見習い弁護士テスに訪れた一世一代のチャンス。それは、廃業寸前の動物園‟ドンサンパーク”の経営をわずか3ヶ月で立て直すことだった。客はおろか動物すらほとんど残っていない動物園を救うため、新園長に赴任したテスの崖っぷちの打開策はスタッフたちが動物に扮装して勤務するという奇想天外なものだった。

ホッキョクグマ、ライオン、キリン、ゴリラ、ナマケモノの着ぐるみに身を包み偽装勤務を始めたドンサンパークの5人組。黙っているのは基本で、首や肩こりに悩まされながらの奮闘が続く中、のどが渇いたテスはホッキョクグマに扮装していることを忘れて観客の前でコーラを飲んでしまう…。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
ライド・ライク・ア・ガール 字幕
 ride like a girl
●監督:レイチェル・グリフィス(『AMY/エイミー』出演)●出演:テリーサ・パーマー(『ハクソー・リッジ』)/サム・ニール(『ジュラシック・パーク』)/サリバン・ステイプルトン(『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』)/マグダ・ズバンスキー(『ベイブ・都会へ行く』)/アーロン・グレナン(『ドリフト』)●2019年/オーストラリア

あきらめない、その気持ちが人生を変える。

オーストラリア競馬最高の栄誉・メルボルンカップ。強豪が集う3200メートルの難関に挑むのは女性騎手ミシェル・ペイン――前人未到の栄冠を手にした女性騎手の努力と挫折を重ねた半生を描く奇跡の実話。

■10人兄弟の末娘としてこの世に生を受けたミシェル・ペイン。生後半年の頃に交通事故で母を亡くすが、父や多くの兄弟に囲まれ健やかに成長する。ペイン家は調教師の父をはじめ兄弟のほとんどが騎手という競馬一家。ミシェルも思春期にあたる頃には騎手になることを強く願うようになる。

やがて華々しいデビューを飾るミシェルだが、落馬によって騎手生命を左右するような大怪我に見舞われてしまう…。女性騎手では勝てないとされてきた競馬界の“聖杯”にミシェルは亡き母と家族の想いを胸に挑む――。











































本編 1時間57分
デジタル
カラー
マイ・バッハ 不屈のピアニスト 字幕 
 joao, o maestro
●監督・脚本:マウロ・リマ●出演:アレクサンドロ・ネロ/ダヴィ・カンポロンゴ/アリーン・モラエス/フェルナンダ・ノーブル/ロドリゴ・パンドルフ●2017年/ブラジル

その手を動かすのは天使か悪魔か――

バッハに愛されたピアニストが失った両手――リオパラリンピックの開会式で国歌を演奏し話題になったピアニスト、ジョアン・カルロス・マルティンス。“20世紀最高のバッハの演奏家”と称され、事故によるハンディキャップを抱えながら、不屈の精神で困難に立ち向かった彼の半生を描いた実話ドラマ。

■幼い頃からピアノが得意だったジョアンは、瞬く間にとその才能を伸ばし20歳でクラシック音楽の殿堂として知られるカーネギーホールでの演奏デビューを飾り“20世紀最も偉大なバッハの奏者”として世界的に活躍するまでになる。

一流の演奏家として世界を飛び回っていたジョアンだったが不慮の事故により右手の3本の指に障害を抱えてしまう。ピアニストとして生命線である指が動かせなくなった彼は不屈の闘志でリハビリに励み再びピアニストして活動できるまでになる。ついに復帰を果たし自身の代名詞ともいえるバッハの全ピアノ曲収録という偉業に挑戦をしていた彼にさらなる不幸がのしかかる…。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン 字幕 
 der trafikant
●監督・脚本:ニコラウス・ライトナー●出演:ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ(『ヒトラー/最期の12日間』)/ヨハネス・クリシュ(『女は二度決断する』)/エマ・ドログノヴァ/レジーナ・フリッチ●2018年/オーストリア/ドイツ

答えを見つけるため生まれるのではない。問いかけるためだ。

1937年、ナチ・ドイツとの併合に揺れるオーストリア。青年の成長とフロイトの友情を描く、儚くも美しいかけがえのない日々――第二次世界大戦前夜、激動のウィーンを舞台に、17歳の青年と精神科医ジークムント・フロイト教授との出会いと友情、そして若き青年にとっての初めての恋と成長を幻想的な映像美と共に描いた物語。

■1937年、ナチ・ドイツとの併合に揺れるオーストリア。自然豊かなアッター湖のほとりに母親と暮らす17歳の青年フランツは、タバコ店の見習いとして働くためウィーンへやってきた。常連のひとりで“頭の医者”として知られるフロイト教授と懇意になったフランツは、教授から人生を楽しみ恋をするよう勧めを受ける。やがてボヘミア出身の女性アネシュカに一目惚れをし、はじめての恋に戸惑うフランツは、フロイトに助言を仰ぐ。しかし、時代は国全体を巻き込んで、激動の時を迎えようとしていた――。











































本編 1時間15分
デジタル
カラー
眉村ちあきのすべて(仮)
 mayumurachiaki no subete (kari)
●監督・脚本:松浦本●出演:眉村ちあき(『夢の音』)/徳永えり(『月極オトコトモダチ』)/品田誠(『恋愛依存症の女』)/月登(『魍魎の匣』)/小川紗良(『ウィッチ・フウィッチ』)●MOOSIC LAB 2019 長編部門 審査員特別賞・観客賞・ベストミュージシャン賞(眉村ちあき)・女優賞(眉村ちあき)受賞●2019年/日本

それは「天才」と称されるアイドル・眉村ちあきの密着ドキュメント映画、のはずだった――。

自ら会社「会社じゃないもん」を設立し、セルフプロデュース型の弾き語りトラックメイカーアイドルとして活動している眉村ちあきの映画。密着ドキュメントとして始まりながら、フィクションも交え、ジュブナイルSF、サスペンス、青春映画、冒険活劇などなどさまざまなジャンルを取り込んで仕上がったカテゴライズ不能な一作。

■地下アイドルシーンよりハイスピードで踊り出し、令和元年メジャーデビュー。各方面から「天才」と称される彼女の密着ドキュメント映画が製作…のはずだった――。一般公募で集まった「眉村ちあき代役」、そして出演オファーされた代表取締役社長、音楽ライター、プロインタビュアー、医学博士・工学博士、女優、俳優、映画監督。何が始まるのか?何が起きているのか?なぜ彼女はまるで自分には「今日」しかないような、「明日」という日が来ないかのような言い方をしたのか?なぜ映画のタイトルが(仮)なのか?貴方は、本当の「眉村ちあき」と、貴方だけの「真実」を見つけることができるか――?











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち 字幕
 rumble the indians who rocked the world
●監督・脚本:キャサリン・ベインズブリッジ/アルフォンソ・マイオラナ●出演:リンク・レイ/チャーリー・パトン/ミルドレッド・ベイリー/バフィ・セイント・マリー/ジミ・ヘンドリクス●2017年/カナダ

鳴り止まない鼓動《リズム》のルーツ。

ロック、フォーク、ブルース、ジャズ、ヘヴィメタル、ヒップホップ、あらゆるポピュラー音楽に影響を与えたインディアンの血をひくミュージシャンたち。なぜ彼らの“音楽”は抹殺されていったのか――リンク・レイのインスト曲『ランブル』の逸話を皮切りに、多くのジャンルのポピュラー音楽に影響を与えたインディアン音楽の真実を明かすドキュメンタリー。

■ネイティブ・アメリカンの血を引くリンク・レイが1958年にリリースし、その攻撃的なサウンドからインスト曲にも関わらず「少年犯罪を助長する」という理由で放送禁止になった「ランブル」。その存在なくしてはパンクもメタルも生まれなかったと言われる同曲をはじめ、インディアン音楽がロック、ジャズ、ブルース、フォーク、ファンクなど様々なジャンルの音楽にいかに影響を及ぼしてきたか、そして彼らの豊かな音楽がポピュラー音楽の歴史からいかに抹殺されてきたかを明らかにする。

インタビュー映像には、自らもネイティブ・アメリカンのルーツを持つ元「ザ・バンド」のロビー・ロバートソンや「ブラック・アイド・ピーズ」のタブーをはじめ、クインシー・ジョーンズ、スティーブン・タイラー、映画監督のマーティン・スコセッシら豪華な顔ぶれが登場する。











































本編 1時間25分
デジタル
カラー
mid90s ミッドナインティーズ 字幕 
 mid90s
●監督・脚本:ジョナ・ヒル(『ドント・ウォーリー』出演)●出演:サニー・スリッチ(『聖なる鹿殺し -キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア-』)/ルーカス・ヘッジス(『ある少年の告白』)/キャサリン・ウォーターストン(『エイリアン:コヴェナント』)/ナケル・スミス/オーラン・プレナット●2018年/アメリカ

君と出会って、僕は僕になった

ライフスタイルがデジタル化される最後の時代、90年代のあの頃を背景に、誰もが経験する“青春”という魔法の季節――2度のオスカーノミネートを果たし、「21ジャンプストリート」などの出演でも人気の実力派俳優ジョナ・ヒルが自身の半自伝的な10代の想い出をもとに描く。90年代への愛と夢が詰まった青春映画のマスターピース。

■1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは兄のイアン、母のダブニーと暮らしている。小柄なスティーヴィーは力の強い兄に全く歯が立たず、早く大きくなって彼を見返してやりたいと願っていた。そんなある日、街のスケートボード・ショップを訪れたスティーヴィーは、店に出入りする少年たちと知り合う。彼らは驚くほど自由でかっこよく、スティーヴィーは憧れのような気持ちで、そのグループに近付こうとするが…。











































本編 1時間33分
デジタル
カラー
ホテルニュームーン 字幕
 hotel new moon
●監督:筒井武文(『孤独な惑星』)●出演:ラレ・マルズバン/マーナズ・アフシャル/永瀬正敏(『赤い雪 Red Snow』)/アリ・シャドマン/小林綾子(『おしん』)●2019年/日本/イラン

愛と秘密が、重なるとき。

現代テヘランに暮らす母と娘。母が隠した秘密。娘がついた嘘。二人をつなぐ絆がゆっくりとほどけていく――静かなスリルとサスペンスに満ちた、世代も国籍も越え紡がれる愛と再生の物語。

■テヘランで大学に通うモナは、生まれる前に父を亡くし、教師をしている母ヌシンと二人暮らし。一人娘に厳しい門限を課し、交友関係にも目を光らせる過保護な母に、モナは少々辟易気味。そんななか、モナは、ホテルで見知らぬ日本人男性と会うヌシンを目撃したのをきっかけに、自身の出生をめぐる母の話に疑念を抱き始める。男は果たして誰なのか。ヌシンの過去に何があったのか。母と娘の間に生まれた小さな綻びは、徐々に大きな亀裂へと発展する――。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
グッバイ、リチャード! 字幕 
 the professor
●監督・脚本:ウェイン・ロバーツ●出演:ジョニー・デップ(『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』)/ローズマリー・デウィット(『レイチェルの結婚』)/ダニー・ヒューストン(『かごの中の瞳』)/ゾーイ・ドゥイッチ(『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』)/ロン・リヴィングストン(『ラッキー』)●2018年/アメリカ

人生はくそったれで、愛おしい。

美しい妻や娘と幸せな生活を送っていた大学教授のリチャードはある時、突然の余命宣告を受ける。残された時間をありのまま生きる男が見つけた人生の答えとは――余命180日の大学教授が人生の愛おしさを見いだしていく姿をユーモラスに描いたヒューマンドラマ。

■「余命180日です。」大学教授・リチャードに告げられた突然のがん宣告。博学でエレガント、真面目な夫として美しい妻と素直な娘との何不自由ない暮らしを送っていたはずのリチャードの人生は一変。追い討ちを掛けるかのように妻に上司との不倫を告白された彼の日々は予期せぬ展開を迎える。

死を前に怖いものなしになったリチャードは残りの人生を自分のために謳歌しようと決心。あけすけにものを言い、授業中に酒やマリファナを楽しむ。ルールや立場に縛られない新しい生き方はリチャードにこれまでにない喜びを与え、人の目を気にも留めない彼の破天荒な言動は次第に周囲にも影響を与えてゆく。しかし、リチャードの“終わりの日”は着実に近づいていて…。











































本編 1時間01分
デジタル
カラー
ドンテンタウン
 dong teng town
●監督・脚本:井上康平●出演:佐藤玲(『高崎グラフィティ。』)/笠松将(『花と雨』)/山本亜依(『きみの鳥はうたえる』)/牛尾竜威/岩崎咲●2019年/日本

これは、晴れが似合わない、あなたとわたしの物語。

シンガーソングライターのソラが引っ越してきた団地の押入れで見つけた大量のカセットテープには、前の住人の心の声が録音されていた――“MOOSIC LAB 2019“の長編部門にて、準グランプリを受賞した青春映画。古き良き日本の団地を舞台に、カセットテープが繋ぐ、交わるはずのなかった一組の男女による、ひと夏の奇妙な日常を映し出す。

■うまくいかない曲作りから逃れるかのように団地へと引っ越したシンガーソングライターのソラ。ある夜、新居の押入れから、前の住人が残した大量のカセットテープが見つかる。テープに吹き込まれていたのは、贋作画家として日銭を稼ぐ青年トキオの“心の声“だった。見ず知らずのトキオの想いに触れるにつれ“記憶”と“現実”が交錯していくソラの日常。カセットテープとピアノとアロハシャツと2人分の朝ごはん。交わるはずのなかったソラとトキオのひと夏の物語が始まる――。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー
イサドラの子どもたち 字幕
 le enfants d'isadora
●監督・脚本:ダミアン・マニヴェル(『泳ぎすぎた夜』)●出演:アガト・ボニゼール/マノン・カルパンティエ/マリカ・リッジ/エルザ・ウォリアストン●2019年ロカルノ国際映画祭 最優秀監督賞受賞●2019年/フランス/韓国

太古より眠るダンスを、私の悲しみが目覚めさせる

伝説のダンサー、イザドラ・ダンカンに導かれた、孤独な魂たち――モダンダンスの始祖であるイサドラが遺したダンス「母」と向き合う4人の女性たちの姿を、美しい音楽と共に映し出すドキュメンタリー。呼応しあい、ゆっくりと伝播するイサドラの魂。4人の女の身体を通して、母と子の物語が美しく静かに綴られる。

■振付師のアガトはイサドラの自伝を読んでいる。自由に踊る子どもたちを、窓から愛おしそうに見つめている。図書室で見つけた舞踊譜と作曲家スクリャービンの音楽を手がかりに、「母」の踊りと向き合う。

「母」の公演を控えた若きダンサーのマノンは、振付師マリカと対話を重ねながら、自らのダンスを探している。マノンは、子どもと離れて暮らすマリカを案じている。やがて公演の日を迎える。

「母」を観劇したエルザは、ゆっくりとした足取りで帰路につく。ノートに記したイサドラの言葉を読み、部屋着に着替え、子どもの写真の前で香を焚く。街灯を遮ろうとカーテンに手を掛けたエルザは、その時…。











































本編 1時間15分
デジタル
カラー
アルプススタンドのはしの方
 alpsstand no hashinohou
●監督:城定秀夫(『性の劇薬』)●出演:小野莉奈(『テロルンとルンルン』)/平井亜門(『左様なら』)/西本まりん(『劇場版 女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』)/中村守里(『書くが、まま』)/黒木ひかり●2020年/日本

そこは、輝けない私たちの、ちょっとだけ輝かしい特等席。

「しょうがない」から始まる、演劇部、元野球部、帰宅部の空振りな青春。5回表から9回裏まで、観客席の端っこが、世界で一番熱い場所になっていく――全国高校演劇大会で、最優秀賞を受賞し、現在も全国で上演されている舞台劇を映画化。甲子園球場のアルプススタンドの一角を舞台に、高校野球の応援に来ていた高校生たちの青春群像を描く1シチュエーション会話劇。

■高校野球の応援席。野球のルールも知らない2人の演劇部員、安田と田宮は、訳あってお互いに妙に気を遣っている。そこに遅れてやって来た元野球部の藤野。そしてぽつんと一人いる帰宅部の成績優秀女子・宮下は、吹奏楽部部長に成績学年一位の座を明け渡してしまったばかりだった。時折やって来ては、ひたすら声を出して応援しろという英語教師。やがて、それぞれの想いを抱えたまま、格上チーム相手に戦況不利な試合が、終盤に1点を争うスリリングな展開へと突入していく…。











































本編 2時間09分
デジタル
カラー
おもかげ 字幕 
 madre
●監督・脚本:ロドリゴ・ソロゴイェン●出演:マルタ・ニエト/ジュール・ポリエ(『PLAY 25年分のラストシーン』)/アレックス・ブレンデミュール(『ペインレス』)/アンヌ・コンシニ(『愛されるために、ここにいる』)/フレデリック・ピエロ(『17歳』)●2019年ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門女優賞受賞●2019年/スペイン/フランス

悲しみの果てに辿り着けたら――

息子の失踪から10年、エレナは光をもとめて旅に出る――我が子をなくした失意から立ち直り、人を赦すことで新たな一歩を踏み出そうとする一人の女性の希望と再生の旅。019年アカデミー賞にノミネートされた緊迫感あふれるワンカットの短編作品の〈その先〉を描いた、誰も予測できないミステリアスなヒューマンドラマ。

■エレナは離婚した元夫と旅行中の6歳の息子から「パパが戻ってこない」という電話を受ける。ひと気のないフランスの海辺から掛かってきた電話が、息子の声を聞いた最後だった。10年後、エレナはその海辺のレストランで働いていた。ある日、息子の面影を宿したフランス人の少年ジャンと出会う。エレナを慕うジャンは彼女の元を頻繁に訪れるようになるが、そんな2人の関係は、周囲に混乱と戸惑いをもたらしていった――。











































本編 0時間49分
デジタル
カラー
テロルンとルンルン
 terrolun to lunlun
●監督:宮川博至●出演:岡山天音(『ポエトリーエンジェル』)/小野莉奈(『アルプススタンドのはしの方』)/川上麻衣子(『でべそ』)/西尾まり(『マリッジリング』)/中川晴樹(『曲がれ!スプーン』)●2018年/日本

声に出したら、壊れそうな季節だった。

父親が自分のためにつくった花火で事故死したことから、実家のガレージに引きこもっている青年・類。ある日、聴覚に障害を持つ高校生・瑠海と窓を隔てて出会う。窓越しに交流を深めていくが社会と学校から孤立している二人の境遇が彼らの静かな時間を狂わせていく――ひとりぼっちだった二人の、青い物語。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
メイキング・オブ・モータウン
 hitsville: the making of motown
●監督:ベンジャミン・ターナー/ゲイブ・ターナー●出演:ベリー・ゴーディ(『ラスト・ドラゴン』製作)/スモーキー・ロビンソン(『ビートルズと私』)/ジョン・レジェンド(『ラ・ラ・ランド』)/ブライアン・ホーランド(『永遠のモータウン』)/エディ・ホランド●2019年/アメリカ/イギリス

創設者ベリー・ゴーディが初めて語った伝説を作るノウハウ

スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ、ダイアナ・ロス&スプリームス、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン5――デトロイトの片隅の一軒家から世界の音楽を塗り替えた音楽レーベル“モータウン”。ビートルズとローリング・ストーンズが憧れた音楽レーベル創立60周年記念作品は、黒人差別、暴動、戦争…激動の米国での創業一代記に迫るドキュメンタリー。

■日本を含む世界の音楽に影響を与え続けているモータウン。愛称はヒッツヴィルUSA。若者に向けたポップな音楽を発信し、アメリカン・ドリームを実現させた。 創設者はベリー・ゴーディJr.。1959年、家族から借りた800ドルを資金にタムラ・レーベルをスタートさせ、モータウンの歴史は幕を開けた。その黄金期を彩ったのは、ミラクルズ、テンプテーションズ、ダイアナ・ロス&スプリームス、フォー・トップス、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン5といったスターたち。ダンスやエチケットも含め徹底した管理体制を敷き、全米No.1ヒットを連発していく様は、かつてゴーディが働いていた自動車工場の組み立てラインをヒントにしていた。

一方で苦難にも直面した。人種差別や暴動、作家の離脱。それでも、人種や性別に分け隔てのない社風同様、モータウンの音楽には分断した社会をひとつにする力があった。やがて反戦などの社会的メッセージを含んだ革新的な楽曲も登場。キング牧師とも親交を深めたレーベルには、後にネルソン・マンデラやオバマ元大統領も敬意を表すことになる。

本作は、映画ビジネスに参入すべくLAに本社を移すまでの歴史や名曲誕生秘話を、創設者のゴーディが親友にして戦友のスモーキー・ロビンソンと旧交を温めながら説き明かしていく。関係者や著名人の回想や証言も交えた貴重なエピソードの数々。これは引退を表明したゴーディが初めて語る創業一代記であり、20世紀に最も影響力を持った独立レーベルの正史である。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
ファヒム パリが見た奇跡 字幕
 fahim
●監督・脚本:ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル(『橋の上の娘』出演)●出演:アサド・アーメッド/ジェラール・ドパルデュー(『シラノ・ド・ベルジュラック』)/ミザヌル・ラハマン/イザベル・ナンティ(『 巴里〈パリ〉の恋愛協奏曲〈コンチェルト〉』)/ピエール・ゴンム●2019年/フランス

その一手に希望を乗せて

わずか8歳で母国バングラデシュを追われたファヒム。故郷でチェスの天才と呼ばれていた彼が、たどり着いたフランスで亡命を認めてもらう方法はただ一つ。チェストーナメントでフランス王者になることだった――帰ることのできない母国。会うことのできない家族。手繰り寄せるため、盤上で戦い続けた少年の心あたたまる感動の実話。

■政変が続くバングラデシュ・ダッカ。親族が反政府組織に属していたことに加え、ファヒムがチェスの大会で勝利を重ねていたことへの妬みが原因で、一家は脅迫を受けるようになっていた。身の危険を感じた父親は、わずか8歳のファヒムを連れてフランス・パリへと脱出した。

難民センターに身を寄せた父子は、フランスでも有数のチェスのトップコーチであるシルヴァンと出会う。独特な指導をするシルヴァンにはじめは苦手意識を持つファヒムだったが、厳しくも愛情あふれた熱心な指導に、次第に心を開き、チェスのトーナメントを目指して信頼関係を築いていく。しかし、一方で、難民申請を却下されたファヒムの父親は、身の置き所がなくなり姿を消してしまう…。迫りくる強制送還までのタイムリミット。その脅威から逃れる解決策はただ一つ。ファヒムがチェスのフランス王者になることだった――。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
ソワレ 
 soiree
●監督・脚本:外山文治(『燦燦 -さんさん-』)●出演:村上虹郎(『銃』)/芋生悠(『左様なら』)/岡部たかし(『At the terrace テラスにて』)/康すおん(『もらとりあむタマ子』)/塚原大助(『スリーデイボーイズ』)●2020年/日本

ふたりで逃げた。幸せだった。

ある事件をきっかけに逃避行することになった青年と若い女性。とはいえ、ふたりは恋愛関係にあるわけではない。まだ出逢ったばかり。彼は彼女の、ある不幸な境遇を見るに見かねて、半ば衝動的に連れ出す。そうして始まった、ひと夏のひと旅。青年はその時間を「かくれんぼ」と呼び、女性は「かけおち」と称した――許されぬ罪を犯し、追われる身になった男女が、シリアスな状況下、それでも、それぞれに「生きる理由」があることを発見するまでを描く人間ドラマ。豊原功補と小泉今日子の第一回プロデュース作品。

■俳優を目指して上京するも結果が出ず、今ではオレオレ詐欺に加担して食い扶持を稼いでいる翔太。ある夏の日、故郷・和歌山の海辺にある高齢者施設で演劇を教えることになった翔太は、そこで働くタカラと出会う。数日後、祭りに誘うためにタカラの家を訪れた翔太は、刑務所帰りの父親から激しい暴行を受けるタカラを目撃する。咄嗟に止めに入る翔太。それを庇うタカラの手が血に染まる。逃げ場のない現実に絶望し佇むタカラを見つめる翔太は、やがてその手を取って夏のざわめきの中に駆け出していく。こうして、二人の「かけおち」とも呼べる逃避行の旅が始まった──。











































本編 2時間15分
デジタル
カラー
WAVES/ウェイブス 字幕 
 waves
●監督・脚本:トレイ・エドワード・シュルツ(『イット・カムズ・アット・ナイト』)●出演:ケルヴィン・ハリソン・Jr(『ルース・エドガー』)/テイラー・ラッセル(『エスケープ・ルーム』)/スターリング・K・ブラウン/レネー・エリス・ゴールズベリー(『ルイスと不思議の時計』)/ルーカス・ヘッジス(『ある少年の告白』)●2019年/アメリカ

愛が、再び押し寄せる。

傷ついた今日も、癒えない痛みも、愛の波が洗い流す――気鋭のスタジオA24製作。傷ついた若者たちが、新たな一歩を踏み出すまでを鮮烈に描く希望の物語。フランク・オーシャン、ケンドリック・ラマー、カニエ・ウェスト、レディオヘッドetc、超豪華アーティストによる31曲が全編を彩る。ミュージカルを超えた“プレイリスト・ムービー”。

■高校生タイラーは、成績優秀なレスリング部のエリート選手、美しい恋人アレクシスもいる。厳格な父親ロナルドとの間に距離を感じながらも、恵まれた家庭に育ち、何不自由のない生活を送っていた。そんなある日、不運にも肩の負傷が発覚し、医師から選手生命の危機を告げられる。そして追い打ちをかけるかのように、恋人の妊娠が判明。徐々に狂い始めた人生の歯車に翻弄され、自分を見失っていく。そしてある夜、タイラーと家族の運命を変える決定的な悲劇が起こる。

一年後、心を閉ざして過ごす妹エミリーの前に、すべての事情を知りつつ好意を寄せるルークが現れる。ルークの不器用な優しさに触れ、次第に心を開くエミリー。やがて二人は恋に落ちるが、ルークも同じように心に大きな傷を抱えていた。そして二人はお互いの未来のためにある行動に出る…。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
ディック・ロングはなぜ死んだのか? 字幕 
 the death ob dick long
●監督:ダニエル・シャイナート(『スイス・アーミー・マン』)●出演:マイケル・アボット・ジュニア/ヴァージニア・ニューコム/アンドレ・ハイランド/サラ・ベイカー/ジェス・ワイクスラー●2019年/アメリカ

知らない方がいいこともある。

ヤバイ、大変なことになった!ディックが死んでしまった――アメリカの片田舎を舞台とした、とある怪死事件に隠された世にも信じがたいある秘密とは?実際に起きた事件から着想し、ひた隠しにしてきた秘密が白日のもとに曝け出された時に起こるドタバタぶりと悲哀が絶妙なバランスで描かれる。『ミッドサマー』A24製作×怪作『スイス・アーミー・マン』監督が贈るミステリー仕立てのダーク・コメディ。

■ジーク、アール、ディックの3人は売れないバンド仲間。ある晩、練習と称しガレージに集まりバカ騒ぎをしていたが、あることが原因でディックが突然死んでしまう。やがて殺人事件として警察の捜査が進む中、唯一真相を知っているジークとアールは彼の死因をひた隠しにし、自分たちの痕跡を揉み消そうとする。誰もが知り合いの小さな田舎町で、徐々に明らかになる驚きの“ディックの死の真相”とは…?











































本編 2時間00分
デジタル
カラー
マティアス&マキシム 字幕 
 matthias et maxime
●監督・脚本:グザヴィエ・ドラン(『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』)●出演:ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン(『エレファント・ソング』)/ピア・リュック・ファンク/サミュエル・ゴティエ/アントワン・ピロン●2019年/カナダ

その瞬間、恋に変わった。

カメラの前で交わした偶然のキス。そして溢れ出す、友達以上の想い――予期せぬ感情に揺れる、幼馴染のマティアスとマキシムの青春ラブストーリー。圧倒的なカリスマ性と才能を携え映画界を駆け抜けてきたグザヴィエ・ドラン最新作。30代を迎えた今、デビューから一貫して描いてきた”母と子”というテーマから一新、痛いまでの純愛を真正面から描き、自らの手で新たな章の幕を上げた。

■30歳のマティアスとマキシムは幼馴染。その日も一緒に仲間のパーティへ向かうが、そこで彼らを待ち受けていたのは友達の妹からの、あるお願い。彼女の撮る短編映画で男性同士のキスシーンを演じることになった二人だが、その偶然のキスをきっかけに秘めていた互いへの気持ちに気付き始める。

美しい婚約者のいるマティアスは、思いもよらぬ相手へ芽生えた感情と衝動に戸惑いを隠せない。一方、マキシムはこれまでの友情が壊れてしまうことを恐れ、想いを告げずにオーストラリアへと旅立つ準備をしていた。迫る別れの日を目前に、二人は抑えることのできない本当の想いを確かめようとするのだが――。











































本編 2時間00分
デジタル
カラー
ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ 字幕 
 the last black man in san francisco
●監督・脚本:ジョー・タルボット●出演:ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース(『囚われた国家』)/ロブ・モーガン(『黒い司法 0%からの奇跡』)/ティチーナ・アーノルド/マイク・エップス(『バイオハザード III』)●2019年サンダンス映画祭 監督賞/審査員特別賞 W受賞●2019年/アメリカ

何もない。だけど、僕にはこの街がある。

変わりゆく街・サンフランシスコで、変わらない大切なもの。家族の記憶が宿る家とたった一人の友。それだけで人生はそう悪くない――今や富裕層が多く住む町に様変わりしてしまったサンフランシスコを舞台に、祖父が建てた美しい家を取り戻そうとする男の姿を温かな目線で映し出す人間ドラマ。A24×プランB、アカデミー賞作品賞受賞『ムーンライト』以来のタッグを組んだ“街と人をめぐる新たな傑作”。

■サンフランシスコで生まれ育ったジミーは、祖父が建て、かつて家族と暮らした思い出の宿るヴィクトリアン様式の美しい家を愛していた。変わりゆく街の中にあって、地区の景観とともに観光名所になっていたその家は、ある日現在の家主が手放すことになり売りに出される。再びこの家を手に入れたいと願い奔走するジミーは、叔母に預けていた家具を取り戻し、いまはあまり良い関係にあるとは言えない父を訪ねて思いを語る。

そんなジミーの切実な思いを、友人モントは、いつも静かに支えていた。いまや都市開発・産業発展によって、“最もお金のかかる街”となったサンフランシスコで、彼は失くしたものを、自分の心の在りどころであるこの家を取り戻すことができるのだろうか…。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
13月の女の子
 juusangatsu no onna no ko
●監督:戸田彬弘(『名前』)●出演:小宮有紗(『お前ら全員めんどくさい!』)/秋本帆華(『燃えよ!失敗女子』)/茜屋日海夏(『お前ら全員めんどくさい!』)/田野優花(『リンキング・ラブ』)/北村優衣(『Music Of My Life』)●2020年/日本

どうしても、合いたかった

亡くなった友達にまた会いたい。たとえ世界が終わりだとしても――2017年に初演され、好評を得た舞台「13月の女の子」。当時の制作チームが映画化の為に改稿した本作は、亡くなった友達を求めて世界線を超える、女の子達の純粋な友情を描いた心温まるSFファンタジー。

■女子高生、穴森一穂は引っ込み思案でクラスに馴染めずにいた。そんなある日、生まれつき心臓病を患う唐木田巫女と偶然出会い、二人は親しくなっていく。しかし半年後、巫女は入院中に亡くなってしまう。悲しみに暮れている一穂に一通の手紙が届く…。「唐木田巫女について話があります。明日の夜、あの部屋に来て」巫女についての話とは?一穂は一人、夜の校舎へと入って行く。そこには、巫女の死と同時に現れた謎の転校生・浮間莉音が待ち受けていた。











































本編 1時間33分
デジタル
カラー
ボヤンシー 眼差しの向こうに 字幕
 buoyancy
●監督・脚本:ロッド・ラスジェン●出演:サーム・ヘン/タナウット・カスロ/モニー・ロス●第92回アカデミー賞外国語映画賞 オーストラリア代表選出●2019年/オーストラリア

少年、14歳。貧しさ、強制労働、暴力、奴隷。無情な船長、非人間的な環境、残酷な拷問。少年が生きるために選んだ道とは。

カンボジアの貧しい田舎からタイへ働きに出た14歳のチャクラは、船長が絶対的な権力を持つ漁船で働くことに――出稼ぎにきた少年が体験する過酷な強制労働の体験を、取材に基づく事実にフィクションを織り交ぜて描いた人間ドラマ。

■カンボジアの田舎の決して裕福ではない家族。14歳のチャクラは、将来を期待されている兄とは違い、労働の担い手としか扱われない自分の境遇に納得がいかない。お金を稼ぎたいチャクラは、友人から“有給の仕事”を斡旋するというブローカーを紹介してもらい、誰にも相談することなく、単身、家を出る。

チャクラは同じ境遇の数人たちとともに密かに国境を越え、タイに入国する。しかしそこで待ち受けていたのは、ブローカーによる“身売り”だった。他のカンボジア人やビルマ人とともに“奴隷”として漁船に放り込まれ、劣悪な環境下で労働を強制される。1日22時間魚を漁り、与えられる食料は、冷めた米飯のみ。

陸から遠く離れた船の上で絶対的な権力を持つ船長は、歯向かう者や衰弱した者を見せしめのごとく拷問し、殺し、海に放り捨てていく。脱出することも、陸に上がって逃げ出すこともできぬまま、非人間的な環境と拷問の恐怖に怯え、チャクラの心は摩耗し、人間性は失われ、破壊的な人格が芽生え始める。唯一の希望である“自由”を取り戻すためには、この船で行われていることと同じ“暴力”で抗うしか方法がなく、自らの手で、残虐的な暴力によって、この船を乗っ取ろうと決意する。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
二人ノ世界
 futari no sekai
●監督:藤本啓太●出演:永瀬正敏(『赤い雪 Red Snow』)/土居志央梨(『108 -海馬五郎の復讐と冒険-』)/牧口元美(『始まりも終わりもない』)/近藤和見/重森三果●2017年/日本

全てを失った男と、目の見えない女との、二人だけの世界の物語。

「迷惑かけんとウチらにどないして生きい言うんや」「何もできひんいうだけで、全部諦めなあかんのかな?」――京都・西陣を舞台に、事故で身体の自由を失った男と、そんな男の前に現れた目の不自由な女の二人きりの奇妙な介護生活を通して、真実の愛とは何かを描く人間ドラマ。第10回日本シナリオ大賞佳作受賞作「二人ノ世界」の映画化作品。

■バイク事故による頸椎損傷のため、36歳という若さで首から下の自由を失った俊作のもとに、盲目の女・華恵がヘルパーとして現れる。心を閉ざし悪態をつく俊作に、苛立ちを募らせる華恵だったが、目の見えない彼女もまた、人には言えない大きな喪失感を抱えていた…。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
幸せへのまわり道 字幕
 a beautiful day in the neighborhood
●監督:マリエル・ヘラー●出演:トム・ハンクス(『ハドソン川の奇跡』)/マシュー・リス(『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』)/クリス・クーパー(『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』)/スーザン・ケレチ・ワトソン/エンリコ・コラントーニ(『KILLERS/キラーズ -10人の殺し屋たち-』)●第92回アカデミー賞 助演男優賞ノミネート●2019年/アメリカ

これは、実話に基づいた物語。ひとつの出会いが奇跡を呼び起こす。

雑誌記者のロイド・ヴォ―ゲルは、取材として子ども番組の人気司会者フレッド・ロジャースと面会。心を通わせた2人は、やがて公私に渡って交流を深めていく――大物司会者と雑誌記者の間で育まれた“数奇な友情”を描く、実話に基づくヒューマンドラマ。

■ロイド・ヴォ―ゲルは、雑誌記者として華々しいキャリアを積んできた。今は愛する妻と生まれたばかりの子どもと暮らしている。ある日、ロイドは姉の結婚式に招待され、式場で絶縁していた父・ジェリーと再会を果たす。ロイドは、家庭を顧みず自分たち姉弟を捨てた父を許せずにいた。些細なことがきっかけで手を上げてしまうなど、心の内にわだかまりを抱えていた。

それから数日後、ロイドは編集部の依頼で、子ども向け番組の司会者として人気者だったフレッド・ロジャースに関する記事を書くため、彼の仕事場を訪ねる。フレッドは、ひと目見ただけなのに、ロイドが抱えている家族の問題や心の葛藤を感じとる。一方、ロイドもフレッドの不思議な人柄に惹かれていく。やがて2人は、取材の名目を越えて、公私共に交流を深めていくのだった…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
Daughters (ドーターズ)
 daughters
●監督:津田肇●出演:三吉彩花(『ダンスウィズミー』)/阿部純子(『ソローキンの見た桜』)/黒谷友香(『TANNKA 短歌』)/大方斐紗子(『雪子さんの足音』)/鶴見辰吾(『日日是好日』)●2020年/日本

同じ速度で歩んでいくと思っていた

東京・中目黒でルームシェア生活を送るふたりの女性。ひとりの妊娠、そしてシングルマザーという人生の決断――ひとりの妊娠によって訪れる友人同士の人生の変化を“一方”の目線から描くヒューマンドラマ。

■4月の中目黒。桜が並ぶ目黒川沿いのマンションの1室で暮らす友人同士の堤小春と清川彩乃。共に27才。ふたりは、よく働き、よく遊び、自由を謳歌したルームシェア生活を送っていた。そんな生活に、変化が訪れる。

5月のある休日。共にランチへ出かけたその席にて、小春は彩乃から突然の妊娠告白を受ける。そして、その子供を産む決断をすでに下している彩乃。今の生活を続けながら子供を育てていくのは現実的ではない、と反対する小春。だが、彩乃に着いて行った産婦人科医で、胎児の映像を目の当たりにし、そばで支えていく決意を小春は固める。それをきっかけに少しずつ変わっていく彼女たちの生活…。











































本編 2時間09分
デジタル
カラー
LETO レト 字幕
 leto
●監督:キリル・セレブレンニコフ●出演:ユ・テオ/イリーナ・ストラシェンバウム/ローマン・ビールィク/アレクサンドル・ゴーチリン/アレクサンドル・クズネツォフ(『剣の舞 -我が心の旋律-』)●第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品/カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家賞受賞●2018年/ロシア/フランス

あの夏、ぼくらが追い求めたロックと自由と淡い恋

ロシアの伝説的バンド「キノ」のヴォーカルであるヴィクトル・ツォイのデビュー期を基に、彼の音楽的才能を見出したロック・シンガーのマイク・ナウメンコ、そしてその妻ナターシャの3人をモデルとし、ペレストロイカ目前のレニングラードで純粋に〝自由″と〝音楽″を追い求めた若者達のひと夏――80年代文化統制化のレニングラードを舞台に、T・レックス、デヴィッド・ボウイ、イギー・ポップなど豪華ロックスターたちの名曲で彩る青春バイオグラフィ。

■ときは1980年代前半。西側諸国(資本主義諸国)の文化は禁忌とされていたソ連時代のレニングラードでは、L・ツェッペリンやT・レックスなど西側のロックスターの影響を受けたアンダーグラウンド・ロックが花開こうとしていた。その最前線で人気を博していたバンド「ズーパーク」のリーダーであるマイクのもとにある日、ロックスターを夢見るヴィクトルが訪ねてくる。彼の才能を見出したマイクは、共に音楽活動を行うようになるが、その一方で、マイクの妻ナターシャとヴィクトルの間には淡い恋心が芽生え始めていた…。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
ジョーンの秘密 字幕 
 red joan
●監督:トレヴァー・ナン(『十二夜』)●出演:ジュディ・デンチ(『ヴィクトリア女王 -最期の秘密-』)/スティーヴン・キャンベル・ムーア(『ムーン・ウォーカーズ』)/ソフィー・クックソン(『死霊院 -世界で最も呪われた事件-』)/トム・ヒューズ(『フラワーショウ!』)/ベン・マイルズ(『ニンジャ・アサシン』)●2018年/イギリス

彼女は何を守ろうとしたのか

世界がミレニアムに浮かれていた2000年、ソ連のKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれた。その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった――イギリス史上最も意外なスパイ。この数奇な実話を基に描く衝撃作。

■夫に先立たれた老女ジョーン・スタンリーは、仕事も引退し、イギリス郊外で穏やかな一人暮らしを送っていた。ところが2000年5月、ジョーンは突然訪ねてきたMI5に逮捕されてしまう。半世紀以上も前、核開発の機密情報をソ連のKGBに漏洩したというスパイ容疑であった。

ジョーンは無罪を主張するが、先ごろ死亡した外務事務次官のW・ミッチェル卿が遺した資料から、彼とジョーンがKGBと共謀していた証拠が出てきたというのだ。そんななか、ジョーンの息子で弁護士のニックは、母親を信じて彼女の弁護を担当することになる。だが、ニックの思いとは裏腹にジョーンの驚くべき過去が次々と明らかになってゆく…。











































本編 1時間58分
デジタル
カラー
デンジャー・クロース 極限着弾 字幕
 danger close thebattel of long tan
●監督:クリフ・ステンダーズ(『殺し屋チャーリーと6人の悪党』)●出演:トラヴィス・フィメル(『ウォークラフト』)/ルーク・ブレイシー(『X-ミッション』)/アレクサンダー・イングランド(『エイリアン:コヴェナント』)/ダニエル・ウェバー(『プリズン・エスケープ -脱出への10の鍵-』)/リチャード・ロクスバーグ(『サンクタム』)●2018年/オーストラリア

■緊迫度200%を体感せよ!

デンジャー・クロース(味方にも砲撃が届くほどの超至近距離への極限着弾)を基地に要請するほど緊迫した3時間半にわたる壮絶な戦い――ベトナム戦争中オーストラリア軍108名人が南ベトナムの農園地帯“ロングタン”で南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)軍約2,000人を相手に戦った「ロングタンの戦い」を壮絶に描く、史実を基にした本格戦争映画。

■1966年8月18日未明、南ベトナム。ヌイダット地区にあるオーストラリア軍司令部の基地がベトコン部隊による迫撃砲の急襲を受ける。翌朝土砂降りの雨、雷鳴が轟くなか発射地点を突き止めるため偵察に向かったハリー・スミス少佐率いるオーストラリア軍D中隊。その小隊に属する兵たちは徴集兵で、平均年齢21歳と非常に若く経験が圧倒的に不足していた。

中隊長である少佐は、素人同然の徴集兵を率いることに意義を見出せず、准将に特殊部隊への異動を希望するも却下されていた。士気がままならないなか、第10、11、12の3小隊に分かれて前線を進む。ロングタンのゴム園に差し掛かると第11小隊がベトコン兵と遭遇。交戦となるがベトコン兵は散り散りに逃げて行く。安心した小隊は前進するも、既にベトコン兵の大軍に囲まれてしまっていた。自らの命を顧みないベトコン兵は容赦なく機関銃掃射で襲い掛かる!四方八方から銃撃を受け、戦闘開始からわずか20分で28人構成の小隊のうち半数以上が負傷。味方からの応援部隊も近づけない平坦なジャングルで小隊は絶体絶命の状況に追い詰められてしまう。

ベトコン兵から放たれる機関銃の嵐の中、少佐は遂に基地へ指令を出す。目前にいる敵へ後方から迫撃砲を撃つ要請をしたのだ。「責任は取る。極限着弾(デンジャー・クロース)を要請する」。それは味方に対して超至近距離で撃つことになり、小隊が全滅してしまう危険な作戦である。 一方基地本部では、応援の大隊を出撃させるかの判断をする時が迫っていたのだった…。











































本編 1時間57分
デジタル
カラー
喜劇 愛妻物語 
 kigeki aisaimonogatari
●監督・脚本:足立紳(『14の夜』)●出演:濱田岳(『ヒメアノ~ル』)/水川あさみ(『福福荘の福ちゃん』)/新津ちせ(『駅までの道をおしえて』)/大久保佳代子(『ラブ×ドック』)/坂田聡(『きばいやんせ!私』)●第32回東京国際映画祭 最優秀脚本賞受賞●2020年/日本

この夫婦、史上最笑。

超ダメ夫、豪太。年収50万。売れない脚本家。超恐妻、チカ。毒舌。酒好き。家計を支える鬼嫁。結婚10年目。倦怠期。セックスレス――笑えて、呆れて、呆れて、泣ける。愛憎渦巻く夫婦の姿をコミカルに描く痛快コメディ。『百円の恋』で日本アカデミー賞に輝いた名脚本家・足立紳が、自伝的小説「喜劇 愛妻物語」を自ら脚色した監督第2作。

■結婚して10年。いまだにうだつの上がらない脚本家の豪太と、トキメキを失って久しい妻のチカが、幼い娘と三人で旅に出た。四国を舞台にしたシナリオを書くための五日間の取材旅行。しかし豪太にはもうひとつの重大ミッションがあった。旅の間になんとしても、「セックスレスの妻とセックスする」という悲願を達成するのだ――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
オン・ザ・ロック 字幕
 on the rocks
●監督・脚本:ソフィア・コッポラ(『ロスト・イン・トランスレーション』)●出演:ビル・マーレイ(『デッド・ドント・ダイ』)/ラシダ・ジョーンズ(『セレステ∞ジェシー』)/マーロン・ウェイアンズ(『最終絶叫計画』)/ジェニー・スレイト(『gifted/ギフテッド』)/ジェシカ・ヘンウィック●2020年/アメリカ

■ニューヨークに暮らす若い母親は、ある日、結婚生活に疑いを持つようになり、稀代のプレイボーイである自分の父親と一緒に夫を尾行することになる。光り輝く街中で冒険を繰り広げる父娘は、街路を行ったり来たりする内にその距離を近づけていく――ソフィア・コッポラがニューヨークへの溢れる想いに軽快なタッチをブレンドし、父娘ならではの世代の違いが生む衝突や、現代の家族のややこしくておかしな繋がりを描くユーモラスな人間ドラマ。

■ローラは順風満帆な人生を送っていると思っていた。しかし、夫のディーンが新しく来た同僚と残業を繰り返すようになり、良からぬことが起こっているのでと疑いを抱く。そこで、ローラはそういう男女の問題に精通しているプレイボーイの男性に相談を持ち掛ける。それは、自分の父親のフェリックスだった。フェリックスはローラにこの事態を調査すべきだとアドバイスし、父娘2人で夜のニューヨークへと繰り出す。アップタウンのパーティーやダウンタウンのホットスポットを駆け巡る内に、フェリックスとローラは自分たち父娘の関係についてある発見をすることになる――。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
この世の果て、数多の終焉 字幕 
 les confins du monde
●監督・脚本:ギヨーム・ニクルー(『ストーン・カウンシル』)●出演:ギャスパー・ウリエル(『たかが世界の終わり』)/ギョーム・グイ(『ぼくを探しに』)/ラン=ケー・トラン/ジェラール・ドパルデュー(『ファヒム -パリが見た奇跡-』)/ジョナサン・クジニエ●2018年/フランス

ここが最も「死」に近い場所。

第二次大戦末期。フランス領インドシナ。知られざる、植民地支配の闇。大量虐殺をただ1人、生き延びたフランス人兵士。傷ついた魂が行き着く果てとは――凄惨な戦場の実態と傷ついた一人の兵士の魂に迫った戦争ドラマ。

■1945年3月、フランス領インドシナ。駐屯地での殺戮をただひとり生き延びたフランス人兵士ロベールは、兄を殺害したベトナム解放軍の将校ヴォー・ビン・イェンへの復讐を誓い、部隊に復帰する。しかし険しい密林でのゲリラとの戦いは苛烈を極め、憎きヴォー・ビンの居場所は一向につかめなかった。その悪夢のような日々のなか、マイというベトナム人の娼婦に心惹かれるロベールだったが、復讐の怨念に駆られる彼はもはや後戻りできない。やがて軍規に背く危うい行動を繰り返し、理性を失ったロベールは、さらなるジャングルの奥地に身を投じていくのだった…。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった 字幕
 once were brothers: robbie robertson and the band
●監督:ダニエル・ロアー●出演:ザ・バンド(『ラスト・ワルツ』)/マーティン・スコセッシ(『沈黙 -サイレンス-』監督)/ボブ・ディラン(『ボブ・ディランの頭のなか』)/ブルース・スプリングスティーン(『アルツハイマーと僕 -グレン・キャンベル 音楽の奇跡-』)/エリック・クラプトン(『エリック・クラプトン -12小節の人生-』)●2019年/カナダ/アメリカ

■音楽も仲間も心から愛していた――

ザ・バンドの中心メンバー、ロビー・ロバートソンが語る伝説のバンドの誕生と栄光、そして、解散――音楽界に大きな影響を与え、今も人々の記憶に深く刻み込まれている“唯一無二”のバンド。彼らの誕生と栄光、伝説の「ラスト・ワルツ」の解散コンサートまで、その数奇な軌跡をロバートソンが自らの言葉で語りつくす。すべての音楽ファンに捧げられた感動的なドキュメンタリー。

■映画はロビー・ロバートソンの回想形式で進むが、彼のコメントだけではなく、すでに他界した3人のザ・バンドのメンバーたちにも配慮した構成になっている。温かいボーカルを聴かせていたドラマーの故リヴォン・ヘルムは、ロバートソンと堅い絆で結ばれながらも、やがては乗り越えがたい溝が生まれる。そんな彼の人間的な魅力が伝わる貴重なインタビューも随所に盛り込まれる。

また、やんちゃな雰囲気のギタリストのリック・ダンコ、繊細な性格だったキーボードのリチャード・マニュエルもすでに故人だが、彼らの若き日の姿も映像や写真を通じてよみがえる。哲学者のような風貌のマルチプレイヤー、ガース・ハドソンは映画用にインタビューも撮影されたが、最終的にはアーカイブ映像だけが使用されている。

5人は60年代後半から70年代にかけて豊かな自然に恵まれたニューヨーク郊外のウッドストックにあった家、ビッグ・ピンクで兄弟のように仲良く暮らした。ロバートソンが「あまりにも美しい関係だった」と語る5人の絆が過去の映像を通じてよみがえる。また、当時、ウッドストックに住んでいたボブ・ディランとの特別な友情やセッションの様子も描かれ、音楽史上のスリリングな瞬間に触れることもできる。











































本編 1時間16分
デジタル
カラー
ホモ・サピエンスの涙 字幕
 om det oandliga
●監督・脚本:ロイ・アンダーソン(『さよなら、人類』)●出演:マッティン・サーネル/タティアーナ・デローナイ/アンデシュ・ヘルストルム/ヤン=エイエ・フェルリンク/ベンクト・ベルギウス●第76回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞●2019年/スウェーデン/ドイツ/ノルウェー

やっぱり、愛がなくっちゃね

この世に絶望し信じるものを失った牧師、戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル、これから愛に出会う青年、陽気な音楽にあわせて踊る若者――ワンシーンワンカットで撮影された全33シーンで、この世の中で生きる人々の悲喜こもごもを映し出す。映像の魔術師が、この時代を生きる全人類(ホモ・サピエンス)に贈る、愛と希望を込めた万華鏡のような映像詩。スウェーデンの奇才、ロイ・アンダーソン監督による異色の人間ドラマ。

■とあるベンチに座る男女が他愛もない会話を交わしている。また別の場所では、中年の男が学生の時の友人とのエピソードを話している。レストランでは、初老の男が新聞に夢中で、彼のグラスからはワインが溢れている。ウェイターは何か考え事をしているようで…。











































本編 1時間59分
デジタル
カラー
パブリック 図書館の奇跡 字幕
 the public
●監督・脚本:エミリオ・エステヴェス(『星の旅人たち』)●出演:アレック・ボールドウィン(『コンカッション』)/エミリオ・エステヴェス(『ボビー』)/テイラー・シリング(『一枚のめぐり逢い』)/ジェナ・マローン(『エンジェル ウォーズ』)/クリスチャン・スレーター(『インビジブル2』)●2018年/アメリカ

忘れられない夜になる

大寒波の夜、行き場を失くしたホームレスたちが立てこもり!?図書館員の勇気があなたに《希望》を届ける――ある公共図書館の元副理事がロサンゼルス・タイムズに寄稿したエッセイにインスピレーションを得て、完成までに11年を費やし監督したのは名優エミリオ・エステベス。突如勃発した大騒動に巻き込まれたひとりの図書館員の奮闘を軸に、笑いと涙たっぷり、予測不可能なサプライズも盛り込まれた感動作。

■米オハイオ州シンシナティの公共図書館で、実直な図書館員スチュアートが常連の利用者であるホームレスから思わぬことを告げられる。「今夜は帰らない。ここを占拠する」。大寒波の影響により路上で凍死者が続出しているのに、市の緊急シェルターが満杯で、行き場がないというのがその理由だった。

約70人のホームレスの苦境を察したスチュアートは、3階に立てこもった彼らと行動を共にし、出入り口を封鎖する。それは“代わりの避難場所”を求める平和的なデモだったが、政治的なイメージアップをもくろむ検察官の偏った主張やメディアのセンセーショナルな報道によって、スチュアートは心に問題を抱えた“アブない容疑者”に仕立てられてしまう。やがて警察の機動隊が出動し、追いつめられたスチュアートとホームレスたちが決断した驚愕の行動とは…。











































本編 1時間29分
デジタル
カラー
ファンファーレが鳴り響く 
 fanfare ga narihibiku
●監督・脚本:森田和樹●出演:笠松将(『おいしい家族』)/祷キララ(『左様なら』)/黒沢あすか(『冷たい熱帯魚』)/川瀬陽太(『横須賀綺譚』)/日高七海(『左様なら』)●2020年/日本

■殺すのなんて簡単なんだからね。

吃音症でいじめられている男子高校生と殺人欲求がある女子高生が、いじめグループを殺しながら旅をする――2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、グランプリを受賞した『されど青春の端くれ』の森田和樹監督の人生を投影するスプラッター青春群像劇。

■吃音症の高校1年生・神戸明彦はクラスでイジメに遭い、鬱屈とした日々を過ごしている。家では何食わぬ顔で過ごしながら、脳内で神様を殺していた。明彦はある日、クラスメイトで才色兼備の完璧な女子生徒・七尾光莉が猫を殺すのを目撃する。生理のときに見た自分の血に興味を駆られた光莉は、他者の血を見たいという欲求を持っていた。光莉は明彦に殺人欲求があることを打ち明け、イジメグループの殺害を提案する。殺しを始めた2人は逃げるように東に向かいながら、殺しを続けていく…。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
オフィシャル・シークレット 字幕
 official secrets
●監督・脚本:ギャヴィン・フッド(『エンダーのゲーム』)●出演:キーラ・ナイトレイ(『コレット』)/マット・スミス(『ターミネーター:新起動/ジェニシス』)/マシュー・グード(『イノセント・ガーデン』)/リス・エヴァンス(『もうひとりのシェイクスピア』)/アダム・バクリ(『オマールの壁』)●2018年/イギリス

国家の嘘を暴く

2003年イラク開戦前夜、英米政府を揺るがせた告発記事。その記事は英国女性諜報職員のリークだった――イギリスとアメリカの両政府を震撼させた“キャサリン・ガン事件“を映画化したポリティカルサスペンス。イラク戦争を止めようとしたある女性の衝撃の実話。

■2003年1月。英国の諜報機関GCHQ(政府通信本部)で働くキャサリン・ガンはある日、米国の諜報機関NSA(国家安全保障局)から送られたメールを見て愕然とする。英米がイラク侵攻を強行するため、国連安全保障理事会のメンバーに対するスパイ活動を指示するものだった。その内容に憤りを感じたキャサリンは、元同僚の友人を訪ね、マスコミにリークしたいと相談する。2週間後、メールの内容が英国「オブザーバー」紙の一面を飾った。マーティン・ブライト記者の勇気ある告発記事だった。

英国の諜報機関GCHQでは、リークした犯人探しが始まり、職員一人一人への執拗な取り調べが繰り返された。キャサリンは、自分の仕事仲間にまで尋問が及ぶ状況に耐えきれず、自ら「リークしたのは自分だ」と名乗り出る。しかし、キャサリンの告発も虚しく、イラク侵攻は開始され、キャサリンは起訴される。キャサリンを救おうと人権派弁護士ベン・エマーソンらが立ち上がった。政府内の取材をするなかで、キャサリンの無実を確信していくが、相手は政府、簡単に勝てる相手ではない。2004年2月25日、裁判が始まった。果たして、キャサリンは有罪か、それとも無罪か。しかし、驚きの結末が待っていた…。











































本編 1時間29分
デジタル
カラー
リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ 字幕
 liam: as it was
●監督:ギャビン・フィッツジェラルド/チャーリー・ライトニング(『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ』)●出演:リアム・ギャラガー(『リヴ・フォーエヴァー』)/ボーンヘッド/ノエル・ギャラガー(『アップサイド・ダウン:クリエイションレコーズ・ストーリー』)/ポール・ギャラガー/クリス・マーティン(『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ』)●2019年/イギリス

彼は、最後のロックンロール・スター。

伝説的なロックバンド「オアシス」のフロントマン、リアム・ギャラガー。数々のヒット曲を連発し、90年代を代表するアーティストとして世界に名を馳せる。しかし、リアムは破天荒かつスキャンダラスな行動でメディアから度々バッシングを受けていた。そして兄ノエルとの確執が表面化し、ついにバンドは解散状態となる――伝説のロックバンドoasis解散の衝撃から10年。リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を映すドキュメンタリー。

■オアシス解散の瞬間を捉えた衝撃的な映像から始まり、圧倒的なライブ映像を織り交ぜながら初めて明かされる家族と兄ノエルへの想い。元オアシスギタリストのボーンヘッド、母ペギー、長兄ポール、息子ジーンとレノン、そしてパートナーのデビー・グワイサーら身近な関係者の貴重な証言から人間リアム・ギャラガーの素顔が浮かび上がってくる。また、ネット動画で話題となったバーでの弾き語りや、“コールド・プレイ“のクリス・マーティンとの共演シーンなど、貴重な映像も収められている。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
人数の町
 ninzuu no machi
●監督・脚本:荒木伸二●出演:中村倫也(『水曜日が消えた』)/石橋静河(『きみの鳥はうたえる』)/立花恵理/橋野純平(『ローリング』)/植村宏司(『陸〈おか〉に上った軍艦』)●2020年/日本

部屋に入ったらこの町のガイドであるバイブルを熟読すること

もしかしたら日本のどこかに本当に存在するかもしれない、ある「町」。そこは果たして現代の理想郷か、それとも――出入りは自由、でも離れることのできない不思議な町を舞台に、その町の謎を解き明かそうと奔走する男の姿を描く新感覚のディストピア・ミステリー。

■借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、黄色いツナギを着たヒゲ面の男に助けられる。その男は蒼山に「居場所」を用意してやるという。蒼山のことを“デュード”と呼ぶその男に誘われ辿り着いた先は、ある奇妙な「町」だった。「町」の住人はツナギを着た“チューター”たちに管理され、簡単な労働と引き換えに衣食住が保証される。それどころか「町」の社交場であるプールで繋がった者同士でセックスの快楽を貪ることも出来る。ネットへの書き込み、別人を装っての選挙投票――。

何のために? 誰のために?住民たちは何も知らされず、何も深く考えずにそれらの労働を受け入れ、奇妙な「町」での時間は過ぎていく。ある日、蒼山は新しい住人・紅子と出会う。彼女は行方不明になった妹をこの町に探しに来たのだという。ほかの住人達とは異なり思い詰めた様子の彼女を蒼山は気にかけるが…。











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
ソニア ナチスの女スパイ 字幕
 spionen
●監督:イェンス・ヨンソン●出演:イングリッド・ボルゾ・ベルダル(『ニューヨーク 最高の訳あり物件』)/ロルフ・ラスゴード(『幸せなひとりぼっち』)/アレクサンダー・シェアー(『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』)/ダミアン・シャペル●2019年/ノルウェー

歴史の裏側に隠された驚愕の実話

ナチス占領下のノルウェーで、ナチスの国家弁務官テアボーフェンは、女優ソニアをプロパガンダに利用しようと画策する。一方、ソニアは隣国スウェーデンから、スパイとしてナチスに潜入するよう要請される――第二次世界大戦中、スパイとしてナチスに潜入した実在の女優。2005年に関連文書が解禁され、明かされた驚愕の実話を映画化した歴史ドラマ。

■第二次世界大戦中のナチス占領下のノルウェーで、ソニア・ヴィーゲットは女優として活躍していた。その人気に目を付けたナチスの国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェンは、彼女をプロパガンダに利用しようと画策する。その一方でソニアはノルウェーの隣国スウェーデンの諜報部から、スパイとしてナチスに潜入することを要請される。戦線を拡大させて諸国に侵攻していくナチ・ドイツをスウェーデンは警戒し、情報収集に躍起になっていた。

一度はその要請を拒否するソニアであったが、逮捕された父親を解放させるため、テアボーフェンに接近して彼の邸宅に潜入することに成功。次第にテアボーフェンの寵愛を受け、信頼も得るようになったソニアは、ある日、彼からあることを依頼される。それは、ナチスのスパイとして北欧諸国の情報を収集することであった…。











































本編 3時間09分
デジタル
カラー
ある画家の数奇な運命 字幕 
 werk ohne autor
●監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク(『善き人のためのソナタ』)●出演:トム・シリング(『ピエロがお前を嘲笑う』)/セバスチャン・コッホ(『ブラックブック』)/パウラ・ベーア(『未来を乗り換えた男』)/サスキア・ローゼンダール(『さよなら、アドルフ』)/オリヴァー・マスッチ(『帰ってきたヒトラー』)●202年/ドイツ

目をそらさない。その信念が、真実を描き出す

叔母の面影を持つ女性を愛し、その叔母を殺めた元ナチ高官を義父に持つ、若き芸術家。いかにして彼は、過酷な宿命を希望と喜びへと昇華したのか――現代美術界の巨匠ゲルハルト・リヒターの半生をモデルに、苦悩と悲しみを希望と喜びに変えた半生を描く感動のヒューマンドラマ。

■ナチ政権下のドイツ。少年クルトは叔母の影響から、芸術に親しむ日々を送っていた。ところが、精神のバランスを崩した叔母は強制入院の果て、安楽死政策によって命を奪われる。終戦後、クルトは東ドイツの美術学校に進学し、そこで出会ったエリーと恋におちる。元ナチ高官の彼女の父親こそが叔母を死へと追い込んだ張本人なのだが、誰もその残酷な運命に気づかぬまま二人は結婚する。

やがて、東のアート界に疑問を抱いたクルトは、ベルリンの壁が築かれる直前に、エリーと西ドイツへと逃亡し、創作に没頭する。美術学校の教授から作品を全否定され、もがき苦しみながらも、魂に刻む叔母の言葉「真実はすべて美しい」を信じ続けるクルトだったが――。











































本編 2時間01分
デジタル
カラー
ストレイ・ドッグ 字幕 
 destroyer
●監督:カリン・クサマ(『イーオン・フラックス』)●出演:ニコール・キッドマン(『スキャンダル』)/トビー・ケベル(『ワイルド・ストーム』)/タチアナ・マズラニー(『ボストン ストロング -ダメな僕だから英雄になれた-』)/セバスチャン・スタン(『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』)/スクート・マクネイリー(『モンスターズ/地球外生命体』)●2018年/アメリカ

あとひとつ、やり残したことがある…

ロサンゼルス市警の女刑事エリンの元に届いた一通の封筒。それは17年前、FBI捜査官クリスと共に犯罪組織への潜入捜査を行った際、ある過ちを犯し取り逃がしてしまった組織のボスからの挑戦状だった――復讐か、贖罪か。激情と哀切が女刑事の身も心も焼き尽くす、衝撃のネオ・ノワール。

■ロサンゼルス市警の女刑事エリン・ベル。17年前、FBI捜査官クリスと共に砂漠地帯に巣食う犯罪組織への潜入捜査を命じられた彼女は、そこで取り返しのつかない過ちを犯し、捜査は失敗。その罪悪感が今なおエリンの心を蝕み続けていた。今では酒に溺れ、同僚や別れた夫、16才の娘からも疎まれる孤独な毎日を送っている。

そんなある日、エリンの元に差出人不明の封筒が届く。その中身は紫色に染まった1枚のドル紙幣。それは行方をくらました17年前の事件の主犯からの挑戦状だった。エリンは過去に決着をつけるため、犯人を追う野良犬=ストレイ・ドッグと化し、灼熱の荒野へと車を走らせる――。











































本編 1時間33分
デジタル
カラー
ヘルムート・ニュートンと12人の女たち 字幕
 helmut newton the bad and the beautiful
●監督:ゲロ・フォン・べーム●出演:シャーロット・ランプリング(『ともしび』)/イザベラ・ロッセリーニ(『最高の人生をあなたと』)/アナ・ウィンター(『メットガラ -ドレスをまとった美術館-』)/クラウディア・シファー(『ズーランダー』)/グレース・ジョーンズ(『007/美しき獲物たち』)●2020年/ドイツ

“20世紀を、最も騒がせた写真家”と、そのミューズたち。いま改めて語られる撮影の舞台裏――

長年にわたって一流ファッション誌で女性を撮り続けたファッション・フォトグラファーの世界的巨匠ヘルムート・ニュートン。2004年にロサンゼルスで自動車事故により不慮の死を遂げた後も、長く人々の記憶に残り続けている写真家のひとり――その作品世界を、彼にインスピレーションを与えた12人の女たちの視点から捉えたドキュメンタリー。

■1920年にドイツ・ベルリンに生まれ、映画やラジオなどの大衆文化が広まったワイマール文化の中で育ったニュートンは、50年代半ばから各国版の「ヴォーグ」誌をはじめとするファッション誌にユニークかつ衝撃的な作品を次々と発表。ワーグナーの歌劇に登場する女神のような女性たち、バロック趣味のインテリアや建築物に覆い尽くされた作品世界は、それまでの着せ替え人形のようなモードを見慣れていた読者に強烈なインパクトを与えた。だが、その作品は「ポルノまがい」「女性嫌悪主義」との議論も巻き起こし、「20世紀を最も騒がせた写真家」とも呼ばれた。

本作では、シャーロット・ランプリングやイザベラ・ロッセリーニ、ハンナ・シグラといった女優たちに加え、米国版「ヴォーグ」編集長のアナ・ウィンター、モデルのクラウディア・シファーらの貴重なインタビューを収録。さらに、ニュートンを鋭く批判した批評家スーザン・ソンタグとのTV討論のアーカイブ映像なども紹介する。稀代の才能の持ち主の作品世界を、ニュートンにインスピレーションを与えた12人の女性たちの視点から捉え直す。











































本編 1時間23分
デジタル
カラー
IMAGINE イマジン 字幕
 imagine
●監督:ジョン・レノン(『イマジン ジョン・レノン』出演)/オノ・ヨーコ(『ジョン・レノン,ニューヨーク』出演)●出演:ジョン・レノン(『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years』)/オノ・ヨーコ(『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』)/ジョージ・ハリスン(『エリック・クラプトン 12小節の人生』)/アンディ・ウォーホル(『ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡』)/フィル・スペクター●2018年/イギリス

僕を夢想家だと思うかもしれない、だけど僕ひとりじゃないはずさ

ジョン・レノンとオノ・ヨーコが監督し、1971年発表の歴史的名盤「イマジン」の収録曲をコラージュした映像集。ジョージ・ハリスンやアンディ・ウォーホール、フレッド・アステアとのスタジオパフォーマンスなど、一部未発表の特別映像15分を含む。オリジナルの16mmネガ・フィルムから手作業でフレーム事にクリーニングして復元。ビートルズのアルバムリマスターを手がけたポール・ヒックスがサラウンドリミックス、立体音響フォーマット「ドルビーアトモス」リミックスを担当。よりクリアな映像、音響で「イマジン」の世界がスクリーンに展開する。生誕80周年を記念して劇場公開。

■日本劇場初公開となるのは、ジョンとジョージ・ハリスン、ニッキ―・ホプキンス、アルバムの共同プロデューサーであるフィル・スペクターらとのスタジオパフォーマンス、そしてジョン&ヨーコによる1969年バハマのホテルでのベッド・インの際に撮影された「Oh Yoko!」の初期バージョン。

気になる未発表映像は、日本の劇場公開版のみに追加された「A tour of John and Yoko’s home at Tittenhurst Park」(ジョンとヨーコのティッテンハースト・パーク家ツアー)。これは、本作「イマジン」の撮影やミュージックビデオ、そして当時の映像でよく登場するジョン&ヨーコが暮らしていた“ティッテンハースト・パーク”の内側を紹介する映像で、一部ではあるがジョン&ヨーコの当時の生活の一旦を垣間見ることができる。ジョン&ヨーコはここには登場しないが、ジョン&ヨーコのトリビア的な発見ができるかもしれない――。











































本編 1時間58分
デジタル
カラー
赤い闇 スターリンの冷たい大地で 字幕 
 mr.jones
●監督:アグニェシュカ・ホランド(『敬愛なるベートーヴェン』)●出演:ジェームズ・ノートン(『フラットライナーズ』)/ヴァネッサ・カービー(『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)/ピーター・サースガード(『アイヒマンの後継者』)/ジョゼフ・マウル(『リンカーン/秘密の書』)●2019年/ポーランド/ウクライナ/イギリス

皆、狂うほどに飢えている――

大戦間期、若き英国人記者が目撃したソビエト連邦の“偽りの繁栄”――これは、名もなき者が命を懸けて暴きたかった、戦慄の実話。『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』の名匠アグニェシュカ・ホランドが、秘密主義の独裁国家に潜入した実在のイギリス人ジャーナリスト・ジョーンズを主人公に、息もつかせぬサスペンスフルな語り口、陰影豊かなヴィジュアルで描出した最新作。

■1933年、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズには、大いなる疑問があった。世界恐慌の嵐が吹き荒れるなか、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのか。その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、すべての答えが隠されているウクライナ行きの汽車に乗り込む。やがて凍てつくウクライナの地を踏んだジョーンズが目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような光景だった…。

ジョーンズはいかなる苦難の末に、スターリンの“偽りの繁栄”の実態を暴いたのか。そしてソ連の執拗な妨害工作に阻まれるなか、果たしてその一大スクープを世に知らしめることができるのだろうか。巨悪な力に屈せず、正しい道を選ばんとした名もなき人間の実録ドラマが、現代を生きる我々に問い質すものとは ——— ?











































本編 1時間21分
デジタル
カラー
Away 字幕
 away
●監督・脚本:ギンツ・ジルバロディス●2019年/ラトビア

進め、道なき道を。

美しい冒険の旅へ――絶望、不安、孤独、そして希望をめぐるたった一人のロードムービーは、革新的、独創的、言葉(セリフ)なき深淵な世界。

アニメーション映画祭として世界最高の権威と最大級の規模を誇るアニメーションの国際映画祭であるアヌシー国際映画祭において、本作は2019年に新設された、実験性・革新性のある長編アニメーションを対象とする“コントルシャン”賞で、見事初代グランプリを受賞。これを皮切りに、世界中の映画祭で8冠を達成、2020年第92回アカデミー賞長編アニメーション部門の最終候補32作品に選ばれ、同年第47回アニー賞でも『アナと雪の女王2』や『トイ・ストーリー4』とともにベストミュージック部門にノミネートを果たした。

一躍時の人となったそのクリエイターの名は、“ギンツ・ジルバロディス”。ヨーロッパの小さな国、ラトビアで生まれ育ち、8歳からアニメをつくり始めたという弱冠25歳(当時)の青年が、3年半もの時間ををかけ、たった一人ですべてを作りあげた、渾身の長編デビュー作。世界中で新風を巻き起こしたヨーロッパの新星、遂に日本へ。

■飛行機事故でたった一人生きのびた少年は、森で地図を見つけ、オートバイで島を駆け抜ける。<黒い影>から逃れて、小鳥とともに――。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
相撲道 サムライを継ぐ者たち
 sumodo
●監督:坂田栄治●2020年/日本

365日、闘う。

1500年以上もの歴史の中で日本人の暮らしに深く根付き、今や国技となった「相撲」。そこには知られざる世界があった――勝ち続けなければいけない、強くなくてはいけない、サムライの魂を宿した力士たち。極限まで自分と向き合い、不屈の精神で「相撲」と闘い続けるサムライたちの生き様を描いた、武器を持たぬ侍たちのエンターテイメント・ドキュメンタリー。

■「200キロある人がぶつかってくる、毎日が交通事故です」(妙義龍泰成)――約半年間、境川部屋と高田川部屋の二つの稽古場に密着。想像を絶する朝稽古、驚きの日常生活、親方・仲間たちとの固い絆、そして、本場所での熱き闘いの姿を追いかける中で、相撲の魅力を歴史、文化、競技、様々な角度から紐解いていく。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
アーニャは、きっと来る 字幕
 waiting for anya
●監督・脚本:ベン・クックソン●出演:ノア・シュナップ(『エイブのキッチンストーリー』)/トーマス・クレッチマン(『タクシー運転手 -約束は海を越えて-』)/フレデリック・シュミット(『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』)/トーマス・レマルキス(『タッチ・ミー・ノット -ローラと秘密のカウンセリング-』)/エルザ・ジルベルスタイン(『パリ、嘘つきな恋』)●2019年/イギリス/ベルギー

命がけで守ろうとした先に、少年が見たものは……

第二次世界大戦さなかのフランス。ピレネー山脈の麓に佇む小さな村に住む、13歳の少年・ジョーは、ある日、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ人・ベンジャミンと知り合い、ユダヤ人の子供たちを山の向こうのスペインに逃す救出作戦に協力することになる。そんなか、ついにのどかな村にもナチスがやって来た。村人たちを巻き込んだ救出作戦のゆくえは――羊飼いの少年が、ナチスの占領下に学んだ生きる喜びと希望を描いた異色のヒューマンドラマ。『戦火の馬』マイケル・モーパーゴ原作、後世に残したい感動作。

■1942年、ナチス占領下のフランス・ピレネー山脈の麓の小さな村に住む、13歳の少年・ジョーは、生活の大半を羊飼いとして過ごしていた。ある日ユダヤ人・ベンジャミンと出会う。彼は秘密裏にユダヤ人の子どもたちを安全なスペインへ逃がすという危険な計画を企てていた。ジョーはこの計画を手伝うことになる。

かたやジョーは個人的な悲しみの感情を共有することで、ドイツ軍の下士官と親しくなっていた。ドイツの労働収容所から帰国したジョーの父親は荒れていたが、ジョーのユダヤ人救出作戦への関与が明らかになると協力を約束する。村人たち一丸となって子どもたちを逃す日が迫ってくるが、ベンジャミンが待つ娘アーニャは来ない。救出作戦は成功するのか…アーニャは村に現れるのか――。











































本編 2時間06分
デジタル
カラー
ドヴラートフ レニングラードの作家たち 字幕
 dovlatov
●監督:アレクセイ・ゲルマン・ジュニア●出演:ミラン・マリッチ/ダニーラ・コズロフスキー(『マチルダ 禁断の恋』)/スヴェトラーナ・ホドチェンコワ/エレナ・リャドワ(『ストレイ 悲しみの化身』)/ヘレナ・スエツカヤ●第68回ベルリン国際映画祭 銀熊賞受賞●2018年/ロシア

なにがあろうとオレたちは存在する。これからも

「雪解け」の香りを残す1970年代初頭のレニングラード。自分を信じ、ありのままに生きようとした芸術家たち――プーシキン、ドストエフスキー、チェーホフに続く現代ロシアの伝説的作家であるセルゲイ・ドヴラートフ。その知られざる激動の人生と、希望と共に生きた6日間を切り取った伝記ドラマ。

■1971年レニングラード。ソビエトで活動する作家セルゲイ・ドヴラートフは、友人で詩人のヨシフ・ブロツキーと共に、世間に発表する機会を得ようと模索していた。そんな闘いのなか、彼らは政府からの抑圧によって出版を封じられ、その存在を消されていく。すべてをかなぐり捨て、移民としてニューヨークへ亡命する決意を固めるドヴラートフ。それは、厳しい環境下で喘ぎつつも、精彩を放ち続けたドヴラートフの人生における郷愁と希望の狭間で格闘した究極の6日間だった…。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
戦車闘争
 sensha tousou
●監督:辻豊史●ナレーション:泉谷しげる●2020年/日本

世界最強軍VS一般市民。勝つのはどっちだ!?

「アメリカの戦争に加担するなんて許せない!」怒った市民が戦車を止めた。天下の米軍を相手にした戦いの行き着く先は?そのとき政府はどう動いた?そして50年経って社会はどう変わった?いったい、日本は誰のもの?――1972年、相模原。ベトナムへ向かう戦車に立ちはだかったのは、武器を手に持たない普通の人々だった。知られざる100日間の真実に迫る、驚愕のドキュメンタリー。

■ベトナム戦争終盤を迎えていた1972年、アメリカ軍は破損した戦車を神奈川県相模原市の相模総合補給廠で修理し、再び戦地に送るべく横浜ノースドックへ輸送していた。それを知って憤った市民がノースドック手前で座り込みを敢行、戦車の輸送は断念された。この事件をきっかけに相模総合補給廠の前にはテントが立ち並び、およそ100日間におよぶ抗議活動がはじまる。

本作では、座り込みに参加していた者から彼らを排除する側までのあらゆる当事者や専門家など総勢54人の証言によって、日本現代史上希に見る政治闘争の顛末を明らかにしていく。











































本編 1時間23分
デジタル
カラー
真夏の夜のジャズ 字幕
 a jazz on a summer's day
●監督:バート・スターン●出演:ルイ・アームストロング(『グレン・ミラー物語』)/セロニアス・モンク(『トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男』)/チャック・ベリー(『チャック・ベリー/ ヘイル・ヘイル・ロックンロール』)/アニタ・オデイ●1959年/アメリカ

永遠に続く夢をおみせしましょう――

ルイ・アームストロング(サッチモ)、セロニアス・モンク、アニタ・オデイ、チャック・ベリー――アメリカ最大級の夏フェスで、伝説のミュージシャンたちが魅せる奇跡の音楽ドキュメンタリーを4Kバージョンでリバイバル。

■1958年7月3日から7月6日まで、アメリカ東北部に位置するロードアイランド州ニューポート市で開催されたアメリカ最大級の“ニューポート・ジャズ・フェスティバル“。そこでは、スキャットの第一人者ルイ・アームストロングをはじめ、ゴスペルの大物マヘリア・ジャクソン、セロニアス・モンクらが次々と圧巻のステージを披露。伝説と化したアーティストたちのパフォーマンスと、当時のオーディエンスのスタイリッシュなファッションが夢のようなコラボを紡ぎだす。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
エマ、愛の罠 字幕 
 ema
●監督・脚本:パブロ・ラライン(『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』)●出演:マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル(『ノー・エスケープ 自由への国境』)/パオラ・ジャンニーニ/サンティアゴ・カブレラ(『チェ 28歳の革命』)/クリスティアン・スアレス●2019年/チリ

きわめて不道徳

美しく情熱的なダンサーのエマは、欲しい獲物を狙い撃つ。身も心も虜にして仕掛ける、彼女の衝撃的な計画とは――大胆にして綿密、ジェンダーレスでありボーダーレス。これまでの価値観を壊して誕生した、これからの時代の新たなるヒロイン。チリの俊英パブロ・ララインによるミステリアスな愛憎劇。

■若く美しいダンサーのエマ)はある悲しい事件によって打ちのめされ、 振付師の夫ガストンとの結婚生活が破綻してしまう。 家庭も仕事も失い、 絶望のどん底に突き落とされたエマは、ある思惑を秘めて中年の女性弁護士ラケルと親密な関係になっていく。 さらにラケルの夫で消防士のアニバルを誘惑したエマは、 彼女への未練を引きずる別居中のガストンまでも挑発し始める。 3人の男女をことごとく手玉に取り、 妖しい魅力で虜にしていくエマの真意は何なのか。 その不可解なまでに奔放な行動の裏には、 ある驚くべき秘密が隠されていた…。











































本編 1時間39分
デジタル
カラー
音響ハウス Melody-Go-Round
 onkyo house
●監督:相原裕美(『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』)●出演:佐橋佳幸(『サディスティック・ミカ・バンド』)/飯尾芳史/高橋幸宏(『NO SMOKING』)/井上鑑/滝瀬茂●2019年/日本

奇跡の音が降る場所

坂本龍一、松任谷由美、矢野顕子、佐野元春など日本を代表するアーティスト達がこよなく愛したレコーディングスタジオ、45年の歳月――“CITY-POP”の総本山として近年再注目を集めている名曲を生むレコーディングスタジオオ・音響ハウスの秘密に迫るドキュメンタリー。

■音響ハウスは1974年12月に東京・銀座に設立され、昨年創立45周年を迎えた。本作で音響ハウスとの出会いや思い入れ、楽曲の誕生秘話を語るのはYMO時代からこのスタジオで試行錯誤を繰り返してきた坂本龍一をはじめ、松任谷由実、松任谷正隆、佐野元春、綾戸智恵、矢野顕子、鈴木慶一、デイヴィッド・リー・ロス(ヴァン・ヘイレン)ら多彩な顔触れ。さらに当時のプロデューサーやエンジニアにもカメラが向けられ、1970年から1980年代にかけて勃興した音楽ジャンル「CITY-POP」がどのように形作られたのかにも迫る。 なかでも制作秘話とともに紹介される忌野清志郎と坂本龍一がコラボした「い・け・な・いルージュマジック」は必聴。

音響ハウスの歴史と日本の音楽史に与えた影響を俯瞰するだけでは終わらない。ギタリストの佐橋佳幸とレコーディングエンジニアの飯尾芳史が発起人となり、大貫妙子、葉加瀬太郎、井上鑑、高橋幸宏らゆかりのミュージシャンによるコラボ新曲「Melody-Go-Round」のレコーディングにも密着。若干13歳の期待の女性シンガー・HANAが楽曲に歌声を吹き込んだとき、45年の歴史を持つスタジオだからこそのマジックと奇跡が起こる。











































本編 1時間48分
デジタル
カラー
PLAY 25年分のラストシーン 字幕 
 play
●監督・脚本:アントニー・マルシアーノ●出演:マックス・ブーブリル/アリス・イザーズ(『エル ELLE』)/マリック・ジディ(『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』)/アルチュール・ペリエ/ノエミ・ルヴォウスキー(『マチルド、翼を広げ』)●2018年/フランス

青春を巻き戻せば、そこにはいつも君がいた。

撮りためた「僕の25年間」。その先にあったのは、最高のラストシーン――1990年代から2010年代まで、25年にわたり撮り続けたホームビデオの映像をつないで振り返るというユニークな手法で、当時の時代の空気感をリアルに再現。パリを舞台に90年代カルチャーで彩る【再生】の物語。

■1993年、パリ。両親からビデオカメラを贈られた13歳のマックスは、温かな家族や幼なじみのエマ、マチアス、アルノーたちとの日々を撮り始める。いつしかそれは彼のライフワークになり、25年の歳月が大量のテープに保存されていった。

2018年.38歳になったマックスは、ある日、撮りためた25年を映像作品に仕上げようと思い立ち、テープの山を整理し始める。そこには、エマと初めて会った日のこと、背伸びした夜遊び、初めてのバルセロナ旅行や、フランスサッカーW杯でのお祭り騒ぎ、ミレニアムの興奮、手痛い失恋や友の成功――いつも一緒だった仲間たちとの日々とマックスのすべてが記録されていた。 素直になれず、大切なものを手放してしまったマックスは、新たに自分の「映画」のラストシーンを準備する――。











































本編 1時間28分
デジタル
カラー
この世界に残されて 字幕
 akik maradtak
●監督・脚本:バルナバーシュ・トート●出演:カーロイ・ハイデュク/アビゲール・セーケ/マリ・ナジ/カタリン・シムコー/バルナバーシュ・ホルカイ●2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリスト選出●2019年/ハンガリー

一緒にいたいと想うのは、いけないことですか。

第二次大戦後のハンガリー。ナチスによるホロコーストを生き延びた16歳のクララと42歳のアルド。家族を喪い傷ついた彼らは、寄り添うことで人生を取り戻していくが、ソ連の弾圧によって、再び二人の運命は時代に翻弄されてゆく――癒えることのない心の傷を抱えた者たちが年齢差を超え、痛みを分かち合いながら寄り添う。彼らが再び人生と向き合う姿を、節度をもって叙情的に描くヒューマン・ドラマ。

■第二次世界大戦終戦後の1948年、ハンガリー。 ホロコーストを生き延びたものの家族を喪った16歳の少女クララは、両親の代わりに保護者となった大叔母オルギと暮している。大叔母に心を開かず、同級生とも打ち解けず、孤独な日々をおくるクララ。そんなある日、クララは寡黙な医師アルドに出会う。42歳の彼は、勤務先の病院とユダヤ人会の孤児院、そして自宅を行き来するだけの毎日を過ごしていた。

言葉をかわすうちに、アルドの心に自分と同じ孤独を感じ取り、父を慕うようにアルドに懐くクララ。そんなクララを見て、大叔母オルギは「私は勉強をみてあげることもできないから」と、クララのもう一人の保護者になってほしいとアルドに懇願する。「明るい父親にはなれないが、いないよりはましかも」とアルドは快諾し、クララは週の半分をアルドの家で過ごすという不思議な同居生活が始まった。ゲームに興じたり映画を観に行ったり、殺伐としていた彼らの日々は徐々に輝きはじめる。

そんななか、ふとした会話をきっかけにアルドが動揺し、これまで明かさなかった秘密をクララに打ち明ける。彼もまた、ホロコーストによって大切な人たちを喪った犠牲者だったのだ。 共に心に傷を抱えながら、寄り添うことで徐々に人生を取り戻していくクララとアルド。 だが、スターリン率いるソ連がハンガリーで権力を掌握すると、再び世の中は不穏な空気に包まれ、党に目をつけられた者たちが次々と連行されるなど緊張が増していく。そんななかクララとアルドの関係は、スキャンダラスな誤解を招いてしまう――。

























































本編 1時間分
デジタル
カラー

 a