本編 1時間48分
デジタル
カラー
スペインは呼んでいる 字幕
 the trip to spain
●監督:マイケル・ウィンターボトム(『イタリアは呼んでいる』)●出演:スティーヴ・クーガン(『イタリアは呼んでいる』)/ロブ・ブラインドン(『イタリアは呼んでいる』)/レベッカ・ジョンソン(『イタリアは呼んでいる』)/クレア・キーラン(『イタリアは呼んでいる』)/マルタ・バリオ(『イタリアは呼んでいる』)●2017年/イギリス

旅も人生も、まだこれから。

“英国紳士”のグルメトリップ。笑いと美食のフルコースをユーモアとともに召し上がれ――前作『イタリアは呼んでいる』が人気を博した爆笑グルメ旅シリーズの最新作。ドーバー海峡発、南はアンダルシアまでスペインを五感で味わう至極のロードムービー。

■イギリスのショービズ界で活躍するスティーブ・クーガンとロブ・ブライトンがグルメ取材のためにスペインに飛んだ。北はバスク、南はアンダルシアまで地中海を目指し、レンジローバーで旅をする。カミーノ・デ・サンティアゴの巡礼ルートでは風光明媚な田園風景が、そして世界遺産の街クエンカやイスラム文化が色濃く残るグラナダなどは一度は訪れたい観光名所が、極上の料理やワインと共に五感を楽しませてくれる。やがて5泊6日の豪勢な旅が終わる時、スティーブはロブに、ある決意を打ち明ける…。











































本編 2時間19分
デジタル
カラー
レディ・マエストロ 字幕
 de dirigent
●監督・脚本:マリア・ペーテルス●出演:クリスタン・デ・ブラーン/ベンジャミン・ウェインライト/スコット・ターナー・スコフィールド/アネット・マレァブ/レイモント・ティリ(『マイ・フーリッシュ・ハート』)●2018年/オランダ

奏でよう、私だけのシンフォニー。

彼女にあるのは音楽への〈情熱〉だけ。キャリアも富もコネクションもない女性が、いったいどうして、女性指揮者のパイオニアになれたのか?――女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコ没後30年。マーラー作曲「交響曲第4番」、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」ほか名曲と共に奏でる感動の実話。

■1926年、ニューヨーク。養父母とオランダから移民してきたアントニアは、指揮者になるためなら、どんな困難にも挑むと決めていた。世界中どこを探しても女性のプロの指揮者は一人もいない時代だったが、音楽への情熱だけは誰にも負けないアントニアは、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で、音楽学校に通い始める。だが、ある“事件”から退学を余儀なくされ、引き留める恋人を置いて、アムステルダムからベルリンへと渡ったアントニアは、遂に女性に指揮を教えてくれる師と巡り合う。しかし、憑かれたようにレッスンに没頭するアントニアに、出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、次々とアクシデントが襲い掛かる──。











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
ボーダー 二つの世界 字幕 
 grans
●監督・脚本:アリ・アッバシ●出演:エヴァ・メランデル/エーロ・ミロノフ●第71回カンヌ国際映画祭 ある視点部門グランプリ受賞●2018年/スウェーデン/デンマーク

わたしは心を嗅ぎ分ける

人並外れた嗅覚を持ちながらも醜い容貌のせいで孤独を強いられる女性税関職員が、ある男との出会いにより、人生を変えるような事件に巻き込まれていく――謎が謎を呼び、螺旋のように絡み合いながらたどりつく真実。『ぼくのエリ 200歳の少女』の衝撃再び。切なくも美しい究極の北欧ミステリー。

■スウェーデンの税関に勤めるティーナは、違法な物を持ち込む人間を嗅ぎ分ける能力を持っていたが、生まれつきの醜い容姿に悩まされ、孤独な人生を送っていた。ある日、彼女は勤務中に怪しい旅行者ヴォーレと出会うが、特に証拠が出ず入国審査をパスする。ヴォーレを見て本能的に何かを感じたティーナは、後日、彼を自宅に招き、離れを宿泊先として提供する。次第にヴォーレに惹かれていくティーナ。しかし、彼にはティーナの出生にも関わる大きな秘密があった――。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー
永遠に僕のもの 字幕 
 el angel
●監督:ルイス・オルテガ●出演:ロレンソ・フェロ/チノ・ダリン(『ブエノスアイレスの殺人』)/ダニエル・ファネゴ(『偽りの人生』)/セシリア・ロス(『ブエノスアイレスの夜』)/ルイス・ニェッコ(『ネルーダ -大いなる愛の逃亡者-』)●2018年/アルゼンチン/スペイン

堕ちる

神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎるヴィジュアルに、悪魔も逃げ出す傲慢な魂。1971年、重大事件で逮捕された少年に世界は魅了され欲情した。天使のように美しい17歳の殺人鬼は、なぜ<悪>として地上に舞い降りたのか――アルゼンチン映画№1を記録した妖しく美しいクライム青春ムービー。衝撃の実話。

■「みんなどうかしてる。もっと自由に生きられるのに」そうつぶやきながら、鍵の開いた窓からするりと留守宅の豪邸に入り込み、勝手にレコードをかけて軽やかに1曲踊ると、ジュエリーなどの戦利品を手に、盗んだバイクで帰宅する17歳のカルリートス。1971年、ブエノスアイレス。真面目で善良な父と愛情に溢れた優しい母は、カルリートスの悪事に気付いていたが、まだやり直しが出来ると信じて息子を転校させる。

新しい学校で出会ったラモンという青年に、カルリートスはいきなりケンカを売るが、それは彼の気を引くためだった。彼の野性的な魅力に、ひと目で心を射抜かれたのだ。ラモンもまたカルリートスの輝くようなブロンドの美しい姿で平然と罪を犯す、そのギャップに強く魅せられる。荒々しい魅力を放つラモンと意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。だが、カルリートスは、どんなに悪事を重ねても満たされない想いに気付き始める──。











































本編 1時間28分
デジタル
カラー
天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント 字幕 
 why are we creative: the centipede's dilemma
●監督:ハーマン・ヴァスケ●出演:デビッド・ボウイ(『戦場のメリークリスマス』)/クエンティン・タランティーノ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』監督)/ジム・ジャームッシュ(『パターソン』監督)/ペドロ・アルモドバル(『トーク・トゥ・ハー』監督)/ビョーク(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』)●2018年/ドイツ

自分の人生を自分らしくクリエイトするために――。

「クリエイティブとは何なのか?」1つの小さな疑問は、より幸せな人生を送るヒントになるかもしれない。――“Why are you creative?”「あなたはなぜクリエイティブなのですか」シンプルな質問を30年以上問い続けるドイツ人監督がいる。彼が突撃取材した1000人以上へのインタビューから、デヴィッド・ボウイやホーキング博士、ネルソン・マンデラ、北野武ら107人を抜粋。世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。

■ヴァスケ監督から放たれる突然の“Why are you creative?”に困惑したり、嬉々として語るセレブリティのインタビュー映像から、本作では107名を厳選。今は亡きミュージシャンのデヴィッド・ボウイやスティーヴン・ホーキンス博士やネルソン・マンデラ元大統領の貴重な発言に始まり、ダライ・ラマ法王14世やミハイル・ゴルバチョフ元大統領といった世界の超大物が続々登場。

映画界からは、クエンティン・タランティーノ監督やペドロ・アルモドバル監督など巨匠たちが“Why are you creative?”に対し、映画同様に個性たっぷりにおのれの“クリエイティブ”論を語る。日本人では映画監督でありタレントの北野武、写真家の荒木経惟、パリコレで長年活躍するファッションデザイナーの山本耀司、そしてアーティストのオノヨーコも“クリエイティブ”について自説を明かす。

107人が自問しながら紡ぎだした言葉は千差万別だ。経験によって育まれた個性、抑圧や退屈への反発、情熱、不安、衝動、遺伝、霊性、性的欲求、退行、金銭。1つの小さな疑問から始まった旅は、世界の裏側や人間の本質を描くだけでなく、 幸せな人生を送るためのヒントやアドバイスを与えてくれる。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
残された者 北の極地 字幕
 arctic
●監督・脚本:ジョー・ペナ●出演:マッツ・ミケルセン(『偽りなき者』)/マリア・テルマ・サルマドッティ/ティントリナイ・ティカスック●2018年/アイスランド

男は歩き始めた。ひとりの女性を救うために。明日を生きるために。

極寒の白い荒野にたった一人取り残された男。彼を囲むのは、寒さ、飢え、そして肉食獣。やがて、その孤独が終焉をむかえたとき、男は待つことをやめた。とどまることを捨てた。極限状態の中、自らの心の奥底に何を見るのか?今、明日の「生」に向けて決意の旅が始まる――北極で遭難した男の命を賭した脱出行。リアルな極限と本物の感動が心を強烈に揺さぶる迫真のサバイバル・ドラマ。

■飛行機事故で北極地帯に不時着したパイロット、オボァガードは、壊れた飛行機をその場しのぎのシェルターにし、白銀に包まれた荒野を毎日歩き回り、魚を釣り、救難信号を出すという自ら定めた日々のルーティーンをこなしながら、救助を待っていた。しかし、ようやく救助に来たヘリコプターは強風のために墜落し、女性パイロットは大怪我を追ってしまう。目の前の確実な「生」を獲得してきた男は、瀕死の女を前に、ついに自らの足で窮地を脱しようと決心する。危険は承知。しかし、行動しなければ女に未来はなく、自身にも明日は来ないかもしれない。現状の安住を捨て、勇気ある一歩を踏み出すが…。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝 字幕
 van gogh - of wheat fields and clouded skies
●監督:ジョヴァンニ・ピスカーリオ●出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(『歓びのトスカーナ』)/マルコ・ゴールディン/エバ・ロバース●2018年/イタリア

世界ではじめて、ゴッホに恋をした――

生涯、出会うことのなかったゴッホとヘレーネ。ふたりの間の魂の絆とは?――世界最大級のゴッホ作品の個人収集家、ヘレーネ・クレラー=ミュラー夫人。約300点にのぼる作品を収集したヘレーネの目を通してゴッホを描く全く新しい傑作ドキュメンタリー。

■美術史において最も偉大な画家のひとりとされるフィンセント・ファン・ゴッホ。その死後、ほぼ無名だった彼の作品に出会い、個人コレクターとしては最大規模の約300点を収集したのは、あるひとりの女性だった。彼女の名前はヘレーネ・クレラー=ミュラー。オランダ有数の資産家であり、4人の子どもの母でもあった彼女は、娘を通わせていた絵画教室で芸術に触れ、絵画コレクションを始めた。彼女の興味はファン・ゴッホが影響を受けた画家たちにも広がり、一大コレクションは1938年にクレラー=ミュラー美術館として結実したのだ。本作ではファン・ゴッホ研究の第一人者であるマルコ・ゴルディンが監修を務め、ファン・ゴッホが修業時代に描いた素描画から自殺の直前まで変化し続けた作風を、波乱の人生と重ね合わせて解説する。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
幸福路のチー 字幕
 on happiness road
●監督:ソン・シンイン●出演(声):グイ・ルンメイ(『薄氷の殺人』)/ウェイ・ダーション(『52Hzのラヴソング』監督)/チェン・ボージョン(『冬冬の夏休み』)/リャオ・ホェイジェン/ウー・イーハン)●東京アニメアワードフェスティバル2018長編グランプリ受賞●2017年/台湾

あの日思い描いた未来に、私は今、立てている――?

橋から見る夕暮れ、懐かしい匂い、幸福路で出会ったのは忘れていたあの日のワタシ――台北郊外に実在する通り「幸福路こうふくろ」を舞台に、主人公チーと下町に生きる人々の姿を、素朴で温かみのあるタッチと技巧を凝らしたファンタジックな映像を交えて描き、世界各地の映画祭を席巻、台湾映画史上初の快挙を続ける傑作アニメーション。

■アメリカで暮らすチーの元に、台湾の祖母が亡くなったと連絡が入る。久しぶりに帰ってきた故郷、台北郊外の幸福路は記憶とはずいぶん違っている。運河は整備され、遠くには高層ビルが立ち並ぶ。同級生に出会っても、相手はチーのことが分からない。自分はそんなに変わってしまったのか――。チーは自分の記憶をたどりはじめる。

空想好きだった幼い頃は、毎日が冒険だった。金髪に青い目のチャン・ベティと親友になってからの日々、両親の期待を背負っての受験勉強。学生運動に明け暮れ、大学卒業後は記者として忙殺される毎日を送った。そして友との別れ。現実に疲れたチーは、従兄のウェンを頼ってアメリカに渡る。そこで出会ったトニーと結婚し、両親にもアメリカで幸せになることを誓ったけれど…。今、夫から離れて幸福路のいるチーは、昔と同じように祖母の助けを必要としている。実は人生の大きな岐路に立っていたチーは、幸福路である決断をする――。











































本編 1時間26分
デジタル
カラー
アンナ 《デジタルリマスター版》 字幕
 anna
●監督:ピエール・コラルニック(『ガラスの墓標』)●出演:アンナ・カリーナ(『女は女である』)/ジャン・クロード・ブリアリ(『まぼろしの市街戦』)/セルジュ・ゲンズブール(『 カトマンズの恋人』)/マリアンヌ・フェイスフル(『 あの胸にもういちど』)●1966年/フランス

わたしは、ここにいる。

世界が“アンナ”に恋をした!――『気狂いピエロ』などゴダール作品のミューズとして鮮烈な印象を残し、21世紀の今でもファッションやアート全般にインスピレーションを与え続ける伝説の女優、アンナ・カリーナ主演の幻の傑作、デジタルリマスターで21年ぶりに公開。パリを舞台に繰り広げられる、ポップでおしゃれなドリーミング・ミュージカル。

■新天地を求め、田舎からパリへやって来たアンナ。広告代理店の社長セルジュは、駅の構内で撮影したポスターに偶然写り込んでいた彼女に恋をしてしまう。あり余る資金を使ってパリ中を捜し回るセルジュ。そんな彼の思いに気づくアンナだったが…。











































本編 1時間22分
デジタル
カラー
キューブリックに愛された男 字幕
 s is for stanley
●監督:アレックス・インファセッリ●出演:エミリオ・ダレッサンドロ/ジャネット・ウールモア/クライヴ・リシュ●2016年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)最優秀ドキュメンタリー賞受賞●2016年/イタリア

監督の異常な友情 またはエミリオは如何にして心配するのを止めて天才を愛するようになったか

F1レーサーを目指していたエミリオ・ダレッサンドロは、運転技術を気に入られ、屋敷に住まわされる。気がつけばメモと電話に忙殺される日々……天才映画作家との30年の友情の記録――巨匠スタンリー・キューブリックと私設運転手との30年にも及ぶ主従関係を追った「スタンリー・キューブリック没後20周年記念」ドキュメンタリー。

■エミリオ・ダレッサンドロはイタリア系の移民。元々は才能溢れるレーシング・ドライバーとして、将来を嘱望されていたが、新天地を求め移住したロンドンではレーサーの職は得られず、タクシー運転手として家族と平凡な生活を送っていた。1970年の雪の夜、ホークフィルムという会社からエミリオに奇妙な仕事の依頼が入る。「人ではなく、ある“モノ”を撮影スタジオに運んで欲しい」。悪天候に加え、その物は車に積むには大き過ぎたが、エミリオはなんとか無事にスタジオまで送り届けることが出来た。映画に興味のない彼は、そこで何が行われ、直接の雇い主が誰かなど特に気にはかけなかった。

後日、そのホークフィルムから「我が社の代表が挨拶したい」と連絡が入る。それがキューブリックとエミリオの出会いだった。レーサーとしての実績を知っていたキューブリックは「あなたを自分の専属運転手として雇いたい」と申し出てきた。エミリオは快諾し、翌日からアボッツ・ミードにある監督の自宅兼スタジオに通うことになった。30年に渡る2人の奇妙な友情はこうして始まるのだった…。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
キューブリックに魅せられた男 字幕
 filmworker
●監督:トニー・ジエラ●出演:レオン・ヴィターリ/ライアン・オニール(『バリー・リンドン』)/マシュー・モディン(『フルメタル・ジャケット』)/R・リー・アーメイ(『フルメタル・ジャケット』)/ステラン・スカルスガルド(『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』)●2017年/アメリカ

天才と仕事する方法教えます。

『バリー・リンドン』に出演した俳優レオン・ヴィターリ。キューブリックの作品作りに惚れ、俳優を辞め専属アシスタントに……想像を絶する天才映画作家との30年の記録――映画製作のためのあらゆる雑事をこなし、身を粉にして働いた30年を見つめる「スタンリー・キューブリック没後20周年記念」ドキュメンタリー。

■レオン・ヴィターリは有望な若手英国俳優。多感な時期に『2001年宇宙の旅』と『時計じかけのオレンジ』に衝撃を受けた、キューブリック監督の信奉者でもあった。その彼が全力で挑んだのが新作『バリー・リンドン』のオーディション。万全の態勢で臨んだ結果、見事に合格を果たす。撮影初日、初めて監督本人と会った瞬間「電流が走った」とレオンは回想している。撮影が進む中、監督の厳しい要求の数々にもこたえ、2人は次第に親交を深めてゆく。

クランクアップの後、レオンの中に「キューブリックとまた仕事がしたい」という思いが高まり、有望視されていた俳優業からスタッフ側に転身。念願叶い『シャイニング』からキューブリック組に参加する。ダニー少年役のキャスティングを任され、その子役の世話から演技指導までを手がけ、早くも監督の信頼を勝ち取るレオン。そして、この時からキューブリックは身の回りに無数にある、ありとあらゆる細かい用事や仕事を彼に任せ始める。その量は常識をはるかに超え、レオンは24時間365日体制を強いられる。そして、監督から課せられるプレッシャーは次第に彼を肉体的、精神的に追い詰めていく…。











































本編 1時間17分
デジタル
カラー
草間彌生∞INFINITY 字幕
 kusama infinity
●監督:へザー・レンズ●出演:草間彌生(『≒草間彌生-わたし大好き-』)●2018年/アメリカ

天才芸術家の知られざるドラマティックな人生

激動の1960年代ニューヨーク。彼女は芸術の力で愛と平和のために世界に挑んだ――世界的アーティストの1人として知られる草間彌生。絵画や彫刻、インスタレーション、パフォーマンスアート、詩や文学……様々な分野で輝かしい功績を残し、現在もなお創作活動に全てを捧げて生きている。60年以上にわたり独自の芸術を表現し続ける草間彌生の知られざる過去に迫るドキュメンタリー。

■草間彌生がどのようにして芸術の道へ進み唯一無二の表現者になったのか──芸術への情熱を理解されなかった幼少期、単身アメリカへ渡った挑戦、苦悩と困難の連続だったニューヨークでの創作活動、作品が認められるまでの道のり、大切な人達との出会いと別れ、強迫神経症という病……波瀾万丈のひと言では足りないほどの超絶人生を送ってきたアーティストの人生に迫る。草間彌生本人のインタビューに加え、70年に渡る創作活動の記録、草間彌生の才能を語る芸術関係者の声によって構成される衝撃の77分。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
人生、ただいま修行中 字幕
 de chaque instant
●監督:ニコラ・フィリベール(『かつて、ノルマンディーで』)●2018年/フランス

つまずいたり、悩んだり、笑ったり。

フランス、パリ郊外。“誰かのために働くこと”を選んだ看護師の卵たち。40人150日間の成長を見つめる感動奮闘ドキュメンタリー。『ぼくの好きな先生』のニコラ・フィリベール監督最新作。彼の待望の11年ぶりとなる日本公開作は、2016年に自身が塞栓症で救急救命室に運ばれ一命をとりとめたことをきっかけに、医療関係者、特に看護師と共に映画を撮ることを決意し生まれた意欲作。

■舞台となるのは、ニコラ監督が焦点を当て続けてきた、人間はいかにして成長することを学ぶのかというテーマとは切り離せないものごとの基盤となる教育の場。パリ郊外の看護学校で学ぶ年齢、性別、出身も異なる多様な生徒たち。採血も点滴も抜糸もギブスを外すことも、全てが初体験。右も左もわからなかった彼らは、やがて実践の現場に駆り出され、つまずき、時に笑い、苦悩し、それでも「誰かの役に立ちたい」と望み少しずつ成長していく。いつしかその姿はスクリーンを越えて今を生きる私たちの物語へとつながっていく。誰もが、初めてを経験し、失敗しながら生きていく。人生は学びと喜びの連続であることを教えてくれる――。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
ザ・レセプショニスト 字幕 
 the receptionist
●監督:ジェニー・ルー●出演:テレサ・デイリー/チェン・シャンチー(『西瓜』)/ジョシュア・ホワイトハウス/アマンダ・ファン/ソフィー・ゴプシル●2016年/イギリス/台湾

春を売る家、そこは、私たちが異国で選んだ生きる場所でした。

台湾人のティナはロンドンで職にありつけず、不法風俗マッサージパーラーの受付嬢として働くことになるが――自身もアジア出身の移民で、ロンドン在住のジェニー・ルー監督が、祖国を離れ異国に住む台湾女性たちが直面する問題を描いた衝撃の人間ドラマ。移民受け入れに舵を切った日本人に、移民する側の闇を問いかける。

■ロンドンの不法風俗マッサージパーラー。客とアジア出身の女性たち、女経営者が家族の様な人間関係を装うが、しかし実態はお金とセックス、暴力に縛られた、虚構の世界。そこで働く女性たちは、移民であるが故に危険と隣り合わせの中、生き延びるのに必死でそこで働く。大学を卒業したばかりの台湾人ティナもロンドンで職にありつけずにそこで受付嬢として働く。そして彼女も周囲のイギリス人や恋人からまで白い目で見られるように…。











































アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画 字幕
 rendez-vous avec agnes
アニエスによるヴァルダ
 varda par agnes
●監督:アニエス・ヴァルダ(『顔たち、ところどころ』)●2019年/フランス/119分/カラー

■長編劇映画監督デビュー作『ラ・ポワント・クールト』(55)から、世界各国の数々の映画賞に輝いた前作『顔たち、ところどころ』(17)まで、ヴァルダが60余年の自身のキャリアを振り返る、集大成的作品。飽くことのない好奇心と情熱をもって、アニエスによるヴァルダ死の直前まで創作活動を止めることのなかった彼女の、これは遺言状ではなく未来へのメッセージ。


ラ・ポワント・クールト
 la pointe-courtes
●監督・脚本:アニエス・ヴァルダ(『アニエスの浜辺』)●出演:フィリップ・ノワレ(『地下鉄のザジ』)/シルヴィア・モンフォール(『双頭の鷲』)●1954年/フランス/80分/モノクロ

■ゴダールの『勝手にしやがれ』よりも5年、トリュフォーの『大人は判ってくれない』よりも4年も早く製作された、「ヌーヴェルヴァーグはここから始まった」と言っても過言ではない伝説的作品。ラ・ポワント・クールト南仏の小さな海辺の村を舞台に、生まれ故郷に戻ってきた夫と、彼を追ってパリからやってきた妻。終止符を打とうとしている一組の夫婦の姿を描く。


ダゲール街の人々
 daguerreotypes
●監督・脚本:アニエス・ヴァルダ(『歌う女・歌わない女』)●出演:ロザリー・ヴァルダ(『歌う女・歌わない女』)●1975年/フランス/79分/カラー

■自身が50年以上居を構えていたパリ14区、モンパルナスの一角にあるダゲール通り。“銀板写真”を発明した19世紀の発明家の名を冠した通りには肉屋、香水屋…、様々な商店が立ち並ぶ。その下町の風景をこよなく愛したヴァルダがダゲール街の人々75年に完成させたドキュメンタリー作家としての代表作。人間に対する温かな眼差しと冷徹な観察眼を併せ持ったヴァルダの真骨頂。



























本編 1時間40分
デジタル
カラー
家族を想うとき 字幕
 sorry we missed you
●監督:ケン・ローチ(『わたしは、ダニエル・ブレイク』)●出演:クリス・ヒッチェンズ/デビー・ハニーウッド/リス・ストーン/ケイティ・プロクター/ロス・ブリュースター●2019年/イギリス/フランス/ベルギー

毎日、抱きしめて。

いったい何と闘えば、家族を幸せにできるの?家族を守るはずの仕事が、家族を引き裂いてゆく――それでも負けない気高く力強い家族の絆を描く感動作。2016年カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝き、日本でも大ヒットを記録した『わたしは、ダニエル・ブレイク』の世界的巨匠ケン・ローチ監督最新作。

■イギリス、ニューカッスルに住むある家族。ターナー家の父リッキーはマイホーム購入の夢をかなえるために、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立を決意。「勝つのも負けるのもすべて自分次第。できるか?」と本部のマロニーにあおられて「ああ、長い間、こんなチャンスを待っていた」と答えるが、どこか不安を隠し切れない。

母のアビーはパートタイムの介護福祉士として、時間外まで1日中働いている。リッキーがフランチャイズの配送事業を始めるには、アビーの車を売って資本にする以外に資金はなかった。遠く離れたお年寄りの家へも通うアビーには車が必要だったが1日14時間週6日、2年も働けば夫婦の夢のマイホームが買えるというリッキーの言葉に折れるのだった。

介護先へバスで通うことになったアビーは、長い移動時間のせいでますます家にいる時間がなくなっていく。16歳の息子セブと12歳の娘のライザ・ジェーンとのコミュニケーションも、留守番電話のメッセージで一方的に語りかけるばかり。家族を幸せにするはずの仕事が家族との時間を奪っていき、子供たちは寂しい想いを募らせてゆく。そんな中、リッキーがある事件に巻き込まれてしまう──。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
魔法少年☆ワイルドバージン
 mahoshonen wildvirgin
●監督・脚本:宇賀那健一(『サラバ静寂』)●出演:前野朋哉(『チェリーボーイズ』)/佐野ひなこ(『キスできる餃子』)/芹澤興人(『福福荘の福ちゃん』)/田中真琴(『VAMP』)/濱津隆之(『カメラを止めるな!』)●2019年/日本

この世界に、愛はある。

「30歳を超えた童貞が魔法使いになる」、そんな都市伝説が本当だったら…。果たしてこの世界に、本当の愛はあるのでしょうか――全宇宙を巻き込んだ童貞ヒーロー達が大暴れするラブコメファンタジー。

■保険会社に勤めている星村幹夫は、何をやってもいつもうまくいかない。会社での営業成績はずっと最下位で、彼女いない歴=年齢。そして、29歳にして未だに童貞だ。「童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになる」という都市伝説から、後輩である日野、朝井、東にも「魔法使い」と馬鹿にされる日々を過ごしている。唯一親しくしてくれるのは、会社の同僚である月野だけだった。そしてある日、秋山というとても可愛い女性が入社し、いつしか星村は、真面目で優しい秋山を好きになっていった。しかも、秋山は星村が小さい頃から大好きなヒーロー、ワイルドバージニアの大ファンだったのだ。

そして、星村の誕生日の前日に行われた、秋山の歓迎会で事件が起こる。星村は、歓迎会の最中に秋山が上司の小池にセクハラを受けているところを発見してしまう。見かねた星村は、初めて小池に歯向かったものの、そのままボコボコにされてしまうのだった。そこに突然、マントヒヒが叫びながらやってくる。わけもわからず必死にマントヒヒから逃げる星村と秋山は、気づくとラブホテルの中に逃げ込んでいた。そして、時計が0時を指した瞬間、そんな星村を金色の光が包む――。











































本編 1時間21分
デジタル
カラー
オルジャスの白い馬 字幕
 horse thieves
●監督:竹葉リサ(『さまよう小指』)/エルラン・ヌルムハンベトフ●出演:森山未來(『怒り』)/サマル・イェスリャーモワ/マディ・メナイダロフ/ドゥリガ・アクモルダ/●2019年/日本/カザフスタン

少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。

自らを父と語れない男と、父を失ったばかりの少年。言葉は少ないが次第に通じ合う2人――カザフスタンの大草原を舞台に描かれる普遍的な父と子の物語。森山未來が初めて海外作品の主演に挑み、オール・カザフスタンロケを敢行した意欲作。

■ソビエト連邦崩壊によって未曾有の経済危機に見舞われた1990年代のカザフスタン。草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。夢見がちで早く大人になりたい年頃の彼は、果てしない空に抱かれながらも、どこか行き場のない想いを抱えている。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が轟く夕刻に警察が母親のアイグリを呼び出す。不穏な空気とともに一家の日常は急展開を迎える。時を同じくして一人の男・カイラートが家を訪ねてくる。

突然父を失った一家の前に現れた男カイラートは、8年前に失踪したアイグリの昔の恋人だった。実は、自分がオルジャスの本当の父親だということを黙っていることを条件に、従兄弟の家まで同行することを許される。カイラートは無口ながらも、オルジャスに寄り添い、馬で一緒に草原を駆け抜ける。ぽつりぽつりと言葉の少ない2人は、お互いに絵の才能を認め合い、いつしか心を通わせるようになっていた。ところが、従兄弟の家までの道中で、アイグリたちの車が故障してしまう。カイラートとオルジャスは、カフェで従兄弟兄弟に連絡をするように頼まれる。しかし、その立ち寄ったカフェで、亡き父親の腕時計をした男を見つけたオルジャスは――。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
いのちスケッチ
 inochi sketch
●監督:瀬木直貴(『恋のしずく』)●出演:佐藤寛太(『DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW』)/藤本泉(『花芯』)/芹澤興人(『福福荘の福ちゃん』)/須藤蓮(『よこがお』)/林田麻里(『ガチ星』)●2019年/日本

動物園、そこは、いのちを感じる場所

田中亮太は漫画家を目指して東京で奮闘していたが自身の夢に限界を感じ、故郷の福岡に帰ってきた。軽い気持ちで始めた動物園飼育員の仕事を通してたくさんの人と出会い、初めて動物の命について考えるようになる――国内で初めて無麻酔採血に成功するなど、動物福祉に特化した動物園として世界からも注目されている福岡県に実在する大牟田市動物園を舞台にした感動の人間ドラマ。

■東京で漫画家を目指し奮闘していた青年・田中亮太。仲間のデビューやバイト先の夜逃げにショックを受け、夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってくる。実家に頼れず旧友の部屋に居候する亮太が紹介されたのは、地元の延命動物園でのアルバイト。いつも園内を駆けずり回る多忙な園長の野田に加え、同僚の飼育員には皮肉屋の猿渡、コミュニケーションが苦手な中島、妊娠中で一時的に事務仕事をする松尾がおり、何も知らない亮太は面食らうことばかりだ。中でも一番驚いたのは、認知症の祖母・和子のかつての家に現在住んでいるのが、園で獣医師を務める石井彩だったこと。

アメリカの大学を出て引き抜きの話が絶えない優秀な彩や園のスタッフから、亮太はここが動物の健康と幸せを第一に考える“動物福祉”に力を入れる、世界でも珍しい動物園であることを知り、理解していく。しかし、かねてより市の予算縮小で、園の運営は危機的状況にあった。彩から、園の取り組みを広く伝えるために絵で協力してほしいと頼まれた亮太は躊躇するが、施設に入った和子が再び絵を描き始めたことに触発され、自身ももう一度漫画を描くことを決意する。飼育員たちの根強い努力が実り、園では日本初のライオンの無麻酔採血に成功。感動した亮太もついに漫画を完成させるが、彩との別れの時は刻々と近づいているのだった――。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ 字幕
 notebook from my mother
●監督:キム・ソンホ(『犬どろぼう完全計画』)●出演:イ・ジュシル(『美しき野獣』)/イ・ジョンヒョク(『パラレルライフ』)/キム・ソンウン/キム・ソンファ/リュ・ギョンミ●2018年/韓国

愛情ひと匙、小言は大匙。

認知症の母が遺した料理帖から溢れ出る、家族への切実な想いとは――一冊の料理帖に遺された心と体に美味しい韓国の家庭料理の数々と、そこから浮かび上がる家族への複雑な想いと愛情。料理帖が繋ぐ、記憶の断片、家族への愛。料理に正解が無いように、家族の在り方にも正解は無い。監督の実体験を元にしたというリアルなヒューマンドラマ。

■女手ひとつ、三十年も続く惣菜店と二人の子供を懸命に守ってきた母・エラン。しかし息子のギュヒョンは万年非常勤講師で生活能力もなく妻に頼りきり。孫の世話まで見なければならないことも多く、亡くなった自分勝手な旦那の影を息子に見てはつい小言ばかり言ってしまう毎日。それでも、家族のためなら昼夜を問わず料理を作る。

そんな平凡な日々をいつものように送っていたエランだが、予想もしなかった認知症の症状が現れはじめ、子供たちの荷物にだけはなりたくないと薄れていく記憶の端を掴もうとする…。ギュヒョンはついに母を介護施設に預けることに決め、家の片付けをしていると、ある一冊のノートが。そこには息子や孫に宛てた自家製レシピと、家族への想いが切々と綴られているのだった…。











































バウハウス100年映画祭 字幕
 100jahare bauhaus filmfestival

モダニズムの源流、バウハウスの世界にようこそ

20世紀の二つの大戦の間にドイツに生まれたデザイン・アート・建築の奇跡“バウハウス”。モダニズムのパイオニアとして、建築、インダストリアル・デザイン、グラフィック・アート、写真など広範な分野で世界に衝撃と感動をもたらしたバウハウスは、1919年、第1次大戦後のドイツで、芸術と技術の新たな統合を目指し創設された学校である。その100周年を記念し、選りすぐりのドキュメンタリー全6作品を4プログラムで日本初上映。

《プログラムA》
バウハウス 原形と神話
 bauhaus – modell und mythos

●監督:ニールス・ボルブリンカー/ケルスティン・シュトゥッテルハイム●出演:ヴァルター・グロピウス/ヴォルフ・ヒルデブラント/ゲルトルート・アルント/フーベルト・ホフマン/ピウス・パール●1999・2009年/ドイツ/103分

■超一流の芸術家が集い、斬新な造形教育で名を馳せたバウハウス。わずか14年で広範な芸術分野に革命を起こしたその足跡は時を経て神話となったが、そこには時代の波に翻弄された芸術家たちの喜びや苦闘、そして光と影があった。伝説的な教師たちの薫陶を受け、自身も芸術家として大成した当時の学生たちの証言や、貴重な記録によって、バウハウスがたどった激動の道と知られざる物語が明かされる。

《プログラムB》
バウハウス・スピリット
 vom bauen der zukunft - 100 jahre bauhaus

●監督:ニールス・ボルブリンカー/トーマス・ティエルシュ●出演:トルステン・ブルーメ/ローザン・ボッシュ/アルフレード・ブリレンブール/シュテファン・コヴァツ/フーベルト・クルンプナー●2018年/ドイツ/52分

■バウハウスが掲げたテーマは今も世界のテーマであり続けている。スウェーデンの教室も時間割もない学校、ヴェネチア・ヴィエンナーレ金獅子賞を受賞したアーバン・シンクタンクが取り組む南米スラム街の住環境改善、低価格でバウハウスの家具を復刻させる試み、バウハウスの造形理論を身体で表現するプロジェクトなど、豊かな発想と斬新な手法で注目を集める人々を追い、現代に生きるバウハウスの精神を映し出す。

バウハウスの女性たち
 bauhausfrauen

●監督:ズザンネ・ラデルホーフ●出演:エリザベス・オットー/テレジア・エンツェンスベルガー/モニカ・シュタードラー/パトリック・レスラー/アーニャ・バウムホーフ/エレーナ・マカロワ●2019年/ドイツ/44分

■当時世界で最も先進的な芸術学校であったバウハウス。創設者グロピウスは「年齢、性別に関係なく、誰もが学ぶ権利を持つ学校」と高らかに謳った。それは女性にも芸術の可能性を与える宣言となるはずだった。だが現実はそう簡単ではなかった。本作は、実は男性優位で進められたバウハウスで才能を開花させ、バウハウスの躍進に多大な貢献を果たしたにも関わらず、影の存在となった女性たちの実像に迫る。


《プログラムC》
ミース・オン・シーン
 mies on scene

●監督:ペップ・マルティン/シャビ・カンプレシオス●出演:ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ/フリッツ・ノイマイヤー/エドゥアルド・メンドーサ/バリー・バーグドール/オリオル・ボイーガス●2018年/スペイン/58分

■近代建築の三大巨匠の一人、ミース・ファン・デル・ローエ。彼の代表作の一つがモダニズム建築の最高峰と称される「バルセロナ・パビリオン」。2ヶ月という短い期間で作り上げられたこの建物が、なぜ今もなお語り継がれる傑作となったのか。この仕事を手掛けた後にバウハウスの三代目校長に就任するミースは、建築をどのように考えていたのか。当時の記録と現代一流の建築家や学者などの証言で検証する。


ファグスーグロピウスと近代建築の胎動
 fagus- walter gropius und die fabrik der moderne

●監督:ニールス・ボルブリンカー●出演:アンネマリー・イエギ/エルンスト・グレーテン/ヴァルター・シャーパー/エピファニオ・ディ・ロレンツォ●2011年/ドイツ/27分

■バウハウス開校の8年前、モダニズム建築の嚆矢となる「ファグス靴型工場」が建てられる。若き日のグロピウスとアドルフ・マイヤーは、“労働者のための宮殿”を作りたいという工場主ベンシャイトの夢を実現すべく、明るく、衛生的で、快適な新時代の工場を作り上げた。世界遺産に登録された現在もなお現役のこのガラス張りの工場を、彼らはどのような思いで作ったのか。その足跡を追う。


《プログラムD》
マックス・ビルー絶対的な視点
 max bill - das absolute augenmaß

●監督:エーリヒ・シュミット●出演:マックス・ビル、アンゲラ・トーマス/ゴットフリート・ホーネッガー/イニャツィオ・シローネ/ヤコブ・ビル、エルンスト・シャイデッガー●2008年/スイス/94分

■彫刻家、画家、建築家、グラフィックデザイナー、工業デザイナーと、ジャンルを横断して活動したマックス・ビル。バウハウス最後の巨匠とも言われる彼は、全盛期のバウハウスに入学し、そこで頭角を現し、第二次大戦後にはバウハウスの理念を受け継ぐウルム造形大学の初代校長を務める。理論と数学に基づくコンクリート・アートを追求する一方、政治活動にも積極的に関与していった彼の生涯に迫る。















本編 1時間59分
デジタル
カラー
ハルカの陶(すえ)
 haruka no sue
●監督・脚本:末次成人●出演:奈緒(『リングサイド・ストーリー』)/平山浩行(『昼顔』)/村上淳(『希望の国』)/笹野高史(『武士の一分』)/村上真希(『シーソー seesaw』)●2019年/日本

千年の歴史に触れた。新しい自分を見つけた。

このまま日々を淡々と過ごしていくんだと思ってた。あの大皿に出会うまで――土と炎と想いが作り上げた日本遺産・備前焼。 岡山県備前市を舞台に、陶芸の美しさに魅せられた人々の、夢と伝統を紡ぐ感動の物語。第13回岡山<芸術文化賞功労賞>を受賞した感動の同名コミックが空前の陶芸ブームに乗って待望の実写映画化。

■小山はるかはOLとして平凡な日々を過ごしていたある日、デパートの展示でふと目にした大皿に強く惹かれ備前焼を知った。仕事中も休日も気付けば備前焼のことばかり考えていたはるかは、言葉にできない感動を胸に岡山県備前市へ。意気揚々と大皿の作者を訪ねるも、目の前に現れたのは頑固でぶっきらぼう、職人気質な修だった。

しかし、ただ一人でロクロに向かう修を見て備前焼への興味はより強くなり…。勢いのままに弟子入りを志願するも相手にしてもらえないはるかだったが、見兼ねた人間国宝の陶人が間を取り持ち“修行見習い”の日々がスタートする。陶芸にただ一人向き合い、はるかにも厳しい修だったが、そんな彼には亡き父との約束があった――。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー
アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール 字幕 
 la musica del silenzio
●監督・脚本:マイケル・ラドフォード(『イル・ポスティーノ』)●出演:トビー・セバスチャン/アントニオ・バンデラス(『マチェーテ・キルズ』)/ルイーザ・ラニエリ(『マリア・カラス 最後の恋』)/ジョルディ・モリャ(『リディック:ギャラクシー・バトル』)/エンニオ・ファンタスティキーニ(『あしたのパスタはアルデンテ』)●2017年/イタリア

魅惑の声は、あなたの人生を豊かにする。

イタリアの小さな村に住むアモスは、持病が悪化し遂に失明してしまう。自暴自棄になったアモスだったが、ある日そのきれいな歌声を活かせないかと叔父がオーディションに連れていったことで彼の人生は大きく回り始める――盲目のハンディを克服した世界最高峰のテノール歌手アンドレア・ボチェッリの半生を描いた伝記ドラマ。

■イタリア・トスカーナ地方の小さな村。アモスは眼球に血液異常を持って生まれ、幼い頃から弱視に悩まされていながらも、明るく過ごしていた。しかし12歳の時に学校の授業中、サッカーボールが頭に当たり持病が悪化。少年は失明してしまう。不自由な暮らしに鬱憤を抑えきれず両親を困らせるアモス。そんな彼を見かねた叔父が、元来歌が上手なアモスを音楽コンクールに連れていく。そのあまりにも美しい歌声が評価され、コンクールで見事優勝する。しかし喜びも束の間、すぐに声変わりが始まり、美しい声が出なくなってしまう。それを機に歌手を諦め、親友とともに弁護士を目指す。

大人になったアモスは、大学に進んだ後、ピアニストとして音楽を嗜んでいた。バーでの生演奏をするアルバイト中、客からのリクエストで人前で歌声を披露。その歌声に感激した友人が数々の有名オペラ歌手を育てたスペイン人の歌唱指導者、マエストロを紹介する。マエストロとの出会いがアモスの人生を一変する。改めて歌手の道を目指すことを決意したアモスは、マエストロの徹底した厳しい特訓に臨み、実力を伸ばしていく。順調にキャリアを積んでいく矢先、気まぐれな音楽業界に振り回され仕事が途絶えたまま数か月が経ってしまう。歌の仕事がないなか、いつでも歌えるようにとそのための習慣に時間を費やされ、さらに新婚生活の狭間で揺れ動くアモスは、ある決断を迫られていた…。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
CLIMAX クライマックス 字幕 
 climax
●監督・脚本:ギャスパー・ノエ(『LOVE【3D】』)●出演:ソフィア・ブテラ(『ザ・マミー -呪われた砂漠の王女-』)/ロマン・ギレルミク/スエリア・ヤクーブ/キディ・スマイル/クロード・ガジャン・マウル●2018年/フランス/ベルギー

鮮烈に、堕ちる

雪が降る山奥の廃墟に集まった22人のダンサー。彼らは、知らず知らずにLSD入りのサングリアを飲み、集団ドラッグ中毒に陥る。抜け出すことも逃げ出すこともできない――その狂乱とカオスの一晩を、視覚&聴覚を刺激する圧巻の熱量と興奮で描き切った、鬼才ギャスパー・ノエ最新作は疑似トランスに溺れるサイケデリックな97分間。

■1996年のある夜、人里離れた建物で、有名な振付家の呼びかけで選ばれたダンサー22人が集まる。そこには電話もなく、山奥のために携帯も通じず、外は雪が降っている。アメリカ公演のための最後の仕上げともいうべき激しいリハーサルを終えたダンサーたちは、打ち上げパーティを始める。爆音の音楽に体を揺らしながら、大きなボウルに注がれたサングリアを浴びるように飲んでいたが、そのサングリアにはLSDが混入していた。

ダンサーたちは次第に我を忘れてトランス状態に陥り、エクスタシーを感じる者、暴力的になる者、発狂する者…。ダンスフロアは一部の者にとっては楽園だが、大半の者にとっては地獄と化していく。一体誰が何の目的で飲物にドラッグを入れたのか? 理性を失くした彼らの狂った饗宴はどうなるのか――。











































本編 1時間57分
デジタル
カラー
命みじかし、恋せよ乙女 字幕
 kirschbluten & demonen
●監督・脚本:ドーリス・デリエ(『フクシマ・モナムール』)●出演:ゴロ・オイラー/入月絢/フェリックス・アイトナー(『ヒトラー暗殺、13分の誤算』)/フロリアーネ・ダニエル/樹木希林(『モリのいる場所』)●2019年/ドイツ

人生は、本当の自分に戻る旅

人生を見失ったカールが日本で見つけた、驚きと悲哀と感動に満ちた真実とは――遠い異国で出逢った、哀しくも美しい人生の物語。ドイツと日本を舞台に描かれる、感動の人生賛歌。樹木希林、遺作にして世界デビュー作。

■ドイツのミュンヘン。カールは、酒に溺れたことが原因で仕事を失い、妻は幼い娘を連れて家を出て行き、今は一人暮らしを送っていた。孤独に苦しみ、泥酔した末に“モノノケ”を見るようになるカール。そんな彼の元にある日、日本人女性ユウが訪ねてくる。ユウは10年前に東京を訪れたカールの父親ルディと親交があり、今は亡きルディの墓と生前の家を見に来たのだと言う。渋々付き合いながらも、次第にユウに惹かれていくカール。やがて2人は人生を見つめ直そうと、ユウの祖母に会うため、日本へと向かうが――。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
スーパーティーチャー 熱血格闘 字幕 
 big brother
●監督:カム・カーワイ●出演:ドニー・イェン(『イップ・マン』シリーズ)/ジョー・チェン(『いつか、また』)/ユー・カン(『アイスマン 宇宙最速の戦士』)/ドミニク・ラム(『クリミナル・アフェア 魔警』)●2018年/中国/香港

全員、俺についてこい!!

香港で成績最下位の学校を舞台に、元アメリカ海兵隊出身の男が教師となって、問題児たちの心を掴んでいく――世界的アクションスターとして活躍するドニー・イェンが、なんとキャリア初の教師を演じたアクション満載且つ感動のヒューマンドラマ。

■タックチー学園はここ数年、大学進学者を出しておらず、香港で学力最低の学校として、教育局から補助金を打ち切られる寸前になっていた。そんな中、アメリカ帰りのチャン・ハップが教師として雇われ、問題児が集まる6Bの担任となる。クラスの中でも特にレイ、双子のクワン、少女のウォン、そして移民のホンの5人の生徒は誰にも手が追えないほどで、今日もバスケット部の連中といざこざを起こして喧嘩騒ぎとなる。業を煮やしたラム校長はレイを退学させようとするが、チャンの説得で思いとどまる。

チャンはこの5人の個人記録を調べ、何が問題あるのか家庭訪問していく。そしてチャン自身の経験とテクニックで彼らと向き合うことで、次第に彼らから信頼を得ていく。そんな中、レイがボクシングジムの経営者ロー・ギンインの八百長に巻き込まれてしまう。彼を助けるために格闘家たちと闘ったチャンがテレビで紹介されたことをきっかけに、生徒や同僚の先生たちの意識が変わっていく。生徒や同僚の先生たちは、チャンに親近感を覚え、成績を上げることを目標に一致団結していく。だが、あることがきっかけとなり、チャンは学校を去らなければならなくなってしまう…。











































本編 2時間45分
デジタル
カラー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト 字幕
 c'era una volta il west
●監督・脚本:セルジオ・レオーネ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』)●出演:クラウディア・カルディナーレ(『ブーベの恋人』)/ヘンリー・フォンダ(『テキサスの五人の仲間』)/ジェイソン・ロバーズ(『墓石と決闘』)/チャールズ・ブロンソン(『さらば友よ』)/ガブリエレ・フェルゼッティ(『ガラスの墓標』)●1968年/イタリア/アメリカ

世紀の巨編 2時間45分【オリジナル版】 日本初公開

女は生きた。無法と決闘の時代を――『荒野の用心棒』、『夕陽のガンマン』、『続・夕陽のガンマン』の3部作で、全世界にマカロニ・ウエスタンブームを巻き起こした巨匠セルジオ・レオーネが、アクションの面白さを極め尽くした前3部作とは大きく方向性を変え、自らの作家性を前面に打ち出した野心作。女性主人公ジルの目を通し、移り変わる時代と共に滅びゆくガンマンたちの落日を、スタイリッシュかつ重厚壮麗なバロック的演出を駆使して描いた異形の超大作。

■大陸横断鉄道敷設によって新たな文明の波が押し寄せていた西部開拓期。ニューオーリンズから西部に嫁いできた元・高級娼婦のジルは、何者かに家族全員を殺され、広大な荒地の相続人となった。莫大な価値を秘めたその土地の利権をめぐり、ジルは、鉄道会社に雇われた殺し屋フランク、家族殺しの容疑者である強盗団のボス、シャイアン、ハーモニカを奏でる正体不明のガンマンらの熾烈な争いに巻き込まれていく――。











































本編 2時間03分
デジタル
カラー
リンドグレーン 字幕 
 unga astrid
●監督・脚本:ペアニレ・フィシャー・クリステンセン●出演:アルバ・アウグスト/マリア・ボネヴィー(『ヴェラの祈り』)/マグヌス・クレッペル/ヘンリク・ラファエルセン/トリーネ・ディアホム●2018年/スウェーデン/デンマーク

暗闇から明るみへと、物語が私を導く

親愛なるリンドグレーン様。あなたは私たちに生きる喜びを教えてくれました――「長くつ下のピッピ」「ロッタちゃん」「やかまし村の子どもたち」などが世界中で愛され、読み継がれている児童文学作家、アストリッド・リンドグレーンの知られざる少女時代を描いた人間ドラマ。

■アストリッド・リンドグレーンの16歳から10年に満たない時期は、彼女の人生で最も激動といえる若かりし日々だった。兄弟姉妹とスモーランド地方の自然の中で伸び伸びと育ったアストリッドは、思春期を迎え、より広い世界や社会へ目が向きはじめる。教会の土地で農業を営む信仰に厚い家庭で育ちながら、“率直で自由奔放”な彼女は、次第に教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに、息苦しさを覚え始めていた。そんな折、文才を見込まれ、地方新聞社で働き始めた彼女は、才能を開花させはじめる。しかしその矢先、アストリッドの人生は、予期せぬ方向へと進んでいく――。











































本編 1時間57分
デジタル
カラー
ライフ・イットセルフ 未来に続く物語 字幕 
 life itself
●監督・脚本:ダン・フォーゲルマン(『Dearダニー 君へのうた』)●出演:オスカー・アイザック(『THE PROMISE/君への誓い』)/オリヴィア・ワイルド(『ラザロ・エフェクト』)/マンディ・パティンキン(『ワンダー 君は太陽』)/オリヴィア・クック(『レディ・プレイヤー1』)/ライア・コスタ(『ピアッシング』)●2018年/アメリカ

あの日 あの瞬間 人生が交差する

事故に遭った母から生まれたディランと、その事故の顛末に関わるロドリゴ。二組の家族は思わぬ奇跡により繋がっていく――胸が張り裂けるほどの悲しみのその隣に、必ず隠れている幸せの見つけ方。大ヒットドラマ「THIS IS US/ディス・イズ・アス」の製作者が贈る家族の愛と感動のヒューマン・ドラマ。

■始まりは、現代のニューヨーク。学生時代からのカップルのウィル(オスカー・アイザック)とアビーは大恋愛の後に結ばれる。第一子の誕生を間近に控え幸福の絶頂にいたその時、想像を絶する事故に遭遇してしまう…。そして、たまたま訪れたマンハッタンで、その顛末に深く関わった幼い少年。彼は海を越えたスペインの大地で、両親と父の雇い主であるオリーブ園のオーナーを、ドラマティックな人生へと誘っていく。次々と訪れる過酷な試練を愛だけで乗り越えていく二つの家族は、数奇な運命に引き裂かれながらも、思わぬ奇跡でつながっていく──。











































本編 1時間59分
デジタル
カラー
アイネクライネナハトムジーク
 einekleinenachtmusik
●監督:今泉力哉(『愛がなんだ』)●出演:三浦春馬(『進撃の巨人 -ATTACK ON TITAN-』)/多部未華子(『あやしい彼女』)/矢本悠馬(『レディ in ホワイト』)/森絵梨佳(『全員、片想い』)/恒松祐里(『凪待ち』)●2019年/日本

あの時、あの場所で出会ったのが君で本当に良かった。

劇的な出会いを待つ会社員・佐藤は、仙台駅前で街頭アンケートに立っていた。そのとき、ギターの弾き語りに聴き入る紗季と目が合う――大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎、稀代のシンガーソングライター・斉藤和義、『愛がなんだ』で大ヒットを放った新鋭監督・今泉力哉。時代を超えて圧倒的なリスペクトを集める3人が贈る、幸福な<出会い>の連鎖から生まれた奇跡のラブストーリー。

■仙台駅前。訳あって街頭アンケートに立つ会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入るリクルートスーツ姿の本間紗季と目が合い、思いきって声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。紗季の手には手書きで「シャンプー」の文字。思わず「シャンプー」と声に出す佐藤に紗季は微笑む。

元々劇的な〈出会い〉を待つだけだった佐藤に、大学時代からの友人・織田一真は上から目線で〈出会い〉の極意を説く。彼は同級生の由美と結婚し、2人の子供たちと幸せな家庭を築いている。変わり者ながらも分不相応な美人妻と出会えた一真には不思議な説得力がある。一方、佐藤と同じく〈出会い〉のない毎日を送っていた由美の友人・美奈子は、美容室の常連客・香澄)から紹介された、声しか知らない男に恋心を抱き始めていた。

10年後―。織田家の長女・美緒は高校生になり、同級生の和人や亜美子と共にいつもの毎日を送っている。そして佐藤は、付き合い始めて10年になる紗季に、意を決してプロポーズをするが…。 果たして佐藤と紗季の〈出会い〉は幸せな結末にたどり着けるのか。美奈子の恋は、藤間の人生は―。思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす。











































本編 1時間59分
ブルーレイ
カラー
あなたを、想う。 字幕
 murmur of the hearts
●監督・脚本:シルヴィア・チャン(『妻の愛、娘の時』)●出演:イザベラ・リョン(『ハムナプトラ3 -呪われた皇帝の秘宝-』)/チャン・シャオチュアン(『真夜中の五分前』)/クー・ユールン(『台北暮色』)/リー・シンシエ●2015年/台湾/香港

いまも、いつも、忘れない。水の中に、記憶が沈み、こころのささやきに変わる。

台東の沖にある緑島で生まれたユーナンとユーメイ兄妹。母は幼いユーメイだけを連れて台北へと去り、間もなく他界。時は流れ、画家となったユーメイにはボクサーの恋人がいるが――両親の離婚で離れ離れになった兄妹と、妹の恋人。3人の心の揺れや親への想い。その切なすぎる物語を、台北と台東の圧倒的に美しい風景の中に綴ったヒューマンドラマ。

■台東の沖にある、美しい島・緑島(りょくとう)で生まれたユーナンとユーメイ兄妹。二人に毎日のように人魚の物語を話して聞かせる母は、息子と夫を置いて幼いユーメイだけを伴い台北へと去り、間もなく他界した。月日は流れ、駆け出しの画家となったユーメイは、家族を引き裂いた母への怒りを抱えて生きている。

ユーメイにはボクサーの恋人ヨンシャンがいるが、試合が近づいて過敏になる彼に妊娠したことを告げられずにいた。網膜剥離であることを隠して試合に臨んだヨンシャンは、コーチに選手証を取り上げられ途方に暮れる。彼にとってボクシングは、亡き父と自分を繋ぐ唯一のものだった。一方、ユーナンは台東で旅行ガイドとして忙しく働きながらも、孤独の中で過去を思う日々を送っている。ある夜、台風で足止めされて立ち寄った店で、ユーナンは、あまりにも切ない幻影に遭遇する…。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
ある女優の不在 字幕
 3 faces
●監督・脚本:ジャファル・パナヒ(『人生タクシー』)●出演:ジャファル・パナヒ(『人生タクシー』)/ベヘナーズ・ジャファリ(『ブラックボード・背負う人』)/マルズィエ・レザイ●第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門 脚本賞受賞●2018年/イラン

■イラン革命前後、時代に翻弄された3人の女性。彼女たちは深い孤独の淵に立ちながら、それでも女優として生きる――。

人気女優ジャファリのもとに見知らぬ少女から動画が届く。そこには、女優の夢を断たれた少女が自殺する直前の姿が映っていた――わずか10年余りで世界三大映画祭を制した名匠ジャファル・パナヒ監督が、3世代の女優の人生を交錯させたヒューマン・ミステリー。

■イランの人気女優ベーナズ・ジャファリのもとに、見知らぬ少女から悲痛な動画メッセージが届く。映画好きの少女マルズィエは女優を志して芸術大学に合格したが、家族の裏切りによって夢を砕かれ、自殺を決意する。その動画は、マルズィエが首にロープをかけ、カメラ代わりのスマートフォンが地面に落下したところで途切れていた。

ジャファリはその動画の深刻な内容に衝撃を受け、友人の映画監督ジャファル・パナヒが運転する車で、マルズィエが住むイラン北西部の村に向かう。マルズィエは本当に命を絶ってしまったのか、調査を行っていたジャファリとパナヒは、イラン革命後に演じることを禁じられた往年のスター女優シャールザードにまつわる悲劇的な真実を探り当てる…。











































本編 2時間03分
デジタル
カラー
ホテル・ムンバイ 字幕 
 hotel mumbai
●監督・脚本:アンソニー・マラス●出演:デヴ・パテル(『LION/ライオン -25年目のただいま-』)/アーミー・ハマー(『君の名前で僕を呼んで』)/ナザニン・ボニアディ/ティルダ・コブハム・ハーヴェイ/アヌパム・カー(『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』)●2018年/オーストラリア/アメリカ/インド

彼らは<信念>だけで、銃に立ち向かった。

2008年、五つ星ホテルで起きたテロからの、奇跡の救出劇。ホテルマン、そして人間としての愛と誇りを賭け、ひとりでも多くの命を救おうとした“名も無き英雄たち”――『ボーダーライン』製作陣が放つ、衝撃と感動の実話。

■インドの巨大都市ムンバイに、臨月の妻と幼い娘と暮らす青年アルジュンは、街の象徴でもある五つ星ホテルの従業員であることに誇りを感じていた。この日も、いつも通りのホテルの光景だったが、武装したテロリスト集団がホテルを占拠し、“楽園”は一瞬にして崩壊する。500人以上の宿泊客と従業員を、無慈悲な銃弾が襲う中、テロ殲滅部隊が到着するまでに数日かかるという絶望的な報せが届く。アルジュンら従業員は、「ここが私の家です」とホテルに残り、宿泊客を救う道を選ぶ。一方、赤ん坊を部屋に取り残されたアメリカ人建築家デヴィッド、ある命がけの決断をするのだが──。











































本編 3時間54分
デジタル
カラー
象は静かに座っている 字幕
 an elephant sitting still
●監督・脚本:フー・ボー●出演:チャン・ユー(『怒れるドラゴン・不死身の四天王』)/ポン・ユーチャン/ワン・ユーウェン(『恋人たちの食卓』)/リー・ツォンシー/ワン・チャオベイ●第68回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞/最優秀新人監督賞スペシャル・メンション 受賞●2018年/中国

世界の果てを一緒に見に行こう。きっと未来は変わる

変わらない日常に疲れた年齢のバラバラな男女。それぞれが突然の悲しみに直面することで、傷つきながらも暗い日々に終わりを求めて動きはじめる――29歳で命を絶った若き才能、デビュー作にして遺作。世界を熱狂させた、魂の234分。利己主義に満ちた現代社会にもまれる、世界の片隅に生きる人々の渇望を描く人間ドラマ。

■時代の流れとともに炭鉱業が廃れた中国の小さな田舎町。少年ブーは友達をかばい、不良の同級生をあやまって階段から突き落としてしまう。不良の兄は町で幅を利かせているチェンだった。チェン達に追われ町を出ようとするブーは、友達のリン、近所の老人ジンをも巻き込んでいく。

親友を自殺に追い込んでしまい自責の念のかられているチェン、家に居場所がなく教師と関係を持つことで拠り所をみつけるリン、娘夫婦に邪険にされながらも老人ホーム行きを拒むジン。それぞれに事情を抱えながらも、遠く2300km先の果て満州里にいる、一日中ただ座り続けているという奇妙な象の存在にわずかな希望を抱き4人は歩き出す――。











































本編 1時間33分
デジタル
カラー
転がるビー玉
 korogaru b-dama
●監督・脚本:宇賀那健一(『サラバ静寂』)●出演:吉川愛(『十二人の死にたい子どもたち』)/萩原みのり(『えちてつ物語 -わたし、故郷に帰ってきました。-』)/今泉佑唯●2019年/日本

どこにも行けない、私たちへ

渋谷の片隅にある古い家で共同生活を送る愛、瑞穂、恵梨香の3人はそれぞれ夢を追い求めながら、悩み、もがき、笑っては泣く日々を過ごしていた――人気女性ファッション誌“NYLON JAPAN“の、創刊15周年プロジェクトとして制作され、新鋭監督・宇賀那健一が再開発の進む渋谷を舞台に、夢を掴むべく奮闘する3人の女の子のささやかな日常を描いた青春映画。

■東京オリンピックが近づく、渋谷。その片隅にある古い家の床は少し傾いている。ここで共同生活する愛、瑞穂、恵梨香の三人は夢を追い求めながら、悩み、もがき、飲んで、愚痴って、笑っては、泣いた。彼女たちが手にいれたのは、〈宝石〉なんて眩しいものではなくて、どこかで紛れ込んだ一つの欠けた〈ビー玉〉だった。そんなある日、部屋の立ち退き勧告の通達が来る。街の再開発で家の 取り壊しが決定したのだ。これは、いずれ出て行かなくてはならないその部屋で三人が過ごした、ささやかな日常の物語。絶え間なく変化するこの街で埋もれてしまいがちな幸せは確かにそこにあった――。











































本編 3時間09分
デジタル
カラー
読まれなかった小説 字幕
 ahlat agaci
●監督・脚本:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン(『雪の轍(わだち)』)●出演:アイドゥン・ドウ・デミルコル/ムラト・ジェムジル/ベンヌ・ユルドゥルムラー/ハザール・エルグクル/セルカン・ケスキン●2018年//トルコ/フランス/ドイツ/ブルガリア/マケドニア/ボスニア/スウェーデン/カタール

すべての気持ちを原稿にしたためた――

作家を夢見るシナン。賭け事が好きな教師の父。分かりあえないと思っていたふたりを繋いだのはシナンの書いた小説だった――カンヌ国際映画祭8賞の他、世界で93の賞に輝く世界的巨匠監督ヌリ・ビルゲ・ジェイランが、父と息子の軋轢と邂逅を描いた人間ドラマ。チェーホフ、ニーチェ、ドステフスキーに捧げる至高の傑作。

■シナンの夢は作家になること。大学を卒業し、トロイ遺跡近くの故郷へ戻り、処女小説を出版しようと奔走するが、誰にも相手にされない。シナンの父イドリスは引退間際の教師。競馬好きな父とシナンは相容れない。気が進まぬままに教員試験を受けるシナン。父と同じ教師になって、この小さな町で平凡に生きるなんて…。父子の気持ちは交わらぬように見えた。しかし、ふたりを繋いだのは意外にも誰も読まなかったシナンの書いた小説だった――。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー
RUN! 3films
 run 3films
はみ出し者たちの3つの物語が紡ぐ、疾走オムニバス・ムービー!

コンビニ店員と強盗の攻防を映し出す『追憶ダンス』、生きるために人間を喰う親子と、死体処理業の男の運命を綴る『VANISH』、夢を捨てられない役者が奮闘する『ACTOR』で構成。


追憶ダンス

●監督:土屋哲彦(『闇金ドッグス』)●出演:篠田諒(『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』)/木ノ本嶺浩(『はたちのクズ』)/津田寛治(『名前』)●2019年/日本

■コンビニバイト中の鈴木の前に、強盗が現れた。そいつは中2まで一緒だった同級生の佐藤だという。「いじめた方は忘れても、いじめられた方は覚えてるんだよ!」 とナイフで襲ってくるが全く身に覚えがない。そこに警官が現れ…。記憶のかけ違いをめぐる二人の攻防は予想外の結末に!


VANISH

●監督・脚本:畑井雄介(『かくて女神は笑いき』)●出演:松林慎司(『恋のしずく』)/津田寛治(『天然☆生活』●2019年/日本

■年間失踪者数10万人、その原因はわかっていない――。「自分」が何者か分からないまま、生きるために人間を喰う謎の親子と、死体処理が生業のヤクザ。“消す”ことを宿命づけられた二人の共存…。「命」とは?「生きる」とは? スタイリッシュな映像で贈るSFファンタジー。


ACTOR

●監督・脚本:土屋哲彦(『闇金ドッグス』)●出演:黒岩司(『俳優 亀岡拓次』)/須賀貴匡(『7s [セブンス]』)/津田寛治(『グラッフリーター刀牙』●2019年/日本

■売れない役者の山田はバイト先でもバカにされる日々。 正直向いてないのかな…悩みながら振り向くと、映画の撮影隊がなぜか山田にカメラを向けている!?戸惑いつつもシーンを演じきった山田は、憧れのスターとの共演で覚醒し…。夢を捨てられない男が、現実と幻想の境界を疾走する!

































本編 1時間54分
デジタル
カラー
解放区 
 kaihouku
●監督・脚本:太田信吾(『わたしたちに許された特別な時間の終わり』)●出演:太田信吾(『花鳥籠』)/本山大/SHINGO☆西成(『デストロイ・ヴィシャス』)/琥珀うた(『花鳥籠』)/山口遥(『足りない二人』)●2014年/日本

そのフェンスの向こうには“楽園”があった――

ドキュメンタリー作家“未満”の男が漂着した大阪・西成。再開発に翻弄される街と、行き先を見失った主人公の不安定な魂がシンクロした時、現実と虚構の境目が崩壊する――異才・太田信吾が、浄化作戦の進む大阪市西成区の街とそこに生きる人の姿を活写した人間ドラマの問題作。

■ドキュメンタリー作家になる事を夢見る“未満”の青年は、先輩ディレクターとの理不尽な上下関係や被写体との接し方に悩みながらも、小さな映像制作会社で働きながら未だその途中である。夢を語り理解を示してくれる恋人もいるが、ある現場で先輩の取材姿勢に憤りを爆発させてしまう。職場での居場所を失った彼は、新たな居場所を探すかのように、かつて出会った希望を見失った少年を取材する為に大阪、西成へと向かう。

しかし、少年の行方を掴む事は出来ない…。1人で問題に向き合えず、東京で取材した引きこもりの青年を呼びつけ、行きずりの女性に愛を語り、誠実さに欠ける取材を続ける。少年を探しながら街を彷徨う日々。そして、自らの弱さと甘さがもたらした結果から、一歩また一歩と後戻りできない道に迷い込んでいくのだった…。











































本編 1時間36分
デジタル
カラー
TRAVERSE トラバース 
 traverse
●監督・脚本:岡田有甲●出演:田部井淳/恋/桝田幸希/笠原紳司(『維新烈風 天狗判官』)/儘下笑美●2019年/日本

護るために闘え。

妻を失った空手道場の師範・高梨は、失意の内に道場を畳む。やがて、妻の死で溝が埋められずにいた養子の里奈が、何者かに連れ去られる。里奈を救うため、高梨は再び立ち上がる――主演には愛知県豊橋市を拠点に活動する空手道豊空会創始者、田部井淳を起用。本物の空手家が武道空手を駆使したリアルアクション映画。

■空手道場の師範・高梨淳は、妻でジャーナリストの亜紀と、養子である里菜と共に、地元の祭りに訪れていた。吹き上がる炎、湧き上がる歓声が、亜紀の姿をかき消した…。そして…亜紀は冷たい姿になって帰ってきた。悲嘆にくれる高梨と里菜に、警察は自殺だと断言した。亜紀の自殺を止められなかったことに、武道をする資格などないと、道場を閉めてしまう高梨。

残された高梨と里菜…義理の親子という溝を埋められず互いの気持ちが見えないまま、親子になり切れない二人…。そんなある日、里菜が何者かに連れ去らわれてしまう。その牙は、高梨の元にも伸びる。その時…一度は離れた武道空手が高梨を救う――。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
国家が破産する日 字幕
 defauit
●監督:チェ・グクヒ●出演:キム・ヘス(『修羅の華』)/ユ・アイン(『バーニング 劇場版』)/ホ・ジュノ(『シルミド/SILMIDO』)/ヴァンサン・カッセル(『ゴーギャン -タヒチ、楽園への旅-』)/チョ・ウジン(『王宮の夜鬼』)●2018年/韓国

その時、政府は何をした――

遺された時間は7日間。この国は、滅びるのか!? 国家破産という、国民の誰もが耳を疑うほどの未曽有の危機が迫ったとき、国民を守るべき政府は何をしたのか? 彼らは何のために事実をひた隠しにし、その裏でどんな画策をしていたのか?――多くの自殺者まで出した韓国の1997年の通貨危機(IMF経済危機)の裏側を赤裸々に暴き、政府を痛烈に批判する衝撃の社会派ドラマ。

■経済が右肩上がりの成長を遂げ、好景気が続くと信じて疑わなかった1997年。韓国銀行の通貨政策チーム長ハンは通貨危機を予測するが、政府の対応は遅れ、さらには国民には公示せず非公式の対策チームを立ち上げる。同じ頃、危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユンは、一世一代の大勝負に出る。一方、何も知らない町工場の経営者ガプスは、大手百貨店からの大量発注を、手形決済という条件で受けてしまう。自国通貨の価値が加速度的に下落する中、彼ら、そして国家は生き残ることが出来るのか――。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
サイゴン・クチュール 字幕
 co ba sai gon
●監督:グエン・ケイ/チャン・ビュー・ロック●出演:ニン・ズーン・ラン・ゴック/ホン・ヴァン/ジエム・ミー/オアン・キエウ/ジェム・ミ●2017年/ベトナム

永遠の女の子たちに捧ぐ、カワイイがつまったビタミンムービー!

1969年からタイムスリップ!?そこで出会ったのは、まさかの「自分」だった――『バック・トゥ・ザ・フューチャー』×『プラダを着た悪魔』?ベトナムを代表する新世代の女性クリエイター達がつくりあげたPOPでキュートな極上のエンタテインメント。国内外に“アオザイ旋風”を巻き起こしたファッション・ファンタジー。

■1969年のサイゴン。9代続いたアオザイ仕立て屋の娘ニュイは、ミス・サイゴンに選ばれるほど美しくスタイルもファッション・センスも抜群。しかし60年代の新しいファッションに夢中で、アオザイを仕立てる母と対立していた。ところがある日突然、現代にタイムスリップしたニュイは、変わり果てた自分と店の姿に対面してしまう。なんと母が急逝した後、店が傾き倒産、生家も取り上げ寸前の状態だった。そこでニュイは自分の《人生》を変えるべく、現代のファッション業界に潜り込んで奔走する内に、次第にアオザイの魅力と母の本当の想いに気づいていく–––。ニュイは果たして成りたかった《本当の人生》を取り戻すことが出来るのか?











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル! 字幕 
 a
●監督・脚本:ユーソ・ラーティオ/ユッカ・ヴィドゥグレン●出演:ヨハンネス・ホロパイネン(『アンノウン・ソルジャー』)/ミンカ・クーストネン/ヴィッレ・ティーホネン/マックス・オバスカ/マッティ・シュルヤ(『カラマリ・ユニオン』)●2018年/フィンランド/ノルウェー

後悔するなら、クソを漏らせ!

“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”バンド=インペイルド・レクタムは、盗んだバンに事故死したメンバーの棺を乗せドラマーを誘拐し、夢のフェスを目指して駆けていく――『ブルース・ブラザース』『スパイナル・タップ』の系譜に新たな閃光を放つ、今年度最も魂を震わせる、メタル大国フィンランド発の音楽コメディ。

■フィンランド北部の田舎の村。退屈な毎日を送る25歳のトゥロは、“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”というジャンルを標榜する4人組ヘビーメタルバンドでボーカルを担当している。彼らは結成から12年間、ライブをしたこともオリジナル曲を作ったこともないコピーバンドだ。

ある日、ついに自分たちの曲を作ることを決意した彼らは、試行錯誤の末に超キラーな名曲を完成させる。そんな中、ノルウェーの巨大メタルフェス主催者がひょんなことからメンバーの家を訪れ、彼らに千載一遇のチャンスが舞い込む。バンド名は「インペイルド・レクタム(直腸陥没)」に決定し、初ライブに挑む彼らだったが…。











































本編 1時間58分
デジタル
カラー
だれもが愛しいチャンピオン 字幕
 campeones
●監督・脚本:ハビエル・フェセル(『モルタデロとフィレモン』)●出演:ハビエル・グティエレス(『オリーブの樹は呼んでいる』)/ホアン・マルガーロ(『ミツバチのささやき』)/アテネア・マタ●2018年/スペイン

いろいろな形、さまざまな色。それぞれが唯一無二!

短気な性格が災いして解雇されたプロバスケットボールのコーチ、マルコは、飲酒運転事故を起こし裁判所から社会奉仕活動として、知的障がい者たちのチーム“アミーゴス”の指導を命じられる――あらゆる観客の想像を軽々と超えてラストに迎える、奇跡の瞬間。これは、迷走中のプロ・バスケットボールコーチと、実在するハンディキャップ・チームとの絆を描く、オンリーワンの感動作。スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞で、作品賞など3冠に輝いた大ヒット作。

■プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。ところが短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇されてしまう。その上、飲酒運転事故を起こし、判事から社会奉仕活動を命じられたマルコは、知的障がい者たちのバスケットボール・チーム“アミーゴス”を指導するはめに。アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコだったが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せる――。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
ジョン・デロリアン 字幕 
 driven
●監督:ニック・ハム(『アダム/神の使い 悪魔の子』)●出演:リー・ペイス(『落下の王国』)/ジェイソン・サダイキス(『シンクロナイズドモンスター』)/ジュディ・グリア(『リアム16歳、はじめての学校』)/コリー・ストール(『グッド・ライ -いちばん優しい嘘-』)/イザベル・アレイザ●2018年/アメリカ

この男、詐欺師か天才か――

名車ポンティアックGTOを生み出し、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の伝説の車“デロリアン(DMC-12)”に自らの名前を冠した天才エンジニア、ジョン・ザッカリー・デロリアン。果たして彼は偉人か詐欺師か?成功者か落伍者か?本物の天才か、それともフェイクの俗物だったのか?アメリカンドリームの光と影を体現した男の驚愕のミステリーがいま明かされる――自動車業界の革命児の華やかな半生と、複雑怪奇な逮捕事件の知られざる舞台裏をブラックコメディ仕立てで描き出した伝記ドラマ。

■1977年、南カリフォルニア。パイロットのジムは、麻薬密売の現場をFBIに押さえられ、罪を問われない代わりにFBIの情報提供者となる。彼は引っ越した家の隣に住むのがゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わったジョン・デロリアンだと知り驚く。美しい妻子とともに素晴らしい家に住み、夢のために自らの会社を立ち上げ、革新的な車“デロリアン”を開発しているジョンの完璧な人生に憧れるジム。しかしジョンの会社は新車開発で様々なトラブルが発生し、彼は資金繰りに窮していることを知ったジムは、友人となったジョンをFBIに麻薬密売の罪で売り渡す計画を立てるのだった――。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
男と女 人生最良の日々 字幕
 les plus belles annees une vie
●監督:クロード・ルルーシュ(『アンナとアントワーヌ -愛の前奏曲-』)●出演:アヌーク・エーメ(『男と女 II 』)/ジャン=ルイ・トランティニャン(『愛、アムール』)/スアド・アミドゥ(『恋の病い』)/アントワーヌ・シレ/モニカ・ベルッチ(『アレックス』)●2019年/フランス

『男と女』から53年。運命の恋がまた始まる……。

いまや記憶を失いかけている元レーシング・ドライバーの男ジャン・ルイ。過去と現在が混濁するなかでも、かつて愛した女性アンヌのことだけを追い求めていた。そんな父親の姿を見た息子は、アンヌのことを探し出す決心をする。そしてついに、別々の道を歩んでいた2人は再会を果たすことに――1966年に大喝采を浴び、世界中が心を奪われた傑作フランス映画『男と女』のスタッフ・キャストが再集結。"愛の伝道師"クロード・ルルーシュ監督が紡ぐ恋愛映画の金字塔が、長い時を経てスクリーンに蘇る。

■とある海辺の施設で余生を送っている男ジャン・ルイ。かつてはレーシング・ドライバーとして、一世を風靡する注目を集める存在だった。ところが、いまでは徐々に過去の記憶を失い始め、状況は悪化するばかり。そんな父親の姿を心配したジャン・ルイの息子アントワーヌは、あることを決意する。それは、ジャン・ルイが長年追い求め、愛し続けてきた女性アンヌを探すことだった。

ある日、アンヌの居場所を突き止めたアントワーヌは、アンヌが経営するお店を訪れ、ジャン・ルイの近況を説明すると、「もう一度、父と会って欲しい」と申し出る。後日、アンヌはジャン・ルイのいる施設を訪れ、久しぶりの再会を果たす2人。しかし、相手がアンヌだと気が付かないジャン・ルイは、アンヌへの思いを話し始めるのだった。そこでいかに自分が愛されていたかを知ったアンヌは、ジャン・ルイを連れて思い出の地であるノルマンディーへと車を走らせる。長い空白を埋めるように、2人の物語が新たに始まろうとしていた…。











































本編 2時間03分
デジタル
カラー
Red 
 red
●監督:三島有紀子(『幼な子われらに生まれ』)●出演:夏帆(『ブルーアワーにぶっ飛ばす』)/妻夫木聡(『パラダイス・ネクスト』)/柄本佑(『火口のふたり』)/間宮祥太朗(『殺さない彼と死なない彼女』)/片岡礼子(『楽園』)●2020年/日本

愛することが、生きることだった。

「今、幸せ?」と聞かれたら素直にうなずくことができない、そんな日々の中に突然訪れた、衝撃的な再会。もう二度と会いたくなかった…。世界に見捨てられたふたりの、たった一夜のドライブ。この夜の先は、絶望か希望か――直木賞作家・島田理生による賛否両論の問題作が、新たな“恋愛映画”に。映画オリジナルの愛の行方、その結末に心が揺さぶられる大人のラブ・ストーリー。

■大雪の夜、車を走らせる男と女。先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった塔子。10年ぶりに、かつて愛した男・鞍田に再会する。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつ、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった塔子の“決断”とは――。











































本編 1時間39分
デジタル
パートカラー
彼らは生きていた 字幕
 they shall not grow old
●監督:ピーター・ジャクソン(『ロード・オブ・ザ・リング』)●2018年/イギリス/ニュージーランド

奇跡的に蘇らせた、第一次世界大戦の鮮やかな記録

第一次世界大戦から100年。『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が、記録映像と退役軍人の声を組み合わせ、戦場の最前線の状況をありのまま現代に伝える。最新の制作技術で変換・色付けされた映像は、当時の様子を細部まで表現。これぞまさに映画の力というべき、画期的な傑作ドキュメンタリー。

■イギリス帝国戦争博物館が保存していた第一次世界大戦の記録映像を元に、ピーター・ジャクソン監督が3D化作業を行い、モノクロの映像を修復し見事にカラーリングした。大戦当初は録音技術がなかったため、音声は主に退役軍人のインタビューをしよう。一部の兵士の声や効果音などは新たにキャストを用いて演出し、今まで見たことのないほど鮮やかで臨場感あふれる戦場風景を復元。

兵士たちの戦闘場面ばかりでなく、休息時や食事など日常の様子も盛り込まれており、死と隣り合わせの状態でも笑顔を見せる兵士の姿が印象に残る。バラバラのスピードで撮影されていた古い映像を現代の24フレームに修正。戦死した仲間を埋葬する場面や戦車の突撃、爆撃の迫力、塹壕から飛び出す歩兵たちなどを、アカデミー賞のスタッフの力を総動員して、100年以上前の映像とは思えない緊迫感ある映画に仕上げた。これまで、遠い過去の話としてしかとらえていなかった第一次世界大戦の戦場を身近に、生々しくスクリーンに蘇らせている。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
テッド・バンディ 字幕 
 extremely wicked, shockingly evil and vile
●監督:ジョー・バーリンジャー(『メタリカ:真実の瞬間』)●出演:ザック・エフロン(『グレイテスト・ショーマン』)/リリー・コリンズ(『白雪姫と鏡の女王』)/カヤ・スコデラーリオ(『クロール -凶暴領域-』)/ジェフリー・ドノヴァン(『チェンジリング』)/アンジェラ・サラフィアン(『THE PROMISE/君への誓い』)●2019年/アメリカ

極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣

IQ160の頭脳と美しい容姿を持ち、シリアル・キラーの語源となった男。彼に殺されなかった、たった一人の女だけが知る衝撃の真実が、今明かされる――ドキュメンタリー映像作家でもあるバリンジャー監督が、30人以上の女性を惨殺した実在の連続殺人鬼テッド・バンディの半生を描く犯罪ドラマ。

■1969年、ワシントン州シアトル。テッド・バンディとシングルマザーののリズとは、あるバーで恋に落ちる。素晴らしい出逢いの一日から始まり、デッド、リズと彼女の幼い娘モリーの三人は、幸福を絵に描いたような家庭生活を築いていく。しかしその運命は一変。テッドが信号無視で警官に止められた際、車の後部座席に積んでいた道具袋を疑われて逮捕されてしまう。マレーで起きた誘拐未遂事件の容疑だった。

またその前年にも女性の誘拐事件が起きており、キング郡警察の発表によると、目撃された犯人らしき男の車はテッドの愛車と同じフォルクスワーゲン。新聞に公表された似顔絵は、テッドの顔によく似ていた。突然の事態に混乱するリズ。テッドはすべてまったくの誤解だと説明するが、次第に、いくつもの事件の真相が明らかになっていき…。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
花と雨 
 hana to ame
●監督・脚本:土屋貴史●出演:笠松将(『おいしい家族』)/大西礼芳(『嵐電』)/岡本智礼(『日日是好日』)/中村織央(『森山中教習所』)/光根恭平●2019年/日本

偽りの自分から抜け出せ。

幼少期をロンドンで過ごし、日本に馴染めないまま高校生活を送る吉田はある日、Hip Hopと出会い、その魅力に取りつかれるが――ヒップホップレジェンド<SEEDA>伝説のアルバムからインスパイアされた儚くも、激しく美しいリアルユースムービー。

■幼少期をロンドンで過ごした吉田は閉塞的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。次第に学校から距離を置く吉田にとって唯一HIP HOPだけが彼の拠り所だった。海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸に、アーティストとして独り立ちするべく練習や活動に没頭する。しかし初めて自分の居場所を見つけたと思った矢先、チャンスを掴みかけては裏切られ、現実の厳しさに晒され次第に自分を見失っていく。そして追い打ちをかけるように、ある悲劇が訪れる。このままでは、俺は負ける。吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えるべく立ち上がる…。











































本編 1時間22分
デジタル
カラー
ラフィキ ふたりの夢 字幕
 rafiki
●監督・脚本:ワヌリ・カヒウ●出演:サマンサ・ムガシア/シェイラ・ムニヴァ/ジミ・ガツ/ニニ・ワシェラ/デニス・ムショカ●2018年/ケニヤ/南アフリカ/フランス/レバノン/ノルウェー/オランダ/ドイツ

人を好きになるのにボーダーは無い

看護婦になる夢を持つケナは、国会議員を目指す父の対立候補の娘ジキと出会う。互いに惹かれ合った2人の関係は、やがて友情から愛情に変わるが――同性愛が違法とされる本国ケニアでは上映禁止になるも、2018年カンヌ国際映画祭史上初のケニアからの出品(ある視点部門)という快挙を成し遂げた話題作。ケニアのカラフルな最新カルチャーにのせて、自由な恋愛と幸せな未来を夢見るふたりを描く感動ドラマ。

■看護師になるという目標を持つケナは、古いしきたりにとらわれた周囲の人々に、満たされない想いを抱えていた。両親は離婚し、ナイロビで母と暮らすケナだったが、国会議員に立候補した父のことは応援している。そんな時、父の対立候補の娘で、自由奔放なジキと出会う。互いに強く惹かれた2人は、“私たちは本物になろう”と誓い合う。だが、友情が愛情へと変わり始めた時、彼女たちは、この恋が命がけだと知る…。











































本編 1時間48分
デジタル
カラー
ラストムービー 字幕
 the last movie
●監督:デニス・ホッパー(『イージー★ライダー』)●出演:デニス・ホッパー(『アメリカの友人』)/ステラ・ガルシア(『デニス・ホッパー/狂気の旅路』)/ドン・ゴードン(『オーメン 最後の闘争』)/ジュリー・アダムス(『謎の完全殺人』)/ダニエル・アデス●1971年/アメリカ

死に場所を、探せ。

ペルーの村へ映画を撮影しに来たスタントマンの男。ドラッグに溺れ、放蕩にふけるうち、男は映画作りを模した村での奇妙な儀式に巻き込まれ、やがて虚構と現実の境目を飛び越えためくるめく世界へと突入する――ハリウッドの異端者にして鬼才デニス・ホッパー『イージー★ライダー』に続く監督第2作。観客を戸惑わせる難解な内容と前衛的な構成で、映画界から追放された問題作が、約半世紀の時を経てよみがえる。

■ペルーのクスコにある小さな村で、ハリウッドからやってきた監督一行は、ビリー・ザ・キッドの生涯をもとにした西部劇を撮影している。初めて映画の撮影現場を見る村人たちは、暴力に溢れた撮影風景を恐怖と好奇に満ちた目で眺めている。スタントマンのカンザスも撮影に参加するが、ハリウッドのスノッブさを嫌う彼は、撮影隊の乱痴気騒ぎをうんざりとした顔で見つめている。

撮影隊が帰った後も村に残ったカンザスは、現地で知り合ったペルー人女性マリアと暮らし始め、自然のなかで彼女と過ごす幸福に酔いしれる。だが金塊探しに妄執する友人ネヴィルを介して知り合った裕福なアメリカ人、アンダーソン夫人らと戯れるうち、カンザスは徐々に酒とドラッグの世界へはまり込んでいく。

一方、アメリカ人たちの撮影に感化された村人たちは、自分たちの手で“本物の映画”を作ろうと村に集結していた。彼らは木製のカメラやマイクを手に撮影風景を模倣するが、演技という虚構を理解しないこの撮影隊の前では、すべての行為は現実に行われなければいけない。たとえ暴力や死でさえも。やがてドラッグの見せる幻覚に酩酊していたカンザスは、“本物の映画”で処刑される白人役として担ぎ出され、奇妙で不条理な世界に入り込んでいく――。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
デニス・ホッパー/狂気の旅路 字幕
 along for the ride
●監督:ニック・エベリング●出演:デニス・ホッパー(『ブルーベルベット』)/サティヤ・デ・ラ・マニトウ/デヴィッド・ホッパー/ステラ・ガルシア(『ラストムービー』)/ジュリー・アダムス(『いかすぜ!この恋』)●2017年/アメリカ

アメリカで<異端>、ヨーロッパでは<天才>。デニス・ホッパー狂気の半生。

初監督作『イージー★ライダー』(69)で『俺たちに明日はない』(67)と並んでアメリカン・ニューシネマを牽引し時代の寵児となった後、二作目『ラストムービー』(71)ですべてを失った映画監督――そして映画俳優、写真家、美術愛好家。ハリウッドの異端者にして、いくつもの顔を持つアーティスト・デニス・ホッパーの激動の半生を、彼の旧友の視点から振り返るドキュメンタリー。

■映画は、1969年、『イージー★ライダー』の熱狂から幕を開ける。その熱を引きずりながらホッパーは次作『ラストムービー』の製作にのめり込むが、完成した映画は、難解な内容だと製作元に拒絶される。大きな絶望を味わったホッパーは、酒とドラッグと暴力に溺れ、家庭生活も仕事もすべてを破綻させていく。だが80年代以降、俳優、監督として徐々にキャリア復活の兆しが見え始める――。

元々デニス・ホッパーの大ファンだったニック・エベリング監督は、多数の映像資料とアシスタントとして彼を支え続けたサティヤを中心とした知人たちの証言をもとに、ホッパーの人生を振り返る。本編には、実の弟デヴィッドから、『アメリカの友人』(77)で彼を起用したヴィム・ヴェンダース、『ブルーベルベット』(86)で俳優デニス・ホッパーの再評価を決定づけたデヴィッド・リンチ、交流の深かった俳優マイケル・マドセン、『ラストムービー』で共演したジュリー・アダムスら多くの友人知人が出演。俳優/映画監督/写真家としてのデニス・ホッパーの歩んだ道のりと、映画史での彼の果たした役割をたどる旅は、70年代以降にアメリカが経験した一つの時代の証言にもなる。波瀾に満ちた生涯を歩み、不器用なほどまっすぐに芸術を追い求めた一人のアーティストの愛すべきポートレイトである。











































本編 1時間23分
デジタル
カラー
再会の夏 字幕
 le collier rouge
●監督・脚本:ジャン・ベッケル(『画家と庭師とカンパーニュ』)●出演:フランソワ・クリュゼ(『最強のふたり』)/ニコラ・デュヴォシェル(『ダリダ -あまい囁き-』)/ソフィー・ヴェルベーグ/ジャン=カンタン・シャトラン(『私は恋愛恐怖症』)/パトリック・デカン(『画家モリゾ、マネの描いた美女~名画に隠された秘密』)●2018年/フランス/ベルギー

“愛犬”だけが真実を叫び続けた――。

1919年、平和が訪れたばかりのフランスの田舎町。留置所の外で、一匹の犬が昼夜を問わず吠え続けている。その中では戦争の英雄ジャック・モルラックが国家侮辱罪で収監され、頑なに黙秘を続けていた――【仏ゴンクール賞】受賞作家のベストセラー歴史小説、待望の映画化。とある戦争の英雄と、一匹の犬の真実の物語は、戦争の傷とそれでも絶えることのない愛と信頼を描いた感動作。

■1919年、夏の盛り。終戦後の平和が訪れたばかりのフランスの片田舎。第一次世界大戦の英雄で武勲をあげたはずのジャック・モルラックがひとけのない留置所に収監され、頑なに黙秘を続けている。この男を軍法会議にかけるか否かを決めるため、パリからやって来た軍判事のランティエ少佐は、留置所の外で吠え続ける一匹の犬に関心を寄せる。

そして、モルラックを調べるうちに、農婦にしてはあまりにも学識豊かな恋人ヴァランティーヌの存在が浮かびあがり…。名もない犬が留置所から決して離れようとしないのは、忠誠心からなのか? 判事の登場は真実を解き明かし、傷ついた人々の心を溶かすのか?











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
テルアビブ・オン・ファイア 字幕
 tel aviv on fire
●監督・脚本:サメフ・ゾアビ(『歌声にのった少年』脚本)●出演:カイス・ナシェフ(『パラダイス・ナウ』)/ルブナ・アザバル(『灼熱の魂』)/ヤニフ・ビトン/ナディム・サワラ(『マリア』)/マイサ・アブドゥ・エルハディ●2018年ヴェネチア国際映画祭 作品<InterFilm部門>受賞●2018年/ルクセンブルク/フランス/イスラエル/ベルギー

紛争なし!爆撃なし!笑いあり!

脚本家見習いのパレスチナ人青年、検問所のイスラエル軍司令官、人気ドラマの結末をめぐり、民族の対立!?――“笑撃”のラストに、世界が大絶賛。イスラエル・パレスチナ問題を背景に、民族間の板挟みになる男の悪戦苦闘を描いたヒューマン・コメディ。

■エルサレムに住むパレスチナ人青年のサラームは、 パレスチナの人気ドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の制作現場で言語指導として働いているが、撮影所に通うため、毎日面倒な検問所を通らなくてはならない。ある日、サラームは検問所のイスラエル軍司令官アッシに呼び止められ、咄嗟にドラマの脚本家だと嘘をついてしまう。

アッシはドラマの熱烈なファンである妻に自慢するため、毎日サラームを呼び止め、脚本に強引にアイデアを出し始める。困りながらも、アッシのアイデアが採用されたことで、偶然にも脚本家に出世することになったサラーム。しかし、ドラマが終盤に近付くと、結末の脚本をめぐって、アッシ(イスラエル)と制作陣(パレスチナ)の間で板挟みになったサラームは窮地に立たされる――。果たして、彼が最後に振り絞った“笑撃”のエンディングとは!?











































本編 1時間15分
デジタル
カラー
パリの恋人たち 字幕 
 l'homme fidele
●監督・脚本:ルイ・ガレル(『ふたりの友人』)●出演:レティシア・カスタ(『ゲンスブールと女たち』)/リリー=ローズ・デップ(『プラネタリウム』)/ジョセフ・エンゲル/ルイ・ガレル(『グッバイ・ゴダール!』))●第66回サンセバスチャン国際映画祭脚本賞受賞●2018年/フランス

パリが恋をさせる――

アベルは同棲中のマリアンヌから友人ポールの子を妊娠したと明かされ、別れを告げられる。数年後、ポールの告別式で彼女と再会すると同時に、ポールの妹イヴからも告白され――これぞパリの恋愛模様。女と男と女の絡み合った糸の結末は?すぐれた短編小説のように、心にやさしいかすり傷を残す、フランス流大人のラブストーリー。

■ジャーナリストの青年アベルは、3年間同棲した恋人マリアンヌから妊娠を告げられる。しかし子どもの父親は友人ポールで、アベルとマリアンヌは別れることに。数年後、アベルはポールの告別式でマリアンヌと再会するが、ポールの妹イヴからも思いを告白され、2人の女性の間で揺れ動く。











































本編 1時間11分
デジタル
カラー
音楽
 a
●監督:岩井澤健治●出演(声):坂本慎太郎/駒井蓮(『名前』)/前野朋哉(『チェリーボーイズ』)/芹澤興人(『いのちスケッチ』)/平岩紙(『At the terrace テラスにて』)●2019年/日本

せーの、で始まる オレたちの音楽

思いつきでバンドを結成した不良学生の研二、太田、朝倉は、森田からロックフェスティバルへの出演を薦められるが――漫画家、大橋裕之による「音楽と漫画」を原作に、制作期間は約7年超、作画枚数は実に40,000枚超、を全て手描き、クライマックスの野外フェスシーン をダイナミックに再現するため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライブを敢行した前代未聞のロック・アニメーション。

■楽器を触ったこともなかった不良学生の研二、太田、朝倉の3人は、思いつきで『古武術』というバンドを結成。そんな彼らに『古美術』のメンバー、森田は坂本町ロックフェスティバルへの出演を薦め――。











































本編 2時間07分
デジタル
カラー
his
 his
●監督:今泉力哉(『愛がなんだ』)●出演:宮沢氷魚(『映画 賭ケグルイ』)/藤原季節(『ケンとカズ』)/松本若菜(『ピンカートンに会いにいく』)/松本穂香(『おいしい家族』)/鈴木慶一(『ゲゲゲの女房』)●2020年/日本

好きだけではどうしようもない

自分を隠して生きてきた男子高校生・迅。8年ぶりに、子供を連れて現れた初恋の彼・渚。社会からどう見られようとも、僕たちは一緒に生きていきたい――『愛がなんだ』が、若い女性から絶大な支持を受けた恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が新境地に挑んだ意欲作。男性同士のカップルが親権獲得や周囲の人々への理解を求めて奮闘する姿を描いたラブストーリー。

■春休みに江の島を訪れた男子高校生・井川迅と、湘南で高校に通う日比野渚。二人の間に芽生えた友情は、やがて愛へと発展し、お互いの気持ちを確かめ合っていく。しかし、迅の大学卒業を控えた頃、渚は「一緒にいても将来が見えない」と突如別れを告げる。

出会いから13年後、迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れた渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に暮らしたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判官から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。











































本編 1時間39分
デジタル
カラー
静かな雨
 shizukana ame
●監督:中川龍太郎(『四月の永い夢』)●出演:仲野太賀(『タロウのバカ』)/衛藤美彩/三浦透子(『月子』)/坂東龍汰(『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』)/古舘寛治(『淵に立つ』)●2020年/日本

忘れても忘れても、ふたりの世界は失われない。

行助は美味しいたいやき屋を一人で経営するこよみと出会い、親しくなる。ある朝、こよみは交通事故の巻き添えとなり、三ヵ月後、意識を取り戻すと新しい記憶を留めておけなくなっていた――『羊と鋼の森』で2016年の本屋大賞1位を受賞した作家・宮下奈都の小説デビュー作『静かな雨』が完全映画化。若い考古学研究助手と、記憶障害を持つ女の子の交流を描く感動作。

■大学で生物考古学研究助手をしている行助は、パチンコ屋の駐車場でおいしそうなたいやき屋を見つける。そこは、こよみという、まっすぐな目をした可愛い女の子が一人で経営するたいやき屋だった。そこに通ううちにこよみと少しずつ親しくなり、言葉を交わすようになる。

だがある朝、こよみは交通事故で意識不明になってしまう。毎日病院に通う行助。そしてある日、奇跡的に意識を取り戻したこよみだが、事故の後遺症で記憶に障害があることがわかる。事故以前の記憶は残っているが、目覚めてからの記憶は一日経つと消えてしまうのだ。行助は記憶が刻まれなくなったこよみと、変わらずに接していこうとするが…。











































本編 1時間26分
デジタル
カラー
うたのはじまり 
 uta no hajimari
●監督:河合宏樹(『ほんとうのうた -朗読劇『銀河鉄道の夜』を追って-』)●出演:齋藤陽道/盛山麻奈美/盛山樹/七尾旅人(『兵士A』)/飴屋法水(『あなたは、あたしといて幸せですか?』)●2020年/日本

だいじょーぶって、心からこぼれおちた。

ある日、息子への子守歌が生まれた――“ろう”の写真家が、嫌いだった「うた」と出会うまでの記録。窪田正孝の写真集やMr.Children、クラムボン、森山直太朗などのアーティスト写真を手がけてきた、ろうの写真家・齋藤陽道が、子育てを通して、それまで嫌いだった「うた」に出会うまでを描いたドキュメンタリー。

■20歳で補聴器を捨て、カメラを手にすることで、「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ、ろうの写真家・齋藤陽道。彼は同じくろうの写真家である妻の盛山麻奈美との間に息子を授かった。しかし、彼は聴者である息子との対話の難しさや音楽教育への疑問にぶち当たったことにより、「うた」を嫌いになってしまう。しかし、ふと自分の口からこぼれた子守歌をきっかけに、齋藤にある変化が訪れる。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
私のちいさなお葬式 字幕
 karp otmorozhennvy
●監督:ウラジーミル・コット●出演:マリーナ・ネヨーロワ/アリーサ・フレインドリフ(『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』)/エヴゲーニー・ミローノフ(『戦火のナージャ』)/ナタリヤ・スルコワ/セルゲイ・プスケパリス(『メトロ42』)●2017年/ロシア

本当に必要なのは、お気に入りの料理と音楽。そして家族への愛。

73歳・元教師のエレーナ。ロシアの小さな村で、気心の知れた友人と大好きな本に囲まれ充実した余生を送っていたが、突然の余命宣告!都会で働くひとり息子に迷惑をかけまいと、自分で“自分の”お葬式の準備をはじめる!?――自分の“お葬式計画”に奮闘する、このうえなく元気でチャーミングな老婦人の予想もできない一挙一動が、観る者の頬をふんわりと緩ませ、驚きと感動をもたらしてくれる笑って泣けるヒューマン・ドラマ。

■村にひとつしかない学校で教職をまっとうし、定年後は慎ましい年金暮らしを送っている73歳のエレーナが、病院で突然の余命宣告を受けた。5年に1度しか顔を見せないひとり息子オレクを心から愛しているエレーナは、都会で仕事に大忙しの彼に迷惑をかけまいとひとりぼっちでお葬式の準備を開始する。

まずは埋葬許可証を得ようとバスで戸籍登録所を訪れるが、中年の女性職員に「死亡診断書がなければ駄目です」と素っ気なく告げられ、元教え子のセルゲイが勤める遺体安置所へ。「息子は忙しすぎて、葬儀だのお通夜だの手配できないわ。私はただ、いいお葬式にしたいだけなの」そう事情を説明してセルゲイにこっそり死亡診断書を交付してもらったエレーナは、戸籍登録所での手続きを済ませたのち、葬儀屋で真っ赤な棺を購入する。

翌日、ふたりの墓掘り人を引き連れて森の墓地に出向いたエレーナは、そこに眠る夫の隣に自らの埋葬場所を確保する。隣人のリューダに秘密のお葬式計画を知られたのは誤算だったが、すぐさまエレーナの心情を察したリューダは、ふたりの友人とともにお通夜で振る舞う料理の準備まで手伝ってくれた。リューダらが去った後、生前の夫との思い出の曲をかけながら死化粧を施す。かくしてすべての段取りを整え終えたエレーナの“完璧なお葬式計画”は想定外の事態へと転がり出すのだった…。











































本編 1時間32分
デジタル
モノクロ
オリ・マキの人生で最も幸せな日 字幕 
 hymyileva mies
●監督・脚本:ユホ・クオスマネン●出演:ヤルコ・ラハティ(『アンノウン・ソルジャー』)/オーナ・アイロラ/エーロ・ミロノフ(『ボーダー -二つの世界-』)/アンナ・ハールッチ(『ファブリックの女王』)/エスコ・バルクゥエロ●第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリ受賞●2016年/フィンランド/ドイツ/スウェーデン

世界戦を目前に控えたボクサーが恋に落ちた!?彼が選んだしあわせとは…?

無心に拳を振るう姿、二人乗り自転車、石投げ、凧揚げ、そしてサウナの後一人泳ぐ湖――1962年、世界タイトルマッチを控えて恋に落ちたプロボクサー、オリ・マキの実話を映画化。往年のヌーヴェルヴァーグを思わせる60年代の空気を再現するべく、モノクロの16mmフィルムで、実在のボクサーの人間味溢れるエピソードを瑞々しく描いたフィンランド発のハートウォーミングなラブストーリー。

■1962年、夏。プロボクサーのオリ・マキは、世界タイトル戦でアメリカ人チャンピオンと戦うチャンスを得る。ヘルシンキの明るい陽射しの中、お膳立てはすべて整いあとは減量して集中するだけ。周囲の期待を一身に背負い、フィンランドの誇りのために闘うはずだった。そんな時、なんとオリはライヤに恋をしてしまった!国中の期待を背負う周囲が勝手に盛り上がり、赤の他人に期待される中、自分なりの幸せをつかむために彼が取った行動とは?











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
淪落の人(りんらくのひと) 字幕
 still human
●監督・脚本:オリヴァー・チャン●出演:アンソニー・ウォン(『インファナル・アフェア』)/クリセル・コンサンジ/サム・リー(『愛・革命』)/セシリア・イップ(『ふたつの時、ふたりの時間』)/ヒミー・ウォン●2018年/香港

それでも人は、なお夢を抱

半身不随となり人生に絶望した中年男と、夢を諦めて介護の仕事に就いたフィリピン人の出稼ぎ少女。失意のうちに二人が出会い、互いの人生でかけがえのない存在となる――香港の四季と共に描かれる人生の四季。そして未来への物語。ふたりの交流を温かく描いたヒューマンドラマ。

■事故で半身不随となったリョン・チョンウィンは、人生に何の希望も抱けないまま日々を過ごしていた。妻とは離婚、妹との関係もうまくいかず、楽しみは唯一の友人である元同僚ファイとの会話と、海外の大学に通う息子の成長だけ。そんなある日、若いフィリピン人女性エブリンが住み込み家政婦としてやって来る。広東語が話せない彼女にいら立ちを募らせるチョンウィンだったが、片言の英語で会話をするうちに、互いに情が芽生えていく。やがて、エブリンが生活のために写真家の道を諦めたことを知ったチョンウィンは、彼女の夢を叶える手助けをしようと考えるが…。











































本編 1時間36分
デジタル
カラー
スピリッツ・オブ・ジ・エア 字幕
 spirits of the air, gremlins of the clouds
●監督・脚本:アレックス・プロヤス(『クロウ 飛翔伝説』)●出演:マイケル・レイク/ザ・ノーム)/ライズ・デイヴィス●1988年/オーストラリア

まだ見ぬ景色を求めて、夢の着地点を知った。

空を飛ぶことに憧れる男と偏執的な気質の彼の妹の日常に、一人の若者との出会いが変化をもたらしていく――30年の時を越え、幻のファンタジーがデジタル・リマスター版でよみがえる。1990年の第1回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞を受賞した幻想的なSFドラマ。

■荒野に佇む小さな家に2人きりで暮らす兄妹。足の不自由な兄フェリックスは、手作りの飛行機でこの場所から脱出することを夢見ている。一方、偏執的な気質を持つ妹ベティは、この土地を一生離れてはいけないという父の遺言を忠実に守り続けている。そんなある日、スミスと名乗る奇妙な逃亡者の出現をきっかけに、世界から隔絶されてきた兄妹の日常に変化が起こり始める――。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢 字幕
 l'incroyable histoire du facteur cheval
●監督:ニルス・タヴェルニエ(『グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-』)●出演:ジャック・ガンブラン(『グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-』)/レティシア・カスタ(『パリの恋人たち』)/ベルナール・ル・コク(『石の微笑』)/フロランス・トマサン(『趣味の問題』)/ナターシャ・リンディンガー(『シャネル&ストラヴィンスキー』)●2018年/フランス

ピカソも驚嘆の実話!愛娘のため33年かけ、たった一人で築いた奇想の宮殿

ある郵便配達員が33年の歳月をかけ、たった一人で築き上げた“シュヴァルの理想宮”。ある日偶然つまずいた奇妙な形の石に魅せられた男は、自然が作り上げた複雑な表情を持つ石を素材に、新聞や雑誌や絵葉書で見知った遠い異国の景色の断片を組み合わせるようにして、幅26m、高さ10mに及ぶ、複雑な意匠をこらした建造物を完成させた――完成まで9万3000時間。寡黙で不器用な男の途方もない挑戦を支えた愛と夢想の物語。

■19世紀末、フランス南東部の村オートリ―ヴ。日々、村から村へと手紙を配り歩く郵便配達員シュヴァルは、新しい配達先で未亡人フィロメーヌと運命の出会いを果たす。結婚したふたりの間には娘が誕生したが、寡黙で人付き合いの苦手な彼は、その幼い生命とどう接したらいいのか戸惑っていた。

ある日、配達の途中で石につまずいた彼は、その石の奇妙な形に心奪われ、石を積み上げて壮大な宮殿を作り上げるという奇想天外な挑戦を思いつく。そしてそれは同時に、不器用な彼なりの、娘アリスへの愛情表現でもあった。村人たちに変人扱いを受けながらも、作りかけの宮殿を遊び場に育っていくアリスとともに、シュヴァルの幸せな生活は続いて行くかに見えた。しかし、過酷な運命が容赦なく彼に襲い掛かるのであった…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
不実な女と官能詩人 字幕 
 curiosa
●監督・脚本:ルー・ジュネ●出演:ノエミ・メルラン(『英雄は嘘がお好き』)/ニールス・シュネデール(『汚れたダイヤモンド』)/バンジャマン・ラヴェルネ(『セラヴィ!』)/スカリ・デルペラト(『シェフと素顔と、おいしい時間』)/カメリア・ジョルダナ(『バードピープル』)●2019年/フランス

愛から逃れ、情欲に溺れ、また愛に囚われる。

生涯2,500人の女性と関係を持ったと言われる稀代のプレイボーイ、後に“エロスの祭司”と称される異端の詩人ピエール・ルイス。彼の死後発見されたのは「ある女性」の痴態を収めた写真だった――これは誠実で奔放な愛と官能の真実の物語。

■19世紀、パリ。著名な詩人ジョゼ・マリア・ド・エレディアの次女マリーは、新進気鋭の詩人ピエール・ルイスと恋に落ちる。しかし、二人の思いを知ってか知らずか、両親は金銭的な理由から同じくマリーに思いを寄せていたピエールの親友で貴族出身の詩人アンリ・ド・レニエとの結婚を決めてしまう。打ちひしがれたピエールはアルジェリアに渡り、女性の痴態や官能美を写真に収めることに情熱を傾け退廃的な暮らしを送る。

アンリの一方的な思いだけが結び付けたマリーの結婚生活もまた、味気なく乾ききったままだった。1年後、ピエールが帰国したとの噂を聞きつけ、マリーはたまらず彼の元に駆け付ける。「あなたと結婚したかった」――マリーが発した言葉、それが彼女とピエールの長い長い情交の始まりだった。セックス、文学、そして官能的な写真の数々。二人の奔放な関係は周囲の人々を巻き込み、思いも寄らない方向へと転がり始めてゆく…。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
コンプリシティ 優しい共犯 字幕
 cheng liang
●監督:近浦啓●出演:ルー・ユーライ(『孔雀 -我が家の風景-』)/藤竜也(『お父さんと伊藤さん』)/赤坂沙世/松本紀保(『四月物語』)●第43回トロント国際映画祭 正式出品●第69回ベルリン国際映画祭 正式出品●2018年/日本/中国

この嘘だけは 守りたかった

技能実習の職場から逃亡、他人になりすまして働きにきた中国人青年と、彼を受け入れる孤独な蕎麦職人。嘘の上に絆を強める二人を待つものとは?――その決断に心震えるヒューマン・サスペンス。技能実習生や不法滞在外国人などの社会問題を背景に、1人の若者の生き様を描くドラマ。

■技能実習生として来日するも、劣悪な職場環境から逃げ出し、不法滞在者となってしまった中国人青年チェン・リャン。彼は他人になりすまし、蕎麦屋で働き口を見つける。口数が少なく不器用な蕎麦屋の主人・弘は、実の息子との関係も悪くどこか心に孤独を抱えていた。厳しくも温かい弘の背中に父を重ねるチェン・リャンと、彼の嘘をつゆ知らず情を深めていく弘。二人はまるで親子のような関係を築いていく。しかしはかない嘘の上に築いた幸せは長く続かず、チェン・リャンを追う警察の手が迫り、すべてを清算する日がやってくる。その時、二人はお互いのためにある決断をする――。











































本編 2時間37分
デジタル
カラー
LORO(ローロ) 欲望のイタリア 字幕 
 loro
●監督・脚本:パオロ・ソレンティーノ(『グランドフィナーレ』)●出演:トニ・セルヴィッロ(『修道士は沈黙する』)/エレナ・ソフィア・リッチ(『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』)/リッカルド・スカマルチョ(『ダリダ -あまい囁き-』)/カシア・スムトゥニアク(『カプチーノはお熱いうちに』)/エウリディーチェ・アクセン●2018年/イタリア

この男怪物か、カリスマか。

政治を私物化した男と、迷える子羊たち。野心と衰退、聖なるものと穢れたものが交わる国イタリア。数々の女性問題、脱税、職権乱用などスキャンダルばかりが取りざたされるベルルスコーニだが、首相の座に登りつめた手腕は只者ではなかった――悪名高きイタリアの元首相ベルルスコーニをモデルに描く、過激にして華麗なる爛熟エンターテインメント。映像の魔術師パオロ・ソレンティーノが仕掛ける、狂乱と絢爛の世界。

■イタリア、サルデーニャ。広大な敷地を持つゴージャスな高級ヴィラ。ここには、悪名高き「彼」が住んでいる。「彼」とは、政治とカネ、マフィアとの癒着、職権乱用、女性問題に失言など、数々のスキャンダルで世間を騒がせたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニ。政敵に敗れ失脚するも、一度はトップに登りつめた怪物的な手腕で、政権への返り咲きを虎視眈々と狙っていた。

一方、政界進出を目論む青年実業家のセルジョは、その足掛かりにベルルスコーニに近づこうと画策する。そんな中、セクシー美女を招き贅の限りを尽くしたパーティーで生気を養い、持ち前のセールストークで足場を固めていくベルルスコーニだったが、政治家生命を揺るがす大スキャンダルが勃発する――。











































本編 1時間21分
デジタル
カラー
エッシャー 視覚の魔術師 字幕
 escher: het oneindige zoeken
●監督・脚本:ロビン・ルッツ●出演:グラハム・ナッシュ(『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』)/ジョージ・エッシャー/ヤン・エッシャー/リーベス・エッシャー●2018年/オランダ

奇想天外、終わらない物語

いわゆる“トリック・アート(だまし絵)”で知られるオランダ人版画家・画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898年~1972年)の、知られざる波乱に満ちた人生と、今なお人々を魅了し続ける作品に迫ったドキュメンタリー。

■本作ではエッシャーの日記、書簡、二人の息子へのインタビューなど家族や収集家の証言等を手掛かりに、創作の足跡を丹念に辿り、彼の立体的な作品を、CGアニメーションを用いてさらに斬新な表現へと導く。また、70年代のサイケデリック・ムーブメントの時代に、エッシャーから多大な影響を受けたロック・ミュージシャンのグラハム・ナッシュへのインタビューや、タイルなど我々の日常生活にまで及ぶ影響と、エッシャーの創造力の源泉を探る。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) 字幕
 the legend of hei
●監督:MTJJ●出演(声):山新/郭祥海/劉明月/夏侯落楓●2019年/中国

君と未来へ

この世には妖精が実在し、彼らの中には人間の格好をして社会に溶け込んでいるものいれば、山の奥で隠れて暮らすものもいた。森の中にあった家を人間たちの開拓により破壊されてしまった猫の妖精・羅小黒(ロシャオヘイ)は、旅をしながら人間社会を理解していく――中国漫画家、アニメ監督のMTJJ及び寒木春華スタジオが原作とした中国製の劇場アニメーション。

■妖精はただの伝説ものだと思われるが、本当はこの世界に実在するものだ。妖精はすべてが怖くて悪いものではない。人間の格好をして人間社会に溶け込むものもいれば、山の奥に隠して暮らすものもいる。猫の妖精羅小黒(ロシャオヘイ)は、森で楽しい日々を過ごしていたが、人類の開拓により、森を追われ、あちこちを放浪し、暮らせる場所を探す旅に立った。

旅の途中で妖精と人間の仲間たちと出会う。そこで出会ったのは、同類のフーシー(風息)と人類のムゲン(無限)。小黒(シャオヘイ)は二人と一緒に、信頼・理解・責任を学んでいき、ムゲン(無限)と深い師弟関係を築いた。果たして小黒(シャオヘイ)は、安心して暮らせる所を見つけられるのだろうか――。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
冬時間のパリ 字幕
 double vies
●監督・脚本:オリヴィエ・アサイヤス(『夏時間の庭』)●出演:ギョーム・カネ(『シンク・オア・スイム -イチかバチか俺たちの夢-』)/ジュリエット・ビノシュ(『Vision』)/ヴァンサン・マケーニュ(『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』)/クリスタ・テレ(『ルノワール 陽だまりの裸婦』)/ノラ・ハムザヴィ●2018年/フランス

人生は一冊の本に似ている

冬のパリ。もつれて、こんがらがった二組の夫婦の愛の行方は――紙からデジタルへ、テクノロジーの進化と共に変化を迫られるパリの出版業界。〈本、人生、愛〉をテーマに食べて、飲んで、愛して、会話する。まるでウディ・アレン作品を思わせるような、〈フランス的、人生の愉しみ方〉がたっぷりと詰まった小粋で洒脱な大人のラブストーリー。

■敏腕編集者のアランは電子書籍ブームが押し寄せる中、なんとか時代に順応しようと努力していた。そんな中、作家で友人のレオナールから、不倫をテーマにした新作の相談を受ける。内心、彼の作風を古臭いと感じているアランだが、女優の妻・セレナの意見は正反対だった。そもそも最近、二人の仲は上手くいっていない。アランは年下のデジタル担当と不倫中で、セレナの方もレオナールの妻で政治家秘書のヴァレリー内緒で、彼と秘密の関係を結んでいるのだった…。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
イーディ、83歳 はじめての山登り 字幕
 edie
●監督・脚本:サイモン・ハンター(『ミュータント・クロニクルズ』)●出演:シーラ・ハンコック(『愛をつづる詩〈うた〉』)/ケヴィン・ガスリー(『ウイスキーと2人の花嫁』)/ポール・ブラニガン(『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』)/エイミー・マンソン/ウェンディ・モーガン(『クリスタル殺人事件』)●2017年/イギリス

人生を楽しむことに、いつだって“遅すぎる”ことはない――!

ずっとロンドンの都会に住んでいた83歳のイーディが、人生の終盤を迎え、たったひとりで大自然スコットランドの山に登る――家族のためだけに生きてきたイギリスの老婦人が、人生の終わりを目前に、はじめて自分のための一歩を踏み出した人生応援感動ドラマ。

■30年間、夫の介護に人生を捧げてきた83歳のイーディ。そんな苦労も娘からは理解されず、老人施設への入居を勧められ、人生の終わりを感じていた。そんな時、町のフィッシュアンドチップス屋で「追加の注文をしても良い?」と聞いたイーディに、「何も遅すぎることはないさ」と答えた店員。その言葉に閃いたイーディは、かつての夢だったスイルベン山に登ることを突如決意し、たった一人でロンドンから夜行列車に乗りスコットランドへ。

偶然出会った地元の登山用品店の青年ジョニーをトレーナーとして雇い、山頂へ登る訓練を始める。イーディの偏屈な態度が災いし、最初は喧嘩を繰り返しながらも、ジョニーの丁寧な指導により、登山グッズの使い方やルートの確認と共に、人に頼ることの大切さも学んでいく。そして準備を整えたイーディは、ついにスイルベン山へ向かう――。











































本編 1時間08分
デジタル
カラー
ロバマン
 robaman
●監督・脚本:河崎実(『いかレスラー』)●出演:吉田照美(『バネ式』)/小池美波/唐橋ユミ/熊谷真実(『パートナーズ』)/月光仮面●2019年/日本

68才の正義のヒーロー誕生!やる気マンマン!世の悪は俺が許さない!

68歳の吉村はある日散歩の途中にロバ星人から超能力を授かり、正義のヒーロー「ロバマン」となって悪を倒していく――日本一のバカ映画の巨匠と呼ばれる河崎実監督が、人気ラジオパーソナリティの吉田照美主演で描いた異色の特撮ヒーローアクション。

■定年を過ぎた男、吉村68歳。妻からは疎まれ、娘にも敬遠される孤独な毎日だ。吉村の楽しみは、世間の悪をディスること。世の中を騒がす事件事故が起きた際には、ラジオに投稿したりネットで叩くことが彼の生き甲斐なのだ。しかし、現実に行列の割り込みや騒ぐ客などと直面した時には、注意もできない情けない男。ある日、散歩の途中で吉村はUFOに遭遇。気が付くとロバそっくりな宇宙人が彼にいう。「早く帰ってこい」ロバ星人は吉村を仲間と勘違いしていた。気分が悪いというと、腕輪型の蘇生装置をくれた。そして気がつくと元の場所にいるのだった――。











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ 字幕 
 der goldene handschuh
●監督・脚本:ファティ・アキン(『女は二度決断する』)●出演:ヨナス・ダスラー(『僕たちは希望という名の列車に乗った』)/マルガレーテ・ティーゼル(『パラダイス:愛』)/ハーク・ボーム(『リリー・マルレーン』)●第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品●2019年/ドイツ

挑戦的で、生々しく、リアルで、残忍。

第二次世界大戦敗戦後のドイツで幼少期を過ごし、貧しさと孤独の中で大人になった男が、70年から75年に渡って4人の娼婦を殺害しながら過ごす日常を淡々と描く――知性溢れる天才犯罪者でも、何かに取り憑かれた狂人でもない、「ごく普通の連続殺人鬼」という、かつて味わったことのない“すぐ隣にいるかもしれない恐怖”に誰もが戦慄する。70年代ハンブルクで実際に起きた連続殺人事件の犯人フリッツ・ホンカの物語。

■敗戦がまだ尾を引いていた1970年代ドイツ、ハンブルク。安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカは、夜な夜な寂しい男と女が集るバー“ゴールデン・グローブ”で酒をあおっていた。彼がカウンターに座る女に声を掛けても、いつも顔をしかめられるだけ。一見、無害そうに見えるフリッツの狂気に気づく常連客は誰ひとりいなかった…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
もみの家
 momi no ie
●監督:坂本欣弘(『真白の恋』)●出演:南沙良(『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)/緒形直人(『サクラサク』)/田中美里(『能登の花ヨメ』)/渡辺真起子(『チチを撮りに』)/中村蒼(『ひゃくはち』)●2020年/日本

大丈夫。ゆっくりと進もう。

人生に立ち止まってしまった人々を手助けする場所「もみの家」。春夏秋冬巡る季節とともに少女の心も癒されてゆく――心に悩みを抱え不登校になってしまった少女が支援施設での出会いや経験を通して成長していく姿を描いた人間ドラマ。

■心に不安を抱えた若者を受け入れる〔もみの家〕に、16歳の彩花がやってきた。不登校になって半年、心配する母親に促され俯きながらやってきた彩花を、もみの家を主宰する泰利は笑顔で招き入れる。「うちの生活の基本は、早寝早起きと農作業。ご心配もあるかと思いますが、まずは腹を括ってじっくり見守って頂ければと」。娘を心配しながらも、母親は東京に戻っていく。

彩花のもみの家での生活が始まった。朝。寮生たちはそれぞれが担当している当番をこなした後、食卓につく。寝不足でごはんが喉を通らない彩花に泰利は自分たちで作った野菜を勧め、泰利の妻・恵もきゅうりのぬか漬けの乗った皿を差し出すが、匂いが苦手だと言って手をつけない。昼。畑での作業中、お調子者の伴昭がふざけて彩花を泥の中に突き飛ばす。伴昭が謝り、他の寮生も声をかけるが泥だらけのままその場を無言であとにする彩花。

その姿を見かけたハナエは驚き、声をかけた。「つらかったね。偉かったねぇ」彩花は、堰を切ったように声をあげ泣き始める。慣れない環境に戸惑いながらも、もみの家での生活に次第に慣れてゆく彩花は、周囲に暮らす人々との出会いや豊かな自然、日々過ごす穏やかな時間の中で少しずつ自分と向き合い始める――。











































本編 2時間03分
デジタル
カラー
殺さない彼と死なない彼女
 korosanai kare to shinanai kanojo
●監督・脚本:小林啓一(『逆光の頃』)●出演:間宮祥太朗(『トリガール!』)/桜井日奈子(『ママレード・ボーイ』)/恒松祐里(『凪待ち』)/堀田真由(『プリズン13』)/箭内夢菜(『雪の華』)●2019年/日本

君の隣で、世界は変わる。

“殺す“が口癖の少年と“死にたい“が口癖の少女。不器用で純粋な少年少女たちを巡る三つの物語は、やがて一つの思いがけない結末へ。衝撃のラスト、タイトルの本当の意味に涙する――Twitterで話題沸騰の“泣ける四コマ”待望の実写映画化。いびつでピュア、予測不能なニュータイプ・ラブストーリー。

■何にも興味が持てず、退屈な高校生活を送る少年・小坂は、リストカット常習者で“死にたがり”の少女・鹿野ななに出会う。それまで周囲から孤立していた二人は、教室で殺されたハチの埋葬をきっかけに同じ時間をともに過ごすようになる。不器用なやりとりを繰り返しながら、自分を受け入れ、そばに寄り添ってくれるあたたかな存在――そんな相手との出会いは、互いの心の傷を癒し、二人は前を向いて歩み出していくのだが…。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
ソン・ランの響き 字幕
 song lang
●監督・脚本:レオン・レ●出演:リエン・ビン・ファット/アイザック/スアン・ヒエップ●2018年/ベトナム

〈ソン・ラン〉の響きにのせて描かれるボーイ・ミーツ・ボーイの物語

1980年代のサイゴン(現ホーチミン市)を舞台に、孤独な2人の男がひかれあう3日間の刹那的な物語を、ベトナムの民族楽器ソン・ランの音色にのせて描いたヒューマン・ドラマ。ベトナム南部の伝統歌舞劇のステージと男の友情に魅せられる一編。

■1980年代のサイゴン(現・ホーチミン市)。借金の取り立てをしているズンはその強引さで恐れられていたが、取り立てに入ったカイルオン(ベトナム南部の大衆歌舞劇)の貧しい劇団で、主演俳優のリン・フンと出会う。反目し衝突するふたり。しかし、実はズンはかつて同様の歌舞劇団を運営していた家の生まれでその道を志したこともあり、リン・フンと接するうちにその記憶がよみがえってくる。やがてふたりの間に友情が芽ばえるが、予期せぬ出来事が迫っていた…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
子どもたちをよろしく
 kodomotachi wo yoroshiku
●監督・脚本:隅田靖(『ワルボロ』)●出演:鎌滝えり(『LAPSE』)/杉田雷麟(『長いお別れ』)/椿三期/川瀬陽太(『天然☆生活』)/村上淳(『盆唄』)●2019年/日本

ぼくたちの叫びが聞こえますか

稔と洋一、そして優樹菜。家族ナシ。友だちナシ。家ナシ。居場所をなくした彼らがとった行動とは――『ワルボロ』から12年。隅田靖が描く、日本社会に潜む凶暴な闇。こんな日常を許しているのは、誰なのか――子どもたちを取り巻く社会の闇を繊細かつ鋭く描き出した社会派ドラマ。

■東京にほど近い北関東のとある街。デリヘルで働く優樹菜は、実の母親・妙子と義父・辰郎そして、辰郎の連れ子・稔の四人家族。辰郎は酒に酔うと、妙子と稔には暴力、血の繋がらない優樹菜には性暴力を繰り返した。母の妙子は、まったくなす術なく、見てみぬふり。義弟の稔は、父と母に不満を感じながら優樹菜に淡い想いを抱いていた。

優樹菜が働くデリヘル「ラブラブ48」で運転手をする貞夫は、妻に逃げられ重度のギャンブル依存症。一人息子・洋一をほったらかし帰宅するのはいつも深夜。洋一は暗く狭い部屋の中、帰ることのない母を待ち続けていた。稔と洋一は、同じ学校に通う中学二年生。もとは仲の良い二人だったが、洋一は稔たちのグループからいじめの標的にされていた。ある日、稔は家の中で、デリヘルの名刺を拾う。姉の仕事に疑問を抱いた稔は、自分も洋一と同じ、いじめられる側になってしまうのではないかと、一人怯えるようになる…。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり 字幕
 the aeronauts
●監督:トム・ハーバー(『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』)●出演:フェリシティ・ジョーンズ(『博士と彼女のセオリー』)/エディ・レッドメイン(『博士と彼女のセオリー』)/ヒメーシュ・パテル(『イエスタデイ』)/トム・コートネイ(『さざなみ』)●2019年/イギリス

厳しさも美しさも、想像を超える宇宙(そら)へ――。

ジャンボジェットが実現してくれた人類の夢、高度10000mを超える空の旅。それを生身の身体で成し遂げた気象学者がいた。彼の名前はジェームズ・グレーシャー、時は1862年、イギリス。酸素ボンベ無しで気球に乗って、高度11277mまで上昇したのだ。気象予報の“はじまり”を信じ、前人未踏の高みに挑んだ堅物の気象学者と、自由奔放な気球操縦士。高度12000メートルという人類の限界に挑む2人の運命は――どこまでも青い大空や太陽に輝く雲の美しい光景から恐るべき嵐と極寒の世界、光輪や蝶の群れなど地上では目にできない神秘的な現象。臨場感を限界まで極めた体感型アドベンチャー・エンタテインメント。奇跡の実話。興奮と感動の物語。

■天気を予測することが出来ると唱える気象学者のジェームズは、学界からは荒唐無稽とバカにされ、調査飛行の資金も集められずにいた。諦めきれないジェームズは、気球操縦士のアメリアに「空に連れていってほしい」と頼み込む。2年前に夫を亡くしてから、生きる気力さえ失っていたアメリアだが、悲しみから立ち直るための飛行を決意する。

ようやくスポンサーも現れ、アメリアのショーとして、高度の世界記録に挑戦することになる。観客の熱い声援に送られ飛び立った二人だが、立場と目的の違いから狭いバスケットに険悪な空気が流れる。だが、高度7000mの世界記録を破った後、想像を絶する自然の脅威に次々と襲われた二人は、互いに命を預けて助け合うしかなかった。果たして、前人未到の高度11000mで、二人を待ち受けていたものとは──?











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
ファンシー  
 fancy
●監督:廣田正興●出演:永瀬正敏(『赤い雪 Red Snow』)/窪田正孝(『東京喰種 トーキョーグール』)/小西桜子/深水元基(『キングダム』)/長谷川朝晴(『ヘヴンズ ストーリー』)●2019年/日本

だって おまえじゃ どうしようもないじゃないか。

元彫師の郵便屋【郵便屋】×ロマンティストの詩人【ペンギン】×詩人のファン【月夜の星】。性愛と暴力の世界に溺れる男女3人のポエジーな三角関係。それぞれの愛を探し求める3人は、あてどない漂流の果てに何を見つけるのか――コミック界の鬼才・山本直樹の同名短編に独自の脚色を施した本作は、現実とファンタジーの狭間を揺らめく男女3人の関係性をスリリングに映し出す。はかない一瞬の映像詩のようでもあり、不思議と生々しく心にまとわりついてくる独創的なエロティックバイオレンス。

■とある地方の寂れた温泉街。時が止まったように昭和の面影を色濃く残すこの町で彫師稼業を営む鷹巣明は、昼間は郵便配達員として働き、町外れの白い家に住む若き詩人にファンレターを届けている。一日中サングラスをかけている謎めいた鷹巣と、ペンギンと呼ばれる浮世離れしたポエム作家はなぜかウマが合い、毎日たわいない雑談を交わしていた。

そんなある日、ペンギンのもとに彼の熱狂的なファンである月夜の星という女子が「妻になりたい」と押しかけてくる。折しも地元の町では、ヤクザの抗争など血生臭い出来事が続発。やがてニヒルで粗暴な鷹巣、ロマンティストで性的不能のペンギン、少女のように夢見がちな月夜の星が陥った奇妙な三角関係は、激しく危うげに捻れていくのだった…。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
ティーンスピリット 字幕 
 teenspirit
●監督・脚本:マックス・ミンゲラ(『アレクサンドリア』出演)●出演:エル・ファニング(『メアリーの総て』)/ズラッコ・ブリッチ(『堕天使のパスポート』)/レベッカ・ホール(『暮れ逢い』)/アグニエシュカ・グロホウスカ/クララ・ルガアード●2018年/イギリス/アメリカ

この声で、未来を変える

イギリスの田舎町の少女が国際的オーディションに挑み歌手を目指す――『ラ・ラ・ランド』スタッフが再結集。もがき苦しみながらも、自分なりの夢と希望を見出す10代の精神=Teen Spiritに、誰もが胸を熱くする、夢を追いかける全ての人に贈る青春音楽映画。

■イギリス南部のワイト島。ポーランド移民の娘である17歳のヴァイオレットは母親のマーラと2人暮らし。父親は彼女が幼い頃に家を出て行ったまま帰って来ない。学校の友人も少なく、孤独な日々を送る彼女にとって、唯一の心のよりどころが「音楽」だ。バイト先のパブのステージで歌うヴァイオレット。その歌声に惹かれたのは、パブで飲んでいたクロアチア出身で元オペラ歌手、ヴラドだった。見知らぬ相手に声をかけられ、戸惑うヴァイオレットだが、ヴラドの言葉に少しだけ勇気づけられる。

そんなヴァイオレットが街で目にしたのは、「ティーンスピリット」の広告。昨年の優勝者がプロデビューを果たし、国際的人気を誇る公開オーディション番組だ。その予選がワイト島で開催されることになり、自分にとって大きなチャンスだと信じたヴァイオレットは参加を決意するのだった――。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
戦争と一人の女 
 sensou to hitori no onna
●監督:井上淳一(『誰がために憲法はある』)●出演:江口のりこ(『』ユリ子のアロマ)/永瀬正敏(『赤い雪 Red Snow』)/村上淳(『希望の国』)/柄本明(『ある船頭の話』)/高尾祥子(『団地妻 昼下がりの情事』)●2012年/日本

戦争が終わるまで、やりまくろうか。

「戦争が好き」と女は言う。「みんな燃えてしまえば、平等になるから」と――戦争に翻弄される男と女。絶望なのか、希望なのか――若松孝二の反骨精神を継ぐ者たちが過激に描く、性と暴力の饗宴。坂口安吾の小説を原作に、太平洋戦争末期から終戦後の東京を舞台に、時代に翻弄された男女の交錯する運命を描く、昭和官能文藝ロマン。

■太平洋戦争末期。時代に絶望し虚無に苛まれる飲んだくれの作家は、自分の欲望に忠実な飲み屋の女将と刹那的に同棲を始める。だが、幼い頃に遊郭に売られたその女はどんなに体を重ねても喜びを感じることはなかった。心と体に欠落を抱えた二人は、「戦争が終わるまでやりまくろうか」とただひたすらに相手の体を求め続ける…。

そんな中、中国戦線で右腕を失った男が、妻と幼い息子に迎えられ帰ってくる。しかし男が失ったのは、腕だけではなかった。戦場での精神的後遺症から、男は妻と性行為ができなくなっていた。だがある日、焼け跡で数人の男に襲われている女を見つけ、自分が興奮していることに男は気付く。中国で女を犯し、殺した記憶が甦ったのだ。その日から男は「お米が手に入るよ」と言っては何人もの女を山奥に連れ込み、犯し、殺し始める。やがて戦争に翻弄される一人の女と二人の男の運命が交錯していく…。











































本編 1時間48分
ブルーレイ
モノクロ
アジアの純真
 ajia no junshin
●監督:片嶋一貴(『いぬむこいり』)●出演:韓英恵(『大和(カリフォルニア)』)/笠井しげ(『ユリ子のアロマ』)/黒田耕平(『蟻が空を飛ぶ日』)/丸尾丸一郎/パク・ソヒ(『ラーメンガール』)●2009年/日本

どうやったら、世界は変わるの?

双子の姉妹を殺された在日朝鮮人少女とその現場をただ見ることにしかできなかった青年が、無差別テロを繰り返しながら復讐の旅の果てに見たものとは――憎しみの連鎖によって生まれる悲劇を描く衝撃の青春ロードムービー。

■2002年秋。北朝鮮による拉致事件で反朝鮮感情が蔓延する中、チマチョゴリを着た女子高校生がチンピラに絡まれ、白昼に大勢の目の前で殺害される事件が起きる。その死亡した少女の妹である孤独で勝ち気な在日朝鮮人少女と、少女の殺害現場で見て見ぬ振りをしてしまった気弱な日本人高校生が知り合い、ふたりは第二次世界大戦の時から残っていた毒ガスをリュックに詰め、自転車に乗って旅に出る。怒りと屈辱にまみれながら、悲しくもパンクな旅。そんな中、ふたりは、自分の親の部屋に毒ガスを放出してもいいんじゃないかと考え、人生に絶望している同年代の青年と出会う…。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
永遠の門 ゴッホの見た未来 字幕
 at eternity gate
●監督・脚本:ジュリアン・シュナーベル(『潜水服は蝶の夢を見る』)●出演:ウィレム・デフォー(『フロリダ・プロジェクト -真夏の魔法-』)/ルパート・フレンド(『ヴィクトリア女王 世紀の愛』)/オスカー・アイザック(『THE PROMISE/君への誓い』)/マッツ・ミケルセン(『偽りなき者』)/マチュー・アマルリック(『シンク・オア・スイム -イチかバチか俺たちの夢-』)●第75回ヴェネチア国際映画祭 男優賞受賞●第92回アカデミー賞 主演男優賞ノミネート●2018年/イギリス/フランス/アメリカ

ゴッホの瞳を通して描く、新たな真実の物語。

130年の時を経て、私たちはゴッホの視線で世界を見つめる――ゴッホが、生涯をかけて伝えようとした“この世の美しさ”。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家の生き様を映し出すフィンセント・ファン・ゴッホの伝記ドラマ。

■画家としてパリでは全く評価されていないフィンセント・ファン・ゴッホ。彼は、会ったばかりのゴーギャンの「南へ行け」というひと言で、南フランスのアルルへやって来る。「まだ見ぬ絵を描くために、新しい光を見つけたい」というゴッホの願いは、この地で春を迎えた時に叶えられた。広大な畑をひたすら歩き、丘に登って太陽に近づき、画材を取り出すゴッホ。竹の枝で作ったペンの先から、たちまちゴッホだけの線が生まれていく。

やがて一緒に暮らし始めたゴッホとゴーギャンは、“絵を描く”ことについて際限なく議論を交わす。自然を見て描くゴッホと、自分の頭の中に見えるものを描くゴーギャン。一瞬で真実を捉えようと素早く描くゴッホ、ゆっくりと降りてくるのを待つゴーギャン。屋外に美を探し求めるゴッホ、内面に深く潜るゴーギャン、すべては正反対だ。それでもゴッホは、「僕らの時代だ」と熱く語るゴーギャンに心酔し、ますます創作にのめり込むが、やがてゴーギャンが去って行くことは止められなかった。再び一人になり絶望したゴッホをこの世に繋ぎとめたのは、描き続ける情熱だけだった。相変わらず1枚の絵も売れない日々の中、ゴッホは神父にそっと語る。「未来の人々のために、神は私を画家にした――」もはや彼の眼差しに不安の影はなかった。晴れ晴れと穏やかなその瞳が最期に映したものとは――。










































本編 1時間45分
デジタル
カラー
わたしは分断を許さない
 a
●監督・ナレーション:堀潤(『変身 Metamorphosis』))●2020年/日本

こんなはずじゃなかった。それでも、諦めたくない。

香港。ガザ。シリア。福島。沖縄。朝鮮半島。フリージャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った、2020年、今こそ見なくてはいけない「分断」された世界。なぜ世界で分断が深まってしまうのかに迫るドキュメンタリー。

■堀潤は「真実を見極めるためには、主語を小さくする必要がある」という。香港では“人権、自由、民主”を守る為に立ち上がった若者と出会い、ヨルダンの難民キャンプではシリアで拘束された父との再会を願い、いつか医者になり多くの命を救いたいと話す少女に出会う。美容師の深谷さんは福島の原発事故により、いまだに自宅へ戻ることが許されず、震災以来ハサミを握っていない。久保田さんは、震災後に息子を共に水戸から沖縄へ移住し、普天間から辺野古への新基地移設に対して反対運動を行う人々と出会った。彼女は「声をあげること」を通して、未来の為に“わたしたち”ができるのはなにかを見つけていく。











































本編 2時間28分
デジタル
カラー
マニカルニカ ジャーンシーの女王 字幕 
 manikarnika: the queen of jhansi
●監督:ラーダ・クリシュナ・ジャガルラームディ●出演:カンガナー・ラーナーウト(『クイーン 旅立つわたしのハネムーン』)/ジーシュ・セーングプタ/ダニー・デンゾンパ(『ロボット』)/スレーシュ・オベロイ/アトゥル・クルカルニー●2019年/インド

気高き騎乗の王妃。その戦いの真実。

インド史上最も有名な戦う王妃、マニカルニカ。伝説の指導者であった彼女の知られざる激動の人生とは――『バーフバリ』の脚本家が”インドのジャンヌ・ダルク”と称えられる強く美しいヒロインを描き出すスペクタクルアクション歴史劇。

■ヴァラナシで僧侶の娘に生まれたマニカルニカは、ビトゥールの宰相に育てられ、幼い時から武士階級の男子同様に剣や弓、乗馬を習って成長した。その勇敢な行動を見かけたジャーンシー藩王国の大臣から、藩王ガンガーダル・ラーオとの縁談が持ち込まれ、やがてマニカルニカはジャーンシーに嫁ぐ。藩王は彼女にラクシュミーという名を与え、マニカルニカは人々からラクシュミー・バーイーと呼ばれて親しまれる。

しかし、生まれた王子は夭折し、親戚の幼い男児を養子に迎えたものの、間もなく藩王が病死してしまう。その機に乗じてイギリスは藩王国を併合、ラクシュミーは城を後にする。だが1857年にインド大反乱が勃発すると、ラクシュミーも呼応して蜂起、国のため、民のため、戦いの場へと歩を進める――。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
21世紀の資本 字幕
 capital in the twenty-first century
●監督:ジャスティン・ペンバートン●出演:トマ・ピケティ●2019年/フランス/ニュージーランド

危ない!貧富の格差がどんどん広がっている!

あなたが金持ちになるか、貧乏になるか?その答えは、この映画が教えてくれる――2014年に日本でも発売され、大ベストセラーとなったフランスの経済学者トマ・ピケティによる経済学書『21世紀の資本』を映画化した社会派ドキュメンタリー。

■35カ国で翻訳され、経済学書としては異例の300万部という売り上げを記録したトマ・ピケティの「21世紀の資本」を、著者のピケティ自身の監修、出演で映像化。700ページを超えるため、完読が困難とも言われるこの本を専門家でない一般の人も五感で理解できるように難しい数式などを用いず映像で表現していく。『ウォール街』『プライドと偏見』『レ・ミゼラブル』『ザ・シンプソンズ』といった映画や小説、ポップカルチャーなどを使った構成で、「資本」の観点から過去300年の世界各国の歴史を切り取っていく。











































本編 2時間11分
デジタル
カラー
母との約束、250通の手紙 字幕 
 la promesse de l'aube
●監督・脚本:エリック・バルビエ(『蛇男』)●出演:ピエール・ニネ(『婚約者の友人』)/シャルロット・ゲンズブール(『パパの木』)/ディディエ・ブルドン(『マダムと奇人と殺人と』)/ジャン=ピエール・ダルッサン(『女の一生』)/キャサリン・マコーマック(『28週後..』)●2017年/フランス/ベルギー

あの日、ぼくは誓った。母の途方もない夢を叶えると――

その手紙は5年間、毎週届き続けた。戦地で戦っているときも、生死の境目をさまようときも。しかし、その250通にも及ぶ手紙には思いもしない秘密が隠されていたのだった――フランスが最も愛した作家ロマン・ガリの自伝小説を映画化。第二次世界大戦下、強すぎるほどの絆で互いの存在だけを頼りに生き抜いた親子の愛に心揺さぶられる感動作。

■思い込みが激しく負けん気の強いシングルマザーのニーナ。彼女は息子のロマンがフランス軍で勲章を受けて外交官になり、大作家になると信じてその才能を引き出すことに命を懸けていた。母と共にロシア、ポーランド、ニースに移り住んだロマンは、その溺愛の重圧にあえぎながらも、幼い頃に母と取り交わした「約束」を果たすべく、いよいよ努力を惜しまないようになっていく。

ニーナは、自由フランス軍に身を投じ病に倒れ生死の境目を漂うロマンの下へも、激励の手紙を送り続けた。ついにロマンはパイロットとして活躍し、同時に念願の小説が出版されることに。しかし相変わらず届き続けるニーナの手紙には、なぜか息子の作家デビューを喜ぶ様子はなく――。











































本編 2時間18分
デジタル
カラー
ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ 字幕
 long day's journey into night
●監督・脚本:ビー・ガン(『凱里ブルース』)●出演:タン・ウェイ(『ラスト、コーション』)/ホアン・ジエ/シルヴィア・チャン(『妻の愛、娘の時』)/チョン・ヨンソン/リー・ホンチー(『ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-』)●2018年/中国/フランス

俺たちの夜は、あまりにも短い。

ミステリアスな女の面影を追って、男が辿り着いた場所は――映画史上初。彗星の如く現れた新世紀の鬼才ビー・ガン監督が誘う後半60分間、驚異の3D・ワンシークエンスショット映像体験.。自分の過去をめぐって迷宮のような世界をさまようことになる男の旅路を描いたヒューマンドラマ。

■父の死を機に、12年ぶりに故郷・凱里へ戻って来た男、ルオ・ホンウ。彼はその地で、マフィアに殺害された幼馴染みの白猫や、自分を捨てて養蜂家の男と駆け落ちした母親との苦い思い出を蘇らせてゆく。同時に、彼の心をずっと捉えて離れることのなかったある女のイメージが付き纏う。彼女は自分の名前を、香港の有名女優と同じワン・チーウェン(タン・ウェイ)だと言った。ルオはその女の面影を追って、現実と記憶と夢が交錯するミステリアスな旅に出る…











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
最高の花婿 アンコール 字幕
 quest-ce qu'on a encore fait au bon dieu?
●監督・脚本:フィリップ・ドゥ・ショーヴロン(『最高の花婿』)●出演:クリスチャン・クラヴィエ(『最高の花婿』)/シャンタル・ロビー(『最高の花婿』)/メディ・サドゥアン(『最高の花婿』)/アリ・アビタン(『最高の花婿』)/フレデリック・チョウ(『最高の花婿』)●2018年/フランス

“違い”を受け入れると、人生がもっと楽しくなる。

4人の娘たちの結婚相手は、みんな外国人!?毎日が異文化バトルの家族に新たな問題が。今度は婿たちが海外移住!――『最高の花婿』から4年、あの多国籍ファミリーが帰ってきた。保守的なカトリック教徒夫妻の4人の娘たちが結婚相手に外国人を選んだことから巻き起こる異文化、異宗教の家族問題の騒動を描いたフレンチ・コメディの続編。最高にパワーアップした愛と笑いを届ける感動作。

■待望の四女の子供が生まれることを楽しみにしていたヴェルヌイユ夫妻。ところが、夫妻が婿たちの実家を訪ねて世界を旅して帰ると、新たな問題が勃発!婿たちは、普通に暮らしていてもパリで受ける<異文化ハラスメント>に耐えられず、海外移住を宣言。孫にも会えず、家族がバラバラになることに心を痛める母マリーは、ある“作戦”を思いつくが…。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー
恐竜が教えてくれたこと 字幕
 mijin bijzonder rare week met tess
●監督:ステフェン・ワウテルロウト●出演:ソンニ・ファンウッテレン/ヨセフィーン・アレンセン/ユーリアン・ラッス/チェッボ・ヘッリツマ/スサン・ボーハールド●2019年/オランダ

地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな?

オランダのテルスヘリング島での家族との七日間のバカンス。少しだけ孤独なぼくが出会った不思議な女の子テスとの出会いをきっかけに、季節が動き出し、人生の秘密の扉が開き始める――児童文学の名著「ぼくとテスの秘密の七日間」の映画化。年と少女が繰り広げる秘密の計画を、みずみずしく描いた青春ドラマ。

■オランダ北部の島に、家族で夏のバカンスにきていた11歳の少年サム。彼は、「地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな」と悩む、小さな哲学者のような男の子。そんな彼が不思議な魅力にあふれた少女テスと出会う。彼女はいままで出会ったどんな友達とも別だった。はにかむ笑顔を見せるかと思えば、急にそっぽをむいたり、大笑いしたり…。そんなテスにサムはどんどん魅かれていく。

ある日サムは、テスからある重大なことを打ち明けられる。死んだと知らされていたパパを、ママには内緒で島に招待したというのだ。娘がいるなんて知らないパパに、娘の存在をどんな風に知らせるのか…。テスとサムの秘密の計画が実行される!七日後、それが二人の運命を大きく変えていくなんて、サムはその時想像もしなかった…。











































本編 2時03分
デジタル
カラー
ジョン・F・ドノヴァンの死と生 字幕 
 the death and life of john f.donovan
●監督・脚本:グザヴィエ・ドラン(『たかが世界の終わり』)●出演:キット・ハリントン(『ポンペイ』)/ナタリー・ポートマン(『プラネタリウム』)/スーザン・サランドン(『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』)/ジェイコブ・トレンブレイ(『グッド・ボーイズ』)/キャシー・ベイツ(『ミッドナイト・イン・パリ』)●2018年/カナダ/イギリス

僕を知るのは、世界にただ一人。君だけ――

美しきスターの死。一人の少年との“秘密の文通”によって明かされる真実とは――人気俳優の死の真相を巡り、華やかな世界の表と裏が描き出される人間ドラマ。

■2006年、ニューヨーク。人気俳優のジョン・F・ドノヴァンが29歳の若さでこの世を去った。自殺か事故か、あるいは事件か。謎の真相の鍵を握るのは、一人の少年だった。それから10年の歳月が過ぎ、ドノヴァンと当時11歳の少年だったルパート・ターナーの“秘密の文通”が一冊の本として出版される。今では注目の新進俳優となったルパートが、100通以上の手紙の公開に踏み切ったのだ。さらにルパートは、著名なジャーナリストの取材を受け、すべてを明かすと宣言するのだが──。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて 字幕
 fisherman's friends
●監督:クリス・フォギン(『キッズ・イン・ラブ』)●出演:ダニエル・メイズ(『シンクロ・ダンディーズ!』)/ジェームズ・ピュアフォイ(『その女諜報員 アレックス』)/デヴィッド・ヘイマン(『輝ける人生』)/デイヴ・ジョーンズ(『わたしは、ダニエル・ブレイク』)/タペンス・ミドルトン(『ジュピター』)●2019年/イギリス

人生には歌とビールとちょっぴりのユーモアが欠かせない

現役漁師が結成した最年長ボーイズバンドが契約金100万ポンドでメジャーデュー!?――漁師バンドがイギリス中を席巻する奇跡の実話。コーンウォールの美しい港町を舞台に贈る感動のサクセスストーリー。

■旅先で偶然フィッシャーマンズ・フレンズの浜辺ライブを見かけた音楽マネージャーのダニーは、上司に彼らとの契約を命じられ、小さな港町に居残るハメに。民宿の経営者でシングルマザーのオーウェンはダニーの失言に敵意をむき出しにしていたが、彼が見せた音楽への情熱に心を動かされる。契約できたものの、はたしてフィッシャーマンズ・フレンズは生き馬の目を抜く音楽業界でメジャーデビューできるのか?











































本編 2時間55分
デジタル
カラー
名もなき生涯 字幕
 a hidden life
●監督:テレンス・マリック(『ツリー・オブ・ライフ』)●出演:アウグスト・ディール(『イングロリアス・バスターズ』)/ヴァレリー・パフナー(『エゴン・シーレ 死と乙女』)/マリア・シモン(『グッバイ、レーニン!』)/ブルーノ・ガンツ(『ヒトラー -最期の12日間-』)/マティアス・スーナールツ(『ヴェルサイユの宮廷庭師』)●第72回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門正式出品●2019年/アメリカ/ドイツ

自らの信念と家族への愛だけでナチスに立ち向かった一人の男がいた

第二次世界大戦時、ドイツに併合されたオーストリアで、ヒトラーへの忠誠と兵役を拒絶し、ナチスに加担するより自らの信念に殉じることを選んだ、フランツ・イェーガーシュテッターという一人の農夫の〈名もなき生涯〉とは――伝説の映像作家テレンス・マリック、初の実話映画化。愛と信念でナチスに立ち向かった男を描く一大ヒューマン・ドラマ。

■オーストリアの山と谷に囲まれた美しい村で農夫として働くフランツは、妻のファニと3人の娘と、穏やかで幸せな暮らしを送っていた。けれども、第二次世界大戦の戦火が日々激しくなり、フランツにも召集令状が届く。基地に出頭したフランツは、ヒトラーへの忠誠を誓う署名を頑なに拒み、直ちに収監される。非国民と責められ、孤独に耐えながら裁判を待つフランツを、ファニは手紙で優しく励ますが、彼女自身も村で裏切り者の妻としてひどい仕打ちを受け始める──。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
バニシング 字幕
 a
●監督:クリストファー・ニーホルム●出演:ジェラルド・バトラー(『ハンターキラー/潜航せよ』)/ピーター・ミュラン(『サンシャイン/歌声が響く街』)/コナー・スウィンデルズ/ソーレン・マリン(『ある戦争』)/オラフ・ダリ・オラフソン●2018年/イギリス

そして、誰もいなくなった。真実のすべては、その島だけが知っている――。

1900年12月、スコットランド沖の北大西洋に浮かぶ孤島で3人の灯台守が忽然と消えた。その“謎”は今も、そして永遠に、解かれることはない――大ヒットTVシリーズ「THE KILLING/キリング」の監督が実在の事件《フラナン諸島の謎》を基に大胆な仮説と解釈で描く衝撃のミステリアス・スリラー。

■スコットランド沖のフラナン諸島。絶海に浮かぶ無人島アイリーン・モア島に、3人の灯台守がやって来る。これから6週間、寒風吹き荒ぶこの島で灯台をともし続けるのが彼らの仕事だ。メンバーは、灯台守を25年続けているベテランのトマス、短気で粗暴な大男のジェームズ、まだ新米の若者ドナルド。3人の静かで退屈な日々は、嵐の夜の翌朝、破られることになる。ドナルドが、流れ着いたボートと漂流者を発見。崖下に降り、ボートに積まれていた木箱を引き上げようとしていると、死んでいると思っていた漂流者が突然襲いかかってくる。身を護るため必死で抵抗したドナルドは、逆に漂流者を殺してしまった。そして木箱を開けてみると、中には金塊がぎっしりと詰められていたのだ。

思わぬ成り行きに動揺する3人の脳裏に、ドス黒い欲望が沸き上がってくる。死体を処分して、何も無かったことにすれば、金塊は自分たちの物になる……。だが3人のそんな想いをあざ笑うように、島にロックとボラという男たちが現れる。あの漂流者と木箱を探していた2人は、トマスたちの嘘を見破り、凶暴な正体をむき出しにする。血みどろの戦いの果て、気がつくと3人の前には、ロックたちの死体が転がっていた…。死体を海に捨て、すべては片付いたはずだった。だが、誰もが罪の意識に怯え、男たちの精神状態は限界に達してゆく。幻覚に追い立てられ、狂ったように暴れるジェームズ。疑心暗鬼は深まり、仲間だった3人は敵同士となり、自分だけが助かろうとあがきはじめる。そして遂に、破滅の時は訪れた…。











































本編 2時間03分
デジタル
カラー
ロマンスドール  
 romancedoll
●監督・脚本:タナダユキ(『お父さんと伊藤さん』)●出演:高橋一生(『九月の恋と出会うまで』)/蒼井優(『宮本から君へ』)/浜野謙太(『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』)/三浦透子(『月子』)/大倉孝二(『君が君で君だ』)●2019年/日本

誰かを愛することは、やっかいで、幸せだ。

ラブドール職人と、一目で恋に落ち結婚した妻。夫の嘘と、妻の秘密。“ほんとの愛”を見つけるまでの10年間――変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリー。

■一目惚れをして結婚した園子と幸せな日常を送りながら、ラブドール職人であることを隠し続けている哲雄。仕事にのめり込むうちに家庭を顧みなくなった哲雄は、恋焦がれて夫婦になったはずの園子と次第にセックスレスになっていく。いよいよ夫婦の危機が訪れそうになった時、園子は胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける…。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
ロニートとエスティ 彼女たちの選択 字幕 
 disobedience
●監督:セバスティアン・レリオ(『ナチュラルウーマン』)●出演:レイチェル・ワイズ(『女王陛下のお気に入り』)/レイチェル・マクアダムス(『スポットライト -世紀のスクープ-』)/アレッサンドロ・ニヴォラ(『アメリカン・ドリーマー -理想の代償-』)●2017年/イギリス

父なる信仰、赦されざれざる愛。

厳格なユダヤ・コミュニティの掟に抗い、惹かれあったロニートとエスティ。引き裂かれたはずの二人の運命が、再び重なり合う――タブーがないとされる現代社会に存在する、女性に自由のない閉鎖的な世界において、「disobedience=不服従」を貫こうとする二人の女性の“美しき純愛”を描いたヒューマンドラマ。

■ユダヤ教指導者の父と信仰を捨てて故郷を去り、ニューヨークで活躍するカメラマンのロニートは、自立して自由を謳歌しているようだったが、満たされてはいなかった。幼なじみのドヴィッドと結婚し、ユダヤの掟に従って生きる教師のエスティは、信仰を守り、尊敬する夫との安定した結婚生活が幸せだと思い込もうとしていた。運命的に再び出会った二人は、偽りの自分を捨てて本能的にお互いを求めあい、「本当の自分」を取り戻そうとする――。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー
前田建設ファンタジー営業部
 maedakensetsu fantasy eigyoubu
●監督:英勉(『ヒロイン失格』)●出演:高杉真宙(『ギャングース』)/上地雄輔(『漫才ギャング』)/岸井ゆきの(『愛がなんだ』)/本多力(『食べられる男』)/町田啓太(『jam』)●2020年/日本

マジンガーZの格納庫を作る?

アニメ「マジンガーZ」の地下格納庫兼プールを「現在の技術および材料で建設するとしたらどうなるのか?」と、アニメ界からの発注を受けたファンタジー営業部のメンバーが、実現を目指して検討する…という体裁のプロジェクト――日本の技術の底力を見せ付けた、「意味のないこと」に本気で取り組んだ熱きサラリーマンたちを描く実話から生まれた“積算エンターテインメント”。

■高度成長期のころ、ダム、トンネル、発電所など、数々の大プロジェクトに携わってきた前田建設工業株式会社の一室で、上司アサガワが言い放った「うちの技術で、マジンガーの格納庫を作ろう!」。それまで何気なく仕事をしてきた若手サラリーマンのドイと部員達が、上司のムチャぶりに巻き込まれ「マジンガーZの地下格納庫」の建設に挑む。

ただし、実物としては作らない。彼らに課されたミッションは、実物を作るのと全く同じように取り組むこと。そう、これは心の中に建設するという、日本の技術の底力を駆使したとんでもない無謀なプロジェクトだった。しかし、あまりに突拍子もないプロジェクトのため、なかなか社内の協力を得られない。 加えて、現実世界の常識では到底理解できないアニメ世界の途方も無い設定や、あいまいで辻褄の合わない設定に翻弄されるばかり…。 果たしてファンタジー営業部は、無事に「地下格納庫」の設計図と見積もり書を完成させ、プロジェクトを成功させることができるのか――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ザ・ピーナッツバター・ファルコン 字幕
 thepeanut butter falcon
●監督・脚本:タイラー・ニルソン/マイケル・シュワルツ●出演:シャイア・ラブーフ(『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』)/ダコタ・ジョンソン(『サスペリア』)/ザック・ゴッツァーゲン/ジョン・ホークス(『セッションズ』)/ブルース・ダーン(『ネブラスカ -ふたつの心をつなぐ旅-』)●2019年/アメリカ

孤独な漁師と夢を追う青年。人生で一度きりの特別な旅

ツキに見放された漁師と施設から脱走したダウン症の青年、お金も食料も移動手段もない。そんな二人が偶然に出会いDIYの旅に出る――『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサーが贈る、ひとつの夢が奇跡を起こすハートフルストーリー。

■老人の養護施設で暮らすダウン症のザックは、子どもの頃から憧れていたプロレスラーの養成学校に入ることを夢見て、ある日施設を脱走する。同じく、しっかり者の兄を亡くし孤独な毎日を送っていた漁師・タイラーは、他人の獲物を盗んでいたのがバレて、ボートに乗って逃げ出す。ジョージア州サバンナ郊外を舞台に、偶然にも出会った二人の旅の辿り着く先は…? やがて、ザックを探してやってきた施設の看護師エレノアも加わって、知らない世界との新たな出会いに導かれ、彼らの旅は想像をもしていなかった冒険へと変化していく。
















































本編 1時間分
デジタル
カラー

 a