本編 1時間36分
デジタル
カラー
TRAVERSE トラバース 
 traverse
●監督・脚本:岡田有甲●出演:田部井淳/恋/桝田幸希/笠原紳司(『維新烈風 天狗判官』)/儘下笑美●2019年/日本

護るために闘え。

妻を失った空手道場の師範・高梨は、失意の内に道場を畳む。やがて、妻の死で溝が埋められずにいた養子の里奈が、何者かに連れ去られる。里奈を救うため、高梨は再び立ち上がる――主演には愛知県豊橋市を拠点に活動する空手道豊空会創始者、田部井淳を起用。本物の空手家が武道空手を駆使したリアルアクション映画。

■空手道場の師範・高梨淳は、妻でジャーナリストの亜紀と、養子である里菜と共に、地元の祭りに訪れていた。吹き上がる炎、湧き上がる歓声が、亜紀の姿をかき消した…。そして…亜紀は冷たい姿になって帰ってきた。悲嘆にくれる高梨と里菜に、警察は自殺だと断言した。亜紀の自殺を止められなかったことに、武道をする資格などないと、道場を閉めてしまう高梨。

残された高梨と里菜…義理の親子という溝を埋められず互いの気持ちが見えないまま、親子になり切れない二人…。そんなある日、里菜が何者かに連れ去らわれてしまう。その牙は、高梨の元にも伸びる。その時…一度は離れた武道空手が高梨を救う――。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
国家が破産する日 字幕
 defauit
●監督:チェ・グクヒ●出演:キム・ヘス(『修羅の華』)/ユ・アイン(『バーニング 劇場版』)/ホ・ジュノ(『シルミド/SILMIDO』)/ヴァンサン・カッセル(『ゴーギャン -タヒチ、楽園への旅-』)/チョ・ウジン(『王宮の夜鬼』)●2018年/韓国

その時、政府は何をした――

遺された時間は7日間。この国は、滅びるのか!? 国家破産という、国民の誰もが耳を疑うほどの未曽有の危機が迫ったとき、国民を守るべき政府は何をしたのか? 彼らは何のために事実をひた隠しにし、その裏でどんな画策をしていたのか?――多くの自殺者まで出した韓国の1997年の通貨危機(IMF経済危機)の裏側を赤裸々に暴き、政府を痛烈に批判する衝撃の社会派ドラマ。

■経済が右肩上がりの成長を遂げ、好景気が続くと信じて疑わなかった1997年。韓国銀行の通貨政策チーム長ハンは通貨危機を予測するが、政府の対応は遅れ、さらには国民には公示せず非公式の対策チームを立ち上げる。同じ頃、危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユンは、一世一代の大勝負に出る。一方、何も知らない町工場の経営者ガプスは、大手百貨店からの大量発注を、手形決済という条件で受けてしまう。自国通貨の価値が加速度的に下落する中、彼ら、そして国家は生き残ることが出来るのか――。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
サイゴン・クチュール 字幕
 co ba sai gon
●監督:グエン・ケイ/チャン・ビュー・ロック●出演:ニン・ズーン・ラン・ゴック/ホン・ヴァン/ジエム・ミー/オアン・キエウ/ジェム・ミ●2017年/ベトナム

永遠の女の子たちに捧ぐ、カワイイがつまったビタミンムービー!

1969年からタイムスリップ!?そこで出会ったのは、まさかの「自分」だった――『バック・トゥ・ザ・フューチャー』×『プラダを着た悪魔』?ベトナムを代表する新世代の女性クリエイター達がつくりあげたPOPでキュートな極上のエンタテインメント。国内外に“アオザイ旋風”を巻き起こしたファッション・ファンタジー。

■1969年のサイゴン。9代続いたアオザイ仕立て屋の娘ニュイは、ミス・サイゴンに選ばれるほど美しくスタイルもファッション・センスも抜群。しかし60年代の新しいファッションに夢中で、アオザイを仕立てる母と対立していた。ところがある日突然、現代にタイムスリップしたニュイは、変わり果てた自分と店の姿に対面してしまう。なんと母が急逝した後、店が傾き倒産、生家も取り上げ寸前の状態だった。そこでニュイは自分の《人生》を変えるべく、現代のファッション業界に潜り込んで奔走する内に、次第にアオザイの魅力と母の本当の想いに気づいていく–––。ニュイは果たして成りたかった《本当の人生》を取り戻すことが出来るのか?











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル! 字幕 
 a
●監督・脚本:ユーソ・ラーティオ/ユッカ・ヴィドゥグレン●出演:ヨハンネス・ホロパイネン(『アンノウン・ソルジャー』)/ミンカ・クーストネン/ヴィッレ・ティーホネン/マックス・オバスカ/マッティ・シュルヤ(『カラマリ・ユニオン』)●2018年/フィンランド/ノルウェー

後悔するなら、クソを漏らせ!

“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”バンド=インペイルド・レクタムは、盗んだバンに事故死したメンバーの棺を乗せドラマーを誘拐し、夢のフェスを目指して駆けていく――『ブルース・ブラザース』『スパイナル・タップ』の系譜に新たな閃光を放つ、今年度最も魂を震わせる、メタル大国フィンランド発の音楽コメディ。

■フィンランド北部の田舎の村。退屈な毎日を送る25歳のトゥロは、“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”というジャンルを標榜する4人組ヘビーメタルバンドでボーカルを担当している。彼らは結成から12年間、ライブをしたこともオリジナル曲を作ったこともないコピーバンドだ。

ある日、ついに自分たちの曲を作ることを決意した彼らは、試行錯誤の末に超キラーな名曲を完成させる。そんな中、ノルウェーの巨大メタルフェス主催者がひょんなことからメンバーの家を訪れ、彼らに千載一遇のチャンスが舞い込む。バンド名は「インペイルド・レクタム(直腸陥没)」に決定し、初ライブに挑む彼らだったが…。











































本編 1時間58分
デジタル
カラー
だれもが愛しいチャンピオン 字幕
 campeones
●監督・脚本:ハビエル・フェセル(『モルタデロとフィレモン』)●出演:ハビエル・グティエレス(『オリーブの樹は呼んでいる』)/ホアン・マルガーロ(『ミツバチのささやき』)/アテネア・マタ●2018年/スペイン

いろいろな形、さまざまな色。それぞれが唯一無二!

短気な性格が災いして解雇されたプロバスケットボールのコーチ、マルコは、飲酒運転事故を起こし裁判所から社会奉仕活動として、知的障がい者たちのチーム“アミーゴス”の指導を命じられる――あらゆる観客の想像を軽々と超えてラストに迎える、奇跡の瞬間。これは、迷走中のプロ・バスケットボールコーチと、実在するハンディキャップ・チームとの絆を描く、オンリーワンの感動作。スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞で、作品賞など3冠に輝いた大ヒット作。

■プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。ところが短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇されてしまう。その上、飲酒運転事故を起こし、判事から社会奉仕活動を命じられたマルコは、知的障がい者たちのバスケットボール・チーム“アミーゴス”を指導するはめに。アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコだったが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せる――。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
ジョン・デロリアン 字幕 
 driven
●監督:ニック・ハム(『アダム/神の使い 悪魔の子』)●出演:リー・ペイス(『落下の王国』)/ジェイソン・サダイキス(『シンクロナイズドモンスター』)/ジュディ・グリア(『リアム16歳、はじめての学校』)/コリー・ストール(『グッド・ライ -いちばん優しい嘘-』)/イザベル・アレイザ●2018年/アメリカ

この男、詐欺師か天才か――

名車ポンティアックGTOを生み出し、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の伝説の車“デロリアン(DMC-12)”に自らの名前を冠した天才エンジニア、ジョン・ザッカリー・デロリアン。果たして彼は偉人か詐欺師か?成功者か落伍者か?本物の天才か、それともフェイクの俗物だったのか?アメリカンドリームの光と影を体現した男の驚愕のミステリーがいま明かされる――自動車業界の革命児の華やかな半生と、複雑怪奇な逮捕事件の知られざる舞台裏をブラックコメディ仕立てで描き出した伝記ドラマ。

■1977年、南カリフォルニア。パイロットのジムは、麻薬密売の現場をFBIに押さえられ、罪を問われない代わりにFBIの情報提供者となる。彼は引っ越した家の隣に住むのがゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わったジョン・デロリアンだと知り驚く。美しい妻子とともに素晴らしい家に住み、夢のために自らの会社を立ち上げ、革新的な車“デロリアン”を開発しているジョンの完璧な人生に憧れるジム。しかしジョンの会社は新車開発で様々なトラブルが発生し、彼は資金繰りに窮していることを知ったジムは、友人となったジョンをFBIに麻薬密売の罪で売り渡す計画を立てるのだった――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
テルアビブ・オン・ファイア 字幕
 tel aviv on fire
●監督・脚本:サメフ・ゾアビ(『歌声にのった少年』脚本)●出演:カイス・ナシェフ(『パラダイス・ナウ』)/ルブナ・アザバル(『灼熱の魂』)/ヤニフ・ビトン/ナディム・サワラ(『マリア』)/マイサ・アブドゥ・エルハディ●2018年ヴェネチア国際映画祭 作品<InterFilm部門>受賞●2018年/ルクセンブルク/フランス/イスラエル/ベルギー

紛争なし!爆撃なし!笑いあり!

脚本家見習いのパレスチナ人青年、検問所のイスラエル軍司令官、人気ドラマの結末をめぐり、民族の対立!?――“笑撃”のラストに、世界が大絶賛。イスラエル・パレスチナ問題を背景に、民族間の板挟みになる男の悪戦苦闘を描いたヒューマン・コメディ。

■エルサレムに住むパレスチナ人青年のサラームは、 パレスチナの人気ドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の制作現場で言語指導として働いているが、撮影所に通うため、毎日面倒な検問所を通らなくてはならない。ある日、サラームは検問所のイスラエル軍司令官アッシに呼び止められ、咄嗟にドラマの脚本家だと嘘をついてしまう。

アッシはドラマの熱烈なファンである妻に自慢するため、毎日サラームを呼び止め、脚本に強引にアイデアを出し始める。困りながらも、アッシのアイデアが採用されたことで、偶然にも脚本家に出世することになったサラーム。しかし、ドラマが終盤に近付くと、結末の脚本をめぐって、アッシ(イスラエル)と制作陣(パレスチナ)の間で板挟みになったサラームは窮地に立たされる――。果たして、彼が最後に振り絞った“笑撃”のエンディングとは!?











































本編 1時間15分
デジタル
カラー
パリの恋人たち 字幕 
 l'homme fidele
●監督・脚本:ルイ・ガレル(『ふたりの友人』)●出演:レティシア・カスタ(『ゲンスブールと女たち』)/リリー=ローズ・デップ(『プラネタリウム』)/ジョセフ・エンゲル/ルイ・ガレル(『グッバイ・ゴダール!』))●第66回サンセバスチャン国際映画祭脚本賞受賞●2018年/フランス

パリが恋をさせる――

アベルは同棲中のマリアンヌから友人ポールの子を妊娠したと明かされ、別れを告げられる。数年後、ポールの告別式で彼女と再会すると同時に、ポールの妹イヴからも告白され――これぞパリの恋愛模様。女と男と女の絡み合った糸の結末は?すぐれた短編小説のように、心にやさしいかすり傷を残す、フランス流大人のラブストーリー。

■ジャーナリストの青年アベルは、3年間同棲した恋人マリアンヌから妊娠を告げられる。しかし子どもの父親は友人ポールで、アベルとマリアンヌは別れることに。数年後、アベルはポールの告別式でマリアンヌと再会するが、ポールの妹イヴからも思いを告白され、2人の女性の間で揺れ動く。











































本編 1時間11分
デジタル
カラー
音楽
 a
●監督:岩井澤健治●出演(声):坂本慎太郎/駒井蓮(『名前』)/前野朋哉(『チェリーボーイズ』)/芹澤興人(『いのちスケッチ』)/平岩紙(『At the terrace テラスにて』)●2019年/日本

せーの、で始まる オレたちの音楽

思いつきでバンドを結成した不良学生の研二、太田、朝倉は、森田からロックフェスティバルへの出演を薦められるが――漫画家、大橋裕之による「音楽と漫画」を原作に、制作期間は約7年超、作画枚数は実に40,000枚超、を全て手描き、クライマックスの野外フェスシーン をダイナミックに再現するため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライブを敢行した前代未聞のロック・アニメーション。

■楽器を触ったこともなかった不良学生の研二、太田、朝倉の3人は、思いつきで『古武術』というバンドを結成。そんな彼らに『古美術』のメンバー、森田は坂本町ロックフェスティバルへの出演を薦め――。











































本編 1時間39分
デジタル
カラー
静かな雨
 shizukana ame
●監督:中川龍太郎(『四月の永い夢』)●出演:仲野太賀(『タロウのバカ』)/衛藤美彩/三浦透子(『月子』)/坂東龍汰(『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』)/古舘寛治(『淵に立つ』)●2020年/日本

忘れても忘れても、ふたりの世界は失われない。

行助は美味しいたいやき屋を一人で経営するこよみと出会い、親しくなる。ある朝、こよみは交通事故の巻き添えとなり、三ヵ月後、意識を取り戻すと新しい記憶を留めておけなくなっていた――『羊と鋼の森』で2016年の本屋大賞1位を受賞した作家・宮下奈都の小説デビュー作『静かな雨』が完全映画化。若い考古学研究助手と、記憶障害を持つ女の子の交流を描く感動作。

■大学で生物考古学研究助手をしている行助は、パチンコ屋の駐車場でおいしそうなたいやき屋を見つける。そこは、こよみという、まっすぐな目をした可愛い女の子が一人で経営するたいやき屋だった。そこに通ううちにこよみと少しずつ親しくなり、言葉を交わすようになる。

だがある朝、こよみは交通事故で意識不明になってしまう。毎日病院に通う行助。そしてある日、奇跡的に意識を取り戻したこよみだが、事故の後遺症で記憶に障害があることがわかる。事故以前の記憶は残っているが、目覚めてからの記憶は一日経つと消えてしまうのだ。行助は記憶が刻まれなくなったこよみと、変わらずに接していこうとするが…。











































本編 1時間26分
デジタル
カラー
うたのはじまり 
 uta no hajimari
●監督:河合宏樹(『ほんとうのうた -朗読劇『銀河鉄道の夜』を追って-』)●出演:齋藤陽道/盛山麻奈美/盛山樹/七尾旅人(『兵士A』)/飴屋法水(『あなたは、あたしといて幸せですか?』)●2020年/日本

だいじょーぶって、心からこぼれおちた。

ある日、息子への子守歌が生まれた――“ろう”の写真家が、嫌いだった「うた」と出会うまでの記録。窪田正孝の写真集やMr.Children、クラムボン、森山直太朗などのアーティスト写真を手がけてきた、ろうの写真家・齋藤陽道が、子育てを通して、それまで嫌いだった「うた」に出会うまでを描いたドキュメンタリー。

■20歳で補聴器を捨て、カメラを手にすることで、「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ、ろうの写真家・齋藤陽道。彼は同じくろうの写真家である妻の盛山麻奈美との間に息子を授かった。しかし、彼は聴者である息子との対話の難しさや音楽教育への疑問にぶち当たったことにより、「うた」を嫌いになってしまう。しかし、ふと自分の口からこぼれた子守歌をきっかけに、齋藤にある変化が訪れる。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
不実な女と官能詩人 字幕 
 curiosa
●監督・脚本:ルー・ジュネ●出演:ノエミ・メルラン(『英雄は嘘がお好き』)/ニールス・シュネデール(『汚れたダイヤモンド』)/バンジャマン・ラヴェルネ(『セラヴィ!』)/スカリ・デルペラト(『シェフと素顔と、おいしい時間』)/カメリア・ジョルダナ(『バードピープル』)●2019年/フランス

愛から逃れ、情欲に溺れ、また愛に囚われる。

生涯2,500人の女性と関係を持ったと言われる稀代のプレイボーイ、後に“エロスの祭司”と称される異端の詩人ピエール・ルイス。彼の死後発見されたのは「ある女性」の痴態を収めた写真だった――これは誠実で奔放な愛と官能の真実の物語。

■19世紀、パリ。著名な詩人ジョゼ・マリア・ド・エレディアの次女マリーは、新進気鋭の詩人ピエール・ルイスと恋に落ちる。しかし、二人の思いを知ってか知らずか、両親は金銭的な理由から同じくマリーに思いを寄せていたピエールの親友で貴族出身の詩人アンリ・ド・レニエとの結婚を決めてしまう。打ちひしがれたピエールはアルジェリアに渡り、女性の痴態や官能美を写真に収めることに情熱を傾け退廃的な暮らしを送る。

アンリの一方的な思いだけが結び付けたマリーの結婚生活もまた、味気なく乾ききったままだった。1年後、ピエールが帰国したとの噂を聞きつけ、マリーはたまらず彼の元に駆け付ける。「あなたと結婚したかった」――マリーが発した言葉、それが彼女とピエールの長い長い情交の始まりだった。セックス、文学、そして官能的な写真の数々。二人の奔放な関係は周囲の人々を巻き込み、思いも寄らない方向へと転がり始めてゆく…。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
コンプリシティ 優しい共犯 字幕
 cheng liang
●監督:近浦啓●出演:ルー・ユーライ(『孔雀 -我が家の風景-』)/藤竜也(『お父さんと伊藤さん』)/赤坂沙世/松本紀保(『四月物語』)●第43回トロント国際映画祭 正式出品●第69回ベルリン国際映画祭 正式出品●2018年/日本/中国

この嘘だけは 守りたかった

技能実習の職場から逃亡、他人になりすまして働きにきた中国人青年と、彼を受け入れる孤独な蕎麦職人。嘘の上に絆を強める二人を待つものとは?――その決断に心震えるヒューマン・サスペンス。技能実習生や不法滞在外国人などの社会問題を背景に、1人の若者の生き様を描くドラマ。

■技能実習生として来日するも、劣悪な職場環境から逃げ出し、不法滞在者となってしまった中国人青年チェン・リャン。彼は他人になりすまし、蕎麦屋で働き口を見つける。口数が少なく不器用な蕎麦屋の主人・弘は、実の息子との関係も悪くどこか心に孤独を抱えていた。厳しくも温かい弘の背中に父を重ねるチェン・リャンと、彼の嘘をつゆ知らず情を深めていく弘。二人はまるで親子のような関係を築いていく。しかしはかない嘘の上に築いた幸せは長く続かず、チェン・リャンを追う警察の手が迫り、すべてを清算する日がやってくる。その時、二人はお互いのためにある決断をする――。











































本編 2時間37分
デジタル
カラー
LORO(ローロ) 欲望のイタリア 字幕 
 loro
●監督・脚本:パオロ・ソレンティーノ(『グランドフィナーレ』)●出演:トニ・セルヴィッロ(『修道士は沈黙する』)/エレナ・ソフィア・リッチ(『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』)/リッカルド・スカマルチョ(『ダリダ -あまい囁き-』)/カシア・スムトゥニアク(『カプチーノはお熱いうちに』)/エウリディーチェ・アクセン●2018年/イタリア

この男怪物か、カリスマか。

政治を私物化した男と、迷える子羊たち。野心と衰退、聖なるものと穢れたものが交わる国イタリア。数々の女性問題、脱税、職権乱用などスキャンダルばかりが取りざたされるベルルスコーニだが、首相の座に登りつめた手腕は只者ではなかった――悪名高きイタリアの元首相ベルルスコーニをモデルに描く、過激にして華麗なる爛熟エンターテインメント。映像の魔術師パオロ・ソレンティーノが仕掛ける、狂乱と絢爛の世界。

■イタリア、サルデーニャ。広大な敷地を持つゴージャスな高級ヴィラ。ここには、悪名高き「彼」が住んでいる。「彼」とは、政治とカネ、マフィアとの癒着、職権乱用、女性問題に失言など、数々のスキャンダルで世間を騒がせたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニ。政敵に敗れ失脚するも、一度はトップに登りつめた怪物的な手腕で、政権への返り咲きを虎視眈々と狙っていた。

一方、政界進出を目論む青年実業家のセルジョは、その足掛かりにベルルスコーニに近づこうと画策する。そんな中、セクシー美女を招き贅の限りを尽くしたパーティーで生気を養い、持ち前のセールストークで足場を固めていくベルルスコーニだったが、政治家生命を揺るがす大スキャンダルが勃発する――。











































本編 1時間21分
デジタル
カラー
エッシャー 視覚の魔術師 字幕
 escher: het oneindige zoeken
●監督・脚本:ロビン・ルッツ●出演:グラハム・ナッシュ(『ジャーニー・スルー・ザ・パスト』)/ジョージ・エッシャー/ヤン・エッシャー/リーベス・エッシャー●2018年/オランダ

奇想天外、終わらない物語

いわゆる“トリック・アート(だまし絵)”で知られるオランダ人版画家・画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898年~1972年)の、知られざる波乱に満ちた人生と、今なお人々を魅了し続ける作品に迫ったドキュメンタリー。

■本作ではエッシャーの日記、書簡、二人の息子へのインタビューなど家族や収集家の証言等を手掛かりに、創作の足跡を丹念に辿り、彼の立体的な作品を、CGアニメーションを用いてさらに斬新な表現へと導く。また、70年代のサイケデリック・ムーブメントの時代に、エッシャーから多大な影響を受けたロック・ミュージシャンのグラハム・ナッシュへのインタビューや、タイルなど我々の日常生活にまで及ぶ影響と、エッシャーの創造力の源泉を探る。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
イーディ、83歳 はじめての山登り 字幕
 edie
●監督・脚本:サイモン・ハンター(『ミュータント・クロニクルズ』)●出演:シーラ・ハンコック(『愛をつづる詩〈うた〉』)/ケヴィン・ガスリー(『ウイスキーと2人の花嫁』)/ポール・ブラニガン(『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』)/エイミー・マンソン/ウェンディ・モーガン(『クリスタル殺人事件』)●2017年/イギリス

人生を楽しむことに、いつだって“遅すぎる”ことはない――!

ずっとロンドンの都会に住んでいた83歳のイーディが、人生の終盤を迎え、たったひとりで大自然スコットランドの山に登る――家族のためだけに生きてきたイギリスの老婦人が、人生の終わりを目前に、はじめて自分のための一歩を踏み出した人生応援感動ドラマ。

■30年間、夫の介護に人生を捧げてきた83歳のイーディ。そんな苦労も娘からは理解されず、老人施設への入居を勧められ、人生の終わりを感じていた。そんな時、町のフィッシュアンドチップス屋で「追加の注文をしても良い?」と聞いたイーディに、「何も遅すぎることはないさ」と答えた店員。その言葉に閃いたイーディは、かつての夢だったスイルベン山に登ることを突如決意し、たった一人でロンドンから夜行列車に乗りスコットランドへ。

偶然出会った地元の登山用品店の青年ジョニーをトレーナーとして雇い、山頂へ登る訓練を始める。イーディの偏屈な態度が災いし、最初は喧嘩を繰り返しながらも、ジョニーの丁寧な指導により、登山グッズの使い方やルートの確認と共に、人に頼ることの大切さも学んでいく。そして準備を整えたイーディは、ついにスイルベン山へ向かう――。











































本編 1時間08分
デジタル
カラー
ロバマン
 robaman
●監督・脚本:河崎実(『いかレスラー』)●出演:吉田照美(『バネ式』)/小池美波/唐橋ユミ/熊谷真実(『パートナーズ』)/月光仮面●2019年/日本

68才の正義のヒーロー誕生!やる気マンマン!世の悪は俺が許さない!

68歳の吉村はある日散歩の途中にロバ星人から超能力を授かり、正義のヒーロー「ロバマン」となって悪を倒していく――日本一のバカ映画の巨匠と呼ばれる河崎実監督が、人気ラジオパーソナリティの吉田照美主演で描いた異色の特撮ヒーローアクション。

■定年を過ぎた男、吉村68歳。妻からは疎まれ、娘にも敬遠される孤独な毎日だ。吉村の楽しみは、世間の悪をディスること。世の中を騒がす事件事故が起きた際には、ラジオに投稿したりネットで叩くことが彼の生き甲斐なのだ。しかし、現実に行列の割り込みや騒ぐ客などと直面した時には、注意もできない情けない男。ある日、散歩の途中で吉村はUFOに遭遇。気が付くとロバそっくりな宇宙人が彼にいう。「早く帰ってこい」ロバ星人は吉村を仲間と勘違いしていた。気分が悪いというと、腕輪型の蘇生装置をくれた。そして気がつくと元の場所にいるのだった――。











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ 字幕 
 der goldene handschuh
●監督・脚本:ファティ・アキン(『女は二度決断する』)●出演:ヨナス・ダスラー(『僕たちは希望という名の列車に乗った』)/マルガレーテ・ティーゼル(『パラダイス:愛』)/ハーク・ボーム(『リリー・マルレーン』)●第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品●2019年/ドイツ

挑戦的で、生々しく、リアルで、残忍。

第二次世界大戦敗戦後のドイツで幼少期を過ごし、貧しさと孤独の中で大人になった男が、70年から75年に渡って4人の娼婦を殺害しながら過ごす日常を淡々と描く――知性溢れる天才犯罪者でも、何かに取り憑かれた狂人でもない、「ごく普通の連続殺人鬼」という、かつて味わったことのない“すぐ隣にいるかもしれない恐怖”に誰もが戦慄する。70年代ハンブルクで実際に起きた連続殺人事件の犯人フリッツ・ホンカの物語。

■敗戦がまだ尾を引いていた1970年代ドイツ、ハンブルク。安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカは、夜な夜な寂しい男と女が集るバー“ゴールデン・グローブ”で酒をあおっていた。彼がカウンターに座る女に声を掛けても、いつも顔をしかめられるだけ。一見、無害そうに見えるフリッツの狂気に気づく常連客は誰ひとりいなかった…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
子どもたちをよろしく
 kodomotachi wo yoroshiku
●監督・脚本:隅田靖(『ワルボロ』)●出演:鎌滝えり(『LAPSE』)/杉田雷麟(『長いお別れ』)/椿三期/川瀬陽太(『天然☆生活』)/村上淳(『盆唄』)●2019年/日本

ぼくたちの叫びが聞こえますか

稔と洋一、そして優樹菜。家族ナシ。友だちナシ。家ナシ。居場所をなくした彼らがとった行動とは――『ワルボロ』から12年。隅田靖が描く、日本社会に潜む凶暴な闇。こんな日常を許しているのは、誰なのか――子どもたちを取り巻く社会の闇を繊細かつ鋭く描き出した社会派ドラマ。

■東京にほど近い北関東のとある街。デリヘルで働く優樹菜は、実の母親・妙子と義父・辰郎そして、辰郎の連れ子・稔の四人家族。辰郎は酒に酔うと、妙子と稔には暴力、血の繋がらない優樹菜には性暴力を繰り返した。母の妙子は、まったくなす術なく、見てみぬふり。義弟の稔は、父と母に不満を感じながら優樹菜に淡い想いを抱いていた。

優樹菜が働くデリヘル「ラブラブ48」で運転手をする貞夫は、妻に逃げられ重度のギャンブル依存症。一人息子・洋一をほったらかし帰宅するのはいつも深夜。洋一は暗く狭い部屋の中、帰ることのない母を待ち続けていた。稔と洋一は、同じ学校に通う中学二年生。もとは仲の良い二人だったが、洋一は稔たちのグループからいじめの標的にされていた。ある日、稔は家の中で、デリヘルの名刺を拾う。姉の仕事に疑問を抱いた稔は、自分も洋一と同じ、いじめられる側になってしまうのではないかと、一人怯えるようになる…。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
ティーンスピリット 字幕 
 teenspirit
●監督・脚本:マックス・ミンゲラ(『アレクサンドリア』出演)●出演:エル・ファニング(『メアリーの総て』)/ズラッコ・ブリッチ(『堕天使のパスポート』)/レベッカ・ホール(『暮れ逢い』)/アグニエシュカ・グロホウスカ/クララ・ルガアード●2018年/イギリス/アメリカ

この声で、未来を変える

イギリスの田舎町の少女が国際的オーディションに挑み歌手を目指す――『ラ・ラ・ランド』スタッフが再結集。もがき苦しみながらも、自分なりの夢と希望を見出す10代の精神=Teen Spiritに、誰もが胸を熱くする、夢を追いかける全ての人に贈る青春音楽映画。

■イギリス南部のワイト島。ポーランド移民の娘である17歳のヴァイオレットは母親のマーラと2人暮らし。父親は彼女が幼い頃に家を出て行ったまま帰って来ない。学校の友人も少なく、孤独な日々を送る彼女にとって、唯一の心のよりどころが「音楽」だ。バイト先のパブのステージで歌うヴァイオレット。その歌声に惹かれたのは、パブで飲んでいたクロアチア出身で元オペラ歌手、ヴラドだった。見知らぬ相手に声をかけられ、戸惑うヴァイオレットだが、ヴラドの言葉に少しだけ勇気づけられる。

そんなヴァイオレットが街で目にしたのは、「ティーンスピリット」の広告。昨年の優勝者がプロデビューを果たし、国際的人気を誇る公開オーディション番組だ。その予選がワイト島で開催されることになり、自分にとって大きなチャンスだと信じたヴァイオレットは参加を決意するのだった――。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
戦争と一人の女 
 sensou to hitori no onna
●監督:井上淳一(『誰がために憲法はある』)●出演:江口のりこ(『』ユリ子のアロマ)/永瀬正敏(『赤い雪 Red Snow』)/村上淳(『希望の国』)/柄本明(『ある船頭の話』)/高尾祥子(『団地妻 昼下がりの情事』)●2012年/日本

戦争が終わるまで、やりまくろうか。

「戦争が好き」と女は言う。「みんな燃えてしまえば、平等になるから」と――戦争に翻弄される男と女。絶望なのか、希望なのか――若松孝二の反骨精神を継ぐ者たちが過激に描く、性と暴力の饗宴。坂口安吾の小説を原作に、太平洋戦争末期から終戦後の東京を舞台に、時代に翻弄された男女の交錯する運命を描く、昭和官能文藝ロマン。

■太平洋戦争末期。時代に絶望し虚無に苛まれる飲んだくれの作家は、自分の欲望に忠実な飲み屋の女将と刹那的に同棲を始める。だが、幼い頃に遊郭に売られたその女はどんなに体を重ねても喜びを感じることはなかった。心と体に欠落を抱えた二人は、「戦争が終わるまでやりまくろうか」とただひたすらに相手の体を求め続ける…。

そんな中、中国戦線で右腕を失った男が、妻と幼い息子に迎えられ帰ってくる。しかし男が失ったのは、腕だけではなかった。戦場での精神的後遺症から、男は妻と性行為ができなくなっていた。だがある日、焼け跡で数人の男に襲われている女を見つけ、自分が興奮していることに男は気付く。中国で女を犯し、殺した記憶が甦ったのだ。その日から男は「お米が手に入るよ」と言っては何人もの女を山奥に連れ込み、犯し、殺し始める。やがて戦争に翻弄される一人の女と二人の男の運命が交錯していく…。











































本編 1時間48分
ブルーレイ
モノクロ
アジアの純真
 ajia no junshin
●監督:片嶋一貴(『いぬむこいり』)●出演:韓英恵(『大和(カリフォルニア)』)/笠井しげ(『ユリ子のアロマ』)/黒田耕平(『蟻が空を飛ぶ日』)/丸尾丸一郎/パク・ソヒ(『ラーメンガール』)●2009年/日本

どうやったら、世界は変わるの?

双子の姉妹を殺された在日朝鮮人少女とその現場をただ見ることにしかできなかった青年が、無差別テロを繰り返しながら復讐の旅の果てに見たものとは――憎しみの連鎖によって生まれる悲劇を描く衝撃の青春ロードムービー。

■2002年秋。北朝鮮による拉致事件で反朝鮮感情が蔓延する中、チマチョゴリを着た女子高校生がチンピラに絡まれ、白昼に大勢の目の前で殺害される事件が起きる。その死亡した少女の妹である孤独で勝ち気な在日朝鮮人少女と、少女の殺害現場で見て見ぬ振りをしてしまった気弱な日本人高校生が知り合い、ふたりは第二次世界大戦の時から残っていた毒ガスをリュックに詰め、自転車に乗って旅に出る。怒りと屈辱にまみれながら、悲しくもパンクな旅。そんな中、ふたりは、自分の親の部屋に毒ガスを放出してもいいんじゃないかと考え、人生に絶望している同年代の青年と出会う…。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
永遠の門 ゴッホの見た未来 字幕
 at eternity gate
●監督・脚本:ジュリアン・シュナーベル(『潜水服は蝶の夢を見る』)●出演:ウィレム・デフォー(『フロリダ・プロジェクト -真夏の魔法-』)/ルパート・フレンド(『ヴィクトリア女王 世紀の愛』)/オスカー・アイザック(『THE PROMISE/君への誓い』)/マッツ・ミケルセン(『偽りなき者』)/マチュー・アマルリック(『シンク・オア・スイム -イチかバチか俺たちの夢-』)●第75回ヴェネチア国際映画祭 男優賞受賞●第92回アカデミー賞 主演男優賞ノミネート●2018年/イギリス/フランス/アメリカ

ゴッホの瞳を通して描く、新たな真実の物語。

130年の時を経て、私たちはゴッホの視線で世界を見つめる――ゴッホが、生涯をかけて伝えようとした“この世の美しさ”。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家の生き様を映し出すフィンセント・ファン・ゴッホの伝記ドラマ。

■画家としてパリでは全く評価されていないフィンセント・ファン・ゴッホ。彼は、会ったばかりのゴーギャンの「南へ行け」というひと言で、南フランスのアルルへやって来る。「まだ見ぬ絵を描くために、新しい光を見つけたい」というゴッホの願いは、この地で春を迎えた時に叶えられた。広大な畑をひたすら歩き、丘に登って太陽に近づき、画材を取り出すゴッホ。竹の枝で作ったペンの先から、たちまちゴッホだけの線が生まれていく。

やがて一緒に暮らし始めたゴッホとゴーギャンは、“絵を描く”ことについて際限なく議論を交わす。自然を見て描くゴッホと、自分の頭の中に見えるものを描くゴーギャン。一瞬で真実を捉えようと素早く描くゴッホ、ゆっくりと降りてくるのを待つゴーギャン。屋外に美を探し求めるゴッホ、内面に深く潜るゴーギャン、すべては正反対だ。それでもゴッホは、「僕らの時代だ」と熱く語るゴーギャンに心酔し、ますます創作にのめり込むが、やがてゴーギャンが去って行くことは止められなかった。再び一人になり絶望したゴッホをこの世に繋ぎとめたのは、描き続ける情熱だけだった。相変わらず1枚の絵も売れない日々の中、ゴッホは神父にそっと語る。「未来の人々のために、神は私を画家にした――」もはや彼の眼差しに不安の影はなかった。晴れ晴れと穏やかなその瞳が最期に映したものとは――。










































本編 1時間45分
デジタル
カラー
わたしは分断を許さない
 a
●監督・ナレーション:堀潤(『変身 Metamorphosis』))●2020年/日本

こんなはずじゃなかった。それでも、諦めたくない。

香港。ガザ。シリア。福島。沖縄。朝鮮半島。フリージャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った、2020年、今こそ見なくてはいけない「分断」された世界。なぜ世界で分断が深まってしまうのかに迫るドキュメンタリー。

■堀潤は「真実を見極めるためには、主語を小さくする必要がある」という。香港では“人権、自由、民主”を守る為に立ち上がった若者と出会い、ヨルダンの難民キャンプではシリアで拘束された父との再会を願い、いつか医者になり多くの命を救いたいと話す少女に出会う。美容師の深谷さんは福島の原発事故により、いまだに自宅へ戻ることが許されず、震災以来ハサミを握っていない。久保田さんは、震災後に息子を共に水戸から沖縄へ移住し、普天間から辺野古への新基地移設に対して反対運動を行う人々と出会った。彼女は「声をあげること」を通して、未来の為に“わたしたち”ができるのはなにかを見つけていく。











































本編 2時間28分
デジタル
カラー
マニカルニカ ジャーンシーの女王 字幕 
 manikarnika: the queen of jhansi
●監督:ラーダ・クリシュナ・ジャガルラームディ●出演:カンガナー・ラーナーウト(『クイーン 旅立つわたしのハネムーン』)/ジーシュ・セーングプタ/ダニー・デンゾンパ(『ロボット』)/スレーシュ・オベロイ/アトゥル・クルカルニー●2019年/インド

気高き騎乗の王妃。その戦いの真実。

インド史上最も有名な戦う王妃、マニカルニカ。伝説の指導者であった彼女の知られざる激動の人生とは――『バーフバリ』の脚本家が”インドのジャンヌ・ダルク”と称えられる強く美しいヒロインを描き出すスペクタクルアクション歴史劇。

■ヴァラナシで僧侶の娘に生まれたマニカルニカは、ビトゥールの宰相に育てられ、幼い時から武士階級の男子同様に剣や弓、乗馬を習って成長した。その勇敢な行動を見かけたジャーンシー藩王国の大臣から、藩王ガンガーダル・ラーオとの縁談が持ち込まれ、やがてマニカルニカはジャーンシーに嫁ぐ。藩王は彼女にラクシュミーという名を与え、マニカルニカは人々からラクシュミー・バーイーと呼ばれて親しまれる。

しかし、生まれた王子は夭折し、親戚の幼い男児を養子に迎えたものの、間もなく藩王が病死してしまう。その機に乗じてイギリスは藩王国を併合、ラクシュミーは城を後にする。だが1857年にインド大反乱が勃発すると、ラクシュミーも呼応して蜂起、国のため、民のため、戦いの場へと歩を進める――。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
21世紀の資本 字幕
 capital in the twenty-first century
●監督:ジャスティン・ペンバートン●出演:トマ・ピケティ●2019年/フランス/ニュージーランド

危ない!貧富の格差がどんどん広がっている!

あなたが金持ちになるか、貧乏になるか?その答えは、この映画が教えてくれる――2014年に日本でも発売され、大ベストセラーとなったフランスの経済学者トマ・ピケティによる経済学書『21世紀の資本』を映画化した社会派ドキュメンタリー。

■35カ国で翻訳され、経済学書としては異例の300万部という売り上げを記録したトマ・ピケティの「21世紀の資本」を、著者のピケティ自身の監修、出演で映像化。700ページを超えるため、完読が困難とも言われるこの本を専門家でない一般の人も五感で理解できるように難しい数式などを用いず映像で表現していく。『ウォール街』『プライドと偏見』『レ・ミゼラブル』『ザ・シンプソンズ』といった映画や小説、ポップカルチャーなどを使った構成で、「資本」の観点から過去300年の世界各国の歴史を切り取っていく。











































本編 2時間11分
デジタル
カラー
母との約束、250通の手紙 字幕 
 la promesse de l'aube
●監督・脚本:エリック・バルビエ(『蛇男』)●出演:ピエール・ニネ(『婚約者の友人』)/シャルロット・ゲンズブール(『パパの木』)/ディディエ・ブルドン(『マダムと奇人と殺人と』)/ジャン=ピエール・ダルッサン(『女の一生』)/キャサリン・マコーマック(『28週後..』)●2017年/フランス/ベルギー

あの日、ぼくは誓った。母の途方もない夢を叶えると――

その手紙は5年間、毎週届き続けた。戦地で戦っているときも、生死の境目をさまようときも。しかし、その250通にも及ぶ手紙には思いもしない秘密が隠されていたのだった――フランスが最も愛した作家ロマン・ガリの自伝小説を映画化。第二次世界大戦下、強すぎるほどの絆で互いの存在だけを頼りに生き抜いた親子の愛に心揺さぶられる感動作。

■思い込みが激しく負けん気の強いシングルマザーのニーナ。彼女は息子のロマンがフランス軍で勲章を受けて外交官になり、大作家になると信じてその才能を引き出すことに命を懸けていた。母と共にロシア、ポーランド、ニースに移り住んだロマンは、その溺愛の重圧にあえぎながらも、幼い頃に母と取り交わした「約束」を果たすべく、いよいよ努力を惜しまないようになっていく。

ニーナは、自由フランス軍に身を投じ病に倒れ生死の境目を漂うロマンの下へも、激励の手紙を送り続けた。ついにロマンはパイロットとして活躍し、同時に念願の小説が出版されることに。しかし相変わらず届き続けるニーナの手紙には、なぜか息子の作家デビューを喜ぶ様子はなく――。











































本編 2時間18分
デジタル
カラー
ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ 字幕
 long day's journey into night
●監督・脚本:ビー・ガン(『凱里ブルース』)●出演:タン・ウェイ(『ラスト、コーション』)/ホアン・ジエ/シルヴィア・チャン(『妻の愛、娘の時』)/チョン・ヨンソン/リー・ホンチー(『ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-』)●2018年/中国/フランス

俺たちの夜は、あまりにも短い。

ミステリアスな女の面影を追って、男が辿り着いた場所は――映画史上初。彗星の如く現れた新世紀の鬼才ビー・ガン監督が誘う後半60分間、驚異の3D・ワンシークエンスショット映像体験.。自分の過去をめぐって迷宮のような世界をさまようことになる男の旅路を描いたヒューマンドラマ。

■父の死を機に、12年ぶりに故郷・凱里へ戻って来た男、ルオ・ホンウ。彼はその地で、マフィアに殺害された幼馴染みの白猫や、自分を捨てて養蜂家の男と駆け落ちした母親との苦い思い出を蘇らせてゆく。同時に、彼の心をずっと捉えて離れることのなかったある女のイメージが付き纏う。彼女は自分の名前を、香港の有名女優と同じワン・チーウェン(タン・ウェイ)だと言った。ルオはその女の面影を追って、現実と記憶と夢が交錯するミステリアスな旅に出る…











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
最高の花婿 アンコール 字幕
 quest-ce qu'on a encore fait au bon dieu?
●監督・脚本:フィリップ・ドゥ・ショーヴロン(『最高の花婿』)●出演:クリスチャン・クラヴィエ(『最高の花婿』)/シャンタル・ロビー(『最高の花婿』)/メディ・サドゥアン(『最高の花婿』)/アリ・アビタン(『最高の花婿』)/フレデリック・チョウ(『最高の花婿』)●2018年/フランス

“違い”を受け入れると、人生がもっと楽しくなる。

4人の娘たちの結婚相手は、みんな外国人!?毎日が異文化バトルの家族に新たな問題が。今度は婿たちが海外移住!――『最高の花婿』から4年、あの多国籍ファミリーが帰ってきた。保守的なカトリック教徒夫妻の4人の娘たちが結婚相手に外国人を選んだことから巻き起こる異文化、異宗教の家族問題の騒動を描いたフレンチ・コメディの続編。最高にパワーアップした愛と笑いを届ける感動作。

■待望の四女の子供が生まれることを楽しみにしていたヴェルヌイユ夫妻。ところが、夫妻が婿たちの実家を訪ねて世界を旅して帰ると、新たな問題が勃発!婿たちは、普通に暮らしていてもパリで受ける<異文化ハラスメント>に耐えられず、海外移住を宣言。孫にも会えず、家族がバラバラになることに心を痛める母マリーは、ある“作戦”を思いつくが…。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー
恐竜が教えてくれたこと 字幕
 mijin bijzonder rare week met tess
●監督:ステフェン・ワウテルロウト●出演:ソンニ・ファンウッテレン/ヨセフィーン・アレンセン/ユーリアン・ラッス/チェッボ・ヘッリツマ/スサン・ボーハールド●2019年/オランダ

地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな?

オランダのテルスヘリング島での家族との七日間のバカンス。少しだけ孤独なぼくが出会った不思議な女の子テスとの出会いをきっかけに、季節が動き出し、人生の秘密の扉が開き始める――児童文学の名著「ぼくとテスの秘密の七日間」の映画化。年と少女が繰り広げる秘密の計画を、みずみずしく描いた青春ドラマ。

■オランダ北部の島に、家族で夏のバカンスにきていた11歳の少年サム。彼は、「地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな」と悩む、小さな哲学者のような男の子。そんな彼が不思議な魅力にあふれた少女テスと出会う。彼女はいままで出会ったどんな友達とも別だった。はにかむ笑顔を見せるかと思えば、急にそっぽをむいたり、大笑いしたり…。そんなテスにサムはどんどん魅かれていく。

ある日サムは、テスからある重大なことを打ち明けられる。死んだと知らされていたパパを、ママには内緒で島に招待したというのだ。娘がいるなんて知らないパパに、娘の存在をどんな風に知らせるのか…。テスとサムの秘密の計画が実行される!七日後、それが二人の運命を大きく変えていくなんて、サムはその時想像もしなかった…。











































本編 2時03分
デジタル
カラー
ジョン・F・ドノヴァンの死と生 字幕 
 the death and life of john f.donovan
●監督・脚本:グザヴィエ・ドラン(『たかが世界の終わり』)●出演:キット・ハリントン(『ポンペイ』)/ナタリー・ポートマン(『プラネタリウム』)/スーザン・サランドン(『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』)/ジェイコブ・トレンブレイ(『グッド・ボーイズ』)/キャシー・ベイツ(『ミッドナイト・イン・パリ』)●2018年/カナダ/イギリス

僕を知るのは、世界にただ一人。君だけ――

美しきスターの死。一人の少年との“秘密の文通”によって明かされる真実とは――人気俳優の死の真相を巡り、華やかな世界の表と裏が描き出される人間ドラマ。

■2006年、ニューヨーク。人気俳優のジョン・F・ドノヴァンが29歳の若さでこの世を去った。自殺か事故か、あるいは事件か。謎の真相の鍵を握るのは、一人の少年だった。それから10年の歳月が過ぎ、ドノヴァンと当時11歳の少年だったルパート・ターナーの“秘密の文通”が一冊の本として出版される。今では注目の新進俳優となったルパートが、100通以上の手紙の公開に踏み切ったのだ。さらにルパートは、著名なジャーナリストの取材を受け、すべてを明かすと宣言するのだが──。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて 字幕
 fisherman's friends
●監督:クリス・フォギン(『キッズ・イン・ラブ』)●出演:ダニエル・メイズ(『シンクロ・ダンディーズ!』)/ジェームズ・ピュアフォイ(『その女諜報員 アレックス』)/デヴィッド・ヘイマン(『輝ける人生』)/デイヴ・ジョーンズ(『わたしは、ダニエル・ブレイク』)/タペンス・ミドルトン(『ジュピター』)●2019年/イギリス

人生には歌とビールとちょっぴりのユーモアが欠かせない

現役漁師が結成した最年長ボーイズバンドが契約金100万ポンドでメジャーデュー!?――漁師バンドがイギリス中を席巻する奇跡の実話。コーンウォールの美しい港町を舞台に贈る感動のサクセスストーリー。

■旅先で偶然フィッシャーマンズ・フレンズの浜辺ライブを見かけた音楽マネージャーのダニーは、上司に彼らとの契約を命じられ、小さな港町に居残るハメに。民宿の経営者でシングルマザーのオーウェンはダニーの失言に敵意をむき出しにしていたが、彼が見せた音楽への情熱に心を動かされる。契約できたものの、はたしてフィッシャーマンズ・フレンズは生き馬の目を抜く音楽業界でメジャーデビューできるのか?











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
バニシング 字幕
 a
●監督:クリストファー・ニーホルム●出演:ジェラルド・バトラー(『ハンターキラー/潜航せよ』)/ピーター・ミュラン(『サンシャイン/歌声が響く街』)/コナー・スウィンデルズ/ソーレン・マリン(『ある戦争』)/オラフ・ダリ・オラフソン●2018年/イギリス

そして、誰もいなくなった。真実のすべては、その島だけが知っている――。

1900年12月、スコットランド沖の北大西洋に浮かぶ孤島で3人の灯台守が忽然と消えた。その“謎”は今も、そして永遠に、解かれることはない――大ヒットTVシリーズ「THE KILLING/キリング」の監督が実在の事件《フラナン諸島の謎》を基に大胆な仮説と解釈で描く衝撃のミステリアス・スリラー。

■スコットランド沖のフラナン諸島。絶海に浮かぶ無人島アイリーン・モア島に、3人の灯台守がやって来る。これから6週間、寒風吹き荒ぶこの島で灯台をともし続けるのが彼らの仕事だ。メンバーは、灯台守を25年続けているベテランのトマス、短気で粗暴な大男のジェームズ、まだ新米の若者ドナルド。3人の静かで退屈な日々は、嵐の夜の翌朝、破られることになる。ドナルドが、流れ着いたボートと漂流者を発見。崖下に降り、ボートに積まれていた木箱を引き上げようとしていると、死んでいると思っていた漂流者が突然襲いかかってくる。身を護るため必死で抵抗したドナルドは、逆に漂流者を殺してしまった。そして木箱を開けてみると、中には金塊がぎっしりと詰められていたのだ。

思わぬ成り行きに動揺する3人の脳裏に、ドス黒い欲望が沸き上がってくる。死体を処分して、何も無かったことにすれば、金塊は自分たちの物になる……。だが3人のそんな想いをあざ笑うように、島にロックとボラという男たちが現れる。あの漂流者と木箱を探していた2人は、トマスたちの嘘を見破り、凶暴な正体をむき出しにする。血みどろの戦いの果て、気がつくと3人の前には、ロックたちの死体が転がっていた…。死体を海に捨て、すべては片付いたはずだった。だが、誰もが罪の意識に怯え、男たちの精神状態は限界に達してゆく。幻覚に追い立てられ、狂ったように暴れるジェームズ。疑心暗鬼は深まり、仲間だった3人は敵同士となり、自分だけが助かろうとあがきはじめる。そして遂に、破滅の時は訪れた…。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
ロニートとエスティ 彼女たちの選択 字幕 
 disobedience
●監督:セバスティアン・レリオ(『ナチュラルウーマン』)●出演:レイチェル・ワイズ(『女王陛下のお気に入り』)/レイチェル・マクアダムス(『スポットライト -世紀のスクープ-』)/アレッサンドロ・ニヴォラ(『アメリカン・ドリーマー -理想の代償-』)●2017年/イギリス

父なる信仰、赦されざれざる愛。

厳格なユダヤ・コミュニティの掟に抗い、惹かれあったロニートとエスティ。引き裂かれたはずの二人の運命が、再び重なり合う――タブーがないとされる現代社会に存在する、女性に自由のない閉鎖的な世界において、「disobedience=不服従」を貫こうとする二人の女性の“美しき純愛”を描いたヒューマンドラマ。

■ユダヤ教指導者の父と信仰を捨てて故郷を去り、ニューヨークで活躍するカメラマンのロニートは、自立して自由を謳歌しているようだったが、満たされてはいなかった。幼なじみのドヴィッドと結婚し、ユダヤの掟に従って生きる教師のエスティは、信仰を守り、尊敬する夫との安定した結婚生活が幸せだと思い込もうとしていた。運命的に再び出会った二人は、偽りの自分を捨てて本能的にお互いを求めあい、「本当の自分」を取り戻そうとする――。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー
前田建設ファンタジー営業部
 maedakensetsu fantasy eigyoubu
●監督:英勉(『ヒロイン失格』)●出演:高杉真宙(『ギャングース』)/上地雄輔(『漫才ギャング』)/岸井ゆきの(『愛がなんだ』)/本多力(『食べられる男』)/町田啓太(『jam』)●2020年/日本

マジンガーZの格納庫を作る?

アニメ「マジンガーZ」の地下格納庫兼プールを「現在の技術および材料で建設するとしたらどうなるのか?」と、アニメ界からの発注を受けたファンタジー営業部のメンバーが、実現を目指して検討する…という体裁のプロジェクト――日本の技術の底力を見せ付けた、「意味のないこと」に本気で取り組んだ熱きサラリーマンたちを描く実話から生まれた“積算エンターテインメント”。

■高度成長期のころ、ダム、トンネル、発電所など、数々の大プロジェクトに携わってきた前田建設工業株式会社の一室で、上司アサガワが言い放った「うちの技術で、マジンガーの格納庫を作ろう!」。それまで何気なく仕事をしてきた若手サラリーマンのドイと部員達が、上司のムチャぶりに巻き込まれ「マジンガーZの地下格納庫」の建設に挑む。

ただし、実物としては作らない。彼らに課されたミッションは、実物を作るのと全く同じように取り組むこと。そう、これは心の中に建設するという、日本の技術の底力を駆使したとんでもない無謀なプロジェクトだった。しかし、あまりに突拍子もないプロジェクトのため、なかなか社内の協力を得られない。 加えて、現実世界の常識では到底理解できないアニメ世界の途方も無い設定や、あいまいで辻褄の合わない設定に翻弄されるばかり…。 果たしてファンタジー営業部は、無事に「地下格納庫」の設計図と見積もり書を完成させ、プロジェクトを成功させることができるのか――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ザ・ピーナッツバター・ファルコン 字幕
 thepeanut butter falcon
●監督・脚本:タイラー・ニルソン/マイケル・シュワルツ●出演:シャイア・ラブーフ(『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』)/ダコタ・ジョンソン(『サスペリア』)/ザック・ゴッツァーゲン/ジョン・ホークス(『セッションズ』)/ブルース・ダーン(『ネブラスカ -ふたつの心をつなぐ旅-』)●2019年/アメリカ

孤独な漁師と夢を追う青年。人生で一度きりの特別な旅

ツキに見放された漁師と施設から脱走したダウン症の青年、お金も食料も移動手段もない。そんな二人が偶然に出会いDIYの旅に出る――『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサーが贈る、ひとつの夢が奇跡を起こすハートフルストーリー。

■老人の養護施設で暮らすダウン症のザックは、子どもの頃から憧れていたプロレスラーの養成学校に入ることを夢見て、ある日施設を脱走する。同じく、しっかり者の兄を亡くし孤独な毎日を送っていた漁師・タイラーは、他人の獲物を盗んでいたのがバレて、ボートに乗って逃げ出す。ジョージア州サバンナ郊外を舞台に、偶然にも出会った二人の旅の辿り着く先は…? やがて、ザックを探してやってきた施設の看護師エレノアも加わって、知らない世界との新たな出会いに導かれ、彼らの旅は想像をもしていなかった冒険へと変化していく。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
9人の翻訳家 囚われたベストセラー 字幕
 les traducteurs
●監督:レジス・ロワンサル(『タイピスト!』)●出演:ランベール・ウィルソン(『パリに見出されたピアニスト』)/オルガ・キュリレンコ(『ある天文学者の恋文』)/リッカルド・スカマルチョ(『ダリダ -あまい囁き-』)/シセ・バベット・クヌッセン(『アムール、愛の法廷』)/エドゥアルド・ノリエガ(『オープン・ユア・アイズ』)●2019年/フランス/ベルギー

あなたは、この結末を「誤訳」する。

大ベストセラー三部作の完結編が遂に完成。世界同時出版のために9カ国の翻訳者が完全隔離された洋館の密室に集められる ところが、冒頭の10ページがネットに流出。完璧な犯罪プロットさらに真犯人の驚愕の目的とは?――「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ出版秘話に基づく本格ミステリー。

■舞台はフランス、豪邸の地下に隠されたシェルターのごとき密室。大ベストセラーミステリー三部作の完結編「デダリュス」の翻訳のために選ばれし9人は、外出もSNSも電話も禁止される。ところが、最新鋭のセキュリティを突破して原稿の一部がネットに流出、「24時間以内に500万ユーロを支払わないと、次の100ページも公開する」という脅迫メールが、出版社社長のアングストロームのもとに届く。原稿にアクセスできるのは、作者のオスカル・ブラックと、アングストロームだけ。翻訳者の内部犯行だと確信したアングストロームは、自ら犯人探しに乗り出すが、銃さえ突きつけたさらなる厳格な監視のもと、第2の流出が実行される――。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
酔うと化け物になる父がつらい
 youto bakemononinaru chichiga tsurai
●監督・脚本:片桐健滋(『ルームロンダリング』)●出演:松本穂香(『おいしい家族』)/渋川清彦(『ルームロンダリング』)/今泉佑唯(『転がるビー玉』)/恒松祐里(『凪待ち』)/濱正悟(『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』)●2019年/日本

うちの“常識”はいつだって、よその“非常識”だった。

飲むと奇行を繰り返す父と新興宗教にはまる母を持つヒロインの毎日のサバイバルと、崩壊寸前の家族に待ち受ける運命とは――「涙が止まらない」と圧倒的な反響を呼んだ、アルコールにおぼれる父を持った菊池真理子の実録コミックエッセイを映画化した家族ドラマ。

■毎日アルコールにおぼれる父、新興宗教信者の母という一風変わった家庭環境で育ったサキは、普段はおとなしいのに酔うと化け物のように豹変する父の行動に悩まされ、いつしか自分の心にフタをして過ごすようになっていた。そんな自分とは正反対に明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられながら、サキは家族の崩壊を漫画として笑い話に昇華することでなんとか毎日を生きていた。そんなある日、父に病気が見つかってしまい…。











































本編 1時間20分
デジタル
カラー
BOYS/ボーイズ 字幕
 jongens
●監督:ミシャ・カンプ●出演:ヘイス・ブローム/コ・サンドフリット/ヨナス・スメールデルス/トン・カス(『孤独のススメ』)/フェルディ・ストフミール●2014年/オランダ

15歳の夏、僕は彼に出会った

「僕はゲイじゃない」「そんなの知ってる」繊細な性格で自分のセクシュアリティに悩む少年と、大胆なほど愛情を真っ直ぐに表現する少年の恋の行方は――思春期の少年同士の淡い恋をつづったオランダ発の青春ラブストーリー。

■陸上部に所属する少年シーヘルは、チャンピオンシップ大会に向けて結成された強化チームに選ばれ、同じく選手として選ばれた自由快活で爽やかな少年マークと出会う。仲間としてつきあっていくうち、やがてマークに対してシーヘルの中に友情なのか恋なのかわからない気持ちが芽生える..。自分の気持ちに戸惑いながら、たった1度きりの15歳の眩い時、少年は本当の恋を知る――。











































本編 3時間05分
デジタル
カラー
在りし日の歌 字幕
 so long my son
●監督・脚本:ワン・シャオシュアイ●出演:ワン・ジンチュン(『オルドス警察日記』)/ヨン・メイ(『海洋天堂』)/アイ・リーヤー/チー・シー(『二重生活』)/ワン・ユエン●第69回ベルリン国際映画祭 最優秀男優賞&女優賞 ダブル受賞●2019年/中国

喜びも、悲しみも一緒に重ねてきた日々は、こんなにも愛おしい。

ささやかな幸せに満ちた日常は、最愛のひとり息子の死によって失われた――改革開放後、“一人っ子政策”が進む1980年代、めざましい経済成長を遂げた1990年代、そして2010年代。喜びと悲しみ、出会いと別れを繰り返し、それでも共に生きていく夫婦の姿を、激動の中国30年を背景に映し出す人間ドラマ。

■ヤオジュンとリーユン夫婦は、ひとり息子のシンと中国の地方都市で幸せに暮らしていた。同じ工場の同僚であるインミンとハイイエン夫婦には、偶然にも同じ年の同じ日に生まれた息子ハオがいた。両親たちは、お互いそれぞれの子の義理の父母としての契りを交わし、息子たちは兄弟のように育った。ある時、リーユンは第二子を妊娠するが “一人っ子政策”に反するため堕胎させられてしまう。さらに、リーユンは手術時の事故で二度と妊娠できない身体になった。

ある日、ハオは「川で遊ぼう」とシンを誘うが、泳げないシンは頑なに嫌がる。怒ったハオはシンを残して一人で仲間たちのもとへ行ってしまった。やがて日が沈みかけた頃、数人の大人たちが必死の様子で川にやってくる。「シンシン!早く病院へ!」大人たちのその姿を、体を震わせながら真っ青な表情で見ているハオ。大切なひとり息子シンを事故で失い、乗り越えられない悲しみを抱えたふたりは、住み慣れた故郷を捨て、親しい友と別れ、見知らぬ町へと移り住む。やがて時は流れ――。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
エクストリーム・ジョブ 字幕 
 extreme job
●監督:イ・ビョンホン(『二十歳』)●出演:リュ・スンリョン(『王になった男』)/イ・ハニ(『私は王である!』)/チン・ソンギュ(『 暗数殺人』)/イ・ドンフィ(『幼い依頼人』)/コンミョン(『色男ホ・セク』)●2019年/韓国

昼はチキン店、夜は潜入捜査官。前代未聞の“揚げる大捜査線”が始まる!!

麻薬捜査班が検挙のために偽装営業したのは、フライドチキン店!?犯人を挙げるか、チキンを揚げるか――麻薬組織捜査のため、フライドチキン店の従業員を装うという前代未聞の手段を取る捜査官の姿を描くアクションコメディ。

■昼も夜もなく駈けずり回っているものの実績は最低で解散の危機に瀕した麻薬捜査班。リーダーのコ班長は麻薬を密輸している国際犯罪組織の情報を入手し、チャン刑事、マ刑事、ヨンホ、ジェフンの4人のメンバーとともに張り込み捜査することに。24時間監視するため、犯罪組織のアジトの前にあるフライドチキンの店を買い取り、偽装営業する。しかし絶対味覚を持つマ刑事の作るチキンの評判がたちまち広まり、店が大繁盛してしまう。捜査は後回しになり、店の営業でてんてこ舞いの麻薬捜査班に、ある日絶好の機会が訪れるが…。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
娘は戦場で生まれた 字幕
 for sama
●監督:ワアド・アルカティーブ/エドワード・ワッツ●出演:ワアド・アルカティーブ/サマ・アルカティーブ/ハムザ・アルカティーブ●第72回カンヌ国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞 受賞●2019年/イギリス/シリア

娘〈サマ〉よ、これがあなたの故郷。

“サマ”のために――いまだ解決をみない未曾有の戦地シリア。死と隣り合わせの中で、母はカメラを回し続ける。愛する人々の生きた証を残すため、すべては娘(あなた)のために――いま全世界に伝えたい、戦争と人間を赤裸々に映しだす緊迫のドキュメンタリー。

■ジャーナリストに憧れる学生ワアドは、デモ運動への参加をきっかけにスマホでの撮影を始める。しかし、平和を願う彼女の想いとは裏腹に、内戦は激化の一途を辿り、独裁政権により美しかった都市は破壊されていく。そんな中、ワアドは医師を目指す若者ハムザと出会う。彼は仲間たちと廃墟の中に病院を設け、日々繰り返される空爆の犠牲者の治療にあたっていたが、多くは血まみれの床の上で命を落としていく。

非情な世界の中で、二人は夫婦となり、彼らの間に新しい命が誕生する。彼女は自由と平和への願いを込めて、アラビア語で“空”を意味する“サマ”と名付けられた。幸せもつかの間、政府側の攻撃は激しさを増していき、ハムザの病院は街で最後の医療機関となる。明日をも知れぬ身で母となったワアドは家族や愛すべき人々の生きた証を映像として残すことを心に誓うのだった。すべては娘のために――。











































本編 2時間16分
デジタル
カラー
プリズン・サークル
 prison circle
●監督:坂上香(『ライファーズ/終身刑を超えて』)●2019年/日本

ぼくたちがここにいる本当の理由

過熱する犯罪報道、厳罰化を叫ぶ声。けれど私たちは、この国の「罪」と「罰」について多くを知らない。処罰から回復へ。今、日本の刑務所が変わろうとしている――取材許可まで6年、撮影2年。初めて日本の刑務所にカメラを入れた圧巻のドキュメンタリー。

■「島根あさひ社会復帰促進センター」は、官民協働の新しい刑務所。警備や職業訓練などを民間が担い、ドアの施錠や食事の搬送は自動化され、ICタグとCCTVカメラが受刑者を監視する。しかし、その真の新しさは、受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促す「TC(Therapeutic Community=回復共同体)」というプログラムを日本で唯一導入している点にある。

なぜ自分は今ここにいるのか、いかにして償うのか? 彼らが向き合うのは、犯した罪だけではない。幼い頃に経験した貧困、いじめ、虐待、差別などの記憶。痛み、悲しみ、恥辱や怒りといった感情。そして、それらを表現する言葉を獲得していく…。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
コロンバス 字幕
 colombus
●監督・脚本:コゴナダ●出演:ジョン・チョー(『search/サーチ』)/ヘイリー・ルー・リチャードソン(『スプリット』)/ロリー・カルキン(『HICK ルリ13歳の旅』)/パーカー・ポージー(『ブロークン・イングリッシュ』)/ミシェル・フォーブス(『ザ・プロデューサー』)●2017年/アメリカ

美しいこの街で二人は出逢い、そしてまた歩き出す…

モダニズム建築の宝庫として知られるインディアナ州コロンバスを舞台に、人生に迷いを抱えた男女の心の触れ合いを映し出す――モダニズム建築への恋文とも言うべき映像美。韓国系アメリカ人の新人監督ココナダが、小津安二郎にオマージュを捧げたヒューマンドラマ。

■エーロ・サーリネン、エリエル・サーリネン、IMペイ、リチャード・マイヤー、アレキサンダー・ジラルド…、舞台はモダニズム建築の宝庫として知られるインディアナ州コロンバス。建築学者の父が倒れたという報を受け、韓国に移住していた息子のジンはコロンバスを訪れる。父との確執もありこの街に留まることを厭うジンが出会ったのは、夢を諦め母の看病を理由にこの街に留まる図書館員のケイシー。どこまでも対照的な二人の運命が交錯し、建築を巡り、語ることで、それぞれの新しい人生に向かって歩き出す――。











































本編 1時間40分
ブルーレイ
カラー
エスケープ ナチスからの逃亡 字幕
 the birdcatcher
●監督:ロス・クラーク●出演:サラ=ソフィー・ブースニーナ(『特捜部Q -キジ殺し-』)/アウグスト・ディール(『マルクス・エンゲルス』)/ヤコブ・セーダーグレン(『THE GUILTY/ギルティ』)/ヨハネス・バー・クンケ●2019年/ノルウェー/イギリス

迫り来る恐怖、その時“少年”は…

ナチス占領下、生きるために少女は男になった――戦時下のノルウェーを舞台に、ナチスから逃れるため男のふりをして生きる少女を描いた歴史ドラマ。

■1942年、ナチス占領下のノルウェー。14歳のエスターが住む小さな町トロンデンハイムにもついにナチスの手が及び、愛する家族たちは次々と逮捕、殺害される。命からがら逃げのびたエスターは森の中にある農場に匿われる。生きるために髪を切り、男として身分を偽ることを決めたエスターだったが、その家はナチスの協力者だった。辛い労働に耐えながら、何とか脱出の機会をつかもうとするが…。











































本編 2時間13分
デジタル
カラー
スウィング・キッズ 字幕 
 swing kids
●監督・脚本:カン・ヒョンチョル(『サニー 永遠の仲間たち』)●出演:D.O.(『7号室』)/ジャレッド・グライムス/パク・ヘス(『あなた、そこにいてくれますか』)/オ・ジョンセ(『操作された都市』)/キム・ミノ●2018年/韓国

激動の1951年――捕虜収容所で結成された、国籍も身分も異なる寄せ集めのタップダンスチーム

「捕虜たちとダンスチームを作ったらどうだ?」朝鮮戦争時の、捕虜収容所のイメージアップのために、捕虜たちのダンスチームが結成される――“朝鮮戦争”という最も悲しい歴史と、“ダンス”という最も胸がときめく題材の異質な組み合わせにより、社会思想の対立、戦争による傷、人種差別などのすべてをダンスを通じて乗り越え、1つになっていく人々のストーリーを感動的に描くヒューマンドラマ。

■1951年。朝鮮戦争当時、最大規模の巨済(コジェ)捕虜収容所。新しく赴任した所長は収容所の対外的なイメージメイキングのために、戦争捕虜たちによるダンスチーム結成プロジェクトを計画する。

収容所で一番のトラブルメーカー ロ・ギス、4か国語も話せる無認可の通訳士 ヤン・パンネ、生き別れた妻を捜すために有名になることを望み、愛に生きる男 カン・ビョンサム、見た目からは想像できないダンスの実力を持った栄養失調の踊り手 シャオパン、そして彼らのリーダーであり元ブロードウェイのタップダンサー ジャクソンまで、紆余曲折の末、一堂に会した彼らの名前はスウィング・キッズ!それぞれ異なる事情を抱えてダンスを踊ることになり、デビュー公演が目前に迫っていた。国籍、言葉、イデオロギー、ダンスの実力、全てがちぐはぐな寄せ集めダンスチームは前途多難でしかないが…。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
さよならテレビ
 sayonara televi
●監督:土方宏史(『ヤクザと憲法』)●2019年/日本

これは、裸のラブレター

薄っぺらいメディアリテラシーはもういらない。テレビの現場は日々、何に苦悩し、何を恐れ、どんな決断を迫られているのか。果たして、今のテレビにレゾンデートルはあるのか?――『ヤクザと憲法』監督&プロデューサーが自社の報道部にカメラを向け、描くテレビの自画像。東海テレビドキュメンタリー劇場第12弾。

■今は昔。テレビは街頭の、お茶の間の、ダントツの人気者だった。豊かな広告収入を背景に、情報や娯楽を提供する民間放送は、資本主義社会で最も成功したビジネスモデルの一つだった。しかし、その勢いはもうない。「テレビは観ない」と公言することがクールだった時代を通り越し、今はテレビを持たない若者も珍しくない。

マスメディアの頂点でジャーナリズムの一翼を担ってきたテレビが、「マスゴミ」と揶揄されるようになって久しい。これは市民社会の成熟か、あるいはメディア自身の凋落か…。今、テレビで、何が起きているのか? 『ホームレス理事長』『ヤクザと憲法』のクルーが、自社の報道部にカメラを入れた――。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を 字幕
 the bra
●監督・脚本:ファイト・ヘルマー(『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』)●出演:ミキ・マノイロヴィッチ(『アンダーグラウンド』)/チュルパン・ハマートヴァ(『ツバル』)/イスマイル・クルザデ/マヤ・モルゲンステルン(『パッション』)/パス・ベガ(『スパングリッシュ/太陽の国から来たママのこと』)●2018年/ドイツ/アゼルバイジャン

このブラは誰のもの?

女性たちが線路越しに洗濯物を干す住宅街を通る貨物列車の運転士ヌルラン。定年を迎える日、彼が運転を終えると、青いブラジャーが列車に引っかかっていた――ロケ地アゼルバイジャンの山あいに実在した街をモデルに、青いブラジャーをめぐる大人のファンタジーと冒険。世界各国の美女が総出演。前編セリフなしの極上ファンタスティック・人生ロードムービー。

■広大な草原を走る貨物列車の鉄道運転士ヌルラン。定年退職を控える彼の列車は、線路上にテーブルを置いてお茶を飲む男性たち、洗濯物を干す女性たちが日常をすごす住宅街も通り抜ける。ついに最後の日。運転を終えると、列車に美しく青いブラジャーが引っかかっていた。「このブラは誰のもの?」 持ち主を探す日々がはじまるが…。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
レ・ミゼラブル 字幕
 les miserables
●監督・脚本:ラジ・リ●出演:ダミアン・ボナール/アレクシス・マネンティ/ジェブリル・ゾンガ/イッサ・ペリカ/アル・ハサン・リ●第72回カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞●2019年/フランス

“悲劇(レ・ミゼラブル)”は終わらない。
この街は今も燃えている。


パリ郊外、犯罪防止班に新たに配属された警官のステファンと同僚たちは、ある少年の引き起こした些細な事件をきっかけに、やがて取り返しのつかない事態へと陥っていく――現代社会の闇をリアルに描く、衝撃の問題作。

■パリ郊外に位置するモンフェルメイユ。ヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台でもあるこの街は、いまや移民や低所得者が多く住む危険な犯罪地域と化していた。犯罪防止班に新しく加わることになった警官のステファンは、仲間と共にパトロールをするうちに、複数のグループ同士が緊張関係にあることを察知する。そんなある日、イッサという名の少年が引き起こした些細な出来事が大きな騒動へと発展。事件解決へと奮闘するステファンたちだが、事態は取り返しのつかない方向へと進み始めることに…。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
シェイクスピアの庭 字幕 
 all is true
●監督:ケネス・ブラナー(『ヘンリー五世』)●出演:ケネス・ブラナー(『から騒ぎ』)/ジュディ・デンチ(『ヴィクトリア女王 最期の秘密』)/キャスリン・ワイルダー/リディア・ウィルソン(『アバウト・タイム -愛おしい時間について-』)/イアン・マッケラン(『グッドライアー 偽りのゲーム』)●2018年/イギリス

真実の愛は、すぐそばにある

なぜシェイクスピアは断筆したのか――。最愛の息子の死、家族との角質。父であり、夫であった偉大なる天才作家の知られざる最期の日々――ケネス・ブラナー悲願のプロジェクト。不朽の名作を生み出した文豪シェイクスピアの人生最後の3年間を描いた伝記劇。

■1613年6月29日、『ヘンリー八世』(発表当時のタイトルはAll is True)上演中にグローブ座を焼き尽くした大火災の後、断筆したシェイクスピアは故郷へ戻った。20余年ものあいだ、めったに会うことのなかった主人の突然の帰還。8つ年上の妻アンと未婚の次女ジュディス、町医者に嫁いだ長女スザンナは、驚きと戸惑いを隠せずにいた。そんな家族をよそに、17年前に11歳で他界したジュディスの双子の弟ハムネットの死に取り憑かれたシェイクスピアは、愛する息子を悼む庭を造り始める。

ロンドンで執筆活動に勤しんでいた長いあいだに生じた家族との溝はなかなか埋まらなかったが、気付かなかった家族の秘めた思いや受け入れ難い事実が徐々に露わになってゆく…。すべてを知り尽くしていたはずの天才劇作家シェイクスピアでさえ知らなかった驚愕の事実が、彼の家族のなかに潜んでいたのだった――。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
星屑の町
 hoshikuzu no machi
●監督:杉山泰一(『の・ようなもの のようなもの』)●出演:大平サブロー(『宇宙の法則』)/ラサール石井(『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE -勝どき橋を封鎖せよ!-』)/小宮孝泰(『黒帯 KURO-OBI』)/渡辺徹(『リンキング・ラブ』)/のん(『この世界の片隅に』声)●2019年/日本

人生は、いつだって輝ける

売れないコーラスグループと歌手を夢見るヒロインが出会ってしまって大ブレイク!?――25年愛され続けた大人気舞台が遂に映画化。「恋の季節」「宗右衛門町ブルース」「ほんきかしら」「新宿の女」「中の島ブルース」など昭和歌謡の名曲にのせて贈る、笑って泣ける人情ドラマ。

■「山田修とハローナイツ」。大手レコード会社の社員だった山田修をリーダーに、歌好きの飲み仲間、市村敏樹と込山晃、青木五郎をコーラスに、大阪ミナミでくすぶっていた歌手の天野真吾をボーカルに迎えてスタート。途中から参加した西一夫は、ハローナイツの借金を肩代わりするのを条件に、博多の焼き鳥屋と4人の子どもを女房にまかせてメンバーになった。それぞれの事情を抱えながらグループを続けてきたものの、これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城と地方を回りながら、何とか細々と活動を続けている。

そんなある日、東北の田舎町でメンバーが出会ったのは、東京から出戻り、再び歌手になる日を夢見る田舎娘・愛。 突然、ハローナイツに入りたいと直訴して、大騒動に発展、すったもんだの末に、愛はハローナイツに加入することとなり、状況が一変!たちまち人気者となりスポットライトを浴びることになる。 思いがけず夢を叶えたかに見えたメンバーだったが――。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
私の知らないわたしの素顔 字幕 
 celle que vous croyez
●監督・脚本:サフィ・ネブー●出演:ジュリエット・ビノシュ(『真実』)/ニコール・ガルシア(『アメリカの伯父さん』)/フランソワ・シビル(『おかえり、ブルゴーニュへ』)/マリー=アンジュ・カスタ/ギョーム・グイ(『ぼくを探しに』)●2019年/フランス

女はどうにも止まらない。

パリの高層マンションに暮らす美しき大学教授のクレール。ほんの出来心で足を踏み入れたSNSの世界は、二転三転のジェットコースターだった――フランスを代表する大女優ジュリエット・ビノシュの新境地。熱くて冷たいサイコロジカルサスペンス。

■パリの高層マンションに暮らす50代の美しき大学教授クレール。ある日年下の恋人に簡単に捨てられてしまったことをきっかけに、SNSの世界に足を踏み入れる。Facebookで〈24歳のクララ〉に成りすまし、彼の友人アレックスとつながったクレール。だが、アレックスと〈クララ〉が恋に落ちてしまったことで事態は思わぬ方向に転がっていく。そして次第にクレールは自分の正体を明かしたい衝動に突き動かされていくが…。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
mellow
 mellow
●監督・脚本:今泉力哉(『愛がなんだ』)●出演:田中圭(『劇場版おっさんずラブ -LOVE or DEAD-』)/岡崎紗絵(『午前0時、キスしに来てよ』)/志田彩良(『ひかりのたび』)/松木エレナ/白鳥玉季(『永い言い訳』)●2020年/日本

その想い、この花とまれ

街で一番オシャレな花屋「mellow」と、廃業寸前のラーメン屋を舞台に、その周辺の様々な人々のたくさんの実らない恋――『愛がなんだ』の今泉力哉監督が主演に田中圭を迎え不器用な片想いたちの物語を描く、恋愛群像エンターテイメント。

■オシャレな花屋「mellow」を営む夏目誠一。独身、彼女無し。好きな花の仕事をして、穏やかに暮らしている。姪っ子のさほは、転校後、小学校に行けない日がたまにある。そんな時、姉は夏目のところにさほを預けにやってくる。さほを連れていくこともある近所のラーメン屋。代替わりして若い女主・木帆が営んでいる。亡くなった木帆の父の仏壇に花を届けるのも夏目の仕事だ。

常連客には近くの美容室の娘、中学生の宏美もいる。彼女はひそかに夏目にあこがれている。店には様々な客がいて、丁寧に花の仕事を続ける夏目だが、ある日、常連客の人妻、麻里子に恋心を打ち明けられる。しかも、その場には彼女の夫も同席していた…。様々な人の恋模様に巻き込まれていく夏目だが、彼自身の想いは…。











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
プラド美術館 驚異のコレクション 字幕
 the prado museum a collection of winders
●監督:バレリア・パリシ●出演:ジェレミー・アイアンズ(『運命の逆転』)●2019年/イタリア/スペイン

■時を越えて輝き続ける、世界屈指の美の殿堂へようこそ

ベラスケス、ルーベンス、ゴヤ、エル・グレコ、ティツイアーノ、ボス….。スペイン王室が愛した美と情熱の至宝。ピカソやダリも夢に見たプラド美術館。王家が慈しんだコレクションが初めて銀幕の世界へ――2019年に開館200周年を迎えた世界最高峰の美術館、その全貌に迫るドキュメンタリー。

■スペインの首都、マドリード。スペイン黄金世紀を後世に伝えるプラド美術館が、2019年11月19日に開館200周年を迎えた。15世紀から19世紀にかけて歴代のスペイン王室が「知識ではなく心で」ひとつひとつ買い集めた美術品は約8700点。膨大な家宝の一部を公開する美の宝庫は、毎年約300万人もの美術愛好家が訪れるヨーロッパ屈指の美術館としてその名を轟かせている。

そのプラド美術館に、今回カメラが初密着した。コレクションの中でも注目は、フェリペ4世の寵愛を受け王宮配室長に登り詰めたディエゴ・ベラスケスや、カルロス4世に重用されつつも時代に翻弄されたフランシスコ・デ・ゴヤ、日本でも人気の高いエル・グレコの傑作群だ。カメラは作品に限界まで接写し、天才たちの筆遣いを克明に映し出す。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
悲しみより、もっと悲しい物語 字幕 
 more than blue
●監督:ギャビン・リン●出演:リウ・イーハオ/アイビー・チェン(『聴説』)/アニー・チェン/ブライアン・チャン/エマ・ウー●2018年/台湾

キミは優しい嘘をついた。

音楽プロデューサーと作詞家の男女が織りなす、純粋で献身的な愛の形――クォン・サンウ主演の韓国映画『悲しみよりもっと悲しい物語』を台湾でリメイクし、空前の社会現象を巻き起こした超メガヒットラブストーリー。

■高校時代に運命的な出会いを果たした、音楽プロデューサーのKと作詞家のクリーム。それぞれ家族を失い、身寄りのなくなった2人は一緒に生活するようになり、互いに恋心を抱く。しかし、白血病を抱え、病状が悪化しはじめていたKは、クリームに気持ちを伝えずにいた。余命わずかのKは、自分がいなくなってもクリームが幸せに生きていけるよう、別の男性に彼女を託す。クリームの結婚を見届け、Kの目的は果たされたかのように思えたが…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
踊ってミタ
 odotte mita
●監督・脚本:飯塚俊光(『ポエトリーエンジェル』)●出演:岡山天音(『ポエトリーエンジェル』)/加藤小夏/武田玲奈(『ポエトリーエンジェル』)/中村優一(『スレイブメン』)/横田真悠(『ヌヌ子の聖★戦 -HARAJUKU STORY-』)●2019年/日本

未来は、僕らの、手の中にある

映像作家になる夢に破れ故郷の観光課職員となった三田。2週間で町を活性化するよう町長に命じられ、町民参加の「踊ってみた」動画制作に取り組むが――『ポエトリーエンジェル』の飯塚監督と岡山天音、3度目のタッグ作品は、過疎化が進む町の住民たちが“踊り”によって再生していく姿を描いたヒューマンドラマ。

■東京で映像作家の夢破れた三田は、春野山町役場シティプロモーション課で働いていた。深刻な過疎化、観光資源なし、あるのは名物・干し芋と自然だけ。イケてるクリエイターとはあまりにもかけ離れたド田舎で、三田は現状を認められないまま腐っていた。そんな折、町を活性化しろとの町長・丸山の命令で観光動画を制作することになる。「最高にかっこいい映像作るしかねぇだろ!」しかし意識は高いがセンスはゼロの三田。見かねた同僚の真鍋の提案により“踊ってみた”動画作成をスタート。だが、期限はたったの2週間。

集まった踊り手は、真鍋の妹で金髪ヤンキーのミネタ、盆踊り大好き外国人ダリ、そしてパラパラを踊るお爺ちゃんとその孫のたった4人…。さえないメンツに気落ちする三田は、ご当地アイドル“星いもco.”の元メンバー・古泉ニナが町にいることを知り、加入を迫るが「変態」と罵られ取り付く島もない。まとまらないメンバーに町長の無茶ぶり、町の人にも白い目で見られ制作は難航。 それでも、三田の奮闘により完成が近づくなか、町全体を揺るがすネット大炎上事件が起こる…。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方 字幕
 the biggest little farm
●監督・脚本:ジョン・チェスター●出演:ジョン・チェスター/モリー・チェスター●2018年/アメリカ

息を呑むほど美しい“究極のオーガニック農場”が出来るまで

時に、大自然の厳しさに翻弄されながらも、そのメッセージに耳を傾け、命のサイクルを学び、愛しい動物や植物たちと未来への希望に満ちた究極に美しい農場を創りあげていく――AFI映画祭2018観客賞はじめ世界各国の観客賞を受賞。自然を愛する夫婦が“夢”を追う8年間の奮闘を描く奇跡のドキュメンタリー。

■殺処分寸前で保護した愛犬のトッド。その鳴き声が原因で大都会ロサンゼルスのアパートを追い出されたジョンとモリー。料理家の妻は、本当に体にいい食べ物を育てるため、夫婦で郊外へと移り住むことを決心する。しかし、そこに広がっていたのは200エーカー(東京ドーム約17個分)もの荒れ果てた農地だった――。











































本編 1時間25分
デジタル
カラー
衝動 世界で唯一のダンサオーラ 字幕
 impulso
●監督・脚本:エミリオ・ベルモンテ●出演:ロシオ・モリーナ/エドアルド・トラシエラオルーコ/ホセ・アンヘル・カルモナ/オルーコ/パブロ・マルティン・ジョーンズ●2017年/フランス/スペイン

ダンスの魂、降臨――

強く、美しく、圧倒的!異次元のダンサー、ロシオ・モリーナのステージの幕が開く――伝説のバレエダンサー、ミハイル・バリシニコフがひざまずいて敬意を表した、驚異の天才フラメンコダンサー、ロシオ・モリーナ。ダンスに魅せられ、ダンスを追及し続ける唯一無二の天才が生み出す、フラメンコの伝統と舞台芸術の革新が融合した驚異のステージ。その裏側に迫るドキュメンタリー。

■3歳でダンスに目覚め、恵まれているとはいえない体格をものともせず頂点に上り詰めた彼女は自らをダンサオーラと呼び、その天才的なリズム感、驚異的な身体能力、天性の芸術的感性で異次元のステージを繰り広げる。本作では、彼女のステージの創作現場を追う。パリのエッフェル塔を望むシャイヨー国立舞踊劇場での上演までの道のりに密着した。

仲間たちとの創作練習、そして圧巻の本番のステージ。フラメンコ界の重鎮、ラ・チャナやフェルナンド・デ・ラ・モレーナたちとの心震えるセッション。そして、家族や本人のインタビューを通して、彼女の心の内側にも迫る。世界中のファンを魅了してやまない彼女のパフォーマンスやステージはどのように出来上がっていくのか。フラメンコの枠を超えた注目を浴びながら、フラメンコの魂を持ち続ける彼女が追求するステージとは――。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像 字幕
 tumma kristus
●監督:クラウス・ハロ(『こころに剣士を』)●出演:ヘイッキ・ノウシアイネン(『ヤコブへの手紙』)/ピルヨ・ロンカ/アモス・ブロテルス/ステファン・サウク(『マイ・リトル・ガーデン』)/ペルッティ・スヴェーホルム(『カラマリ・ユニオン』)●2018年/フィンランド

謎の肖像画がもたらす人生の真価――

家族を捨て、仕事に生きた男が出会った「運命の絵」は作者不明。孫とともに挑む、すべてをかけた“最後の大勝負(オークション)”がいまはじまる―― “フィンランドを代表する監督”と称され名高いクラウス・ハロ監督の最新作。国立美術館や現地ギャラリーの全面協力のもと、街とともに歳を重ねた老美術商のプロフェッショナルの生きざまを、丁寧に、エモーショナルに描き出したヒューマンドラマ。

■年老いた美術商のオラヴィは、なによりも仕事を優先してきた。家族も例外ではなかったが、長年音信不通だった娘に頼まれ問題児の孫息子・オットーを職業体験のため数日預かることに。その矢先、オークションハウスである一枚の肖像画に目を奪われる。ひと目で価値ある作品だと確信したが、絵には署名がなく、作者不明のまま数日後のオークションに出品されるという。

「あと一度だけでいい、幻の名画にかかわりたい」――オットーとともに作者を探し始めたオラヴィは、その画風から、近代ロシア美術の巨匠イリヤ・レーピンの作品といえる証拠を掴む。画家の命である署名がないことだけが気がかりだったが、オークションへ向け資金繰りに奔走するオラヴィ。そんな折、娘親子が自分の知らないところで大きな苦労をしていたことを知るが…。生涯を美術品に捧げた男がたどり着いた、真に価値ある人生とは――。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから 字幕
 mon inconnue
●監督:ユーゴ・ジェラン(『あしたは最高のはじまり』)●出演:フランソワ・シビル(『おかえり、ブルゴーニュへ』)/ジョセフィーヌ・ジャピ(『マンク -破戒僧-』)/バンジャマン・ラヴェルヌ(『不実な女と官能詩人』)●2019
年/フランス/ベルギー

“愛”を知ること。それは、“愛”すること。

運命の出会いから結婚して10年。もう一つの世界で、“恋”が“愛”に変わる――フランスで大ヒットを記録した『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督。『エール!』製作陣と再タッグを組んだ最新作。自分本位な夫が、最愛の人が自分を知らない、さらに立場が逆転した〈もう一つの世界〉に迷い込み、“愛の試練”に立ち向かう姿を描いたファンタジック・ラブストーリー。

■高校時代に一目惚れをして結婚した、ラファエルとオリヴィア。結婚10年目を迎え、小説家を目指していたラファエルは、いまや子どもたちに人気のベストセラーSF作家に。一方、小さなピアノ教室を開きながらピアニストの頂点を目指すオリヴィアは、仕事のことばかり考えているラファエルとのすれ違いの生活に孤独を感じていた。そんなある日、我慢の限界に達したオリヴィアがラファエルに想いをぶつけると大喧嘩に…。

翌日、人気作家の特別授業として中学校を訪れたラファエルは、出会う人々の様子がおかしいことに戸惑いを覚える。そこでの自分は卓球に熱を上げるしがない中学校の教師で、オリヴィアは人気ピアニストとして活躍する、立場が逆転した<もう一つの世界>だった。そして、その世界のオリヴィアはラファエルを知らなかった…。

自分にとってオリヴィアがすべてだと気付かされたラファエル。もう一度オリヴィアと愛し合うことで元の世界に戻れると信じ、あの手この手を使って接触を試みる。二人は少しずつ心を通わせ合うものの、オリヴィアは公私共に長年連れ添ったパートナーと婚約することに。そこでラファエルは、ある重大なことに気づき、人生最大の決断を下す。それは、“恋”しか知らなかったラファエルがオリヴィアの幸せを一番に願う“愛”の決断だった…。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
凱里(かいり)ブルース 字幕
 kaili blues
●監督:ビー・ガン(『ロングデイズ・ジャーニー -この夜の涯てへ-』)●出演:チェン・ヨンゾン/ヅァオ・ダクィン/ルオ・フェイヤン/シエ・リクサン/ゼン・シュアイ●第68回ロカルノ国際映画祭新進監督賞&特別賞 受賞●2015年/中国

ひとの想いは、時の流れの中にさまよう。
ひとの魂は、水の流れの狭間にたゆたう


霧と湿気に包まれた亜熱帯の山村で、幽霊のように暮らす町医者のチェン。彼との時間を生きてきたはずの母や妻、甥の姿はそこにはない。チェンは、愛した人たちとの時間を取り戻すために、旅に出る――『ロングデイズ・ジャーニー -この夜の涯てへ-』のビー・ガン監督、衝撃のデビュー作は幻想的なヒューマンドラマ。

■凱里にある霧に包まれた小さな診療所に勤務し、幽霊のように毎日を送るシェン。刑期を終えて、凱里に帰った時には妻はすでにこの世になく、かわいがっていた甥も何者かによって連れ去られてしまった。シェンは甥と同じ診療所で働く年老いた女医のかつての恋人を捜す旅に出る。その途上で立ち寄ったダンマイという名の村は、過去の記憶、現実、そして夢が混在する不思議な村だった…。











































本編 1時間14分
デジタル
カラー
オーバー・ザ・リミット 新体操の女王マムーンの軌跡 字幕
 over the limit
●監督・脚本:マルタ・プルス●出演:マルガリータ・マムーン/イリーナ・ヴィネル/アミーナ・ザリポア●2018年/ポーランド/ドイツ/フィンランド

全ては金メダルのために。

新体操金メダリストの美しくも苛烈な舞台裏が今、ベールを脱ぐ――新体操の女王リタがリオ・オリンピックで金メダルを獲得するまでの道のりを追ったドキュメンタリー。美しく華やかな表舞台で栄光を勝ち取るため、 アスリートはその裏で何をしているのか。『セッション』や『ブラック・スワン』などと比較される強烈な世界を映し出す。

■「あなたは人じゃない。アスリートなの!」リタ(=マルガリータ・マムーン)は、新体操王国ロシアの代表選手。オリンピックに向けて、鬼コーチたちからの強烈な指導を受け、日々の練習に励む。アリーナ・カバエワなど、数多くのオリンピック金メダリストを育て上げたイリーナ・ヴィネルの指導は、特に精神面において厳しい。リタは優雅にリングをキャッチし、ボールを肩で転がすが、コーチたちは更なる高みを求め、何度も何度も繰り返させる。わずかな自由時間には、彼氏と電話で話したり家族と穏やかに過ごすが、すぐにまた激烈なトレーニングが始まる。











































本編 1時間57分
デジタル
カラー
パパとムスメの7日間 字幕 
 hon papa da con gal
●監督:落合賢(『サイゴン・ボディガード』)●出演:タイ・ホア(『ホイにオマカセ』)/ケイティ・グエン/ヴァン・チャン/トラン・ヒー/ギア・グエン●2018年/ベトナム

コドモな大人とオトナなコドモ。ある日突然、入れ替わり!?

ダメパパと女子高生のしっかりムスメ。ある日突然入れ替わった!?――日本でもドラマ化された五十嵐貴久の同名小説をベトナムで映画化。現代の親子の在り方、世代間のギャップを奇抜なタッチで描いた抱腹絶倒のハートフルファミリーコメディ。

■国内屈指の大手化粧品会社で働いているが家ではダメな父親と、真面目でしっかり者な女子高生の娘。そんな2人の人格が突然入れ替わってしまい、2人は周囲にばれないように意思疎通を図るが、お互いに良かれと思ってしたことが裏目に出てしまい、関係は悪化するばかりで…。











































本編 2時間10分
デジタル
カラー
街の上で
 machi no ue de
●監督・脚本:今泉力哉(『アイネクライネナハトムジーク』)●出演:若葉竜也(『葛城事件』)/穂志もえか(『愛がなんだ』)/古川琴音(『チワワちゃん』)/萩原みのり(『えちてつ物語 -わたし、故郷に帰ってきました。-』)/中田青渚(『写真甲子園 0.5秒の夏』)●2019年/日本

誰もみることはないけど確かにここに存在してる

古着屋で働く荒川青は、恋人に浮気された上にフラれたが、いまだに彼女のことが忘れられない。そんな青のもとに、美大に通う女性監督から自主映画への出演依頼が舞い込む。行きつけの飲み屋では常連客から「それは”告白”だ!」とそそのかされるが――『愛がなんだ』若葉竜也×今泉力哉監督が、変容する”文化の街”下北沢を舞台に紡ぐ、古着屋と古本屋と自主映画と恋人と友達についての物語。

■下北沢の古着屋で働いている荒川青(あお)。青は基本的にひとりで行動している。たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり。口数が多くもなく、少なくもなく。ただ生活圏は異常に狭いし、行動範囲も下北沢を出ない。事足りてしまうから。そんな青の日常生活に、ふと訪れる「自主映画への出演依頼」という非日常、また、いざ出演することにするまでの流れと、出てみたものの、それで何か変わったのかわからない数日間、またその過程で青が出会う女性たちを描いた物語。











































本編 1時間26分
デジタル
カラー
ハニーランド 永遠の谷 字幕
 honeyland
●監督:タマラ・コテフスカ/リュボミル・ステファノフ●サンダンス映画祭グランプリ 他 最多3冠●2019年/北マケドニア

「半分はわたしに、半分はあなたに」

――それが持続可能な生活と自然を守るための信条――北マケドニアに暮らす自然養蜂家の女性を追い、アカデミー賞史上初、長編ドキュメンタリー部門と国際映画賞(外国語映画賞)に同時ノミネートを果たしたドキュメンタリー。3年の歳月と400時間の撮影から生み出された、人間の、自然の、存在の崇高さと美しさに満ちた美しくも感動的な希望の物語。

■北マケドニアの首都スコピエから20キロほど離れた、電気も水道もない谷。そこに寝たきりの盲目の老母と暮らす、欧州最後の自然養蜂家の女性が存在する。そんな、持続可能な生活と自然を守る彼女の元に、見知らぬ家族がトレーラーで押し寄せてくることに…。











































本編 1時間52分
デジタル
カラー
ダンサー そして私たちは踊った 字幕  作品内容
 and then we danced
●監督:レヴァン・アキン●出演:レヴァン・ゲルバヒアニ/バチ・ヴァリシュヴィリ/アナ・ジャヴァヒシュヴィリ●第92回アカデミー賞 国際長編映画賞部門 スウェーデン代表●2019年/スウェーデン/ジョージア/フランス

〈彼〉と出会い、青年は羽ばたく――

ジョージアの国立舞踊団で、ダンスパートナーのマリとともに幼少期からトレーニングを積んできたメラブ。カリスマ的な魅力を持つ新星イラクリの登場により、彼の世界は大きく動き出す――トップダンサーを目指す青年の〈運命を変えた恋〉と成長の物語。

■ジョージアの国立舞踏団で、幼少期からダンスパートナーのマリとトレーニングを積んできたメラブ。日中のハードな練習の後はレストランでのアルバイトで家計を一手に引き受け、気持ちの休まる暇もない。そんなある日、カリスマ的な魅力のある青年イラクリが入団し、同時にメイン団の欠員補充のためのオーディションの開催が知らされる。イラクリの持つダンスの才能に驚き芽生えたライバル心が、オーディションに向けての2人だけの特訓を経て、抗えない欲望へと変化していく…。











































本編 2時間05分
デジタル
カラー
PMC:ザ・バンカー 字幕
 take point
●監督・脚本:キム・ビョンウ(『テロ,ライブ』)●出演:ハ・ジョンウ(『トンネル 闇に鎖された男』)/イ・ソンギュン(『パラサイト 半地下の家族』)/ジェニファー・イーリー(『ゼロ・ダーク・サーティ』)/ケヴィン・デュランド(『バイオハザードV:リトリビューション』)/マリク・ヨバ(『クール・ランニング』)●2018年/韓国

俺が、絶対守る。

軍事境界線、地下30メートルの秘密“地下要塞(バンカー)”。取り残された傭兵たちの運命は、たった1人の男に託された――朝鮮半島情勢という今そこにある危機を題材に、先読みを一切許さない怒涛のストーリー展開で観る者を圧倒し、一瞬たりとも目を離すことが出来ないミリタリー・サバイバル・アクション。

■韓国特殊部隊の元兵士で、今は民間軍事会社(=PMC)の傭兵として作戦成功率100%を誇る隊長エイハブは、依頼主であるCIAの密かな策謀、仲間の裏切り、国家間の政治的な駆け引きによって孤立し、バンカー内で絶体絶命の窮地に陥る。度重なる想定外の誤算に見舞われて状況は混乱し、ついにはアメリカ、北朝鮮、韓国、中国の陰謀が究極の死闘へと発展していく。

エイハブは自分を信じる部下たち、そして愛する妻のもとへ帰るため、本来は敵同士である北朝鮮のエリート医師と手を組み無謀ともいえる作戦に打って出る。果たして、彼は仲間と共に生きてこの巨大バンカーから脱出することができるのか――。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
恋恋豆花(れんれんどうふぁ)
 renrendoufa
●監督・脚本:今関あきよし(『ライカ』)●出演:モトーラ世理奈(『風の電話』)/大島葉子(『ヘヴンズ ストーリー』)/椎名鯛造(『HARAJUKU -天使がくれた七日間-』)/真宮葉月(『最果てリストランテ』)/石知田●2019年/日本/台湾

今日からあなたの母になります。今日からあなたの娘になります。

奈央は父の勧めで父の再婚相手・綾と台湾旅行へ。納得がいかない奈央だったが、旅先で魅力的なグルメや思いがけない人々と出会い――娘(?)と母(?)の濃くて、熱くて、美味しい6+1日間。ベラルーシ、ウクライナ、モスクワなど世界を舞台に映画を撮り続けてきた今関あきよし監督が、台湾を舞台に描いたロードムービー。

■恋愛も人間関係も含め大学生活がつまらなくなり、中退を考えている奈央。そんな中、父・博一の提案で、彼の3度目の結婚相手となる綾と台湾旅行をすることに。父の再婚相手というだけでよく知らない女性となぜ旅行をしなければならないのか?納得がいかないが、せっかくだから思いっきり楽しんでやろうと思う奈央の台湾旅行には、台湾の魅力的なスイーツやグルメとの出会い、そして思いがけない人々との出会いが待っていた――。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。
 moshimo atashitachiga saisai ja nakattara
●監督・脚本:高橋朋広(『ラ』)●出演:吉田菫/梅村妃奈子/山内あいな/黒坂優香子/青山友●2020年/日本

バンド結成10周年、SILENT SIREN ついにスクリーンデビュー!

2019年9月14日に「31時間テレビ」の企画内で放送された主演ドラマ「もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。」“SILENT SIREN が存在しない並行世界” を描いたSF 青春ドラマは、その斬新なストーリーとメンバーの初々しい演技がファンの間で大反響を呼び待望の映画化。

そして、2019年12月30日に行われた年末スペシャルライブ「HERO」をライブ当日まで追いかけたドキュメンタリー『HERODOCUMENTARY FILM』。誰もが誰かのヒーロー!をテーマに熱く盛り上がったライブの裏側に密着。普段見ることのできないメンバーの素顔を余すところなく映し出す。

■2019年6月9日。SILENT SIREN のワンマンライブが、Zepp Divercity Tokyo で行われていた。代表曲『恋のエスパー』で「STOP」の掛け声と共に会場の時間が止まる。観客は一切身動きができなくなってしまうという、エスパーパワーを身につけたすぅの強力な超能力である。……という、“お約束” である。「時間を巻き戻したいと思います!」そう言うと時空が歪んでライブの時間は巻き戻り、再びライブをやり直すはずだったが、本当に時空が歪み――。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー
その手に触れるまで 字幕
 le jeune ahmed
●監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ(『ロゼッタ』)●出演:イディル・ベン・アディ/オリビエ・ボノー(『午後8時の訪問者』)/ミリエム・アケディウ(『サンドラの週末』)/ビクトリア・ブルック/クレール・ボドソン●第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門 監督賞 受賞●2019年/ベルギー/フランス

ぬくもりを知るとき、隣に誰かがいることの尊さを知る。

13歳の少年アメッドは、尊敬するイスラム指導者の過激な思想にのめり込み、その思想にとって脅威と思われる考えを持つ先生を殺さねばならない、という狂信的な考えに取り憑かれる――子供の純粋な心に忍び込む宗教的な“狂信“をリアルに描いた、ベルギーの鬼才ダルデンヌ兄弟によるヒューマンドラマ。

■ベルギーに暮らす13歳の少年アメッド。ゲーム好きの普通の少年だった彼は、徐々に尊敬するイマーム(イスラム指導者)に感化され、過激な思想にのめり込み、その思想にとって脅威と思われる考えの先生を殺さねばならない、と思い込んでゆく。狂信的な考えに取り憑かれてしまった少年の気持ちを変える事はできるのだろうか――。











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
アントラム 史上最も呪われた映画 字幕
 antrum: the deadliest film ever made
●監督:マイケル・ライシーニ/デヴィッド・アミト●出演:ニコール・トンプキンズ/ローワン・スマイス/サーカス=シャレフスキ/ダン・イストラテ/シュウ・サキモト●2018年/カナダ

この映画を観たら死にます。

警告!本当に、何かが起こる!想像を絶する恐怖の極限。それでも、あなたは見てしまう。そこに、何が映っていたのか!?映画を越えた恐怖!見てはいけない映画、ついに解禁。入場料=あなたの命。かもしれない――40年間封印されてきたホラー映画『アントラム』の行方を追い、その全貌を解き明かすショッキング・ドキュメンタリー。

■『アントラム』。それは1979年にアメリカで撮影された1本の映画。死んだ愛犬の魂を弔うために地獄への扉を開いてしまった幼い姉弟を描くその映画には、映ってはいけない“恐ろしいもの”が映り込んでいた。1988年にハンガリーのブタペストで世界初上映が行われると上映中に火災が発生し、多数の犠牲者を出す大惨事となったのをはじめとして、それを上映しようとした者たちが次々と謎の死を遂げ、フィルムは行方不明となった。

ドキュメンタリー作家マイケル・ライシーニとデヴィッド・アミトは、この伝説の映画を追跡し、ついに幻の35ミリ・フィルムを発見。関係者の証言とともに、ここにその驚愕の本編をノーカットで世界に公開する。あまりの恐ろしさに日本ではマスコミ試写会や一般試写会も中止となったこの映画、その恐怖の全貌がついに明らかになる――。











































本編 2時間26分
デジタル
カラー
無頼 
 burai
●監督:井筒和幸(『黄金を抱いて翔べ』)●出演:松本利夫(『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』)/柳ゆり菜(『純平、考え直せ』)/中村達也(『蘇りの血』)/清水伸(『スリーデイボーイズ』)/松角洋平(『関ヶ原』)●2020年/日本

正義を語るな、無頼を生きろ。

欲望の昭和、虚妄の平成を生きた、寄る辺なき者たちの群像劇――1975年のデビュー作の『ガキ帝国』以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒監督が、虚妄のノスタルジーに彩られた昭和回顧ブームを撃つ、本格ハードエンターテイメント。

■太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中にいた日本人は、焼け跡から立ち上がり(理想の時代)、高度経済成長の下で所得倍増を追い(夢の時代)、バブル崩壊まで欲望のままに生き(虚構の時代)、そして、昭和が去ると共に、その勢いを止めた。その片隅に、何にも頼ることなく、一人で飢えや汚辱と闘い、世間のまなざしに抗い続けた“無頼の徒”がいた。やがて男は一家を構え、はみだし者たちを束ねて、命懸けの裏社会を生き抜いていく…。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット 字幕
 matthew bourne's romeo+juriet
●演出:マシュー・ボーン(『マシュー・ボーン IN CINEMA/白鳥の湖』)●出演:パリス・フィッツパトリック/コーデリア・ブライスウェイト/ダン・ライト/ベン・ブラウン/ジャクソン・フィッシュ●2019年/イギリス

英国バレエ界の鬼才マシュー・ボーンの新演出版、初上陸!

厳しい管理下に置かれ、自由を奪われ愛が禁じられた近未来を舞台に、運命に翻弄された2人の若き恋人たちの悲劇的な愛の物語が、まだ誰も見たことのない新世代の『ロミオとジュリエット』として蘇る――新解釈版『白鳥の湖』でバレエ界に新風を巻き起こした英国バレエ界の鬼才、マシュー・ボーンの新作舞台。巨匠セルゲイ・プロコフィエフの名曲に乗せ、躍動感溢れるコンテンポラリー・バレエが繰り広げられる。

■今からそう遠くない近未来、反抗的な若者たちを矯正する教育施設「ヴェローナ・インスティテュート」では、若者たちは男女別に分断、接触を禁じられ、厳しい監視下のもと自由を奪われて暮らしている。ジュリエットは、暴力的な看守のティボルトから目を付けられ、その脅威に怯えていた。

ある日、有力政治家の両親から見放され施設に入れられたロミオは、施設で開催されたダンスパーティーでジュリエットと出会う。瞬く間に恋に落ちた2人は、看守の目を盗んで逢瀬を重ね、仲間たちに祝福されながら遂に愛を誓いあうのだった。しかし、幸せもつかの間、突如酒に酔ったティボルトが銃を振りかざして現れ、乱闘の挙句、仲間の1人マキューシオが命を落としてしまう。怒りに燃えるロミオとジュリエットたちは、ティボルトに立ち向かうも、さらなる悲劇が彼らを待ち受けていた…。











































本編 1時間48分
デジタル
カラー
心霊喫茶「エクストラ」の秘密 The Real Exorcist
 shinreikissa"sxtra"no himitsu
●監督:小田正鏡(『天使に“アイム・ファイン”』)●出演:千眼美子(『僕の彼女は魔法使い』)/伊良子未來(『さらば青春、されど青春。』)/希島凛(『光り合う生命(いのち)。 -心に寄り添う。2-』)/日向丈(『銃』)/長谷川奈央(『さらば青春、されど青春。』)●2020年/日本

心の闇を、打ち破る。

東京にある小さな喫茶店「エクストラ」。そこで働くサユリに隠された〈秘密〉。これは、都会に生きる小さな〈救世主〉の物語――「憑依」「ポルターガイスト」「自殺霊」「地縛霊」……誰もが経験しうる心霊現象の謎を解き明かし、人生の幸不幸を引き寄せる「心の法則」、悪霊に取り憑かれないための方法、そして悪魔との対決までを描きだす“リアル・エクソシスト”映画。

■東京は世界一不思議な街である。思わぬところに心霊スポットがあったり、思わぬ人が実は霊能者だったり――。東京の片隅にある喫茶「エクストラ」、そこはマスター自慢の本格的なコーヒーが楽しめることでファンが多い隠れ家的な人気店。

店先には「悩みごと相談承ります」という小さな札がぶら下がっている。この店でアルバイトをしているサユリのもとには、さまざまな悩みを抱えた人たちが訪れる。そして彼女は“不思議な力”を使って、次つぎと悩みを解決していく。目に見えない世界の真実に触れることで、人びとの心に光が灯っていく。しかし、そんな活躍を続けているサユリに、邪悪な存在が立ちはだかる…。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
時の行路
 toki no kouro
●監督:神山征二郎(『ラストゲーム 最後の早慶戦』)/土肥拓郎●出演:石黒賢(『夜明けの街で』)/中山忍(『ガメラ3・邪神〈イリス〉覚醒』)/松尾潤(『夏休みの地図』)/村田さくら/渡辺大(『ある町の高い煙突』)●2019年/日本

「派遣切り」に立ち向かう父と家族と仲間たちの希望の物語

リーマン・ショックの嵐の吹き荒れる2008年末、大手自動車メーカーで派遣工として 誠実に仕事に励む五味洋介に吹き寄せる理不尽な「派遣切り」の嵐――この嵐に立ち向かう姿を、愛する家族や仲間たちとの日々を通して描いた実話に基づく物語。巨匠・神山征二郎、第30回監督作品。

■青森の八戸でリストラにあった五味洋介は妻の夏美と子どもたちを実家に残して静岡の大手自動車メーカーの工場の旋盤工として働きながら、仕送りを続けていた。洋介は派遣社員であったがベテラン技能者として職場でも信頼され、充実した日々を送る合間に家族を三島に呼び、ともに暮らせる将来を夢見て頑張っていた。

しかし、ある日突然、リーマンショックに端を発した非正規労働者の「大量首切り」により職場を追い出されてしまう。洋介は理不尽な仕打ちに抗し、仲間と一緒に労働組合に入って立ち上がった。だが洋介や妻たち、支援の人々の願いは届かず、会社と裁判所は冷酷だった。そんな折、闘病中の夏美が倒れたと いう知らせを受け、洋介は郷里へ向かう…。











































本編 2時間13分
デジタル
カラー
テリー・ギリアムのドン・キホーテ 字幕
 the man who killed don quixote
●監督・脚本:テリー・ギリアム(『12モンキーズ』)●出演:アダム・ドライバー(『ブラック・クランズマン』)/ジョナサン・プライス(『天才作家の妻 -40年目の真実-』)/ステラン・スカルスガルド(『 男と女、モントーク岬で』)/オルガ・キュリレンコ(『ある天文学者の恋文』)/ジョアナ・リベイロ●2018年/スペイン/ベルギー/フランス/イギリス/ポルトガル

映画が、全てを狂わせる

カンヌ絶賛!30年の時を経て、鬼才が映画史上最も呪われた企画を完成!――唯一無二の世界観を誇る鬼才テリー・ギリアムが、30年間も挑み続けた、スペインの古典小説「ドン・キホーテ」映画化プロジェクト。莫大な製作費が集められ、2000年にクランクインするも、自然災害を皮切りに、ドン・キホーテ役が次々に腰痛や病に倒れ、主役が幾度も交代、資金破綻と9回の頓挫を繰り返した。

だが、ギリアム監督の「最後は夢を諦めない者が勝つ」という高らかな宣言のもと、ついに完成を迎えた!自らをドン・キホーテと信じる〈夢に生きる〉男と、かつての才能と情熱を失い〈現実に生きる〉若手監督の奇想天外なアドベンチャーが今、幕を開ける。

■仕事への情熱を失くしたCM監督のトビーは、スペインの田舎で撮影中のある日、謎めいた男からDVDを渡される。偶然か運命か、それはトビーが学生時代に監督し、賞に輝いた映画『ドン・キホーテを殺した男』だった。舞台となった村が程近いと知ったトビーはバイクを飛ばすが、映画のせいで人々は変わり果てていた。ドン・キホーテを演じた靴職人の老人は、自分は本物の騎士だと信じ込み、清楚な少女だったアンジェリカは女優になると村を飛び出したのだ。トビーのことを忠実な従者のサンチョだと思い込んだ老人は、無理やりトビーを引き連れて、大冒険の旅へと出発するのだが──。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー
ゾンビ [日本初公開復元版] 字幕 
 dawn of the dead
●監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ(『死霊のえじき』)●出演:デヴィッド・エムゲ/ケン・フォリー(『悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲』)/スコット・H・ライニガー(『ナイトライダーズ』)/ゲイラン・ロス(『クリープショー』)/トム・サヴィーニ(『ナイトライダーズ』)●1978年/アメリカ/イタリア

伝説の発火点。

1979年3月10日、プログレッシブ・ロックバンド“ゴブリン”の強烈なビートとショッキング描写とともに、日本人の前に初めて姿を現わした“ゾンビ”は、凄まじいインパクトを放ち、トラウマ級の映画体験を観客に与えた。その衝撃から40年──90年代以降は劇場で上映されることがなかったばかりか、過去に一度もソフト化されたことがない、文字通り“幻のバージョン”である「日本初公開版」。今回、海外の権利元との粘り強い交渉により、その復刻・再現の許諾を特別に得ることができた。壮絶なるファースト・コンタクトにして、“伝説”となっていた「第4のバージョン」が、『ゾンビ ─日本初公開復元版─』として、ついにスクリーンに復活する。

■惑星から降り注いだ光線によって地球上の死者が“ゾンビ”として復活。その群れは生者に襲いかかり、噛みつかれた者もまたゾンビへと変貌する。生ける屍たちは瞬く間に世界を覆いつくした。

テレビ局員のフランと彼女の恋人でヘリコプター・パイロットのスティーヴン、そしてSWAT隊員のロジャーとピーターはヘリで脱出し、郊外の巨大ショッピングモールにたどり着く。彼らはモール内のゾンビを排除し、何不自由の無い楽園を手に入れた。だが彼らの前に物資を狙う暴走族の一団が現れ、扉をこじ開け乱入してきた。ゾンビ、暴走族、フランたちの三つ巴の殺戮戦がはじまり、血しぶきが壁を染め、肉塊が床を埋めつくす。夜明けとともに生き残るのは果たして…。











































本編 2時間48分
デジタル
カラー
この世界の(さらにいくつもの)片隅に
 kono sekai no (sarani ikutsumono) katasumi ni
●監督・脚本:片渕須直(『この世界の片隅に』)●声の出演:のん(『この世界の片隅に』)/細谷佳正(『この世界の片隅に』)/稲葉菜月(『この世界の片隅に』)/尾身美詞(『この世界の片隅に』)/小野大輔(『この世界の片隅に』)●2019年/日本

ここではひとりぼっち、と思ってた。

誰もが誰かを想い、ひみつを胸に優しく寄り添う──200万人の胸を震わせたあの場面が、まったく異なる印象で迫ってくる。こうの史代の同名漫画をアニメーション映画化して異例のロングランヒットを記録し、国内外で高い評価を得た『この世界の片隅に』に、新たなシーンを追加した長尺版。250カットを超える新エピソードによって、これまで目にしていたシーンや人物像が、まったく異なる印象で息づきはじめる。

■広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。だがすずは、それをそっと胸にしまい込む…。

昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして、昭和20年の夏がやってくる――。











































本編 2時間19分
デジタル
カラー
風の電話
 kaze no denwa
●監督・脚本:(『不完全なふたり』)●出演:モトーラ世理奈(『少女邂逅』)/西島秀俊(『空母いぶき』)/西田敏行(『アウトレイジ 最終章』)/三浦友和(『葛城事件』)/渡辺真起子(『もみの家』)●2020年/日本

今だから、伝えたい

天国に繋がる電話に導かれて…。傷ついた日本を辿る、少女の出会いと再生の物語──岩手県大槌町に実在する電話ボックス、〈風の電話〉。その電話に、電話線はつながっていない。しかし、東日本大震災以降、3万人を超える人々が、この場所を訪れている。どうしても話したい大切な人がいる。そこにいるのが当たり前だった家族に、さよならを伝えたい──。そんな悲しみを抱え生きる人々に、静かに寄り添う映画が生まれようとしている。

■17歳の高校生ハルは、東日本大震災で家族を失い、広島に住む伯母、広子の家に身を寄せている。心に深い傷を抱えながらも、常に寄り添ってくれる広子のおかげで、日常を過ごすことができたハルだったが、ある日、学校から帰ると広子が部屋で倒れていた。自分の周りの人が全ていなくなる不安に駆られたハルは、あの日以来、一度も帰っていない故郷の大槌町へ向かう。広島から岩手までの長い旅の途中、彼女の目にはどんな景色が映っていくのだろうか──。

憔悴して道端に倒れていたところを助けてくれた公平、今も福島に暮らし被災した時の話を聞かせてくれた今田。様々な人と出会い、食事をふるまわれ、抱きしめられ、「生きろ」と励まされるハル。道中で出会った福島の元原発作業員の森尾と共に旅は続いていき…。そして、ハルは導かれるように、故郷にある〈風の電話〉へと歩みを進める。家族と「もう一度、話したい」その想いを胸に──。











































本編 0時間55分
デジタル
カラー/モノクロ
アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい 字幕
 anna karina, souviens-toi
●監督:デニス・ベリー●出演:アンナ・カリーナ(『アンナ』)●2017年/フランス

シャネルが名付け、ゴダールが崇め、ゲンズブールが囁いた

革命のミューズとしてヌーヴェルヴァーグのアイコンになった女優。その伝説的な人生と映画たち――女優アンナ・カリーナの人生に迫る映像アンソロジーである本作は、パートナーであるデニス・ベリー監督が万感の思いを込めて作り上げたアンナへのラブレター。追悼そして生誕80周年記念のドキュメンタリー。2020年限りの特別公開。

■アンナ・カリーナは、1940年9月22日デンマークのコペンハーゲンで、遠洋航路船長の父と19歳の母との間に誕生。すぐに別れた両親に代わり保護してくれた祖母が亡くなって孤独を知る。一番遠くの世界に行きたくて、列車に飛び乗り灰色の故国を脱出したのが17歳。パリのサンジェルマン・デプレにたどり着き、彼女は確信した、ここが私の居場所。ココ・シャネルに出会い、シャネルは彼女をアンナ・カリーナと命名した。

一躍花形モデルになった彼女を見初めたのがジャン=リュック・ゴダール。『女は女である』『女と男のいる舗道』そして『気狂いピエロ』―時代を画したヌーヴェル・ヴァーグのアイコンとなったコンビの誕生と別れ。音楽界の寵児ゲンスブールもミュージカル映画『アンナ』のために14曲を提供。72年、彼女は自分にリアルなことを表現したいという思いがつのり、完全な男社会のフランス映画界を飛び出し、自ら製作・脚本・監督・出演をしてNYで映画を撮る。さらに歌手としての活動を開始、フランスやヨーロッパだけでなく日本でもツアーを行う――。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー/モノクロ
白い暴動 字幕
 white riot
●監督・脚本:ルビカ・シャー●出演:レッド・ソーンダズ/ロジャー・ハドル/ケイト・ウェブ/シド・チューン/ルース・グレゴリー●2019年/イギリス

鳴らせ、闘いの音楽を

1978年4月30日、10万人の世紀の大行進と音楽フェスが、時代を変えた。音楽に突き動かされ、人種差別撤廃を叫んだ若者たちの闘い――1970年代後半イギリスにて起きた、人種差別撤廃や不平等への反抗を訴える運動“ロック・アゲインスト・レイシズム”を追う社会派音楽ドキュメンタリー。

■経済破綻状態にあった1970年代のイギリス。市民が抱いていた不安と不満は、第二次世界大戦後に増加した移民たちへ転嫁されていった。街は暴力であふれかえり、黒人やアジア人が襲われた。そのなかで、レッド・ソーンダズを中心に数人の仲間たちで発足された“ロック・アゲインスト・レイシズム” 略称RARは、人種や生まれによる差別の撤廃を主張し、雑誌を自費出版して抗議活動を始める。

RARの発信するメッセージはやがてザ・クラッシュをはじめ、トム・ロビンソン、スティール・パルス等の音楽と結びつき、支持されていく。1978年4月30日、RARが決行した約10万人による大規模なデモ行進と、その終着地での音楽フェスは市民が一つになった瞬間であり、観る者の心を揺さぶる。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
37セカンズ 
 37 seconds
●監督・脚本:HIKARI●出演:佳山明/神野三鈴(『 光』)/大東駿介(『YOU達HAPPY 映画版ひまわり』)/渡辺真紀子/熊篠慶彦(『トウキョウ・守護天使』)●ベルリン国際映画祭 パノラマ部門観客賞&国際アートシアター連盟賞 ダブル受賞●2019年/日本

私の「時間」が刻みはじめる。

37秒間――それは、生まれてきた時息をしていなかった時間――出生時に37秒間呼吸ができなかったために、手足が自由に動かない身体になってしまった女性が、自らの力で新しい世界を切り拓いていく姿を描くヒューマンドラマ。

■生まれた時に、たった37秒息をしていなかったことで、身体に障害を抱えてしまった主人公・貴田ユマ。親友の漫画家のゴーストライターとして、ひっそりと社会に存在している。そんな彼女と共に暮らす過保護な母は、ユマの世話をすることが唯一の生きがい。

毎日が息苦しく感じ始めたある日。独り立ちをしたいと思う一心で、自作の漫画を出版社に持ち込むが、女性編集長に「人生経験が少ない作家に、いい作品は描けない」と一蹴されてしまう。その瞬間、ユマの中で秘めていた何かが動き始める。これまでの自分の世界から脱するため、夢と直感だけを信じて、道を切り開いていくユマ。その先で彼女を待ち受けていたものとは…。











































本編 2時間08分
デジタル
カラー
霧の中の少女 字幕
 the girl in the fog
●監督・脚本・原作:ドナート・カリシ●出演:トニ・セルヴィッロ(『修道士は沈黙する』)/アレッシオ・ボーニ(『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』)/ガラテア・ランツィ(『心のおもむくままに』)/ジャン・レノ(『ザ・スクワッド』)●2017年/イタリア

真実が正義とは限らない。

迷宮入りする少女失踪事件。カリスマ警部が辿り着く、想像を絶する結末とは――イタリアの作家ドナート・カリシが自らメガホンを取り、自作を映画化。アルプス近郊の山間の町で発生した少女失踪事件の意外な成り行きを描いたミステリー・スリラー。

■その世にも奇妙な事件は、妖しい霧が立ち込めるクリスマス・シーズンの田舎町アヴェショーで起こった。地元の純真な少女アンナ・ルーが、教会に行くため自宅を出てまもなく忽然と消えてしまったのだ。捜査の指揮を執るため都会からやってきたヴォーゲル警部は、この目撃情報も物証も一切ない事件を何者かによる誘拐だと断定し、メディアの好奇心をあおってセンセーションを巻き起こす独特の捜査手法を実践していく。

やがてヴォーゲルは捜査線上に浮かび上がったマルティーニ教授を容疑者と見なして追いつめるが、正体不明の連続誘拐魔“霧の男”に関する情報がもたらされ、ヴォーゲルの“完璧なる捜査”は根底から覆されていくのだった…。











































本編 1時間59分
デジタル
カラー
止められるか、俺たちを
 tomerareruka, oretachiwo
●監督:白石和彌(『孤狼の血』)●出演:門脇麦(『チワワちゃん』)/井浦新(『嵐電』)/山本浩司(『断食芸人』)/岡部尚(『おとぎ話みたい』)/大西信満(『ろくでなし』)●2018年/日本

ここには映画と青春があった。でも私はなにをみつけたんだろう

1969年、21歳で若松プロダクションの門を叩き、助監督として奔走した吉積めぐみの目を通して、映画や政治、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時が綴られる――2012年に逝去した若松孝二監督が代表を務めていた若松プロダクションが、若松監督の死から6年ぶりに再始動して製作。白石和彌監督が、師匠である故・若松孝二の若き日を映し出す青春群像劇。

■1969年春、21歳の吉積めぐみは、新宿のフーテン仲間のオバケに誘われて若松プロダクションの扉をたたいた。そこはピンク映画の旗手・若松孝二を中心とした新進気鋭の若者たちの巣窟。めぐみは、若松孝二という存在、なによりも映画作りに魅了されていく。











































本編 1時間50分
デジタル
カラー
盗まれたカラヴァッジョ 字幕 
 una storia senza nome
●監督・脚本:ロベルト・アンドー(『修道士は沈黙する』)●出演:ミカエラ・ラマッツォッティ(『歓びのトスカーナ』)/アレッサンドロ・ガスマン(『神様の思し召し』)/レナート・カルペンティエリ(『ナポリの隣人』)/ラウラ・モランテ(『息子の部屋』)●2018年/イタリア/フランス

今、イタリア美術史上最大の闇が明かされる。

世界を震撼させたカラヴァッジョの名画「キリスト降誕」盗難事件の謎が、50年の時を経て、今暴かれる――1969年にイタリアで実際に起きた未解決の絵画盗難事件の謎に迫るサスペンス。

■映画プロデューサーの秘書ヴァレリアは、秘かに人気脚本家アレッサンドロのゴーストライターを務めていた。ある時、ラックと名乗る謎の男が、今も未解決の〈カラヴァッジョの名画「キリスト降誕」盗難事件〉が、実はマフィアの仕業だったと教えてくれる。事件の裏側をヴァレリアがプロットにまとめると、プロデューサーは傑作だと絶賛し、たちどころに映画化が決定する。だが、映画会社とつながるマフィアに誘拐されたアレッサンドロが、昏睡状態で発見される。

ヴァレリアはラックの協力のもと、“ミスター X”の名前でアレッサンドロのアドレスからシナリオを送り続けるのだが、マフィアはあらゆる手を使って“ミスター X”が誰かを突き止めようとする。やがてヴァレリアは、ラックがシナリオだけでなく、現実でも「キリスト降誕」盗難事件を解決しようとしていることに気づく。果たしてラックの正体は? 50年の時を経て、世界は再び名画を見ることができるのか──?











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
つつんで、ひらいて
 tsutsunde, hiraite
●監督:広瀬奈々子(『夜明け』)●出演:菊地信義/水戸部功/古井由吉(『櫛の火』原作)●2019年/日本

1万5千冊をデザインした装幀者・菊地信義と、本をつくる人々のドキュメンタリー

「読者が思わず手に取る美しい本」が生まれる、その舞台裏へ――菊地信義。空前のベストセラーとなった俵万智「サラダ記念日」をはじめ大江健三郎、古井由吉、浅田次郎、平野啓一郎、金原ひとみら1万5千冊以上もの本を手掛け、40年以上にわたり日本のブックデザイン界をリードしてきた稀代の装幀家。本作は、美しく刺激的な本づくりで多くの読者を魅了し、作家たちに愛されてきた菊地の仕事を通して“本をつくること”を見つめた、おそらく世界初のブックデザイン・ドキュメンタリー。

■インターネットが日常的になり、デジタル全盛の時代にあって、紙の本にこだわり、紙と文字を触りながら手作業で一冊ずつ本をデザインする菊地の指先から、印刷、製本に至る過程を見つめ、ものづくりの原点を探っていく――。











































本編 2時間16分
デジタル
カラー
ナイチンゲール 字幕 
 the nightingale
●監督・脚本:ジェニファー・ケント●出演:アイスリング・フランシオシ/サム・クラフリン(『ヘル・フロント -地獄の最前線-』)/バイカリ・ガナンバル/デイモン・ヘリマン(『モーガン・ブラザーズ』)/ハリー・グリーンウッド●第75回ヴェネツィア国際映画祭 新人俳優賞/審査員特別賞●2018年/オーストラリア/カナダ/アメリカ

私は、あなたのものではない

英国植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供の命を残虐な将校らに奪われた女囚クレアの復讐の旅――あまりにも過激な内容とバイオレンス描写でヴェネツィア国際映画祭を揺るがし二冠。鬼才ジェニファー・ケントが世界にたたきつける、慟哭のリベンジ・スリラー。

■19世紀、オーストラリアのタスマニア地方。けちな盗みを働き流刑囚となったアイルランド人のクレアは、その美しい容姿と歌声から、一帯を支配する英国軍将校ホーキンスに囲われていた。クレアの夫エイデンは、彼女が刑期を終えた後も釈放されることなく、拘束されていることについて不満を持ち、ホーキンスに交渉を試みる。しかし、逆上したホーキンスはクレアを仲間達とレイプした挙句、彼女の目の前でエイデンと子供を殺害してしまう。

尊厳を踏みにじられ、愛する者達を奪われたクレアは復讐を決意するが、野心と出世を目論むホーキンスはローンセストンに駐屯するベクスリー大佐に昇進を直訴するために旅立った後だった。クレアは先住民アボリジニの黒人男性ビリーに道案内を依頼し、将校らを追跡する旅に出る。危険な任務を嫌い、最初は彼女に反発しながらも謝礼金のために嫌々同行していたビリーだったが、彼女の本当の目的を知ると、自分も白人達から家族や仲間を殺されて奴隷となった過去を打ち明ける。共通の敵を持つ2人の間には強い絆が生まれてゆく――。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
スキャンダル 字幕
 bombshell
●監督:ジェイ・ローチ(『トランボ -ハリウッドに最も嫌われた男-』)●出演:シャーリーズ・セロン(『スノーホワイト/氷の王国』)/ニコール・キッドマン(『アラビアの女王 愛と宿命の日々』)/マーゴット・ロビー(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』)/ジョン・リスゴー(『人生は小説よりも奇なり』)/ケイト・マッキノン(『ゴーストバスターズ〈2016年〉』)●2019年/アメリカ/カナダ

ニュースをお伝えします

2016年、米国のテレビ局FOXニュースで元人気キャスターのグレッチェン・カールソンがCEOのロジャー・エイルズを提訴――アメリカで実際に起こった女性キャスターへのセクハラ騒動。全米最大のTV局を揺るがしたスキャンダルの全貌が暴かれる。ハリウッド至高の3大女優が放つ、衝撃の実話。

■2016年、アメリカニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」に激震が走った。 クビを言い渡されたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と崇められるCEOのロジャー・エイルズを告発したのだ。騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラは、ロジャーに直談判するための機会を得て――。











































本編 2時間05分
デジタル
カラー
ハリエット 字幕
 harriet
●監督・脚本:ケイシー・レモンズ(『ケイブマン』)●出演:シンシア・エリヴォ/レスリー・オドム・ジュニア(『オリエント急行殺人事件』)/ジョー・アルウィン(『ビリー・リンの永遠の一日』)/クラーク・ピータース(『モナリザ』)/ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ(『TINA ティナ』)●第92回アカデミー賞 2部門ノミネート(主演女優賞/歌曲賞)●2019年/アメリカ

彼女は一度も失敗せずに奴隷から英雄になった。

生涯で800人以上の奴隷解放を手助けし、南北戦争では黒人兵士を率いて戦った――アフリカ系アメリカ人として、史上初めて新しい米ドル紙幣に肖像が採用され、アメリカでは誰もが知る実在の奴隷解放運動家、ハリエット・タブマンの激動の人生を描いたヒューマンドラマ。

■1849年アメリカ、メリーランド州。ブローダス農場の奴隷ミンティ(シンシア・エリヴォ)は、幼いころから過酷な労働を強いられていた。そんな彼女の願いはただ1つ、いつの日か自由の身となって家族と共に人間らしい生活を送ること。ある日、借金の返済に迫られた農場主がミンティを売りに出す。遠く離れた南部に売り飛ばされたら、もう二度と家族には会えず、お互いの消息すらわからなくなってしまう。脱走を決意したミンティは、奴隷制が廃止されたペンシルベニア州を目指してたった1人で旅立つのだった――。

























































本編 1時間分
デジタル
カラー

 a